webちくまで連載がスタートしました。

筑摩書房のウェブサイトwebちくまにて人生初の連載がスタートしました。表題イラストは田澤ウーさん。十代向けですが、十代の背後にいる大人にも矢が刺さる連載にしたいです。子供にも大人にも媚びることなく書いていきたいと思います。




寺子屋の生徒たちの一部には伝えていますが、この連載を通して子供たちと対話の場を作っていきたいと考えています。具体的には子供たちに感想をもらって、お返事を書いたり、その返信になるような記事を書いたりすることを考えています。またお知らせしますね。

「安心な僕らのレジスタンス」という副題。
「安心な僕ら」は同世代はわかる人が多いと思いますが、くるりの「ばらの花」ですね。この言葉がいまの子供たちにいかにも合っている気がしたんです。
そして「レジスタンス」は、3月に現中3の歴史の授業でファシズムに対するレジスタンスが出てきたときに、ある男の子が「なんか、かっこいい」と言ったんですね。確かにレジスタンス、かっこいい。そう思って随分前に付けました。

先月、信田さよ子さんの『家族と国家は共謀する サバイバルからレジスタンスへ』を読んで、信田さんがすでにレジスタンスという言葉を使っていたことに気づいたのですが、信田さんがその言葉を使うときの強度を知ったときに私はこの連載を前に進めることができる気がしたし、この言葉に恥じない内容を書こうと心に誓いました。

連載は月に2回になります。どうぞよろしくお願いします。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/28656460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2021-06-04 13:56 | お知らせ | Trackback | Comments(0)