寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 03日

当仁中2学期期末テスト塾内平均点(全学年)速報値

当仁中2学期期末テスト塾内平均点(全学年)の速報値(共通クラス)をお知らせします。
各学年数名ずつ不明者(未提出者)がいますが、大きくは変動しないと思いますので、ご家庭での振り返りの参考にしていただければと思います。
今回も、本校の当仁中生(全学年)全体の平均点は409.7点と400点を大幅に上回りました。


◇中1 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者2名
国語 75.0
数学 75.8
社会 82.1
理科 79.4
英語 73.1
計 385.4

◇中1 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 84.4
数学 82.0
社会 89.0
理科 86.6
英語 87.5
計 429.5

理科と社会はほとんどが解きやすい問題でしたね。英語はやはり取れる子と取れない子の差が大きくなりつつあります。
日ごろの塾の宿題をちゃんとこなしているかという点が、大きく点数に反映されています。
中1特進クラス生はすでに授業では中2内容をどんどん進んでいるところですが、着実に地力をつけてきたなと感じます。
特に英語は、大切な基礎がかなりしっかりと固まりましたね。450点以上の得点者も複数名出ました。




◇中2 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者1名
国語 83.6
数学 87.2
社会 92.9
理科 86.2
英語 77.9
計 426.7

◇中2 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 87.5
数学 98.7
社会 97.3
理科 91.4
英語 85.8
計 460.7

今回、中2は学校の平均点が高く、そのため自己最高得点をとった生徒が多数出ました。
結果、塾内の平均点も、歴代最高レベルとなりました。
前回より5科総合で150点近く上がった子も。(本人の努力を称えたい!)
当仁中生に占める本校生の割合は、この学年は8人に1人にすぎませんが、度数分布最上位に絞れば4人に1人が本校生となります。特進クラス生は数学・社会については半数(もしくは半数以上)が100点満点。数学に至っては最も低い得点の生徒でも96点を取っているというバブルな状況になりました。
男子生徒の割合が前例にない高さの学年だったのですが、このところ、女子生徒の入塾が相次ぎ、とても活気がでてきました。



中3 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者1名
国語 78.1
数学 84.2
社会 81.5
理科 82.2
英語 84.0
計 410.1

◇中3 当仁中塾内平均点(特進クラス) 未提出者1名
国語 86.9
数学 92.1
社会 92.0
理科 89.1
英語 94.2
計 454.4

中3にとって最後の定期テスト。皆、よくがんばりましたね。
全体に解きやすい問題が多く、勉強して実力をたくわえた子がちゃんと得点を取ることができるという意味で、良いテストだったと思います。
いよいよ、受験直前です。今回の期末テストの範囲外になった(つまり、一度も定期テストの範囲に含まれなかった)、理科のイオン・天体、数学の円周角や天体、公民の経済以降(政治も大切なところが範囲から外れていましたが)は特に、これから復習していかなければなりません。

中3の「進度が遅い問題」は、塾に行っている子と行っていない子の学力格差をどうしようもなく大きくしてしまいます。(もともと、塾[素人学生が教えているような一部の個別指導塾は除く]に行っている子のほうが圧倒的に受験・進学に有利なのは間違いないところですが。)
学校側と塾側が反目することなく手を取り合って具体策を考えることができたらいいのにと思いますが、なかなかこちら側から動くのは難しいですね。



話が逸れましたが、中1・中2はしばらく定期テストがありませんから、これからはしっかり1・2学期の復習をすることが大切です。授業でも具体的な課題を出していきますが、最終的には自分の課題は自分で見つける必要がありますから、まずは自分の苦手単元を抽出する(苦手な単元、覚えていない事柄を見つけ出す)作業をしてください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-12-03 15:11 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/27250390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 明日、12月1日より、新年度(...      植本一子さんトークイベント、1... >>