カテゴリ:寺子屋エッセイ(読み物)( 195 )

毎年三者面談をしていると、面談をすることは目に見えて生徒にとってプラスにはたらくことが多いことを実感します。(残念ながらすべてのご家庭で必ずというわけにはいきませんが。)

三者面談の効用は、なんといっても子ども1人を主人公にして、その子についてさまざまな話をすることができることです。これは、子どもにとって、日ごろの生活、日ごろの授業では経験しえないことです。私は、お母さん・お父さんの前でできるだけ具体的に生徒の長所や傾向について話します。(厳しいことを言うこともありますが。)その子に対する思いをお母さん・お父さんたちに話すことで、間接的に子どもに伝わるようにします。

この間接的にというのがミソです。間にお母さん・お父さんが入ることで、私が話している内容に客観性が生まれます。その客観性は子どもにとって新鮮で、ああ私はそんなふうに先生に見られてたんだなと、自分をひとつの対象として味わうことを子どもは知ります。

面談のときに「あなたは次からこうしなさいよ。」と上から説教ばかりするようでは、いい面談とは言えません。
なぜなら、子どもはそうやって上から押さえつけらている限り、子ども自身から自分自身の意思が生まれることはないからです。

面談はぜひ本人の本来の考えや意思が思わず表出するような現場になれば理想的だと思います。
そのためには、ジャッジされないままに子どもが自分自身を味わう時間を作ることが必要です。

受験生の面談の際には、当然もっとがんばろうとはっぱをかけるようなことを言うわけですが、それだけでは不十分です。
受験生にはまず、率直に現状(現在の成績状況や合格可能性など)について本人に変に肩入れすることなくできるだけクリアに伝えます。そして、お母さんやお父さんとA高校は部活的にはいいけどちょっと遠いよねとか、B高校は部活はいまいちだけど校風的には本人にあってそうとか、そういう話をします。このとき、本人は置いてけぼりでいいんです。大人たちが半ば無責任に高校についていろいろな話をしていると、子どもは勝手に「じゃあ、私はB高校がいいかな。」とか考えはじめるんです。
このときに初めて子どもは自分の内なる欲望を発見します。それは、大人が「あなたどこに行きたいの?」と無理に子どもから希望を聞き出そうとするより、子どもの自然な意思が出てくるという意味でずっと有効な手段です。ときには、大人たちがそうやって話していても、子どもからはっきりとした答えが出ないこともあります。でもそれでいいんです。自分の欲望を発見した子どもは来たるべきタイミングで自分の意思に基づいて動き始めます。

こうやって自分の欲望を発見し、それに基づいた選択をした子どもには何らかの手ごたえが残ります。その手ごたえが、将来の彼らを支える一つの拠り所になったとしても、それは不思議なことではありません。

面談を叱咤激励の場と考えるのはちょっと視界が狭くて、子どもたちの欲望が生まれる現場になればと思いながら面談をしています。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-11-18 07:08 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

データ奴隷の時代に

AIが人類を超えるとされるシンギュラリティが、西暦2045年問題としてまことしやかに語られています。
でも、私は「超える」という言葉自体に恣意的で限定的な意味合いを感じています。シンギュラリティが起きるということを文字通りには信じていません。

しかし一方で、データを蓄積したAIが世界のありようを変えること自体は、間違いなく近未来に次々に起こってくるでしょう。
例えば、現在実用化が進められている乗用車の自動運転化が実現すると、ほとんどの道路渋滞が解消されることが予見されています。まず、交通事故が著しく減少します。そして、渋滞の原因の多くが、上り坂やトンネルで必要以上に減速するといった人間の認知行動の誤りに起因しているため、データを蓄積した乗用車の自動運転によって適切なスピード管理がなされれば、渋滞は極端に少なくなると考えられています。

このように、データを用いれば、人々の行動や意志決定、その誤りをある程度正確に予想できるため、それに従って人々の行動を適正化することが可能です。そして、このことを応用させれば、健康や貧困、環境などの人類全体の問題さえも解決できるようになるかもしれないと考えるのは、いまや決して極論ではありません。
こうして、データに基づいて人々の行動を変え、人類を導いていくことができることを前提にした具体的な動きが次々と出てくるのが、これからのAI社会の展望です。

しかしこの動きが進んでくると、「それらのデータ利用は果たして人類にとって幸せなことなのだろうか?」といった、倫理に関わる議論と検証が活発に行われるようになるでしょう。人が選択するより、データに基づく選択のほうが正しいという趨勢が強まれば、人は決断し、選択する必要がなくなっていきます。

この事態は、人々に「我々の生きる目的を奪うのか?」という抵抗をもたらすでしょう。だって、決断しなくてよい、選択しなくてよい、というのは、目的を達成するというミッションを自らの生きがいにしてきた人たちからすれば、耐えがたいことなのではないでしょうか。

イェール大の経済学者、成田悠輔さんは、フォーブス・ジャパンのインタビュー https://forbesjapan.com/articles/detail/26062 で、「目的を機械的に生み出すことができれば、決断し選択するための労力や時間を節約し、過去の選択に後悔して苦しむこともない。自分探しと自己責任の終わりなきアリ地獄を脱却できる。」と話します。これまでの世界は、人々が設定した「目的」を達成するためにデータ活用をしてきた。しかしこれからは、「目的」自体をデータ(AI)が発見してゆく未来が訪れると成田さんは語ります。彼はこの状態を「幸福なデータ奴隷」状態と呼び、目的さえも機械がデータから判断し選択すれば、人々は日常の小さな判断から解放され、真の幸福が訪れると言います。
「目的を機械的に生み出すことができれば、決断し選択するための労力や時間を節約し、過去の選択に後悔して苦しむこともない。自分探しと自己責任の終わりなきアリ地獄を脱却できる」と彼が言う「幸福な」未来は、何か不気味なものにも感じられます。でも私は、普段からゲーム的世界ですでに自足している子どもたちを見ながら、この未来は、あながち間違っていないのではないか、と考えるようになってきました。ビッグデータに支えられるような未来はおぞましい、人としての歴史が終わる、そう考える人は、もしかしたら単に自分自身が育った世界観以外を認めることができないだけなのかもしれません。

いまやデータが世の中を席捲しています。私たち自身はすでにデータの奴隷になっています。ネットでAmazonを開けば「あなたへのおすすめ」商品が表示され、コンビニに行けば「顧客の購買行動」として私的な買い物の情報がビッグデータに組み込まれる。インスタグラム(instagram)では#(ハッシュタグ)をつけることで、自ら進んでデータの素材になり、データを通して欲望される主体になることを願う。こうして私たちは、いまや自らがデータの素材であり、そしてデータの素材と化した他者を欲望して生きています。でも、大人たちは何を守ろうとしているのかそのことに自覚的であろうとしません。

もし私たち大人が、自分が育ってきた価値観に縛られて盲目になり、結果として無自覚な「不幸なデータ奴隷状態」に陥っているとすれば、初めからデータという便利な乗り物を乗りこなしてしまう新しい子どもたちは、「データ奴隷」というよりは「データの申し子」であり、データ世界の中でマインクラフトなど一からの創造を手掛けてゆく彼らは、眩しい存在にさえ感じられるのです。

私がいまこんな話をする気になったのは、世の中の現実がゲーム化、AI化してゆく流れをことさらに悲観的に語る言論が多く存在するからです。しかし、これらの流れは、倫理性を高次のものにしていくという人間の間断のない営みには決して逆行しないと私は考えています。時代が悪くなった、人はすぐにそう言いますが、良くなったところもたくさんあります。私たちの目の前には相も変わらず無限の可能性が広がっています。これは簡単には動かしようのないことです。

家族がよかっただの悪かっただの、いったい何を言っているのか。家族は永遠に変わらないし、変えればいいというものでもない。かといって、それが運命だなんておおげさに考える必要もない。ただ、その目の前の現象を確認することからしか私にはできないのだ。 坂口恭平『家族の哲学』毎日新聞出版

この文章での「家族」は、「時代」と置き換えても「人間」と置き換えてもよいでしょう。シンギュラリティによって世界が変わるわけではなく、人間が変わるわけでもないのに、私たちはいったい何を言っているのでしょうか。私には彼がそう言っているようにも聞こえます。

では、これからの私たちがもし次に向かうべき主体があるとするならば、それはどのような姿をしているのでしょうか。これについても坂口恭平さんは面白いことを書いています。

私は機械のように生きたい。機械のように誰とも共感などせず、喜びを分かちあったりせず、ただ観察し、検査を続けたい。可能性だけを見たい。可能性以外には目を向けたくない。そして、この行動自体に理路整然としたものを求められてもこちらは返す言葉がない。論理的に動こうとすると、社会が重く見える。勝手にやらせてもらうのが一番だ。
私の目をただ利用してくれ。
それ以外に私は何も求めていない。
はっきりと言おう。
この世界は可能性で満ちている。そこに意味など求めないかぎりは。
私は私の仕事だけを徹底して実践していく。それだけが喜びなのだ。それができればもう死んでもいいのである。統合された人間というようなものを想像することこそが罪なのだ。そんなものが存在していると理解したところで、誰が幸福になりえるのか。
幸福とは、あなたが動いているということだ。機能を持っていることだ。
機能さえあればいいではないか。統合した人間らしさというものを私は認めない。
人間はそういうものではない。植物を見ればそれがすぐにわかる。
人間を、何かの役に立たせる、などという妄想が作り出した社会という名の監獄からの目で見たくないのだ。それでいい、とすべてをよしとするような母性の視線で私は見守っていたい。  坂口恭平『家族の哲学』毎日新聞出版

宮沢賢治はかつて「私の幻燈はこれでおしまいであります。」(『やまなし』)と、自身をひとつの機械になぞらえました。その機械は、世界を写し出す機能を持っています。そしてその機械は、ひとつひとつの現象に、意味や答えを見出すことを退けます。それを象徴する言葉が「クラムボン」です。それは意味や答えによって統合を目指すのではなく、統合によって何かの役に立たせることを企図するのではなく、ただそうなっている、そのことをただ観察するための機械です。
機能しかない機械は、はじめからゲームに参入しません。ゲームのような仕掛けがなくても、それだけで植物のように自足しているのです。

はたしてこのような主体が実際に存在しているのでしょうか。私たちは仕掛けがなくては、企図がなくては、到底生きてはいけないのに。

でも私たちは、誰もが現象を写す「幻燈」を持っています。たとえいま「社会という名の監獄」に囚われていようと、私たちには身体があり、歌があります。そのことを忘れてしまわない限り、それらが幻燈となり、世界を写します。
耳を澄まして風の声を聞くだけで、世界はいつも偶然性にさらされていていることを知ります。世界は私が知っているものだけでできているのではない。そのことを実感し、謙虚になることができます。

・・・

坂口恭平さん、いよいよ明後日、写真家の石川直樹さんとともに、とらきつねにやってきます。(チケットはSOLD OUT)

新刊『まとまらない人』は副題「坂口恭平が語る坂口恭平」が示す通り、坂口恭平による坂口恭平の解説書であり、取り扱い説明書です。彼に耐性のない人はもしかしたら、何、自分語りしてるの?と思うかもしれません。でも、それは、そう思う人が自分自身に臭みを感じて言っているだけで、坂口恭平というフィクションを理解していないだけです。

『まとまらない人』の中の坂口恭平は、現象を写し出す「幻燈」として、ときに異界の入り口を窺う「子ども」になり、ときにあらゆる人を引き寄せてしまう「酋長」になります。彼の声が湧き水のように読む人たちを潤したとき、彼はいつの間にか私たちにとっての「環境」になります。これが彼の企図するところなんじゃないかと私は考えています。






by terakoyanet | 2019-11-18 06:08 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

数日前に天神の本のあるところajiroさんであった熊本・橙書店の店主、田尻久子さんのトークイベントに行ってきました。

トークイベントに参加するというのは、多くの場合、意義あるものを発見しに行くというような極めて目的的な行為を指すのだと思うのですが、その晩の田尻さんのトークは、田尻久子という人をそのままに感じるだけの時間で(彼女はそれをだらだらと話して…と表現していました)その時間の淡さが愛おしく感じられました。

この日のトークは今月出たばかりの田尻さんの新刊『橙書店にて』の刊行記念も兼ねたイベントでした。
この新刊について、私は他のところで次のように書きました。


『橙書店にて』晶文社(2019年11月刊行)

熊本・橙書店のママ、田尻久子さんが書いたエッセイ3作目。
私は彼女が書く文章が好きです。何を書いても澱みがない。さっぱりしてる。
哀しみをいとおしんでいるのにそれでいてカラッとしていて、だからかえって余韻が後を引きます。
それにしても久子さん、この本の言葉一つひとつがさらに冴えわたっているなあ、とつくづく。

橙書店の本棚の間を歩いているときのように、たよりない声が、声にならない声が、行間から聞こえてくるようで耳を澄まします。それは確かに命の深さを知る、やさしさに溢れる声。
石牟礼道子も村上春樹もあの日カウンターにぎこちなく座ったお客さんも、この本の中では、たまたま橙書店に触れた、なんでもない、そしてかけがえのないひとりの人として描かれています。その久子さんの目の正直さ、確かさに胸を打たれるのです。



田尻さんのエッセイ3作について、私がメモのように書いた案内をとらきつねに設置していますから、よかったらもらってください。
d0116009_03445589.jpg
『橙書店にて』の中に「透明なお客さん」っという話があって、その中に映画「かもめ食堂」のエピソードが出てきます。
その映画のあるシーンで泣いてしまった田尻さんは「店をはじめたときの不安な気持ちと、お客さんが入りはじめたときの安堵がよみがえった」と書いていて、私は『かもめ食堂』は見ていないけれど、その不安と安堵のことは身に覚えがあると思って、深夜に一人でほろりとしていました。

d0116009_04021929.jpg

今年の春に別府に行きました。
国内でも海外でも、旅をするときには、ここだけは行こう、というところをあらかじめ調べてGoogle Mapに☆をつけておいて、それを目印にその場所に向かいます。そんな初めからわかっている情報を現地で確かめることのどこが楽しいの?と言われそうですが、それについては哲学者の東浩紀さんが次のように語っています。

旅先で新しい情報に出会う必要はありません。出会うべきは新しい欲望なのです。〈中略〉
いまや情報は稀少財ではない。世界中たいていの場所について、写真や記録映像でほとんどわかってしまう。にもかかわらず、旅をするのは、その「わかってしまった情報」に対して、あらためて感情でタグ付けをするためです。
ー東浩紀『弱いつながり』ー

旅の「時間」とかそこで生起する「欲望」というのは再現不可能で、だからあらかじめ情報が与えられていても旅というのはいつまでも時めきを宿しています。

d0116009_04144271.jpg
d0116009_04161671.jpg
写真はBASARA HOUSE ですが、こういうあらかじめ調べていたところというのは、まず裏切られません。
自分の趣味嗜好がはっきりしていて、それでいてたくさんの情報の中から選ばれたわけなので、いいお店に決まっています。
d0116009_04191950.jpg
で、こちらはBASARA HOUSEの近くにあるカレーのお店TANE。
こちら、雰囲気も最高だし、めちゃくちゃおいしいんです。これも事前に調べて行きました。


この2つのお店は私たちが泊まった宿のすぐそばにあったのですが、別府では原稿合宿(本の原稿を書くための宿泊)をしていたので同じ宿に4泊しました。だから、毎日何度も同じ道を通っていたのですが、この2つのお店以外に、事前調べではひっかからなかった小さなお店がもうひとつあるのが目につきました。

このお店の店構えは明らかにインスタ映えを狙っている感じが店内に入ることを躊躇させたのですが、でもそこにはかわいいおむすびが並んでいるのが見えました。そしていかにも感じのよさそうな若い女性の店員さんが一人で切り盛りしている様子がお昼から晩までガラス越しに見えました。

調べてみると、まだ新しいお店みたいで、毎日通るたびに、今日はお客さん入っているかなとか、作ったおにぎりが残ったりしないかな、なんて心配になってきて、猛烈に応援したくなるのです。

こんな勝手な感情が芽生えるのは、やっぱり自分に店を(私の場合は塾ですが)始めたばかりの不安の感情が強烈に残っているからだと思います。
初めてお手製のチラシをひとりで3000枚ポスティングして、翌日に1件も反応がなくてひとり泣いたこと、翌々日に初めてかかってきた電話に震える声で出て一生懸命に教室の授業のこと(そのときはまだイメージでしかない)を話したこと。
最初は本当に心細かったし、毎年生徒が満員になる今でも、来年はちゃんと入ってきてくれる子どもたちはいるだろうかと不安な気持ちは常にあります。

気になっていたお店に、3日目の晩にとうとう入ってみました。
女性の店員は話し方から外国の方、きっと韓国の方なのかなと思いました。
写真は買ったおむすびとスコーン。かわいいでしょう。とても美味しかったです。
d0116009_04254617.jpg
自分でもわけがわからないくらい、始まったばかりのこの店を応援したくなったあの日の気持ちを、田尻さんの文章を読みながら思い出しました。『かもめ食堂』もいつか見たい。


話しが逸れすぎました。

翌日、熊本からは田尻さんと、平田さん、そして神奈川からは編集者の川口さん、そして福岡の鹿子さん。4人がとらきつねに遊びに来てくれました。

遊びに来たといいましたが、川口さんは私の新刊の編集者で、その打ち合わせのためにとらきつねまで足を運んでくださり、それ以外の3人は彼女といっしょにとらきつねに行こうよと来てくださったのです。(田尻さんの最初のエッセイ『猫はしっぽでしゃべる』、そして鹿子さんのベストセラー『へろへろ』はどちらも川口さんの編集で、鹿子さんの新作『ブードゥーラウンジ』の編集も川口さんです。鹿子さんの新作たのしみ!)

d0116009_05154962.jpg
田尻さんと鹿子さんに、とらきつねで売っているおふたりの本にサインをお願いしました。
ぜひ早めにゲットしにきてください。ふたり、楽しそう。

保育士の平田さんからは、熊本で田尻さんたちとやっている子ども支援の話を伺いました。何か協力したいと思いました。
そして、川口さんとも原稿の話がしっかりとできました。遅くとも来年の初めにはお知らせを始めることができそうです。

この次の日に田尻さんからお礼のメールが届いて温かい気持ちになりました。
クールなのに愛の器が大きい人。細やかな気配りがある人。私も巷にいるたくさんの田尻ファンのひとりです。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-11-15 05:28 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

テレビに出ている林先生を見ていてもそうですが、いま学生たちを教える先生たちはソフトな人が多いです。
私も大人たちからソフトな人間とよく言われます。その点、子どもたちはちゃんとそうじゃないと気付いていますが。。

子どもと指導者の関係はフラットであるほうがいいという話をするとたびたび誤解されるのですが、それだけでは子どもたちの力はつきません。フラットな関係を半ば利用して縦の関係を成就させることを自覚的にうまくやるのが、いま子どもたちに教える人たちにとって必要な条件です。

このことについて、11年前にこちらのブログで書いていますので、以下に掲載します。

・・・

私は日々、子どもたちと同じ目線で指導を、と思っています。
というか、子どもより自分が上の立場と思うこと自体がなんだかよくわからないのです。
目の前にいるのは、ただただ自分より若い、経験が少ない人間がいるだけ。

私は、年齢や経験値、(または社会的地位等)が上だからといって、人との間に縦の関係が生まれる場面があるというのが、なぜそういうことになるのか感覚的によくわからないのです。

ですから私は自分の友達と接するときとあまりかわらない感じで子どもたちと接することになります。
それは、相手を認める、というような大仰なものではなく、ただいっしょに隣にいるだけというかんじの関係。

ただし、生徒を指導するにあたって、なれ合いの関係を形成してそれでよしとは当然なりません。
そこで私は縦の関係を持ち出して子どもたちと接します。
子どもたちと話しているとき、要望を受けるとき、ある一線を越えた場合には、私の意見をはっきりと言い、私のやり方に従わせます。そういうとき、子どもたちは、ほとんどの場合、私が一方的に提示するやり方に逆らわずに従います。
彼らが従うのは、日ごろからの横の関係(やわらかな友達関係)がきっと背景にあります。彼らは私に嫌われたいとは思っていないと思います。また、私がひどい理不尽な要求をする人間ではない、と思ってくれていると思います。

ですから、彼らは私が言うことに対しある程度理解を示した上で、自分の行動を私のやり方に合わせます。
私は本来、横の関係による指導がしたいと思っています。さらに言えば、人と接するとき、私はそういう関係しかつくることができません。
ただし私は指導をするときに、縦の関係を持ち出します。基本的に横の関係しかありえない、と思っている私がここで「縦の関係」という言葉を用いるのは意図的です。

私が「縦の関係」を子どもたちに発動しているとき、私は一方的に子どもたちに何かを押しつけようとしています。これは私の心が感じることです。
一方で、子どもたちは日頃の私に対する安心からか、ある程度納得して私のやり方に従います。
ですから子どもたちからみたら、もしかしたら「縦の関係」で押しつけたものではないかもしれません。
しかし私は感じます。私は「横の関係」の力を利用することで「縦の関係」を成就させた、と。

ですからわたしはこのとき、「横の関係」に対して少し申し訳なく思います。

私にとって、「横の関係」を大切にしながらも、自身が「縦の関係」を発動していることを意識しながら指導することは忘れてはならないことです。そうでなければ、自然だと思っている「横の関係」までも、「縦の関係」に侵食されかねないと私事ながら思うのです。


d0116009_15110803.jpg
先日の高校進学説明会でスーパー中学生(特進クラス・部活動・クラブチーム・生徒会での活躍)として表彰されたYくんの雄姿。屋久島の模型地図を用いて何かを表現しようとしています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-11-08 15:09 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

国語の伸ばし方

植本一子さんは去年の夏、私たちが日本財団の取材を受けたときに撮影に来たのが最初で、その数ヶ月後にトークイベントに来てもらったのでとらきつねに来てくださるのは今回で3度目、そして武田砂鉄さんは今回初めてとらきつねにお越しになります。


その武田砂鉄さんが去年の12月にタモリ倶楽部に出演したときの動画があります。
この日のタモリ倶楽部は「受験業界震撼の問題企画!作者の気持ちを作者は解けるか!?」という企画で花園大学の大学入試問題国語の文章「鼻毛に背負わせすぎ」の著者である武田砂鉄さんが「作者の気持ちを作者は解けるか」どうかを試すためにタモリたちとともに問題を解き、えー!?作者なのに作者の気持ちの問題が解けないのか!?といういわばお決まりのオチに落ち着くという、ある意味予定調和の笑いの内容と言えると思います。

でも、タモリ倶楽部、タモリの笑いのいいところはそこに強引さがないところです。一方的な解釈を押し付けるようなことはしません。
実のところ、国語の入試問題で根拠なく「作者の気持ち」なんてものを答えさせる問題は絶対に出ません。この番組に登場する入試問題の作成者である今井隆介准教授(入試問題の素材に「鼻毛に背負わせすぎ」を選んだ時点で今井教授はきっと間違いない人!)も言っているとおり、解の根拠を説明できない問題は入試問題として不適合であり、出題者は論理的根拠があるという点において出題者としての責任を負って問題を作成しています。よって国語の問題を解くことは、作者というよりは、問題作成者との知恵比べ、がまん比べになります。
だからその意味で、国語を解くということがわかっていない人が「作者の気持ちを答えよなんてナンセンスだよ、そんなのわかるわけないじゃん」と言うのと同じような結論をこの番組が導き出していないことに安心しました。だってそれは端的に事実誤認だからです。この番組ではむしろ出題者の今井さんへの敬意が感じられたし、その一方で武田砂鉄さんのチャーミングさと「鼻毛に背負わせすぎ」という短編の面白みが存分に伝わってきました。こうやって、タモリの笑いというのは基本的にどの立場の人も傷つけない敬意を持ったものなので、安心して見ていられます。[その点、昨夜テレビであっていた「月曜から夜ふかし」は、取り上げられたケーキ屋さんが、そのセンスのなさを強調されるだけで終わっていて(マツコが私は好き、と言っていたがあんなものではフォローとしては弱すぎる)なんて一方的な編集なんだと憤ってしまいました。]

国語は伸ばしにくいと言われる科目ですが、きちんとポイントを押さえて学習すれば必ず伸びる科目です。
私たちの教室には、芥川龍之介や鷲田清一といった難しい内容の文章も果敢に読み解いていく小学生対象の国語の授業があり、中学生対象の国語力を伸ばすことだけに特化した授業「国語塾」があり(この授業はオプション料金が発生するのにかかわらず、当校の中学生の6割以上が履修しています)、センター試験や最新の入試問題を厳選して読み解く高校生対象の「現代国語」の授業があり(昨日の授業では2015年のセンターに出た大庭みな子の短編「紅茶」と、2018年の早稲田大社会科学部の問題に出た東浩紀の「ゲンロン0 観光客の哲学」を扱いました。ちなみに東浩紀さんの「ゲンロン0 観光客の哲学」の刊行記念読書会が2017年にとらきつねで開催されました 。こうしてとらきつねのイベントと大学入試、日ごろの授業はつながっています)、小・中・高のそれぞれの授業で子どもたち(計108名が履修中)が明確に国語の力を伸ばしており、その成果は歴然と日ごろの模試でも表れています。

d0116009_04274914.jpg
↑は先ごろ発表された夏の模試の平均偏差値。国語塾履修生(1学期から国語塾を履修している生徒)の平均、その他の生徒の平均です。
国語塾生は本人もご家族も勉強に熱心であることが多く、中2数学以外の全ての科目で国語塾履修生のほうが平均が高くなっていますが、やはり国語の平均偏差値は国語塾履修生が圧倒的に高いことがわかるデータになっています。中3に関しては英語(やここに載っていませんが社会)でも国語塾履修生が差をつけており、文系科目全体への好影響も伺える結果となっています。

当校で生徒たちに国語を解く上で何を意識づけさせているかをまとめると、以下のようになります。(以下がすべてではありません。一例です。)

1 まず大前提として、文章を読むことに深く集中すること。
2 決してフィーリング(感覚)で解かない。評論はもちろん、小説さえも論理的に解くこと。
3 問題を解くことは問題作成者との知恵比べと心得ること。
4 論説文・評論文など読みづらいものは、本文読解と設問を同時並行で読み進めて解いていく。
5 小説・随筆(比較的すいすい読めるもの)は、先に本文をすべて読んだ後に設問を解いてもよい。
6 設問で問われている内容は何か確認し、間違えないように印をつける。(「理由を答える」のか「考えて説明」するのか、「一文を探す」のか「部分を抜き出す」のかなど。
7 設問傍線部中(または傍線部直前)の指示語に〇をつけ、その指示語が何を示しているかを明らかにする。
8 本文中の接続詞(しかし・つまり・また、など)は文脈の転換点。注意を払う。
9 むやみやたらに本文に印をつけない。解くことを単なる「作業」に貶めないこと。印は必要な箇所に最低限つける。印をつける箇所を厳選すること自体が国語力アップの鍵。
10 選択問題というのは要はボケとツッコミである。出題者のボケに的確なツッコミを入れることができるかが勝負。各選択肢の、明らかに間違っている(ボケてる)箇所に線を引き×をつけ(これがツッコミ)、怪しいところには△をつける(ただし中途半端なツッコミはできるだけ避けたい)。※ボケにはパターンがあるので、そのパターンを授業中にしっかり確認をしています。
11 解くのに慣れてきたら、時間をはかって解く。


他にもありますが上のようなことを繰り返し繰り返しやっていくと国語力は着実に伸びていきます。内容が難しいときは、その内容について子どもたちが「そういう話だったのか!」と腑に落ちるような話をすることも大切です。集中して問題を解かせる→論理的な根拠をもとに問題を解説→最終的に子どもたちの心にすとんと落とし込む、これがうまくいったときは、思わず「今日はうまくいったー!」と叫びたくなることもあります。国語の授業は生モノで扱いにくいところもありますが、子どもたちのおかげでとても楽しく進行できていると感じます。そして、国語の授業で読んだこと感じたことが意識・無意識に子どもたちの将来の財産になることを、祈るような気持ちで密かに願っています。

最初にお話しした武田砂鉄さんのイベント、こちらを読んだ方はぜひご参加いただければと思います。ずばり面白くなると思います。(残席少ないので売り切れてしまった場合はご了承ください。)



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-08 04:51 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

期待値の差でしかない。

今朝起きて最初に開いたツイッターでこのつぶやきが目にとまりました。

「不満が多い人は期待値が高いです。感謝が多い人は期待値が低いです。 」

為末大さんのつぶやき。
為末大さんは"走る思想家"なので以前からこのブログでも何度かその思考を紹介したことがあります。

この話、昨日、シンガーの島崎智子さんたちと「女と味噌汁」に行ってちょうど話していたことでした。


子どもや親の中にも、いつも不満(ときに不安)をためている人たちというのがいます。
彼らはなぜ成績がこんなに伸びないの?こんなにできないの?といつも感じています。
でもこれは単に「斜め上を見ている」から。
「斜め上を見ている」人たちは、期待値が高いからいつまでも満たされません。

一方で、全く同じ成績でも、ある親子はいまの成績をそのままに受けとめて、その状態に対する敬意のようなものを持っている人たちがいます。
これは期待値が低いから。
期待値が低いというと悪いことのようですが、そうではなくバカボンのパパに言わせれば「これでいいのだ」ということ。

どちらのほうがいいかと言えば、言うまでもなく後者のほうがいいわけです。
「斜め上を見ている」人たちは自分で不幸を呼び寄せていることに気づいていない。
いつまでも満たされないのは自分の欲望がそうさせているのに、その欲望のいびつさに気づかない。
ほんとうはそうやって苦しくなっているときというのは自分を知るチャンスなのに、欲望に搦め取られすぎて自分をいつまでも内観できません。満たされず内観もできない人が何をするかと言えば、満たされない原因を周囲の人や環境に求めます。不満の原因を自分ではなく他人に当てこするようになります。これは本人にとって不幸なことだし、周囲の人からすれば迷惑です。

子どもの能力より斜め上ばかり見ている親に育てられると、虚栄心が強い子どもが育ちます。
虚栄心とは「自分を実際以上によく見せようとする心」のこと。
親がいつも斜め上にばかり見るものだから、子どもには自分をもっとよく見せなければいけないという意識ばかりが根付きます。
それが虚偽であっても、良く見えればいいんです。親が斜め上ばかり見て本当のことは何も見ていないところを子どもは知らずに真似してしまいます。

一方で、人は弱い存在なので、ときに「意図的に期待値を下げる」ということもあります。
最初から期待しなければ、傷つかない。こういう経験は誰しもあるのではないかと思います。
受験生を見ていても、志望校を決めるときにはじめから期待値を下げることで、傷つかないようにしようとする子は多いです。
こういう生徒を見ると、実に人間らしいなあとかえっていとおしく感じずにはおれません。

「これでいいのだ」では済まない人は多いです。そんなことで(現状に満足して)成長できるのか?と懐疑的に思う人もいるでしょう。でも、斜め上を見るというのは、肝心の現状が何も見えていないということなんです。だからそれよりも、現状を「これでいいのだ」とそのままに受けとめることを小さく積み重ねていくほうがずっと着実です。現状を受け止めるというのは、それに満足してしまうこととは異なります。

私たちは自分の考えが本当だと思っています。この子はなんでこんなに勉強ができないの?という思いが、事実として正しいと信じ切っています。でもそれは、自分がそういう認識を勝手に作り出しているんです。それは期待が大きすぎるだけかもしれないし、自分の不満もしくは不安がそうさせているだけかもしれません。

なかなか「これでいいのだ」は難しいのですが、期待値が高い自分も、期待値を下げることで傷つかないようにしている自分も、否定も肯定もせずに、ただ見守ってやるということを少しずつ学んでいくしかないのだろうと思います。見ないふりをしてしまうのがいちばんまずい。

先日から悩みがつきません。この文章は自分のために書いたものかもしれないと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-18 09:29 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

現代のクラスタ化した親子関係を、ぞっとするような濃密さで描いた楽曲として、宇多田ヒカルの「あなた」(2017年)がある。


彼女は、この楽曲へのコメントとして「一つの普遍的な愛の形として、母親目線から音楽的表現をしたのはこの歌が初めてになります」「死んでも手放せないほどこの世のなにかに執着することの人間らしさに共感して、自分の死後を想像して“あなた”を制作しました」と語っている。


彼女はこの曲で子どもに「あなた」と呼びかけ、その愛と執着を切々と歌う。これまで、過去の楽曲で彼女が用いてきた二人称は、そのほとんどが「君」であり、そこには相手と自分の間の緊張感のある距離が常に保たれていた。私は私、君は君、というのが、いかにも彼女らしいふるまいだった。


しかし、この「あなた」の呼びかけでは、距離感が突如失われて「あなた」と私が渾然一体となって溶け合っているような危うさを感じさせる。「あなた」という言葉が、彼女から子どもへの呼びかけであると同時に、亡くなった母から私への呼びかけであることは、「死んでも手放させないほど」「自分の死後を想像して」という死について触れた彼女のコメントから明らかである。ここにおいて、私と子ども、母と私という二つの関係は、完全な相似形となる。そしてその二つが渾然と一体化して、それが彼女の声となって響くのである。


 あなたのいない世界じゃ どんな願いも叶わないから

 燃え盛る業火の谷間が待っていようと 守りたいのはあなた

 <中略>

 あなたと歩む世界は 息をのむほど美しいんだ

 人寄せぬ荒野の真ん中 私の手を握り返したあなた

 あなた以外なんにもいらない 大概の問題は取るに足らない

 多くは望まない 神様お願い 代り映えしない明日をください

 戦争のはじまりを知らせる放送も アクテヴィストの足音も届かない

 この部屋にいたい もう少し


「死んでも手放せないほどこの世のなにかに執着することの人間らしさに共感して」と綴った彼女は、親が子を思うとき(または子が親を思うとき)の狂気に近い感情を、ただそのままに描く。外の雑音の全てが遮断された部屋の中で一対一の母と子がそばに佇んでいる情景は、息が詰まるような艶めかしさがある。


私はすっかり虜になって子どもを見つめ、子どもは無心にそれを見つめ返す。あなたは私の世界そのものだと思う。明日もこれが続くならば、私はそれだけでいい。他には何も望まないと思う。

そして、不意に気づく。そうか、私の母も「あなたがいるだけで幸せ」そう思った瞬間があったのだ。いま、この子を腕に抱いている私は、そのことが、かつて本当にあったことだと確信できる。私は母に何もしてもらっていないと思っていた。でも、そうじゃなかった。こうして、全てを肯定されて、抱きしめてもらっていたのだ。


そして、私の方も、母に何もしてあげられなかった、そういう後悔ばかりが胸を締めつけていた。だけど、こうして腕に抱かれている、それだけで私は、母に知らず知らずのうちに親孝行をしていたのかもしれない。苦しい思い出ばかりと思っていたけれど、こういう瞬間があったのなら、それでよかった、もう、それだけでよかったのかもしれない。自分が許されたような気持ちになる。私は、母とさよならをする前に、たった一度も抱きしめてもらえなかったような気がしていた。でも、こうしていまこの子を抱きしめて、そうすることで、いま私自身が抱きしめられているのを感じる。


 何度聞かれようと 変わらない答えを聞かせてあげたい

 なんと言われようと あなたの行く末を案じてやまない

 終わりのない苦しみを甘受し Darling 旅を続けよう

 あなた以外帰る場所は 天上天下 どこにもない


この歌の中にあるのは、単純な母性の肯定ではない。彼女は「誰しも原点があって、私の原点は母だったから、私の世界、あらゆる現象に彼女が含まれてるのは当然じゃん」と母親の圧倒的な影響について言及すると同時に、自身が育った環境については「今、世界がこうだって思っても、次の0.5秒後にそれがすべてひっくり返される可能性があるっていうのが普通」と語っている。共感の関係が次の瞬間に壊れてしまうかもしれないという恐怖を継続して味わうのは、誰かと関係を結ぶときに、他者への愛着を封印するという形の症状となって現れる。自分に近づいてくる相手を常に拒んでしまう。そういう形で症状は表出しがちである。


でも、赤ん坊はそんな私がいくら拒もうとしても、それでも愛着を求めてくる。「あなたを愛している」が日々の所作から伝わってくる。そういう無条件の愛着は、ときに私をぞっとさせる。それでも、「愛されている」実感は、少しずつ私を変化させる。封印されていた他者への愛着が、少しずつ取り戻されてゆく。そうやって、子どもによって、私の存在がめくれてゆくのを感じるのである。

私の問題に解決はないのかもしれない。でも私の帰る場所は「あなた」しかいない。この歌はそう繰り返す。この「あなた」は私の子どもであり、同時に私の母でもあり、そしてかつて母から「あなた」と眼差された「私」でもある。


平成の終わりに発表されたこの歌は、「あなた」との「代り映えしない明日」を渇求しながら生きのびてゆく私の、喪失と回復を辿る歌である。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-15 04:46 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

今日の夕方に書いた「子どもの希望とのつき合い方」。
たくさんの反響をいただいているので、書き散らしただけの文章を、もう少しきちんと書き直したいと思います。

・・・・

子どもが進路を決めるとき、または部活動や塾を続けるかどうか迷っているときなど、子どもが何らかの選択をするときに、昔の親はこうしろと自分の方針(「家」としての方針の場合もある)を押し付ける傾向が強かったが、いまの親はむしろ手放しで子どもに決めさせる人が多くなっている。

子どもの希望をそのまま支援することは、子どもの希望を大切にすることを通してその人格を認めるという意味でとても大切だが、一方で無条件に何でも子どもの希望通りにすればよいというものではない。

子どもは判断を誤る。それで痛い目を見て学べる面もあるかもしれないが、そのせいで大きなチャンスを逃すこともある。
だから、子どもの希望に対して疑問がある場合は、大人はちゃんと干渉する必要があると思う。

子どもの希望どおりに決定したことが正しいこととしてもてはやされている現場がある。そこでじっと目を凝らしてみると、どうしたらいいかわからない大人の姿が浮かび上がることがある。どうしていいかわからない自分を隠すために、判断から逃げるために、子どもの希望に異議を唱えようとしない大人がそこにはいる。これでは大人は子どもを不幸にしてしまう。少なくともその子を幸福へ導くことはできない。

でも、大人だってわからないのはあたりまえだ。未来のことなんて誰にもわかるわけがないのに、大人はどうしてそうやって責任を取ろうとして自分を責めるのだろう。
わからない大人と子どもがどうすればよいかといえば、結論が出なくてもいいからしっかり話すことだ。話すなんて当たり前のことだと思われているけれど、その効用についてはあまり理解されていない。話すからには結論を出さねばと考えがちだけど、話すことの本当の意味はそこにはない。話す過程があったという事実自体が、判断後の子どもを支えるのだ。だからすっきりとした結論が出ることにこだわらず、まずは話してみることが大切である。

話すときに母と子のような1対1だと気詰まりになりやすい。十代の子どもたちにとって、親と向き合うのは苦しくてつまらなくて恥ずかしくて、子どもにとってはあまり気が向かないことの場合も多い。だからできれば人数は3人、4人といたほうがいい。子どもと両親の3人で話す場合には、「あなたはどう思っているの?」と子どもに意思をやたらと確認するのではなくて、親ふたりのそれぞれが子どもの希望についてどう思っているかを公開討論のつもりで聞かせてあげたらいい。子どもはいつも無理やりにあいまいな意思を表明させられがちだが、あれはダメだ。(だってそれは子どもに「頑張る」という言質を無理やりとっているだけでしょう。そんなのうまくいくわけがない。)そうではなくて、子どもの意思がどうやったら芽生えるかを考えてあげてほしい。子どもの意思を芽生えさせるためのひとつのアイデアが、大人が目の前でいろいろなアイデアを少しくらい無責任でもいいから、いろいろ聞かせてあげるということだ。

そこに第3者が混じるとなお良い。親と子にとって第3者はクリーンな存在だ。彼らは子どものことを何の欲望も利害もなく見ることができるので、単なるアイデアマンとしてそこに存在できる。親というのはいつでも知らないうちに「あなたの人生なのよ」「選択によってあなたの人生は変わるのよ」という重たい荷物を子どもに背負わせているものだ。その重荷のせいで、子どもはいつも自由な思考を妨げられている。そういう重圧から解放されて、自分の人生の選択をクールにクリアに面白く考えることができたときに初めて、子どもは本来の欲望を発見する。自分独自の生き方について、ふつふつと興味が湧いてくる。


子どもの希望についての具体的な判断のしかたは、そのときによってさまざまだが、「ある物事をこれからも続けるかどうか」についての判断の指標のひとつには、外的要因内的要因がある。

たとえば塾をやめたがっている子が、「塾の先生の教え方が悪く、教室の雰囲気が悪い」と言っているなら、それは外的要因である。
こういう場合は、塾を変えれば問題が解決することが多いので、早めに(できれば受験生の学年になる前に)変えた方がいい。

同じく塾をやめたがっている子が、授業がどうとかというよりは「宿題がきつい」「最近授業についていけない」「部活との両立が大変」と自分を主語にして要因を語る場合、これが内的要因である。
この場合は、塾をやめても状況が変わるとは限らないので、まずはいまの生活を見直すことから始めるべきだし、もし塾のスケジュールがきついなら、教室に伝えれば相談に乗ってくれるはずだ。内的要因が主な原因なのに外側のものをバサバサと切っていくと、その子はどんどん弱くなってしまうのは目に見えている。むしろ、「こういう状況の私でも、何かを続けることができる」という経験をすることが大切だと思う。

実際には外的要因と内的要因が絡まっていることも多いので、その点を整理する意味でも、大人が子どもからよく話を聞くことが求められている。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-01 02:26 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

子どもが進路を決めるとき、部活動や塾を続けるかどうか迷っているときなど、子どもが何らかの選択をするときにに、
昔の親だったらこうしろと押し付ける傾向が強かったが、いまの親はむしろ手放しで子どもに決めさせる人が多くなっている。

子どもの希望通りにすることは、子どもの希望をかなえ、尊厳を守るという意味でとても大切だが、一方でなんでも必ず子どもの希望通りにすればよいというものではない。

子どもは判断を誤る。それで学ぶことも当然ある一方で、そのせいで大きなチャンスを逃すこともある。
だから、子どもの希望に対して疑問がある場合は、大人はちゃんと干渉する必要があると思う。

子どもの希望どおりにすることがもてはやされているときに、目を凝らすとどうしたらいいかわからない大人の姿が見え始めることがある。どうしていいかわからない自分を隠すために、判断から逃げるために、子どもの希望に異議を唱えない大人がいる。これは子どもを不幸にする。少なくともその子を幸福へ導くことはできない。

でも、大人だってわからないのはあたりまえだ。未来のことなんて誰にもわかるわけがないのに、大人はどうしてそうやって責任を取ろうとして自分を責めるのだろう。
わからない大人と子どもがどうすればよいかといえば、結論が出なくてもいいからしっかり話すことだ。当たり前のことだけど、話す過程があったという事実自体が、判断後の子どもを支える。だからすっきりとした結論が出ることにこだわらず、まずは話してみることが大切である。


具体的な判断のしかたとしては、そのときによってさまざまだが、ひとつの指標として、外的要因と内的要因とがある。

たとえば塾をやめたがっている子が、「塾の先生の教え方が悪く、教室の雰囲気が悪い」と言っているなら、それは外的要因である。
こういう場合は、塾を変えれば問題が解決することが多いので、早めに(できれば受験生の学年になる前に)変えた方がいい。

同じく塾をやめたがっている子が、授業がどうとかというよりは「宿題がきつい」「最近授業についていけない」「部活との両立が大変」と自分を主語にして要因を語る場合、これが内的要因である。
この場合は、塾をやめても何も状況は変わらないので、いまの生活を見直すことから始めるしかないし、塾のスケジュールがきついなら、教室にお願いすれば相談に乗ってくれるはずだ。内的要因が原因なのに外的なものをバサバサと切っていくと、その子はどんどん弱くなってしまうのは目に見えている。むしろ、こういう状況の私でも、何かを続けることができるという経験をすることが大切だと思う。

実際には外的要因と内的要因が絡まっていることも多いので、その点を整理する意味でも、大人が子どもからよく話を聞くことが求められている。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-06-30 16:59 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

三者面談を通して、子どもさんの勉強についての悩みをたくさんいただいています。

ご相談いただいた内容から、これまでの勉強についての記事の中で参考になりそうなものをいくつか以下にリンクしますので、参考にご笑覧ください。












他にもありますし、拙著『親子の手帖』にもいくつかは載せていますが、上にあげたものは、勉強の具体的方法ではなくて、勉強をやっている子どもを見守る大人に求められる考え方について書いたものが多いです。

具体的な学習の仕方については、日々子どもたちに伝えていますし(これこそが私たちの仕事の中心にあることです)、面談でもお話しをしているとおりです。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-06-22 08:18 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)