当仁中・舞鶴中は期末テスト対策本番!附属中はいよいよ中間テスト!

いま見たら、2ヶ月ぶりに
学習塾ブログランキング
にて本ブログ「寺子屋ブログby唐人町中学生寺子屋」が第1位になっています。どういうしくみで1位になるのかはわかりませんが、めでたいです。ありがとうございます。ちなみに、6月になってアクセスが非常に多いです。



さあ、本日からは附属中の前期中間テスト!
そして、当仁中&舞鶴中も、期末テストのテスト範囲が全学年出され、いよいよ臨戦態勢に入りました。

昨日の1年生の授業では、たっぷり対策プリントを配布しました。いまから一生懸命丁寧にこなしていきましょう。
学校のワークは終わりましたか? 必ず今週の金曜日までには終わらせましょう!そして土日はみっちり試験対策をしましょう!

(しかし今回、テストの直前まで練習や試合がある部活動が多いですねー。)

今回の定期テストは試験範囲が短いです。ですから、緻密な(細やかな)勉強が求められています。ただ一生懸命にやるだけではだめですよ。勉強には策が必要。頑張る頑張らないの精神論よりも、どれだけ自分の頭を使って考えることができたか、どれだけ自分の頭の中の知識を自分自身でテストできたか、ということにかかっています。


それにしても、F中の男子には慢心いっぱいの子が多いのでしょうか。2年生のK君に聞く限り、学校のクラスメートにはテストの直前でも勉強せずに遊びほうけている子がたくさんいるとのこと。おそらく彼らは余裕を見せつつもまあまあいい成績を取ることで、自身の力を顕示したいと思っている輩(やから)です。簡単に言えば、ほら勉強せんでもいい点とれた!すごいやろ!ってことです。

でもこんな子どもっぽい考えは早く捨てましょう。才能というのは、努力する才能があるか、没頭する才能があるかということにかかっています。生来の天才というのもいるかもしれませんが、多くの才能は努力によって生まれており、その意味で才能とは、イコール努力する才能のことと言っても差し支えありません。もともとの頭のよさを誇って努力を怠る人間は才能があるとは到底言えません。努力する才能がなければ才能は花開きません。

才能とは、一瞬のひらめきやきらめきでなく、
情熱や努力を継続できる力だと、羽生善治さんも言っています。


だからみんなも余裕ぶっこいていい点取ってる子のことをすごいなんて思わなくていいんです。大学受験も、将来も、そのままではそういう子は全く通用しないのですから。

あと10日、しっかりがんばっていきましょう!そして附属中の子はまずは今日のテストがんばれ!!!!

当仁中・舞鶴中は期末テスト対策本番!附属中はいよいよ中間テスト!_d0116009_1522182.jpg当仁中・舞鶴中は期末テスト対策本番!附属中はいよいよ中間テスト!_d0116009_1524371.jpg
最近遊びに来た卒業生たち。クラムB君、OY君、HS君、SY君。 またおいでね!

当仁中・舞鶴中は期末テスト対策本番!附属中はいよいよ中間テスト!_d0116009_1542321.jpg

そして、大濠高校のTT君からは昨年に続いて先生に似てる~とメッセージと画像が。(似てませんよね?)

当仁中・舞鶴中は期末テスト対策本番!附属中はいよいよ中間テスト!_d0116009_1562180.jpg

昨日、お母様方からおいしいものをいただきました! 壱岐のメロン!と手作りのハーブパン!
いまから美味しくいただきます。ありがとうございました!!
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/8070032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by terakoyanet | 2008-06-10 01:57 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)