寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 03日

2013年度 新年度生募集について

この数日、新年度生の入塾に関する問い合わせ等が相次いでいます。
昨日も新1年生のご家庭からお問い合わせをいただき、お話しをしました。
もうそんな時期なんですね。

というわけで、まずは現在の定員状況ですが

現在、
中学1年生・2年生・3年生
全コース(集団授業・個別指導) 満員御礼


となっており、新規募集を停止しております。
お問い合わせや欠員が出たときの入塾希望等は、メール(こちらのお問い合わせフォーム)、または電話にてご連絡ください。
(平日15:00~22:00・土日13:00~22:00・水曜定休 092-791-9690)

高校コースは個別指導が満員、科目別授業についてはお問い合わせください。(科目別に状況が異なります。大学推薦入試の結果が出たあとの12月以降、定員に空きが出ることが予想されます。)


来年度(2013年3月春期講習スタート)の入塾受付は来月12月1日から開始です。

昨年度は中2・中3は受付当日に募集を締め切りました。中1生も2月に定員に達しました。

定員が限られていますので、早めのご連絡をお待ちしています。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-11-03 06:20 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 03日

うれしい報告と中2の音読テスト

中3Bさんが塾に来るなり学校の成績表を見せてくれました。
あんなに苦手だった理科を見事克服し、初の学年TOP20入り!
とてもとてもうれしい報告でした。



中2は古文の音読テスト、盛り上がったねー!
めっちゃ楽しい時間でした。みんなよく読めてたよ!!

満点3名おめでとう! 98点の2人もすごいね!!

Nくんがかわいそうでした。本当はちゃんと読めるのに途中で笑いがこらえきれず評価は…。
笑っちゃいけないときほど笑いが出るのってなんででしょうね。本当に。
笑っちゃいけないときの笑いだけはこらえられません。笑いがこらえられないことなんて生活上ほとんどないのに。
Nくんドンマイ!でもNくん、歴史のテストは上位だったから、またがんばろうね!



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-11-03 04:46 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 02日

1年生を立て直さなければならない。

今日の中1の授業の前後に、とてもイヤなことが起こりました。
いまだ私は腹を立てたまま、机に向かってこの文章を書いています。

今日起こったことは、塾外の生徒も関わっていることなので、塾内の生徒がすべて悪いわけではありませんが、しかし、やはり塾生も悪い。


持ち込んだ生徒が悪いのは当然のこととして、
そんなふざけたことが起こったのに、なぜ居合わせた生徒は先生が気づくまで誰も何も言わなかったのか?
そんなバカな騒ぎにつきあった人間がなぜ何人もいたのか?
そしてあんなものを捨てて放置して何とも思わなかったのか?



私たちはもともと中1の一部の生徒の言動に不安を感じていました。
なぜそんなに人前で恥ずかしげもなく下品な話ができるのか?周りが聞いていないと思っているのか?
周りは聞いていないどころかむしろ不快に思っているのになぜ気づかないのか。

今回のことで、やはり踏み込んで指導しなければいけないことがはっきりしました。
これから厳しく生徒たちを注視していきます。

一人ひとりと接すると、誰も悪い子なんかいません。反抗的な子もたった一人もいません。

なのに、何人か集まるとなぜバカなことをするのか?

別に今回のことは法を犯したわけでもなんでもない。誰か特定の子が傷つけられたわけでもない。問題に付さないことも可能ですが、しかし私は許せません。塾という真面目で一生懸命な空間をよくもけがしてくれたな、何のために塾に来てるんだ、ふざけるなと思っています。


1年生の中にはとても一生懸命な子もたくさんいます。
今回のことは何も知らない子たちにわざわざ説明するようなことではないので、みんなの前で詳しく説明することはできないけど、でも、何も知らない一生懸命な子たちに本当に申し訳なく思います。ぜったいに1年生の状況を立て直してもっといいクラスにしようと私はいま強い決意を持っています。


次回もう一度話しますが、該当生徒たちは今回のことをもう一度真剣に考えてほしいと思います。
なんか巻き込まれただけ、と考えている人もいるかもしれません。
でも、そうではなく、自分自身、もう少し違う対応ができたのではないかと考えてみてほしいと願います。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-11-02 01:10 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)