<   2013年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

成績結果が出ました。

5月成績表(4月分集計)の結果が出ました。配布は公立中の体育大会が明けた、来週の月曜以降になりそうです。

今月の成績表では、3年生のAさんがとうとう総合1位にのぼりつめました。
(女子の総合1位はなんと3年6ヶ月ぶりです。)

そして1年生が5名同時TOP10入りの快挙を達成しています。

初々しいランキングを見ながら、半年後、1年後に、みんながどれだけ変化し、成長しているだろうと考えると、わくわくして心がふるえます。

体育大会の練習、中体連にむけた部活動が本格化するなど、とても大変な時期なのに、最近の中学生の授業は、どの学年もとても集中力が高いです。

みんなの緊張感や頑張るぞという意志を感じるから、教えている私の心も踊ります。
このまま良い調子で頑張っていくことができる1年になりますように。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-31 17:31 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

活躍する生徒たち

筑紫女学園高校の文化祭でドカンと展示された書道部部長、筑女高3年Hさんの作品。
d0116009_834821.jpg
d0116009_8341911.jpg
Hさんらしい、おもいっきりの良い字です!力強くって明るい字でうれしくなります。
Hさんの本当の飛翔はこれから!きっといい成果がでるよ!あと半年頑張ろうね!!


d0116009_8434036.jpg
当仁中3年Sくん!県の馬術大会で3位!に入賞し、メダルを見せてくれました。すごいやん!!
勉強との両立大変だけど、これからもサンブッコくんと二人三脚でいい結果を期待しています!!

Sくんは、同じく本校のTくんとともに、福岡・釜山教育交流の数少ない校内代表に選抜され、夏に韓国で国際交流・研修を行います。本校でも英語の成績上位の2人。海外を舞台に英語を駆使しながら貴重な体験をしてくることになります。きっとかけがえのない思い出になるね!


高校生、中学生が、勉強以外のフィールドで活躍しています。
私たちは普段、みんなの勉強面しか見ることができないけど、でもきっと一人ひとりが、日ごろ、いろんな場面で頑張っていることをできるだけ想像するようにしています。
勉強面だけ見ると自信がなさそうにしている子も、立つ舞台が変わるだけで、見違えるほど輝いて見えることがあります。
生徒たち一人ひとりに多面性があるということに想像をふくらませ、その可能性に敬意を払いながら、日々の指導に邁進したいと思っています。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-29 08:54 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

ハワイ島のアカカ滝

ハワイ島のヒロから程近いアカカ滝は州立公園として遊歩道が整備されており、簡単にアクセスすることができます。

d0116009_1275725.jpg
d0116009_1281679.jpg
ハワイ島の東岸は貿易風の影響を受けて降水量が多い地域です。熱帯林が鬱蒼と茂ります。
d0116009_129672.jpg
遊歩道を歩くと右に左にカラフルな熱帯植物が現れます。
d0116009_1210870.jpg
d0116009_12102366.jpg



そして数分歩いただけで滝に到着。
d0116009_12111674.jpg

深い緑の中、130mもの落差を何の躊躇もなく真っ逆さまに自由落下する大量の水。
しばらく無心で見入ってしまいました。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-28 12:20 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

私の拙い写真では十分にその良さを伝えることができませんが、先月訪問した八女(八女市本町)のao care(アオ カフェ)は素晴らしかったです。

d0116009_1121124.jpg
d0116009_11245357.jpg


カフェ内に入った途端、これは良いなと嘆息がもれます。
古民家の室内は思った以上に広くて、都会のカフェにはない穏やかな開放感があります。

d0116009_11213217.jpg
d0116009_11222111.jpg
d0116009_11232355.jpg


ご飯も美味しかった。
かなりオススメ度が高いです。




お店は本町の福島八幡宮の裏手にあります。店のすぐそばに天満宮の本堂に登る階段があります。
d0116009_11263119.jpg


d0116009_1127417.jpg
d0116009_1128684.jpg
d0116009_11283771.jpg


八女はいいところだなあと心から感じることができた時間でした。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-27 11:32 | 好きなお店 | Trackback | Comments(2)

三者面談が続く日々

本日も中学コースの三者面談が行われます。
三者面談の日程がはじめのほうだった方は「まだやってるの?」と思われるかもしれませんが、中学コースの面談は1ヶ月以上の期間の幅があります。

今日も、普段とは違う表情の子どもたちを見るのがとても楽しみです。
そして、面談後、やる気を急に上昇させてがんばっている子どもたちを見ると、とてもうれしくなります。


まもなく、当仁中では体育大会に1年生の自然教室、そして期末テスト。
これから1ヶ月は、これらの行事の影響等で一部の授業が変則的になりますので十分にご注意ください。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-26 10:10 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

夏期のお休みについて

夏期のお休みについて、複数のご家庭にお問い合わせをいただいていますので、現在可能な範囲でお答えいたします。


夏期の休講・閉館(現在決まっている分のみ)

◇7月
13(土) 特進(中2・中3)休講
20(土)~22(月) 中学全コース休講(※個別指導はお問い合わせください|高校コースは未定)

◇8月
1(木) 完全閉館
10(土)~18(日) 中学全コース休講(※個別指導はお問い合わせください)
12(月)~18(日) 高校全コース休講(※変更の可能性あり)


中1・2の合宿のとき中3の授業はあるのか? 中3の合宿のとき中1・2の授業はあるのか? とお問い合わせをいただいています。
恐縮ですが、現在のところ未定です。ちなみに昨年は、毎日ではありませんが、他学年の合宿中も授業や模試が行われています。

参考にしていただければ幸いです。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。
by terakoyanet | 2013-05-24 10:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

正念場

今日、正念場を迎えているという生徒がたくさんいる。

今日が定期テストの高校生たち。
今日が体育祭前最後の練習になる附属中のみんな。
今日からもっともっと頑張らなければならない課題がある生徒たち。

みんなファイトだ!!応援しています。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-24 07:12 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

肥薩線の嘉例川駅

鹿児島県霧島市隼人町にある肥薩線の嘉例川駅は1903年に開業した当時からの駅舎を保っており、国の登録有形文化財に指定されています。

駅に着きました。
d0116009_11325596.jpg
d0116009_11332348.jpg


早朝に行ったので、駅には人っ子ひとりいませんでした。
静かで清涼な空気が流れていました。

d0116009_11343184.jpg
d0116009_11344826.jpg
d0116009_11351414.jpg

土日に特急「はやとの風」に乗って行けば、全国的に有名な美味しい駅弁『百年の旅物語かれい川弁当』を販売しているとのこと。
d0116009_11355025.jpg

駅を出て、近くのラムネ温泉に向かいました。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-23 11:38 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

乙武洋匡氏がイタリアン料理店に入店しようとして拒否され、そのことをTwitterに載せたことにより非難を受けている。その経緯についての乙武氏による説明はこちらにある。

二者で争いが起こったときに、片側の話だけを参照するのはご法度という考え方もあるけれど、私は乙武氏の文章に大きな嘘があるとは思えず、このような騒動になってしまったこと自体が、その事実の信憑性を保証しているように思えるので、全面的に乙武氏の話を信頼した上で話をしようと思う。(私だったらPS以下の部分は思っても書かないけれど。)

ネット上では乙武氏はかなり分が悪いようで、ヤフコメ等には非難の書き込みが延々と並ぶ。

非難と言っても、ヤフコメに日常的にある、韓国・中国に対する誹謗中傷・差別意識むき出しのコメント(いわゆるヘイトスピーチの類い・本当に嫌だ)に比べると、一見冷静なものが多い。きっと、「障害者を無下に差別してはいけない」という、いわゆる常識的な判断がそこにはある。

しかし、彼らのコメントを見て痛感するのは、まず、「バリアフリー」という考えに対する無理解だ。

この「無理解」についてわかりやすいのは、こちらのブログ「つぶやきかさこ」の今回の騒動に対するコメントの中にある。

ココロのバリアフリーという意味で、ぜひ乙武氏擁護派、店が100%悪い派に勘違いしてほしくないのは、ココロのバリアフリーとは、健常者が障碍者に気を使うことだけではないということだ。
障碍者も健常者に気を使う。健常者も障碍者に気を使う。互いに思いやる心。それが真のココロのバリアフリーだと思う。

乙武批判記事でも書いたけど、たった一言、乙武氏が銀座の雑居ビルで小さなレストランであることを想像し、店側を思いやり、「車椅子ですけど大丈夫ですか?」という「ココロのバリアフリー」が言えたなら、こんな大騒ぎにはならなかった。

でも店舗が悪い、乙武氏は何も悪くないと言っている人たちは、それが許されないようだ。
つまり、健常者が障碍者に気を使うのであって、障碍者が健常者に気を使う必要はないと考えているからだ。

それが間違っていると私は思う。そういう発想をするのは、障碍者を下に見ているからだ。
障碍者は何もできない。だから健常者が気を使ってしかるべきであり、健常者が保護するべきであるという。
それがいかに奢った考え方で、差別的考え方なのか理解していない。

健常者は常に強者で障碍者は常に弱者ではないし、健常者だからとか障碍者だからとか関係なく、社会の成員として、お互いがお互いのことを思いやり、住みやすくなるよう、双方でコミュニケーションすることが、
ココロのバリアフリーなんじゃないのか。


「バリアフリー」というのは、この文章の中にある、「ココロのバリアフリー」とやらの健常者=障碍(障害)者の平等性をうたったものでは断じてない。
健常者と障害者との間には明らかに「格差」があることを認めた上で、健常者が障害者に配慮することで生まれるのが「バリアフリー」である。この「格差」があることを認めることは何ら「差別」ではない。横断歩道で車が歩行者に道を譲るのは、車と歩行者では明らかな「格差」があるからである。車が圧倒的に「強者」だからである。これを差別と断じる人はいない。

一見、健常者と障害者の「ココロ」の平等を謳っている「つぶやきかさこ」さんの文章は、健常者側の「寛容」がなければ障害者の「バリアフリー」は実現しないという最も単純な構図を見ようとしない。

「つぶやきかさこ」さんは「弱者を気取った強者=車椅子の王様・乙武氏の横暴極まれり」と題したエントリーにこうも書く。

車椅子ならなぜ事前に店に連絡しないのか?たったそれだけのことをすればいいだけの話。
大手チェーン店や高級ホテルのレストランならともかく、銀座の雑居ビルの小さな店で、店のホームページには、「ドトールの2Fになります。2階はエレベーターが止まりませんのでおきおつけくださいませ。」とも書いてある。

仮にホームページの情報を見落としたとしても、場所と店の規模を考えたら、予約の際に、「車椅子なんですけど大丈夫ですか?」というたったその一言がなぜ言えないのだろうか?
それとも日本の店はすべてバリアフリーになっていて、すべての店が車椅子対応できるとでも思っているのだろうか。

客は王様じゃない。店の対応を非難する前に、自分を守るためにも「車椅子ですけどいいですか?」
という気遣いや配慮がないのか。弱者を気取って弱者をいじめるとんでもないクレーマーじゃないか。


「ココロのバリアフリー」などと言っておきながら、ここには筆者の深刻な不寛容を見て取ることができる。乙武さんは店に行く前に、その店のホームページを確認する義務も、「車椅子ですけど」と確かめる義務もない。それをしない乙武さんを「弱者を気取った強者」「気遣いや配慮がない」と断じる姿勢は、世間のさまざまな「弱者」に対して向けられる冷たい視線と通底するおぞましいものを感じる。

昨年の河本準一の「生活保護費受給」騒動でもそう、「在日」の人々や障害者自立支援法に関する議論でもそう、「弱者を気取った強者」に対して、多くの人々が目くじらを立てて攻撃をする。

「弱者を気取った強者」は攻撃しやすい。普段は「弱者」は「常識的」に差別してはならない、攻撃してはならないものとされている。しかし、その「弱者」が「強者」に代わったとたん、それは攻撃してもよい対象に転ずる。「強者」を攻撃することは「常識的」で「正当性」のあることなのだ。

こうして「弱者」が「強者」として置き換えられたときに、攻撃をする人たちの本音、「ふだんは常識的な判断で差別していないけれど、本当は差別したいんだ」という本性がむき出しになる。千載一遇のチャンスだ!待ってました!とばかりに、本来の差別意識が噴出する現場は見るに堪えない。
私は「差別したいという本性」自体をここで云々するつもりはないけれど、その本性をむき出しにする人々の理性のなさに辟易する。

今回の乙武氏の騒動で噴出した不寛容の精神の中には、「人権」問題に関する深い問題が横たわっている。
このような「本来の差別意識」の噴出がどれだけ人の心を蹂躙するかということを考えると、胸が苦しくならざるをえない。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-23 10:14 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback

当仁中の1学期期末直前対策講座スケジュールを以下に掲載します。

今回はテスト直前のタイミングで、中1の自然教室が入るため、やや変則的なスケジュールになりますのでご注意ください。

d0116009_15582225.jpg


※スケジュールはやむを得ず変更になることがあります。後日配布のスケジュール表で再度ご確認ください。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-05-21 15:20 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)