とらきつね一般書ベストセラー(1/8-2/18)

とらきつね一般書ベストセラー(1/8-2/18)
(初) 1モヤモヤの正体 迷惑とワガママの呪いを解く 尹雄大 ミシマ社
(9) 2 ありのままがあるところ 福森伸 晶文社
(初) 3 なんで僕に聞くんだろう。幡野広志 幻冬舎
(初) 4 校正者の日記 牟田都子 栞社
(再) 5 悲しみの秘儀 若松英輔 ナナロク社/文春文庫
(初) 6 ブードゥーラウンジ 鹿子裕文 ナナロク社
(4) 7 親子の手帖 鳥羽和久 鳥影社
(初) 8 なんだろう なんだろう ヨシタケシンスケ 光村図書出版
(2) 9 まとまらない人 坂口恭平 リトルモア
(8) 10 橙書店にて 田尻久子 晶文社


今年最初のランキングは、尹雄大さんの新刊『モヤモヤの正体』が首位。3位は幡野広志さんの話題作、4位は1日(というか数分)で完売してしまった牟田都子さんの日記が初登場。5位は超ロングセラー『悲しみの秘儀』となりました。鹿子さんの『ブードゥーラウンジ』も登場で当店らしいリストに。

このリストに登場する作家の方々のうち、複数の方が近日中にとらきつねにいらっしゃいますので、ぜひお楽しみに。


とらきつね一般書ベストセラー(1/8-2/18)_d0116009_10283316.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/27976998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2020-02-20 10:28 | とらきつね | Trackback | Comments(0)