杵むらの閉店と、その他の雑記

・杵むらの閉店

以前、福岡のおいしいうどん屋さん③という記事でご紹介した、警固のうどんの名店「杵むら(きむら)」が9月27日をもって閉店になると知ったのは、いまから数週間前です。店内の「閉店のお知らせ」の掲示を見たときには目を疑いました。「なぜだ!?」「惜しい!!」と思わざるをえませんでした。

もう行けるチャンスはないかもしれない!と、昨日のお昼に杵むらにうどんを食べに行きました。閉店を惜しむかのごとく、たくさんの常連客らしき方々で賑わっていました。満席でした。
相変わらずのつるつるとのどごしのいい麺と、上品なスープ。そしてお店のあたたかな雰囲気。
「なぜ閉店するのですか?」「どこかほかのところでやるなら教えてください!」とかいろいろ言ってみたい気持ちにかられたのですが、野暮なことはやめようと、「おいしかったです」と言って、そのまま帰りました。お店の方にはいつも以上に、はっきりと「ありがとうございました」と心を込めて言われた気がしました。

みなさんもここのうどんを味わうならいましかありません。ぜひ行かれてみてください。
私もしつこくもう一度行くかもしれません。



・おとといの授業

おとといの授業では、3年生、1年生とも授業に臨む姿勢がとてもよく、(どちらの学年も、きちんと授業を聞いていた子の割合が全員とはいわずとも9割は超えていたと思います) 土日は、私は毎週2日合計で20時間の授業を持っていて、とっても疲弊するのですが、子どもたちの元気とがんばりに助けられた気がして、本当にありがたいと思いました。



・3年生の女の子のはなし

 3年生の女の子の一部(5名)は、休憩時間や授業後に、とても楽しく仲良く話しているのですが、その中身が最近とても気になりだしました。彼女たちがおとといの休憩時間に話していた話題の中心は「鼻毛」でした。その前には「う○こ」の話をしていました。その前、というよりは、いつも彼女たちはう○この話ばかりしています。
 私も中高時代はたもつくん(実名)やその他の友人たちとたいがいう○この話はして楽しんできましたが(こんなところで同調してもしょうがないのですが事実です)、彼女たちには負けるなと思います。ある女の子がルーズリーフを1枚落としていたので、誰のか確認しようと思って、その紙に目を落としてみると、
「最近の悩み  う○こが上手く描けないこと  本気で!!」と熱く書かれていました。これには仰天しました。

 この記事を読んで彼女たちのう○こ熱が冷めるのか、それともさらに加熱するのかはわかりませんが、とにかく、いろいろなことをエネルギーにして、それを学習意欲につなげてほしいと切に祈っています。(ちなみにフォローを入れとくと、3年生の女の子たちは、繊細できちんとした真面目な子が多いです。これは本当です。)

追記
3年生の男女の成績の平均値にはほとんど格差はありません。しかしながら、女の子の教室開放利用時間は、この前の土曜日、男子が平均6時間半だったのに対し、女子は2時間と、大きく水を開けられました。ファイト!がんばれ!3年女子!


西日本新聞でも紹介されました、中学生夏休み写真コンクールの投票受付が今度の日曜日(9月23日)に終了となります。まだ投票がお済みでない方は、ぜひご参加ください。(一部の部門につきましては、すでにネット投票の受付を終了いたしております。)
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/6172594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koya at 2007-09-19 00:03 x
ええっ!杵むら閉店!!まだ行ってないのに・・・
残念です。
Commented by terakoyanet at 2007-09-19 08:31
そうです。饂飩友としてはいっしょに行きたかったです。
by terakoyanet | 2007-09-18 13:36 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(2)