寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:生徒のがんばり(テスト結果等)( 196 )


2019年 02月 14日

■2019年度 私立高校合格状況

後期試験が終了し、2019年度の本校生私立高校合格状況が出揃いました。
事前に予想していたとおりではありますが、今年の中3生、すごい! 大健闘です。

今年度の本校生の最多合格高校・コースは、西南学院高校(普通)で、次に多かったのが福大若葉高校(高大一貫)、福大大濠高校(普通)と続きます。合格したみんな、本当におめでとう171.png171.png 
本校では、今年も私立高校を第1志望とする生徒が多数で、すでに受験生全体のおよそ3分の1の生徒の進学先が決定しています。


◇2019年度 私立高校合格状況(2月14日判明分)
(★は複数名合格 ★★は3名以上合格 ★★★は8名以上合格)

九産大九州高校(造形芸術)合格!
弘学館高校(普通)合格!
純真高校(普通)合格!
精華女子高校(普通)合格!
西南学院高校(進学)合格!★★★
筑紫女学園高校(進学)合格!★★
筑紫女学園高校(特進)合格!
筑陽高校(特進)合格!
中村学園女子高校(進学)合格!
中村学園三陽高校(進学)合格!
博多高校(普通)合格!
博多女子高校(トータルビジネス)合格!
博多女子高校(特進)合格!
東福岡高校(特進英数)合格!(特待合格)
東福岡高校(特進)合格!
福大大濠高校(進学)合格!★★
福大大濠高校(特進)合格!
福大大濠高校(スーパー進学)合格!
福岡海星高校(普通)合格!
福岡第一高校(普通)合格!
福岡舞鶴高校(特進)合格!
福大若葉高校(グローバル)合格!★(特待合格を含む)
福大若葉高校(高大一貫)合格!★★★(特待合格を含む)
早稲田佐賀高校(普通)合格!(特待合格を含む)



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2019-02-14 23:06 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 22日

本日、専願入試。

本日は専願入試。
最近は公立にこだわらないご家庭も多いのですが、本校からも、例年より多くの子が今日の専願入試に挑戦します。

朝から念力を送っています! 全ての力を発揮できますように。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2019-01-22 06:00 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 18日

いよいよセンター試験。

いよいよ明日からセンター試験。
気持ちで負けない心の強さと、いつも通りにできることをやるクールさと。

一人ひとりの健闘を、心から願っています。

昨日は早稲田佐賀高校の合格発表があり、複数名の生徒が合格。おめでとう!!

専願入試も目の前に。いよいよです。


・・・

インフルエンザが猛威を奮っています。
罹患者が特に多いのが中1。予防に努めてください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2019-01-18 07:44 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 11日

中3の合格、今年第1号!

昨日、弘学館高校の合格発表が行われ、受験した1名(Nくん)が見事合格!
今年第1号の高校合格を果たしました!おめでとう!! 幸先がいいです。

今年度の唐人町寺子屋の中3は、きっと皆さんがびっくりするようなすごい結果を出す学年になると思います。

多くの生徒が本当に頑張っているし、ゆるぎない底力がついてきたと感じます。

早稲田佐賀高校入試、私立専願入試が近づいてきました。
一人ひとりが自信をもって受験に臨んでほしいと心から願っています。


・・・

私立中学の合格発表が始まり、合格の報が届き始めています。
合格した皆さん、おめでとう!! 


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2019-01-11 09:35 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 03日

当仁中2学期期末テスト塾内平均点(全学年)速報値

当仁中2学期期末テスト塾内平均点(全学年)の速報値(共通クラス)をお知らせします。
各学年数名ずつ不明者(未提出者)がいますが、大きくは変動しないと思いますので、ご家庭での振り返りの参考にしていただければと思います。
今回も、本校の当仁中生(全学年)全体の平均点は409.7点と400点を大幅に上回りました。


◇中1 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者2名
国語 75.0
数学 75.8
社会 82.1
理科 79.4
英語 73.1
計 385.4

◇中1 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 84.4
数学 82.0
社会 89.0
理科 86.6
英語 87.5
計 429.5

理科と社会はほとんどが解きやすい問題でしたね。英語はやはり取れる子と取れない子の差が大きくなりつつあります。
日ごろの塾の宿題をちゃんとこなしているかという点が、大きく点数に反映されています。
中1特進クラス生はすでに授業では中2内容をどんどん進んでいるところですが、着実に地力をつけてきたなと感じます。
特に英語は、大切な基礎がかなりしっかりと固まりましたね。450点以上の得点者も複数名出ました。




◇中2 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者1名
国語 83.6
数学 87.2
社会 92.9
理科 86.2
英語 77.9
計 426.7

◇中2 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 87.5
数学 98.7
社会 97.3
理科 91.4
英語 85.8
計 460.7

今回、中2は学校の平均点が高く、そのため自己最高得点をとった生徒が多数出ました。
結果、塾内の平均点も、歴代最高レベルとなりました。
前回より5科総合で150点近く上がった子も。(本人の努力を称えたい!)
当仁中生に占める本校生の割合は、この学年は8人に1人にすぎませんが、度数分布最上位に絞れば4人に1人が本校生となります。特進クラス生は数学・社会については半数(もしくは半数以上)が100点満点。数学に至っては最も低い得点の生徒でも96点を取っているというバブルな状況になりました。
男子生徒の割合が前例にない高さの学年だったのですが、このところ、女子生徒の入塾が相次ぎ、とても活気がでてきました。



中3 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者1名
国語 78.1
数学 84.2
社会 81.5
理科 82.2
英語 84.0
計 410.1

◇中3 当仁中塾内平均点(特進クラス) 未提出者1名
国語 86.9
数学 92.1
社会 92.0
理科 89.1
英語 94.2
計 454.4

中3にとって最後の定期テスト。皆、よくがんばりましたね。
全体に解きやすい問題が多く、勉強して実力をたくわえた子がちゃんと得点を取ることができるという意味で、良いテストだったと思います。
いよいよ、受験直前です。今回の期末テストの範囲外になった(つまり、一度も定期テストの範囲に含まれなかった)、理科のイオン・天体、数学の円周角や天体、公民の経済以降(政治も大切なところが範囲から外れていましたが)は特に、これから復習していかなければなりません。

中3の「進度が遅い問題」は、塾に行っている子と行っていない子の学力格差をどうしようもなく大きくしてしまいます。(もともと、塾[素人学生が教えているような一部の個別指導塾は除く]に行っている子のほうが圧倒的に受験・進学に有利なのは間違いないところですが。)
学校側と塾側が反目することなく手を取り合って具体策を考えることができたらいいのにと思いますが、なかなかこちら側から動くのは難しいですね。



話が逸れましたが、中1・中2はしばらく定期テストがありませんから、これからはしっかり1・2学期の復習をすることが大切です。授業でも具体的な課題を出していきますが、最終的には自分の課題は自分で見つける必要がありますから、まずは自分の苦手単元を抽出する(苦手な単元、覚えていない事柄を見つけ出す)作業をしてください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-12-03 15:11 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 01日

英検2次試験、全員合格!

ご報告がやや遅くなってしまったのですが、今年度第2回英検で、本校生が素晴らしい成果をおさめました!

今回は一次試験の結果も目覚ましいものがあった(合格率96%!)のですが、2次試験については、なんと全員が合格!! 

○2級(高3・1名/高2・1名/中3・2名/小6・1名)計5名合格!
○準2級(中3・3名)計3名合格!
○3級(中3・6名/中2・5名/小6・1名)計12名合格!

上記に加え、一次試験では4級で2名が合格を果たしています。

大学入試改革にともない、英検の重要性は以前よりさらに高まっており、本校でも以前より受験者が増えています。

本校では毎年2回の英検を開催しています。(次回の1月[二次試験は2月]の第3回英検は、受験期と重なるため、実施いたしません。)英検を受験するための取り組み自体が、英語を伸ばす大きな機会になります。ぜひ、早いタイミングで英検を受験し始めることをおすすめいたします。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-12-01 03:31 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 24日

福岡県模試3科総合全県1位獲得!5科総合でも全県TOP10入りが2名!

先週末にあきらかになった福岡県模試(8月末実施)の結果ですが、本校生が大健闘、大飛躍を遂げました。すごい!

Tくん(城西中)が全県3科総合で単独の全県1位!(10,096人中)
また、全県5科総合でも、Tくん(城西中)が全県3位、Kさん(警固中)が全県9位にくい込むなど、健闘しました。

科目別順位においても、Iくん(当仁中)が英語で全県1位、Tくん(城西中)が数学で全県4位、Kさん(警固中)が国語で全県6位など、健闘が目立っています!

学年全体も夏休みの間に驚くほど成績を上昇させており、福岡県模試においても、学年平均(共通授業受講者)が201.7点、偏差値60と、歴代最速で偏差値60突破を達成しています。(本校生は最初は高くなくても受験が近づくにつれ成績が上昇していくという傾向が高く、例年、福岡県模試において学年平均偏差値が60を突破するのは11月以降です。)


ご連絡

・昨日から配布予定でした高校進学説明会(10月14日実施)のご案内は、火曜以降の配布になります。申し訳ございません。
・中1の到達度テストですが、模試会社の採点ミスが多数確認されましたので、採点のやり直しをお願いしています。これほど大きな採点ミスがあるのは初めてのことで、本当に残念です。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-09-24 10:57 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 01日

当仁中1学期期末テスト塾内平均点(中2)速報値

当仁中1学期期末テスト。

今回はどの学年も平均点が高かったとはいえ、本当にそれぞれが早め早めに対策をして、素晴らしい成果をおさめました。本当に頑張りましたね。

当仁中在籍で共通クラスに参加する生徒全体(中1・2・3ー計74名分)の平均点は
418.9点
で、過去17年間のなかで史上最高点となりました。


では、今日は中2の平均点(速報値)をお知らせします。

◇中2 当仁中塾内平均点(共通クラス)
国語 77.7
数学 85.0
社会 90.5
理科 82.7
英語 83.2
計 419.2


中2 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 85.4
数学 90.0
社会 94.1
理科 91.4
英語 90.0
計 451.8



テストが終わった後、数学と社会が簡単だった、、と口々に言っていた中2生たち。
理科と英語も高得点続出で、とても高い平均点になりました。
社会はなんと塾生の3分の2が90点越えです。

特進クラスも、中3に続き、平均点が450点を突破しました。
数学は満点の生徒がいる一方で、あの1問さえ間違えなければ、とミスした問題を悔いている生徒がたくさんいました。日ごろから間違えない、ミスをしない工夫を積み重ねないとね。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-07-01 01:05 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 29日

当仁中1学期期末テスト塾内平均点(中1・中3)速報値

当仁中1学期期末テスト塾内平均点(中1・中3)の速報値(共通クラス)をお知らせします。
あと1・2名ずつ不明者がいるため、改めてお伝えしますが、大きくは変動しないと思いますので、ご家庭での振り返りの参考にしていただければと思います。(学校平均はまだ出ていません。)

◇中1 当仁中塾内平均点(共通クラス)
国語 72.2
数学 88.2
社会 74.2
理科 88.6
英語 76.6
計 406.1

生徒たちは、数学・理科・英語が簡単だったーと口々に言っていました。
しかし、英語は、(全く予告したとおりですが、)90点以上が半数以上なのにかかわらず、日ごろ正確な綴りの確認をしていない一部の生徒が大きく点数を落としました。



◇中3 当仁中塾内平均点(共通クラス)
国語 82.8
数学 83.9
社会 85.9
理科 85.1
英語 88.9
計 426.7


中3 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 90.7
数学 90.6
社会 93.1
理科 89.9
英語 94.4
計 458.7

中3は歴代自己最高を更新した生徒が多数でした。
学校の平均点はきっといつもよりずいぶん高いと思われますが、それでも、共通クラスの平均点が420点を大きく超えたのは驚異的です。


今回は3学年全体の平均点が史上最高点になる予感がします。

中2は今日の授業後に集計いたします。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-06-29 13:56 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 09日

福岡県公立入試、自己採点会を終えて

本日、公立高校入試の自己採点会を終えました。

今年は私立を第1志望にした生徒の割合が過去で最も高く、公立推薦入試にすでに合格している生徒もおり、わずか16名による公立高校一般入試となりました。


〇本校生との自己採点平均点
*集計に含まれていない生徒がいましたので集計しなおしました。[3/9]

国語 40.0
数学 37.1
社会 41.3
理科 43.4
英語 41.8
合計 203.6


理科が簡単だった、数学が難しかったと言っている子が多かったですが、平均点には思ったほどの差はありません。理科は今年も理科記述式(本校のテキスト)からほとんど出題されたという印象です。国語と数学は傾向が変わりましたので、平常心でいかに問題と向き合えたかが鍵だったと思います。(平常心を保つには、日頃の努力に裏打ちされた自分を信じる心がどうしても必要です。)

本校独自の合格可能性調査で、3割以上の生徒が「合格可能性90%以上」を叩き出しています。
この割合は、本調査を開始した過去4年間のうちで最高の数値です。しかし一方で、上位校を受験した生徒の中に得点が伸びなかった子がおり、私自身、悔しさで頭がいっぱいで苦しい気持ちでいます。


来年に向けた課題がはっきりと浮かび上がってきました。

まず第1に、国語については、国語塾を受けている生徒たちが圧倒的に公立入試で有利性を発揮しているということ。受けている生徒とそうでない子の入試得点の平均が10ポイント近く離れており、国語だけは普段の5科全体の席順に関係なく国語塾を受講している生徒たちが上位を独占していること。この傾向は昨年もありましたが、出題傾向が変わった今年はさらに鮮明になりました。私はこの結果を喜ぶのではなく、むしろ愕然としてしまいました。なぜかと言えば、この差は、これまでの模試や学校の定期テストではさほど大きくは浮かび上がらないものだったからです。でも、入試のときだけ、なぜかこれほどに差がついてしまう。その状況を考えると、国語1科目だけ落としただけで合格が難しくなる修猷館、城南といった上位校の受検者は、どんなに模試で高得点が取れていても、国語塾を必修にすべきだろうか、そして、通常の授業の限られた時間のなかで、他の4科目の進捗を損なわずに国語力をさらに上げる方法が果たしてないだろうか、ということを真剣に検討せざるをえない状況です。

第2に学習量とその質について。福岡県の公立入試は、300点満点中230点くらいまでなら、ちゃんとひと通り勉強した子たちであれば、十分に取ることができる点数です。でも、そこから先、さらに伸ばしたいなら、塾で与えられた課題を完璧に取り組んで自分のものにする、どんなに量が多くても、それがやらねばならない量ならやり遂げる、そうやって、とにかく貪欲に経験を積み重ねることがとても大切だということです。公立入試には独特の質というものがあります。その問題はよく練られていて、表面的で技術的な勉強しかしなかった子、自分の弱点をどこかで置き去りにしてきた子の急所を突くような形で設問が出題されますから、隙がある子たちはいとも簡単に失点します。

願わくば、ほら、ここに隙があるよと、あの子に、そしてあの子にも、もっと伝えてあげたかったです。
でも、それはとても難しいことでした。だってすごく頑張っているし、少なくとも表面的にはちゃんとこなしているのです。すごく頑張っていて、ちゃんとこなしている。だからその子にはこれ以上何も言えない。でも、その子には、実際のところは、隙があるのです。隙があると気づいたときには、その都度全力で伝えてきたつもりです。でも、全部はどうしても伝えられない。私はその隙の全てを的確にその子に伝えたい、それじゃダメだと言ってあげたいと思ってきました。でもやっぱり、すべてを伝えるのはどうしても難しいです。だから、それの代替として、自力でおのずと隙をつぶせるような良問を揃えて、その解法を精いっぱい教え伝えることで、みんなといっしょに戦ってきました。

失敗して初めて自分の隙に気づく子もいます。それも人生、といってしまったらそれはそうですが、
でも、彼らは、自分の弱さに気づいていないながらも、またはうすうす気づいていながらも、それでも、彼らなりに精いっぱい自分自身と戦ってきたんです。だから、彼らに合格というプレゼントを、どうしてもあげたくてあげたくて、彼らに心の底から喜んで笑ってほしくてたまりません。

塾生の自己採点平均点が200点越え。これはもう素晴らしい成果です。
でも、ひとりでも受からなかったらやっぱりとても悔しい。
自己採点時点でそういう可能性の結果が出ている子がいるのは、本当に胸が痛いです。

合格した子のがんばりが全肯定され、不合格だった子のがんばりが全否定されるような、そんな受験は間違っています。合格した子は喜びつつも課題や反省点を見つけになるように、不合格だった子はこれまでの健闘をねぎらいつつこれからに力強く繋がるように、子どもたちにとっての合格発表の日が、そういう大切な日になることを願っています。

(勢いよく書いたので、乱文になっていることをお詫びいたします。)



追伸

最後の授業のあと、中3の保護者の皆様から、多数のメールやお手紙などいただきましたが、おひとりおひとりお返事できておりません。大切に読ませていただいています。ありがとうございます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-09 00:34 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)