先日の期末テストの採点基準で、いくつか不明点があった。

これまでも学校の出題や採点で疑問に思ったことがある。
学力そのものよりも先生への忠誠を確かめる問題が出されることがあること、生徒が訂正を求めても先生のほうが意地になって訂正に応じないことがあること…など。



3年前には信じられないことが起こった。
ある生徒が英語のテストでcannotと書いた。模範解答はcan't。can notも正解。
しかしcannotはダメだと言うのだ。生徒側はcannotという書き方があることを日々の学習により確信していたにかかわらず、cannotなんて書き方はないと、その先生は主張した。

cannotという書き方は当然辞書にも載っているので、申し出た彼女に辞書を持って先生のところに行くようにすすめたが、結果として採点がくつがえることはなかった。




今回のテストでも少し不可解なことが起こった。

理科の採点で2.5と小数で書くべきところを5/2と分数で書いて不正解になった。
生徒たちには先生側を援護する声も聞かれた。「先生ちゃんと授業中に理科は小数で書くって言ってたやん」と。しかし私は果たしてそれが理由になるだろうか、と思った。

同じく理科では、水の電気分解の際に水酸化ナトリウムを入れる理由を答える問題で、「電流が流れやすいようにするため」という、どの問題集にも載っている模範的な解答を書いた生徒が△になった。学校の先生としてはもう少し踏み込んだ解答がほしかったのだろうが、それなら、設問段階でもっと条件を加えるべきだったのではないかと思う。


私たちも採点ミスにより生徒たちに迷惑をかけることがあり、子どもたちにごめんと謝ることも多いが、問題なのは、上記の場合、×や△をもらった子たちがなぜ×や△をもらったか納得できずにいることだと思う。話しを聞いた私も納得できなかった。

なぜcannotがだめなのか、なぜ分数で答えてはいけないのか、もし明らかな学術的な理由でもあるのならば、生徒もきちんとした説明を受ければ納得するだろうと思う。(もし理由も説明できないのであれば、採点自体の正当性がないということになる。)

満点を目指した子、はじめての80点突破を目指した子が、理不尽な採点でガッカリしているのを見ると、とてもかわいそうになる。

cannotのことを思い出すと、理不尽さを教えることもひとつの教育なのか、とさえ思う。
しかし先生が理不尽さを教える役を買って出る必要はないと私は思います。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
by terakoyanet | 2010-12-14 15:49 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(2)

今月初め(12月1日)より、来年度(2011年度3月春期講習から)の中学コース生徒募集を開始いたしました。今年は例年より申し込みの方が多く、本日現在の残り定員が以下のようになっております。

新3年生 残り3名  
新2年生 残り1名  
新1年生 残り11名



お問い合わせ電話番号は092-791-9690(受付時間:平日15~22時、土日13~22時、水曜定休)
唐人町寺子屋オフィシャルホームページの中のお問い合わせフォームでもご連絡を受け付けております。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
タグ:
by terakoyanet | 2010-12-14 15:10 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)

福大の過去問を解く

高校生の現国の授業、昨日は福大の問題を解きました。
9月以降、早稲田大、明治大、西南大、センター、徳島大とかなり難しい問題で鍛えてきたので昨日の問題はみんな随分スラスラ解けていて、成長を実感しました。

特に17問中15問正解のWさん。基礎力はついています。その実力を確固たるものとするために、さらに難解な文章にチャレンジすることで語彙力を逞しくしてほしいと願っています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

更新しました!かわいい手づくり雑貨新入荷!まもなくクリスマス感謝セールがはじまる本館7F terakoya shop の blog をぜひご覧ください。
by terakoyanet | 2010-12-14 04:48 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)