2019年 08月 12日 ( 1 )

とらきつね一般書ランキング (7/1-8/10)と入荷の本

とらきつね一般書ランキング (7/1-8/10)

(初)1 旅をしても僕はそのまま 鳥羽和久 啄木鳥社
(初)2 たぷの里 藤岡拓太郎 ナナロク社
(4)3 親子の手帖 鳥羽和久 鳥影社
(初)4 夜の木[第8版] タムラ堂/タラブックス
(初)5 文藝2019秋季号 韓国・フェミニズム・日本 河出書房新社
(初)6 居るのはつらいよ 東畑開人 医学書院
(1)7 台風一過 植本一子 河出書房新社
(初)8 往復書簡 無目的な思索の応答 武田砂鉄・又吉直樹
(8)9 アメリカ紀行 千葉雅也 文藝春秋
(初)10 ホホホ座の反省文 山下賢二、松本伸哉 ミシマ社

d0116009_00492195.jpg

今月は、7月に発売した新作zine『旅をしても僕はそのまま』(←そのうちナナロク社から出る予定の新刊とは別のものです)が50冊以上の売り上げで1位に登場。2位には当店の絵本売上新記録を達成する勢いの話題沸騰、藤岡拓太郎『たぷの里』。店内ではタラブックスフェア開催中で、『夜の木』の第8版も初登場。以下、話題作が並んでいます。




お盆休み中のとらきつねですが、次のオープンは18日(日)となります。


<最近の新入荷・再入荷>
(再)居るのはつらいよ 東畑開人
(再)子は親を救うために「心の病」になる 高橋和巳
(新)詩と出会う 詩と生きる 若松英輔
(新)庭とエスキース 奥山淳志
(再)不道徳お母さん講座: 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか 堀越英美
(新)山の神々 坂本大三郎
(新)新潮2019年9月号 千葉雅也『デッドライン』収録
他入荷


子育てやケア、さまざまな生き方について考える本を中心に入荷しています。


拙著『親子の手帖』は現在3刷ですが、おかげさまで4刷をお届けできることになりそうです。

新しい原稿とか索引とかを追加して、新装版に仕上げたいなという気持ちがあるのですが、まだ担当の編集者に何も言っていないのでどうなるかわかりません。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-08-12 00:57 | とらきつね | Trackback | Comments(0)