寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:生徒のがんばり(テスト結果等)( 187 )


2018年 03月 09日

福岡県公立入試、自己採点会を終えて

本日、公立高校入試の自己採点会を終えました。

今年は私立を第1志望にした生徒の割合が過去で最も高く、公立推薦入試にすでに合格している生徒もおり、わずか16名による公立高校一般入試となりました。


〇本校生との自己採点平均点
*集計に含まれていない生徒がいましたので集計しなおしました。[3/9]

国語 40.0
数学 37.1
社会 41.3
理科 43.4
英語 41.8
合計 203.6


理科が簡単だった、数学が難しかったと言っている子が多かったですが、平均点には思ったほどの差はありません。理科は今年も理科記述式(本校のテキスト)からほとんど出題されたという印象です。国語と数学は傾向が変わりましたので、平常心でいかに問題と向き合えたかが鍵だったと思います。(平常心を保つには、日頃の努力に裏打ちされた自分を信じる心がどうしても必要です。)

本校独自の合格可能性調査で、3割以上の生徒が「合格可能性90%以上」を叩き出しています。
この割合は、本調査を開始した過去4年間のうちで最高の数値です。しかし一方で、上位校を受験した生徒の中に得点が伸びなかった子がおり、私自身、悔しさで頭がいっぱいで苦しい気持ちでいます。


来年に向けた課題がはっきりと浮かび上がってきました。

まず第1に、国語については、国語塾を受けている生徒たちが圧倒的に公立入試で有利性を発揮しているということ。受けている生徒とそうでない子の入試得点の平均が10ポイント近く離れており、国語だけは普段の5科全体の席順に関係なく国語塾を受講している生徒たちが上位を独占していること。この傾向は昨年もありましたが、出題傾向が変わった今年はさらに鮮明になりました。私はこの結果を喜ぶのではなく、むしろ愕然としてしまいました。なぜかと言えば、この差は、これまでの模試や学校の定期テストではさほど大きくは浮かび上がらないものだったからです。でも、入試のときだけ、なぜかこれほどに差がついてしまう。その状況を考えると、国語1科目だけ落としただけで合格が難しくなる修猷館、城南といった上位校の受検者は、どんなに模試で高得点が取れていても、国語塾を必修にすべきだろうか、そして、通常の授業の限られた時間のなかで、他の4科目の進捗を損なわずに国語力をさらに上げる方法が果たしてないだろうか、ということを真剣に検討せざるをえない状況です。

第2に学習量とその質について。福岡県の公立入試は、300点満点中230点くらいまでなら、ちゃんとひと通り勉強した子たちであれば、十分に取ることができる点数です。でも、そこから先、さらに伸ばしたいなら、塾で与えられた課題を完璧に取り組んで自分のものにする、どんなに量が多くても、それがやらねばならない量ならやり遂げる、そうやって、とにかく貪欲に経験を積み重ねることがとても大切だということです。公立入試には独特の質というものがあります。その問題はよく練られていて、表面的で技術的な勉強しかしなかった子、自分の弱点をどこかで置き去りにしてきた子の急所を突くような形で設問が出題されますから、隙がある子たちはいとも簡単に失点します。

願わくば、ほら、ここに隙があるよと、あの子に、そしてあの子にも、もっと伝えてあげたかったです。
でも、それはとても難しいことでした。だってすごく頑張っているし、少なくとも表面的にはちゃんとこなしているのです。すごく頑張っていて、ちゃんとこなしている。だからその子にはこれ以上何も言えない。でも、その子には、実際のところは、隙があるのです。隙があると気づいたときには、その都度全力で伝えてきたつもりです。でも、全部はどうしても伝えられない。私はその隙の全てを的確にその子に伝えたい、それじゃダメだと言ってあげたいと思ってきました。でもやっぱり、すべてを伝えるのはどうしても難しいです。だから、それの代替として、自力でおのずと隙をつぶせるような良問を揃えて、その解法を精いっぱい教え伝えることで、みんなといっしょに戦ってきました。

失敗して初めて自分の隙に気づく子もいます。それも人生、といってしまったらそれはそうですが、
でも、彼らは、自分の弱さに気づいていないながらも、またはうすうす気づいていながらも、それでも、彼らなりに精いっぱい自分自身と戦ってきたんです。だから、彼らに合格というプレゼントを、どうしてもあげたくてあげたくて、彼らに心の底から喜んで笑ってほしくてたまりません。

塾生の自己採点平均点が200点越え。これはもう素晴らしい成果です。
でも、ひとりでも受からなかったらやっぱりとても悔しい。
自己採点時点でそういう可能性の結果が出ている子がいるのは、本当に胸が痛いです。

合格した子のがんばりが全肯定され、不合格だった子のがんばりが全否定されるような、そんな受験は間違っています。合格した子は喜びつつも課題や反省点を見つけになるように、不合格だった子はこれまでの健闘をねぎらいつつこれからに力強く繋がるように、子どもたちにとっての合格発表の日が、そういう大切な日になることを願っています。

(勢いよく書いたので、乱文になっていることをお詫びいたします。)



追伸

最後の授業のあと、中3の保護者の皆様から、多数のメールやお手紙などいただきましたが、おひとりおひとりお返事できておりません。大切に読ませていただいています。ありがとうございます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-09 00:34 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 08日

国公立合格のお知らせが続々と。

九州大学(理学部・共創学部)や、九州工業大学(工学部)をはじめ、昨日、今日と、本校現役生、そして浪人している予備校生たちから、次々に国公立大合格のお知らせが届いています。合格したみんな、本当におめでとう!!!




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-08 16:08 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 17日

2018年度私立高校合格校

私立後期入試の合格発表が終了しました。
合格した皆さん、改めておめでとう!
本校生の私立合格者数は、4年連続で福大大濠高校が一番多かったのですが、今年は中村学園女子高校が一番(西南学院高校が2番)でした。

★は複数名の合格・★★は4名以上の合格


芝浦工業大学柏高校ジェネラルラーニングクラス合格!

純真高校普通科合格!

精華女子高校看護科合格!

西南学院高校普通科合格!★★

筑紫女学園高校普通科特進コース合格!

筑陽高校普通科特進コース合格!

中村三陽高校普通科合格!

中村学園女子高校普通科進学コース合格!★★

中村学園女子高校普通科特進Vコース合格!

東福岡高校普通科進学コース合格!

東福岡高校普通科特進英数コース合格!

東福岡高校普通科特進英数コース特待A合格!

福大大濠高校普通科進学コース合格!

福大大濠高校普通科特進コース合格!

福大若葉高校普通科スーパー特進コース特待B合格!

福岡舞鶴高校普通科特進コース特待B合格!

福岡舞鶴高校普通科進学コース合格!

早稲田佐賀高校普通科合格!

(2/17 22:00現在)

とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-02-17 23:59 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 26日

専願入試合格おめでとう!

昨日は、私立高校専願入試の合格発表でした。

本校の共通授業(S・Aクラスを含む)を受講している中3生のうち、専願入試を受けたのは6名。全員が合格を果たしました。

苦手単元と戦い続け、受験直前になってようやく光明を見出した子がいました。
体調が不安定な中、それでも負けずに勉強を頑張り続けた子がいました。

みんな本当におめでとう!

高校入学までは、もう少し時間があるから、いまからできる準備をやっていきましょう。
やることはいろいろとありますが、英単語の覚え貯めをしておくのがおすすめです。
何をしたらよいかわからない子は、具体的に相談してください。


○専願入試の合格校○

精華女子高校看護科合格!
西南学院高校普通科合格!
筑紫女学園高校普通科特進クラス合格!
中村学園女子高校普通科合格!
東福岡高校普通科進学コース合格!



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-26 02:27 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 21日

早稲田佐賀高校、全員合格!

本校から複数名の生徒たちが早稲田佐賀高校の入試を受験しましたが、全員が合格を果たしました!
合格した皆さん、おめでとう。

幸先の良い2018年度入試となりました。
来週はいよいよ公立高校専願入試。月曜日には専願生対象の面接練習も行います。

春が着実に近づいています。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-21 01:15 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 15日

本校生Hくん、全県総合単独1位を奪取!

昨日の夕方に朗報が入ってきました。
本校中3生のHくんが、12月の福岡県模試において、福岡全県5科総合(6158名中)1位を獲得しました。2位と3点差の単独1位となります。Hくんには昨日の授業にて主催会社より送られた金メダルを贈呈しています。本当におめでとう!!

本校生は、福岡県模試で過去に4名(Kくん久留米附設→東京大学、Mくん修猷館→京都大学、Nくん修猷館→九州大学、Yくん修猷館現役生)が全県1位の栄冠に輝いており、Hくんは、昨年のYくんに引き続き、1年3ヶ月ぶり5人目の1位獲得となりました。

今年の中3はとても苦労した学年でした。でも、この2か月ほど、特に進学説明会のあとは、努力とそれに伴う成長が著しくみられるようになってきて、いまは学年として最高にいい状況です。今日の県模試・フクトの配布時には悲鳴に近い歓声があちこちで響きました。ここにきて急上昇の生徒が多数です。

福岡県模試では、Hくんだけでなく、Yくんも全県14位の好位置につけました。(Yくんは銅メダルを獲得しています。)
HくんとYくんは同じ部活のライバルどうし。やはり気心の知れたライバルがいるというのは、自らを向上させたい受験生にとっては最高の環境です。

今回はたくさんの生徒が歴代最高成績を叩き出し、そのために、科目別でも多くの生徒が上位にランクインしました。
国語でHYくんが、理科でHくんが全県を獲得しています。わずか25名の本校の受験者たちがこれだけの結果を出したのは驚異的だと思います。

□英語 Yくん全県2・Iさん全県8・Hくん全県19位・Kくん全県31位・Kさん全県52位
□数学 Yくん全県41位・Hくん全県73位
□国語 HYくん全県1・Hくん全県5・Aさん全県57位・Iさん全県57位
□理科 Hくん全県1・Yくん全県23位・Kさん全県49位・Iさん全県80位
□社会 Hくん全県24位・Yくん全県60位

ようやく努力の結晶が目に見えてきて、充実した表情を浮かべる子たち。とてもうれしい気持ちになりました。
慢心に気をつけて、と言いたいところですが、今日の授業の雰囲気を見る限り、奢りを感じさせる雰囲気はありませんでした。
これまで苦節を味わった学年だからこそ、そんなに簡単ではないということを身にしみて知っているのでしょう。

いよいよ伸びてきた受験生たち。
先日、寺子屋生はこれだけ成績が伸びている、という内容の記事を書いたため、あるご家庭との面談の際にその話になりました。
そのご家庭のお姉さんは元寺子屋生で現在は大学生。東京の複数の塾でアルバイト講師をしています。
そのお姉さんが「寺子屋のよさは、受験という目標に向かってちゃんとみんなが勉強するという雰囲気があること。この雰囲気がある塾は実は少ないと思う。」と話してくれていたそうです。

私は寺子屋のことしかわからないので、他の塾との比較はできかねるのですが、生徒たちはちゃんと信を置いて話を聞いてくれるし、成績を伸ばそうという意思がちゃんとあるし、そして惰性で塾に通っているのではなくて、塾に通わせてもらっていることに対する感謝の気持がある、そういう生徒たちが集まっているのは本当にありがたいことであり、そういう生徒の性質がそのまま寺子屋の力に結びついています。

いよいよさらに成績を伸ばしていこうという良い雰囲気になってきた中3生。でも伸びるのはまだまだこれからです。
本校ではすでに3年間の全単元の学習を終えましたので、これからは演習あるのみ。新しいことを習わないから、これからはひたすら穴をとことんつぶして、実力を伸ばすだけの時期になりました。苦しくも充実した冬を乗り越え、みんなで喜びの春を迎えましょう。

d0116009_03165610.jpg
昨夜の中3特進Sクラスで、やや複雑な因数分解を解く生徒たち



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2017-12-15 03:17 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 10日

当仁中2学期期末テスト成績と今年度の生徒たちの成績の伸び↗↗

当仁中各学年の2学期期末テストの成績をお知らせいたします。
今回、中1・中2・中3の全学年が平均400点越えです!
予想以上の頑張りに、塾内がざわめいています。

寺子屋生の自慢は、なんといっても、学年の後半になればなるほど平均成績(学校の成績・偏差値)がグングン上がっていくこと。
今回の2学期期末テストでは、どの学年も自己最高記録を更新した生徒が多数出ました。

寺子屋生の4月と11月の比較(6か月間)では、

学年平均偏差値
中1 43.1⇒53.2
中2 54.4⇒58.8
中3 53.1⇒57.5

となっています。(ちなみに、中2も中3も中1の4月時点では平均偏差値が40台でした。)

中3も特に最近2か月は伸びが著しいのですが、それにしても今年の中2はすごいです。学年平均が58を超えました。中2の2学期に学年平均偏差値が58を突破したのは寺子屋史上初となります。(来年が楽しみすぎて怖ろしい…)

中1の伸びも平均で10以上とすさまじいです。中1で成績を伸ばした生徒たちの「その後」をたくさん見てきた私としては、中1で実力を伸ばすことが中学全体にとって最大級の意味を持っていることはいくら強調してもしきれないほどのことです。中1で実力をつけることこそ、高校入試成功の最大の秘訣といっても過言ではありません。

前置きが長くなりましたが、以下は集計結果です。
現在、学校の成績資料が手元にないため、学校の平均との比較は掲載しませんが、中間考査以上に飛躍的な頑張りをみせているのは間違いのないところです。


◇中1平均点(本校共通クラス受講生|未提出者1名)
国語 78.1
数学 87.2
社会 91.7
理科 79.6
英語 68.3
5科総合 404.9



◇中2平均点(本校共通クラス受講生|未提出者2名)
国語 74.7
数学 76.0
社会 83.8
理科 88.5
英語 86.8
5科総合 409.9


◇中3平均点(本校共通クラス受講生|未提出者1名)
国語 74.2
数学 87.7
社会 80.7
理科 89.2
英語 80.6
5科総合 412.5


全学年とも平均が400点を突破。みんなよく頑張りました。
しかし中1はまだまだ伸びたはずなのに、勉強の取りかかりが遅かったせいで取れなかった子がいる印象が強いです。
まだまだ大きな伸びしろを感じさせる学年です。



次に、特進クラス生の成績です。


◇中1特進クラス生平均点
国語 82.7
数学 92.0
社会 93.3
理科 88.1
英語 77.8
5科総合 434.0



◇中2特進クラス生平均点(未提出者1名)
国語 82.8
数学 84.8
社会 89.5
理科 93.2
英語 95.8
5科総合 446.1


◇中3特進クラス生平均点
国語 83.7
数学 97.6
社会 86.1
理科 95.4
英語 94.6
5科総合 457.4


中3にとって中学時代最後の定期テスト。特進クラス生の多くが有終の美を飾りました。
3科目100点満点のKくんをはじめとして、100点が多数出ました。

今年も定期テストに強い寺子屋の伝統を生徒たちがしっかりと受け継いでくれています。

中1、中2のみんなは、学年末テストに向けてできることを、いまから始めていきましょう。
まずは塾の授業の小テストで毎回確実に得点を取ることから始めてください。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2017-12-10 01:40 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 27日

2017年度英検の結果

先週、先日行われた今年度2回目の英検の結果が発表になりました。
今年度も多くの生徒が英検にチャレンジし、さらなる英語力向上のための足掛かりを掴みました。
全体に高い合格率で、特に3級は受験者全員が合格となりました。
今年度の英検2次対策は、モタラ遊先生に指導していただきました。

毎年度、第3回(1月)の英検は入試時期に重なるため、当校では実施しておりません。
受験を希望する生徒さんは、他会場で受験をしていただきますようお願いします。

2020年から大学入試改革が行われセンター試験が廃止、英語の傾向が「英検寄り」になることを考えると、いまの中学生たちは特に、中学低学年のうちから英検を受験しておくことを強くお勧めします。


□今年度の英検合格者数

◎2級 計2名 
第1回1名(高2 1名)
第2回1名(中3 1名)

◎準2級 計8名
第1回2名(高1 1名・高3 1名)
第2回6名(中2 2名・高1 3名・高2 1名)

◎3級 計10名
第1回1名(中2 1名)
第2回9名(中2 5名・中3 4名)

◎5級 計1名
第2回1名(中1 1名)




とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-11-27 14:37 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 18日

当仁中2学期中間テスト成績

当仁中各学年の2学期中間テストの成績をお知らせいたします。
1年でなぜか最も油断しやすく準備が間に合わない子が多い2学期中間テスト。
思うような得点が取れなかった子は、単なる準備不足の子が多い印象です。
一方で、ちゃんと準備ができた子たちの成績の伸びはすごいことになっています。
明暗がはっきりとわかれるテストとなりました。

以下は集計結果です。
かっこ内の数字は学校の平均点との比較。


◇中1平均点(本校共通クラス受講生|未提出者2名)
国語 68.7(+6.1)
数学 80.9(+21.0)
社会 89.2(+14.1)
理科 74.5(+18.0)
英語 81.3(+18.2)
5科総合 391.5(+77.1)



◇中2平均点(本校共通クラス受講生|未提出者2名)
国語 69.9(+5.8)
数学 82.7(+16.3)
社会 85.7(+12.4)
理科 85.1(+13.5)
英語 84.7(+13.4)
5科総合 408.1(+59.8)


◇中3平均点(本校共通クラス受講生|未提出者2名)
国語 78.1(+12.2)
数学 64.1(+12.8)
社会 85.9(+11.1)
理科 83.7(+12.4)
英語 83.3(+12.5)
5科総合 395.1(+60.6)


中1数学の学校平均比+21.0点がひときわ輝いて見えますが、全体としてはどの学年も本当によくがんばったと思います。中2の学年平均比の値が小さいのは、もとの平均点が高いのでやむをえません。

国語塾の成果もあり、模試では国語で好成績を取る子が多いのですが、定期テストでは、中1・中2は明らかに国語で足をひっぱられています。(裏を返せば、他の科目ではしっかりと成果を出しているということなのですが。) 定期テストの国語についても、もう少し対策を考えなければと考えているところです。(これ以上宿題を増やして子どもたちができるのか、というシビアな問題もありますので、子どもたちの反応と成果を細やかに見ながら判断できればと思います。)



次に、特進クラス生の成績です。


◇中1特進クラス生平均点
国語 77.1(+14.5)
数学 90.7(+30.8)
社会 92.7(+17.6)
理科 80.9(+24.4)
英語 85.8(+25.8)
5科総合 427.3(+112.9)



◇中2特進クラス生平均点(未提出者1名)
国語 80.3(+16.2)
数学 87.6(+21.2)
社会 91.8(+18.5)
理科 90.7(+19.1)
英語 94.1(+22.8)
5科総合 444.6(+96.3)


◇中3特進クラス生平均点(未提出者1名)
国語 83.9(+18.0)
数学 79.6(+28.3)
社会 90.7(+15.9)
理科 90.4(+19.1)
英語 97.0(+26.2)
5科総合 441.6(+107.1)



特進クラスの生徒には、少なくとも学校平均+100点を超えることを目標としよう!と日ごろから伝えています。特進クラス生の特徴として、英数は得点を落とさないというのがありますが、今回も、英数で大きく差をつけていることがわかります。
それにしても、中1の伸びがすごいです!ただし、中1特進クラスには1・2名だけ英語が心配な子がいます。

今日からすぐに準備を始めれば、誰だって期末テストでは自己最高得点を目指せるはず。
まず、学校と塾の宿題をきちんとこなすこと、学校のワークを日々の勉強に取り入れること、それから始めましょう。


by terakoyanet | 2017-10-18 13:15 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 19日

中1・中2生の大飛躍。

昨日は中1・中2の到達度テストが返却されました。

中2は配布を始めたとたん、教室が熱狂につつまれました。
中2は中だるみの時期といいますが、今年の中2はひと味もふた味も違います。
多くの生徒たちが自己最高成績を記録し、信じられないと顔を紅潮させていました。
偏差値67(四捨五入)以上は7名、特進クラス基準越えはなんと17名・・・。
全体がそんな様子ですから、好成績を維持したのにかかわらず、「みんなすごい・・・」と呟きながら落ち込んでしまう子も。

でも、良い成績をとった子も、思うような成績をとれなかった子も、ひとつのテストの結果に振り回されすぎないで。

この夏がんばったのに結果が十分出なかった子は、まだ成績として現れる時期ではなかったというだけです。そのまま頑張り続けたら、あと数か月後にドッカンと成績が上がる日が必ず来るから。

逆にあまり頑張っている自覚がないのに成績が伸びてしまった子がいたら、決して慢心に陥らないで。(油断して自分の力を過信しないで。) サボりのツケというのは、どうしてもどこかで払わなければならなんだから、このままだと、いつかびっくりするような痛い目にあう日が来るかもしれないよ。

自分のペースをつくって、それを続けることが何より大切です。
だから、結果に振り回されず、毎日、自分ができることを着実にやっていきましょう。


中1は配布をはじめると、少ししんとしました。
中1はまだ成績表を見るのに慣れていないから、成績表を見る手が震えている子もいるほど緊張している子がいるし、自分の成績をつかむことに時間がかかる子が多い。真剣な表情で懸命に自分の成績を見ていて、それがとてもかわいいです。

中1は小学時代に塾に行っていなかった子も多いこともあり、入学当初からの偏差値が10以上伸びている子が多数で、20以上伸びた子も。一方で、中1の到達度テストはいまだ小学内容が多数出題されていることから、中学内容ではかなり好成績なのにかかわらず、小学内容のせいで成績が伸び悩んだ生徒もいました。

頑張ったなあ、〇〇がまだまだだなあ、もっと頑張らないと。自分に言い聞かせるようにつぶやく子どもたちの表情を見ていると、こうやってこの子たちも少しずつ立派になっていくんだろうなあと考えました。やっぱり頑張った子が伸びているなあ、結果を見て深く納得しました。

また、今回は中1・中2とも、国語の「説明的文章」において本校生が全国平均を大幅に超える成績を獲得しており(ここまではっきりと成果が表れたのは初めてです)、国語塾の成果を強く感じる結果が出ています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-08-19 09:48 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)