<   2009年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

3年生は昨日、県模試の結果を返却しました。
ご家庭で確認をお願いいたします。
今回は冬期に努力をした生徒たちの成績の飛躍が目立ちました。

最近は、公立受検校を決める最終時期になり、いろいろと葛藤のある子もいました。
いろいろと話しました。
特に合否ライン上にいる子たちには話をしました。

話をするときの子どもたちの表情は真剣そのもので、精神的にいくらきつくてもへこたれない、という強い意志を感じました。
もし保護者様たちが、彼ら(彼女ら)のそのときの顔を見たら、きっと涙を流して頑張れと心から叫びに近い応援の言葉を発されるのではないでしょうか。
彼らは本当にいい顔をしていました。そして彼らは本当にいい受験生活を送っています。






昨日の授業後に、KさんとMさんが鳥羽先生の似顔絵を見せてくれました。

3年生のことといろいろな鳥羽先生_d0116009_234941.jpg
Mさん作 眼鏡をはずした鳥羽先生


いまにも消え入りそうな鳥羽先生です。羽が生えています。どこにいってしまうのでしょうか。



Mさんに私が負けるわけがないと、Wさんが鳥羽先生の似顔絵披露。
3年生のことといろいろな鳥羽先生_d0116009_2343014.jpg
Wさん作 リアル鳥羽先生


ひでーなこれ。
じゃなくて、ええと、似ていないと思います。たぶん。


先ごろ年賀状をくれた卒業生N君作の鳥羽先生似顔絵。
3年生のことといろいろな鳥羽先生_d0116009_2395212.jpg
N君作 鳥羽先生


N君は昨年大きな反響があった「かっこいいとばせんせい」の作者なので手馴れたかんじです。



エキサイトブログにようやく、コメント承認機能(コメントの内容をブログ主がチェックしたあとに記事に反映される機能)が追加されました。(この機能、以前からほしいーーと思っていました。他のブログサービスにはずっと前からありますよね。)
いたずら・個人情報等の書き込みを防ぐため、本日より、コメントを承認制にいたしました。
ご理解をお願いいたします。

[本日のブログランキング]
本ブログは、1月23日2時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ5位
学習塾ブログランキング
7位です。
by terakoyanet | 2009-01-23 02:43 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

本日、本ブログは累計20万アクセスを突破しました。
見にきてくださった皆様ありがとうございます。

これまで600以上の記事を書いてきましたが、保護者様を中心に特に反響を多く頂いた記事をご紹介したいと思います。(ただし、グルメ・旅行等のおすすめ記事を除きます。)

自閉症とは何か 2007-06-29
裁判官の独立、マスメディア、法、良心 2007-11-09
猿芝居 2007-12-04
子どもに「なぜ勉強するの」と聞かれたら④ 2007-12-10
いよいよ受験がはじまります!-受験直前の子どもとの接し方- 2008-01-20
ごくせんと若い女の先生 2008-05-30
点など存在しない? 2008-06-03
ほめること、バカにしないこと、信用すること 2008-06-22
叱り方のポイント-「セルフ塾のブログ」より- 2008-06-23
ある子からのお手紙 2008-07-27
人間の自由意志 2008-08-14
自転車芸人 2008-08-21
縦の関係、横の関係 2008-10-07
カンニング行為について 2008-10-27
悪人と犯罪者 2008-11-07


[本日のブログランキング]
本ブログは、1月21日12時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ5位
学習塾ブログランキング
7位です。
by terakoyanet | 2009-01-21 12:42 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

オバマ新大統領就任式

オバマ新大統領就任式_d0116009_152175.jpg


オバマ新大統領の就任式が始まりました。
新大統領に世界の多くの人たちが大きな期待と希望を抱いています。

世界のどこかで幸せな人生を切り拓くことができる人が少しでもふえるきっかけになればいいですね。



1月20日日本時間2:30

就任演説が終わりました。立派な演説でした。

My fellow citizens:

I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors. I thank President Bush for his service to our nation, as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.

Forty-four Americans have now taken the presidential oath. The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because We the People have remained faithful to the ideals of our forbearers, and true to our founding documents.

So it has been. So it must be with this generation of Americans.

That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age. Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered. Our health care is too costly; our schools fail too many; and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.

These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land - a nagging fear that America’s decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.

Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America - they will be met.

On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.

We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things. The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.

In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of short-cuts or settling for less. It has not been the path for the faint-hearted - for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame. Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things - some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.

For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.

For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn.

Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions - that time has surely passed. Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

For everywhere we look, there is work to be done. The state of the economy calls for action, bold and swift, and we will act - not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth. We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together. We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. And all this we will do.

Now, there are some who question the scale of our ambitions - who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short. For they have forgotten what this country has already done; what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.

What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them - that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply. The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works - whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified. Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end. And those of us who manage the public’s dollars will be held to account - to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day - because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched, but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control - and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous. The success of our economy has always depended not just on the size of our Gross Domestic Product, but on the reach of our prosperity; on our ability to extend opportunity to every willing heart - not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals. Our Founding Fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations. Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake. And so to all other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman, and child who seeks a future of peace and dignity, and that we are ready to lead once more.

Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions. They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.

We are the keepers of this legacy. Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort - even greater cooperation and understanding between nations. We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan. With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet. We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense, and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.

For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect. To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West - know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy. To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history; but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds. And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to suffering outside our borders; nor can we consume the world's resources without regard to effect. For the world has changed, and we must change with it.

As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages. We honor them not only because they are the guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service; a willingness to find meaning in something greater than themselves. And yet, at this moment - a moment that will define a generation - it is precisely this spirit that must inhabit us all.

For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies. It is the kindness to take in a stranger when the levees break, the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours. It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends - honesty and hard work, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism - these things are old. These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history.

What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility - a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

This is the price and the promise of citizenship.

This is the source of our confidence - the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.

This is the meaning of our liberty and our creed - why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall, and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant, can now stand before you to take a most sacred oath.

So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

"Let it be told to the future world...that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet it."

America! In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.

Thank you. God bless you. And God bless the United States of America.


オバマ新大統領就任式_d0116009_2542192.jpg
大統領就任宣誓
リンカーンの聖書を使用


オバマ新大統領就任式_d0116009_2555370.jpg
大統領就任演説



[本日のブログランキング]
本ブログは、1月21日1時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ7位
学習塾ブログランキング
6位です。
by terakoyanet | 2009-01-21 01:58 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

東京から見た富士

今年の正月に東京の品川プリンスホテルに泊まったとき、ホテルの窓からちょこんと富士山が見えました。

東京から見た富士_d0116009_1522231.jpg


今年10年ぶりに東京に行った私にとって、東京から見る富士は初めてでした。



太宰治の「富嶽百景」のはじめのほうに、次のような文があります。

東京の、アパートの窓から見る富士は、くるしい。冬には、はっきり、よく見える。小さい、真白い三角が、地平線にちょこんと出ていて、それが富士だ。なんのことはない、クリスマスの飾り菓子である。しかも左のほうに、肩が傾いて心細く、船尾のほうからだんだん沈没しかけてゆく軍艦の姿に似ている。
三年まえの冬、私は或る人から、意外の事実を打ち明けられ、途方に暮れた。その夜、アパートの一室で、ひとりで、がぶがぶ酒のんだ。一睡もせず、酒のんだ。あかつき、小用に立って、アパートの便所の金網張られた四角い窓から、富士が見えた。小さく、真白で、左のほうにちょっと傾いて、あの富士を忘れない。窓の下のアスファルト路を、さかなやの自転車が疾駆し、おう、けさは、やけに富士がはっきり見えるじゃねえか、めっぽう寒いや、など呟きのこして、私は、暗い便所の中に立ちつくし、窓の金網撫でながら、じめじめ泣いて、あんな思いは、二度と繰りかえしたくない。



私は、この太宰のおセンチな文を読んだ高校時代からずっと、東京からの富士を見てみたい、と思っていました。
太宰は「富嶽百景」をはじめ、いろんなところで富士山の悪口ばかり書いているのですが、不思議なことに、私は彼が富士山をけなすたびに、むしろ彼がけなす富士を見てみたい、という気持ちが募ります。

彼の富士の描写は徹底的に彼自身の心象風景そのものです。目の前にある富士は、彼の心の鏡であって、どう見えるかは彼の勝手です。
風景というのはそもそもそういうものなのでしょうね。風景の美しさを感じる心は普遍ではなく、それは私たちが発明した楽しみのひとつにすぎない、と思ったほうが自然だと思います。
しかし富士の美しい景観を欲する私の心というのはどういうものなのでしょうか。考えずにはおれません。


私が東京から見た富士は、クリスマスの飾り菓子のわりには、ちょっと立派すぎると思いました。というか、飾り菓子のわりには周囲に馴染んでないんです。クリスマスケーキの中に金の鯱(しゃちほこ)を置いてみましたがどうでしょう、いやそれはちょっと待てよ、と言うような。



[本日のブログランキング]
本ブログは、1月19日2時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ5位
学習塾ブログランキング
7位です。
by terakoyanet | 2009-01-19 01:49 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(4)

土曜日(1/17)の教室開放には、受験目前ということもあり、いつも以上に多くの生徒が長時間の学習に取り組みました。教室開放の参加だけで、学習時間が8時間を越えた生徒も複数名いました。みんなおつかれさま!!


1602 04時間10分    1603 07時間40分
1604 00時間00分    1605 10時間20分    
1608 03時間50分    1609 05時間50分
1610 04時間20分    1611 07時間00分
1612 09時間30分    1613 05時間40分
1614 05時間10分    1615 08時間00分
1617 03時間10分    1618 09時間40分    
1619 09時間00分    1620 08時間40分    
1621 03時間40分    1622 03時間30分    
1623 00時間00分    1624 00時間00分
1626 05時間30分

3年生は、そろそろ県模試の結果が出るころと待ち構えていたのですが、問い合わせたらあと数日かかるとのこと。もう少しお待ち下さい。




金曜日の授業には、修学旅行から帰ってきた2年生たちが元気にやってきました。
たくさんのお土産話を聞きました。S君の話は特にウケました。

持ち帰れないほどの、たっくさんのお土産ももらいました。とてもうれしかったです。本当にありがとう!!!!
1月17日3年生教室開放の参加状況など_d0116009_1121964.jpg


同じ金曜日に、2年生のお母様から、手作りのとても美しい柄の布袋をいくつもいただきました。とても立派なつくりでとてもかわいらしく、使うのがもったいないくらいですが、大切に使わせていただきます。ありがとうございました。


3年生Mさん宅のMルクちゃん。
1月17日3年生教室開放の参加状況など_d0116009_1173524.jpg

めっちゃかわいいーーです。

・・・と思ったら、こんなにおちゃめな写真も。
1月17日3年生教室開放の参加状況など_d0116009_1182196.jpg
ほんげ~



[本日のブログランキング]
本ブログは、1月18日1時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ4位
学習塾ブログランキング
6位です。
by terakoyanet | 2009-01-18 01:19 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

全学年の生徒に、冬休みにがんばったことや反省点、3学期の目標を提出してもらいました。
以下は特に冬休みに頑張った3年生4名の文章です。


冬休みはとにかく勉強しました。塾の教室開放も、初日以外は目標時間通りにできました。
集中力を高めるために、家ではタイマーを設定して、1時間なら1時間、45分なら45分、勉強に集中することができました。
しかし、冬休み中に終わらなかったのが、サクセスノートや家庭用のやり直しノート、ポイントや間違いやすいところをまとめるノートです。だから、私立・公立ともに入試は迫ってきていますが、それまでに必ず仕上げたいです。
今年の目標はズバリ「志望校一発合格!」です。
悔いの残らないように、最後まであきらめずに頑張りたいです。
これからは質問攻撃どんどんしまくります。また、深く理解できるように脳を活発に動かします。徹底的に穴を埋めます。ケアレスミスはしません。



得意だと思っていた理科に意外な苦手単元が見つかったので、理科を得点源にしたかったこともあり、冬期講習の正月休み時に1日8時間くらい理科に取り組みました。
県模試では満足のいく結果を残すことができませんでしたが、自分では十分基礎力を身につけることのできた冬休みとなったと思っています。
自分はまだ怠けているという気持ちも正直あるので、3学期は、根気よく、基礎力を、応用できる力に変えていくことを目標としていきたいと思います。まずは○○高校合格!!!! そして、大本命の○○高校への合格072.gifの達成を成し遂げるため、勉強に心残りすることなく、苦にせず楽しく進めていきたいと思います。
絶対に自分の怠け心に負けず、そして常に前を見すえて、ラストスパートを駆け抜けるゾー!!オー!!



冬休みは、教室開放に全て参加し、朝から昼までの教室開放、そして授業と家に帰ってからの自主学習で、充実した冬休みとなりました。また、自分が苦手な平面図形と立体図形の問題をたくさん解いて、公立の過去問で以前までは解けなかった問題がわかるようになってきて、手ごたえを感じました。
この冬休みの努力が無駄にならないように、受験が終わるまで気を抜かずに、本番でも良い点が取れるように頑張ります。



この冬休みは「間違った問題から逃げない」ということを決意しました。私は長い解説を読むのがあまい好きではなかったので、やり直しもあいまいでした。
でも、この冬休みは長い解説も頑張って読み、やり直しは徹底的に行いました。おかげでテキストには書き込みがいっぱいです。勉強が最近楽しいです。3学期はいよいよラストなので、愛(好きこそ物の上手なれ…ですから)と全力を注ぎたいです!!
後悔することは一番怖いので、悔いの残らないようにしたいです。



3年生、冬休みにがんばったことや反省点、3学期の目標_d0116009_1556478.jpg
日光東照宮神厩舎の下を見る猿
January 2009  栃木県日光市
人生の岐路においてはよく足元を見よ。
このときに共に唇を噛みしめ寄り添い歩く者がおればなお良い。




[本日のブログランキング]
本ブログは、1月16日16時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ7位
学習塾ブログランキング
8位です。
by terakoyanet | 2009-01-16 15:59 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

いよいよ今年度最初の入試が来週にせまりました。

本日、受験生たちに、お手製のお守りを配ります。

受験生に手作りのお守りを_d0116009_11202431.jpg


実母にすべて手作りしてもらいました。
小さな袋状のお守りには桜の花があしらわれています。よく見ると花のめしべまでついていて細かいです。
お守りの袋の中には合格祈願の札が入っています。
受験生にがんばってほしいと、手編みでせっせと作ってくれた母に感謝です。


残り少ない授業ですが、子どもたちに学力と気力を与えることができるように、こちらも頑張りたいと思います。

そういえば、昨日、以前3年生のI君からもらったミサンガが切れました。
願いが叶う時期なのですね。


[本日のブログランキング]
本ブログは、1月15日11時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ7位
学習塾ブログランキング
8位です。
by terakoyanet | 2009-01-15 11:26 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(4)

本日の授業

本日、2年生は、当仁中・百道中の修学旅行が行われているため、お休みになります。
(お知らせ済みです。)

個別指導と1年生の授業は通常通り行われます。


いよいよ3年生は専願入試まで残り2週間を切りました。
最後の追い込み、力の限り、頑張っていきましょう!

本日の授業_d0116009_1611111.jpg
福間海岸の夕景
January 2009
photo: M.Maeda


大刀洗から宗像まで中学時代の友人(T町くんとE頭くん)に車で送ってもらったときに立ち寄った福間海岸での一枚です。空がとてもきれいでした。

[本日のブログランキング]
本ブログは、1月14日15時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ7位
学習塾ブログランキング
9位です。
by terakoyanet | 2009-01-14 16:05 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

今日のお昼に、11月末に薬院伊福町にオープンした自家製生パスタのお店Luccaに行きました。場所は城南線沿いにあるKKRホテルの右側の道路沿いにあるので、とてもわかりやすいです。

自家製 生パスタの店「Lucca」_d0116009_22342418.jpg


店内は明るく広いです。ランチは5時くらいまで大丈夫とのことで、近所の住民としては今後かなり重宝しそうです。

自家製 生パスタの店「Lucca」_d0116009_22395619.jpg
自家製 生パスタの店「Lucca」_d0116009_22401070.jpg


ここの生麺とっても美味しいです!もちもちしててソースとのからみがとてもいいです。
福岡のパスタ屋の人気ランキングで上位に来るお店といえば、「パスタパスタ」や「パスタフレスカ英」がありますが、それらの店にひけをとらない美味しさです。パスタパスタや英が大好き、という方はぜひ行かれてみてください。

新年早々の新規オープン店大ヒットに幸先いいなあと思い、うれしい気持ちになりました。

[本日のブログランキング]
本ブログは、1月12日22時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ6位
学習塾ブログランキング
9位です。
by terakoyanet | 2009-01-12 22:47 | 好きなお店 | Trackback | Comments(0)

中禅寺湖とその周辺

今年は年越しを中禅寺湖の畔で過ごしました。

中禅寺湖とその周辺_d0116009_10252320.jpg
中禅寺湖 栃木県日光市中善寺


中禅寺湖は主な日本の湖沼のなかで最も高い標高(1269m)に位置する湖で、男体山の噴火でできた堰止湖です。

中禅寺湖とその周辺_d0116009_10304530.jpg
男体山は湖のむこうに雄々しく居座っていました。輪郭が美しい山です。


元旦に世界遺産の日光山輪王寺の別院、日光山中善寺に行きました。
中禅寺湖とその周辺_d0116009_10342163.jpg


中禅寺湖とその周辺_d0116009_1037302.jpg
中禅寺湖とその周辺_d0116009_10381524.jpg
中禅寺湖とその周辺_d0116009_1039867.jpg
中禅寺湖とその周辺_d0116009_10403142.jpg


境内からは、中禅寺湖や男体山とその周辺の山々を見渡すことができ、まさに絶景でした。

本堂には国の重要文化財に指定されている立木観音(十一面千手観音菩薩)があります。
撮影不可でしたので写真はありませんが、とても印象的な観音でした。
この観音は根っこの生えた立木にそのまま彫刻された観音だから「立木観音」の名がつきました。寺の案内をしてくださったお坊さんに「いまも根っこがあるんですか?」と聞いたら「そうです」とお答えになりました。

日光山中善寺は明治35年の男体山の土石流によって御堂ごと流されるなど壊滅的な被害を受け、その後再建されます。
このとき、立木観音は土石流にのまれ、中禅寺湖に流されてしまうのですが、なんとありがたや3日後に浮かび上がってきたというトンデモ伝説(というには新しすぎますが)を持っています。

元旦の朝一番に行きましたが、境内にいた人は私たちをあわせて10人ほど?でした。立木観音に元気をもらったのか、氷点下の厳しい寒さもなんのそのといった感じで、嬉々として境内を歩いてまわりました。


そのあと徒歩で日本三大名瀑の華厳の滝に行きました。
落差97mの大きな滝の周囲には十二滝とよばれる伏流水がたくさん流れ落ちていて、特別な景観をつくりだしています。
中禅寺湖とその周辺_d0116009_11191635.jpg


1930年開業の華厳滝エレベーターで滝を3分の2くらい下り、観瀑台から滝を見上げました。
絶景。しかし、ただ美しい、というよりは、なんとなく人間の鑑賞の目を拒絶するような厳しさを感じさせる滝です。冬に訪れたからそのような印象を覚えたのでしょう。

中禅寺湖とその周辺_d0116009_11282616.jpg
流れ落ちる滝水のむこうには巨大つららが無数に見えました。

[本日のブログランキング]
本ブログは、1月12日11時現在
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験へ8位
学習塾ブログランキング
10位です。
by terakoyanet | 2009-01-12 11:29 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)