寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 04月 10日 ( 2 )


2018年 04月 10日

参考書(一般書籍)の販売が始まりました。

今年度から本校1Fの店舗とらきつねで一般書籍の販売が始まりました。
つきましては、生徒たちが必要とする参考書の販売も始まっていますのでぜひご利用ください。

中学生の英語の学習において鉄板の参考書である『これでわかる英文法』や、一般の書店で取り扱いが少ないのにかかわらず選りすぐれた問題が他の追随を許さない『高校への数学』シリーズ、さらに、英語学習の鉄板として大学受験生はもちろん英語学習をしたい大人にも活用されているDUOなどは常設いたします。(今後他にも随時追加します。)

また、新年度が始まるこの時期に購入をおすすめしたい数学の教科書ガイド、国語の教科書ガイドも入荷しています。(この2科目だけはガイドを持っておくことをお勧めします。)教科書準拠の参考書と言えば「教科書ワーク」や「教科書トレーニング」を購入しがちですが、国語と数学だけは、解説がほとんどない教科書の不親切さを補うために「教科書ガイド」が必携です。教科書ガイドを持っている子は定期テスト前に教科書の詳細な見直しが可能ですが、持っていない子はその点、不利です。(5年も前に「教科書ワーク」よりも「教科書ガイド」がお勧めであるという記事を書いたことがあります。)

天神まで行かなくても参考書が買える、ということで、ぜひご活用ください。

d0116009_13505061.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-04-10 13:51 | おすすめの学習テキスト | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 10日

『星の王子さま バンド・デシネ版 (Le Salon des livres)』

バンド・デシネというのは、フランス語で芸術性を備えたマンガのこと。
『星の王子さま』の唯一の公式マンガ版と言われるジョアン・スファールによるこの本を読んで、私は初めて「星の王子さま」に出会った、と思いました。

あくまで原作に忠実でありながら、でもこの本に出てくる彼は、ただの繊細な少年ではない。
やんちゃで無鉄砲で、刹那の感情に振り回されて、それでいてどうしようもなくたよりない。
ああ、これまで私は彼のことを誤解していた、そうか子どもというのはこんなにわがままな生き物だったんだ、だからこそ素直でまっすぐで、こんなに感動的なんだ。そうやって、いまさらながら、この物語の脆くてピュアな魅力に気づかされます。

あの有名な、王子と薔薇の場面はどうしようもなくせつないです。代償がないからこそ、報われないからこその美しさがそこにはあり、ああこれが本当なのだ、ときっと誰もが涙するシーンです。

技ありの軽妙な翻訳は池澤夏樹によるもの。
それにしても、池澤夏樹氏の古典に新たな息吹をもたらす慧眼に、これまでどれだけ助けられたことでしょう。
『星の王子さま バンド・デシネ版 (Le Salon des livres)』はとらきつねでお取り扱い中です。

d0116009_12561931.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-04-10 12:57 | おすすめの本・音楽 | Trackback | Comments(0)