寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催

寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ が3月21日(日)に行われます。

寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催_d0116009_11294424.jpg

2020年に待望のニューアルバム「わたしの好きなわらべうた2」を発売した寺尾紗穂さんと、当アルバムに参加の音楽家・民族楽器奏者である歌島昌智さん、ベーシストの伊賀航さんをお招きした、豪華なライブです。

「わらべうた」と聞いて優しくて穏やかな世界を思い浮かべる方もいるかもしれません。しかし、そこにはその歌が生まれた当時の時代観と風俗がぎゅっと詰まった世界が展開されます。

たとえば、寺尾紗穂さんの「わらべうた」の連載に登場する「名古屋のお手玉歌」の歌詞「男ならたすける 女ならぶっつぶせ」には、現代の「庇護されるべき子供」という価値観からは遠く離れた当時のリアルを見て取ることができます。「女の子」が殺された時代のに思いをはせていると、いま、別のかたち、目に見えにくい形で、もしかしたら同じことが反復されているのではないか、そんな疑念にも捉われます。




「茨城の七草のわらべ歌」の話の中では田畑の害鳥や害虫を追い払うための「鳥追い」という行事と、正月7日の「七草」の関連について触れられ(全く知らなかった…)、さらに「唐土」という言葉の中にあるその時代の人たちの土地勘、空間認識もうかがい知ることができます。さらに「すととん」「ばさばさ」「とんとん」という擬音語の中におどろおどろしい呪術性を感じずにはいられません。


石巻の寝させ唄「こけしぼっこ」もそうですが、イントロから伊賀航さんと歌島昌智さんの演奏で怪しい呪術性がもわっと立ち上がるんです。これを生で見れるのですからほんとうに楽しみ。




寺尾紗穂さんの執筆と音楽活動は深く結びついていて、その最たる成果のひとつが、このわらべうたの仕事です。一人でも多くの方に味わっていただきたいです。


チケットはオンライン

の他、minou books & cafe, 杉工場, とらきつねの店頭で。撮影玉田伸太郎、PA中西伸暢による配信もあり。私(鳥羽)が作成する寺尾さんのサイン入りZINE付きチケットもあります。


配信は4月5日予定。1週間前にトレイラーが出ます。

会場はうきは市吉井町の杉工場。わらべうたライブにふさわしい、木と土と植物のにおいが香る会場での開催となりました。初めてお越しの方は、その空間のやわらかな美しさにきっと驚かれると思います。200名以上も入ると思われる広い会場で行う、50名限定の贅沢なライブになります。

寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催_d0116009_11374043.jpg

会場にはグランドピアノが持ち込まれ、寺尾紗穂さんの伸びやかなボーカルとともに豊かな音の世界が繰り広げられます。さらに、目の前に異世界を現出させる歌島昌智さんの民族楽器の演奏、そして歌の世界をときに躍動させ、ときに深く掘り下げる、伊賀航さん(星野源のニューシングルのベースも伊賀さんですね)の演奏もほんとうに楽しみです。(上の写真は以前、杉工場さんで行われたピアノコンサート(向井山朋子さん)のときのものです。)

寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催_d0116009_11424623.jpg


寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催_d0116009_11430605.jpg
3月21日はちょうど桜が満開のころ。
会場の近くには、発心公園や身延桜などいくつもの桜の名所があります。

さらに、付近には minou books & cafe、jingoro、シェ・サガラ、イビサスモークレストラン、パンのもっか、蛭子町珈琲店をはじめ、名店がひしめいていますから、ぜひついでにお立ち寄りになることをお勧めします。



寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催_d0116009_11331091.jpg
当日は杉工場さんのギャラリーや展示(たけのこ村)を見学、購入することができます。また、出演者の物販も行われますのでお楽しみください。

〇日時 2021年3月21日(日) 開場14:30 開演15:30
〇会場 杉工場 福岡県うきは市吉井町249-1(*駐車場有/JR筑後吉井駅より徒歩6分)

〇入場チケット(50名限定)
【種別1】一般 前売 4000円
【種別2】学生 前売 2000円(学生は当日も2000円ですが当日券が出ない可能性があります)
【種別3】当日 4500円(会場で支払い)
*中学生以下は無料ですが、お子さんを同伴する場合は申し込み時にお知らせください。
〇配信チケット
【種別1】配信チケット(会場限定ZINE寺尾紗穂サイン入りを郵送/投げ銭2500円)4500円
【種別2】配信チケット(投げ銭1000円)3000円
【種別3】配信チケット(投げ銭なし)2000円
*以上、返金なし。配信は4月5日を予定しています。


ご来場に関して:

※会場内では特別なご事情がない限りマスク着用をお願いいたします。
※会場は座席の間隔は十分に開いていますが、当日、発熱や体調不良の方はご来場をご遠慮ください。
※消毒などコロナウイルス対策へのご協力をお願いいたします。
※状況によっては公演中止(配信のみ/または配信もなし)となる場合もございますので、あらかじめご了承の上お申し込みをお願いいたします。配信もなしになった場合には全額返金いたします。
※当日は吹き抜けの会場のため天候によっては寒く感じる可能性があります。暖かい格好でご参加ください。
※後日ライブの模様を有料配信する予定ですのでカメラ等の撮影機器が入ります。客席のお客様も映り込む可能性がございますので、予めご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。


〇寺尾紗穂 プロフィール
寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催_d0116009_12005463.jpg
1981年生まれ。東京出身
大学時代に結成したバンドThousands Birdies’ Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」、安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)の主題歌を担当した他、 CM、エッセイの分野でも活躍中。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。2019年まで10年続けることを目標に取り組んでいる。2020年3月に最新アルバム「北へ向かう」を発表。坂口恭平バンドやあだち麗三郎、伊賀航と組んだ3ピースバンド冬にわかれてでも活動中。

著書に『評伝 川島芳子』(文春新書)、『愛し、日々』(天然文庫)、『原発労働者』(講談社現代文庫)、『南洋と私』(リトルモア)、『あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々』(集英社)、『彗星の孤独』(スタンドブックス)があり、新聞、ウェブ、雑誌などでの連載を多数持つ。

2006年3月 1stミニアルバム『愛し、日々』発表。
2007年4月 メジャー第一弾となる2ndアルバム『御身onmi』発表。
2007年6月 1stシングル『さよならの歌』発表
2008年5月 3rdアルバム『風はびゅうびゅう』発表。
2009年4月 4thアルバム『愛の秘密』発表。
2010年6月 5thアルバム『残照』、2ndシングル『「放送禁止歌」』発表。
2012年6月 6thアルバム『青い夜のさよなら』発表。
2015年3月7thアルバム『楕円の夢』発表。
2016年8月「私の好きなわらべうた」発表。
2017年6月8thアルバム『たよりないもののために』発表。
2020年3月9thアルバム『北へ向かう』発表。

2020年11月「わたしの好きなわらべうた2」発表。
寺尾紗穂(with 歌島昌智 伊賀航) わたしの好きなわらべうた 杉工場ライブ 開催_d0116009_11565033.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。


トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/28487328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2021-03-14 11:57 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)