センター試験が終わって 現代国語の授業のこと

聖マリアンナ医大の話、高3の女の子が半泣きで怒っていました。当人や家族たちだけでなく、学校も、予備校も、塾も、1点さえも軽んじるなと指導してきた人全てが怒るべきことだと思います。ほんとうにひどい。

・・・

センター試験が終わりました。(試験を受けた生徒のみなさん、おつかれさまでした。)

昨日までに聞いた、現代国語の授業を取っていた、高3のセンター現国の結果、100点、92点、92点、86点。(100点満点です。)
テクニックだけで取れる点数はたかが知れているので、ちゃんと読む力を育てたつもりです。良い結果が出て嬉しいです。
生徒たちのおかげでいい授業になっているから、来年度もみんな現国とってほしいなあと心から思います。

現代国語の授業では、今年度も授業で東浩紀,内田樹,大澤真幸,木村敏,鈴木孝夫,森田真生,鷲田清一,芥川龍之介,井伏鱒二,大江健三郎,川端康成,大庭みな子,岡本かの子,加賀乙彦,小池昌代,小林秀雄,佐々木幸綱,夏目漱石,堀江敏幸,三浦哲郎,柳田国男,森鴎外らを扱いました。それらをただ解くだけでなく、ちゃんと身になるような「読書」をしたのです。生徒らに何も残らないわけがありません。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/27942856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2020-01-21 03:07 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)