香港市街地で遊び疲れたら、おすすめしたいのがレパルスベイ(淺水灣)です。
香港島の南海岸に位置するレパルスベイはハリウッド古典的映画『慕情』の舞台地として知られるリゾート地です。


レパルスベイまでは市街地から車で30分ほど。
レパルスベイのランドマーク的存在、その名もザ・レパルスベイ(The Repulse Bay)。
そこはちょっと信じられないくらいシックな落ち着いた空間で、さっきまでの喧騒が嘘のよう。
d0116009_4415778.jpg
d0116009_443167.jpg
d0116009_4435943.jpg
d0116009_445868.jpg
ザ・レパルスベイは、かつては各国の皇族やセレブが利用する高級ホテルでしたが、いまはオシャレな店とレストランが並ぶ建物になっています。
d0116009_446392.jpg
特に有名なのがザ・ベランダ・レストラン(The Verandah Restaurant)。


d0116009_5201955.jpg
d0116009_4494889.jpg
d0116009_451795.jpg


お手洗いだってオシャレです。
d0116009_5233830.jpg



d0116009_4523644.jpg
レパルスベイ(淺水灣)、ガイドブックにはしばしば、地中海のリゾートのような・・・というような形容がありますが、これはです。




地中海のリゾートって
d0116009_4554444.jpg
こんなかんじです。(※スペインのイビサ島)


で、レパルスベイ(淺水灣)は
d0116009_4575361.jpg
こうでした。


この日は晴れ予報で実際には曇りでした。
それにしても、さびしい...侘しい...
この海岸の直視できないほど圧倒的な寂寥感はなんでしょう。

香港で美しい海など期待できるわけがない。
そんなことはとうにわかっていました。
しかし、そういう問題ではない、絶対的な何かがその地には宿っていました。
身に突き刺さるほどの寂寞を、まさか煌びやかなメトロポリス香港で味わうことになるとは。

これほど心に秘めた慕情をかみしめることができる場所があるでしょうか。
私にはこの寂しさがツボにはまりました。すっかり痺れてしまいました。
次に香港に行ったときにはまた迷わずレパルスベイ(淺水灣)に向かうことになるでしょう。
そして気怠くなるほど静かなカフェで、頭の中は茫漠としたまま静かに珈琲をすする。
なんと贅沢な時間でしょう。


美味しい飲茶巡りだけが香港の魅力ではないことを知った、束の間のレパルスベイ(淺水灣)滞在でした。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2012-11-18 05:16 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

中学生保護者様にお知らせです。
明日より、随時、11月末から12月にかけて行われる三者面談のお知らせを配布いたします。
ご確認の上、期限内に提出をお願いいたします。

高校生保護者様につきましても、近日中にご案内を配布いたします。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2012-11-18 04:22 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)