寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 21日

弱音を吐く子、吐かない子。

部活動が忙しすぎる。そのために宿題がどうしても不十分になる子がいます。

「部活が本当に忙しすぎて、もうむり~~。」と訴えて来る子がいます。
一方で、とても忙しくて体調を崩すほどなのに「部活がきつすぎる?大丈夫?」と聞いても大丈夫と縦に首を振るだけで弱音らしきものは何も吐かない子がいます。

指導者としては難しいところです。弱音を吐いてくれたらその子の言い分を聞いて宿題を調整してあげたりいろいろとできるのですが、逆に一貫して大丈夫という態度を取る子が宿題ができていない場合、「やれない理由がないのにやらないとはどういうことだ?」と叱ることになります。でもそれでは弱音を吐かない子がかわいそうです。

生徒それぞれに対して適切な指導がしたいと思っています。
生徒一人ひとりの表情をくみ取ってやっていかなければと思っているところです。


d0116009_11562644.jpg
佐賀県唐津市加部島にて
October 2008



[本日のブログランキング]
本ブログは、10月21日11時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ4位
学習塾ブログランキング
8位です。

by terakoyanet | 2008-10-21 11:57 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://terakoyant.exblog.jp/tb/8799789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とよ爺 at 2008-10-22 18:02 x
私のように漠然と年を重ねた塾屋ほど、頑固になって、先生の仰る
ような基本的なことを忘れてしまうものです。

よいご指摘を戴いたと思います。
また1からやり直す気持ちで、子どもたちに接していきます。
Commented by terakoyanet at 2008-10-23 11:39
どこまで子どもの状態に干渉を入れながらやっていくかというのは難しいですね。
私もとよ爺さんのように、子どもと真剣に向き合いながら日々の指導をやっていきたいと思っています。


<< 不言実行      高砂のイタリアン「グーフォ」 >>