中3の本日から来週の授業についてお知らせです。

●27日(日)
本日は『フクト 公立入試直前 全県統一模試』 が行われているため、授業の開始時間が16時半からとなっています。
不参加者のために12時半から教室を開けていますので、自主学習に活用してください。
(16時半からの授業に遅刻・欠席する場合のみ、事前にご連絡ください。)

●31日(木)
18時~20時の短縮授業になります。(翌日私立入試のため)
特進Sクラスは休講です。

●1日(金)
Aクラス授業は通常通り行われますが、Aテキストは休講になります。

●8日(金)
翌日の私立後期入試受験者のみ、Aクラス授業の受講後、Aテキスト授業を受けずに帰宅してください。

●9日(土)
特別演習(3年)・国語塾(3年)のみ休講になります。(当日後期入試のため)
教室開放や特進クラス等、他の授業は通常通り行われます。


上記以外の日程は通常通りです。

入試シーズン真っただ中です。
くれぐれも風邪・インフルエンザの予防に留意してください。
お知らせは以上です。

d0116009_12105413.jpg
夏の頃よりずっとずっと成長した中3たち。
彼らといっしょに勉強する日々も、あと少し。
私立前期入試・後期入試の健闘を祈ります。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-27 12:12 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

中学生は今年のはじめに行われた、到達度テスト(県一斉模試)が次々に返却されているところです。

今回は、明らかに成績を伸ばした生徒が多く、
成績が伸びなかった中1のある男の子が

「みんな、成績が伸びていいなあ! 僕は全然、伸びてない!」

というので、

「●●くん、中学生になったら勉強しないと地頭だけじゃ成績伸びないんだよ。伸ばしたいならそろそろ勉強しないと。」

と私は言いました。すると●●くんは

「いや、先生、僕は勉強しているんですよ! でも親がウザすぎて、ただやって見せてるだけですけどね!」

と言うので、

「それは、もう、イヤに乗っ取られてるからね。イヤに乗っ取られてしまったのは●●くんのせいだけじゃないけど、成績を伸ばしたいなら、いま乗っ取られているイヤな気持ちから解放されて、自分のための勉強ができるようにならないと、ぜったいいまのままじゃ変わらないよ。いまは自分でやってるんじゃなくて、環境にやらされてるだけだからね。自分のための勉強ができないと、いつまでも面白くないよ。もう、親はほっといて、自分のための勉強に専念したほうがいいよ。」

と私が返すと

「先生、僕のことがよくわかってますね!!」

と捨て台詞のように大きな声で応えて、一人扉を開けて帰って行きました。

これからの彼に幸あれ。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-24 01:48 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

インフルエンザが猛威をふるっています。
特に中1の罹患者が多く、中2や高校生にもインフルエンザによる欠席の生徒が複数名います。

インフルエンザ予防は手洗い、うがい、マスク等が基本ですが、
おすすめしたいのが、教室に飲み物を持参することです。

本校の授業では、テスト以外の授業中に飲料を飲むことを認めています。
上の記事に

お茶や水を飲む意味は「胃にウイルスを落として殺すタメ」なので、外出時もペットボトルや水筒等で20分おきに水分を摂って下さいとのことです。つまりウイルスをわざと胃に流し込んで殺すということです。ノドの粘膜にウイルスがとどまると感染発症するそうです。

とあります。授業中にこまめに水分をとることで、感染のリスクを大幅に減らすことが可能ですので、ぜひお試しください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-22 14:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

本日、専願入試。

本日は専願入試。
最近は公立にこだわらないご家庭も多いのですが、本校からも、例年より多くの子が今日の専願入試に挑戦します。

朝から念力を送っています! 全ての力を発揮できますように。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-22 06:00 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

昨日は少しひさびさの中3の長時間授業。(先週の日曜は模試のせいでスタート時間が遅かったので。)

この1ヶ月で英語・数学の力を伸ばした生徒が本当に多いことを実感しました。
昨日生徒たちに配布した県模試の結果にも、それが如実に表れています。

この時期の受験生は、覚えるだけである程度点数が取れる(→定期テスト直前の勉強のしかた)部分の学習はすでに終わっている生徒も多く、あとはいかにひとつひとつの問題を掘り下げて、自分のものにできるかにかかっています。

特に数学は、基礎計算力がどれだけ大切かは言うまでもなく、そのあとは、いかに多くの問題パターンを自分のものにできたかが勝敗のカギを握っています。

焦る自分の気休めのために、ただ徒ら(いたずら)に過去問を解いているだけの子はいつまで経っても伸びません。
そういう一時的な自己充足のための学習をやっている子は、いつまでも自分がなぜ得点がとれないかということと向き合うことができていないので、決して弱点を克服することができません。(だってはじめから弱点を克服することから逃げているのですから。)

でもそうやって逃げている自分を見ようとしない。
必ずしも逃げることが悪いわけではない。
でもね、逃げている自分に気づけなくなってしまうのは、自分を騙し通せてしまうのは、ちょっとまずい。
もう少し、そのへん自己分析ができるようになったほうがいいと思うのです。

そういう力は将来、みんなの身を助けます。
あなたはせっかくそんなにまじめで真剣な人なんだから、受験を通して自分自身をごまかして裏切ることに決して慣れないでほしいのです。


・・・・

センターが終わり、今週は専願入試も。
いろんな葛藤や煩悶を抱えながらも、今日も一生懸命な受験生たちを心から応援しています。


・・・

今年のセンター国語の評論は、沼野充義さんによる翻訳の話でした。

まったく違った文化的背景の中で、まったく違った言語によって書かれた文学作品を、別の言語に訳して、それがまがりなりにも理解されるということじたい、よく考えてみると、何か奇跡のようなことではないのか

本当にそうだなあと思いながら読みました。
今年のセンター国語は、とてもベーシックな良問でした。

また、センター地理Bで、地誌でウズベキスタンとウクライナが出たことに驚愕している人が多かったのですが、綿花・アラル海(の縮小)と灌漑・タシケント・イスラム教(中央アジア)といったキーワードをもつウズベキスタンのこと、チェルノーゼム・小麦・ドネツ炭田・クリボイログ鉄山といったキーワードをもつウクライナのことを、表層的にでも知っていれば解ける問題で、特に驚くべき問題ではありませんでした。ただ、全体で数問だけとても難易度が高い問題がありましたね。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-21 09:39 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

いよいよセンター試験。

いよいよ明日からセンター試験。
気持ちで負けない心の強さと、いつも通りにできることをやるクールさと。

一人ひとりの健闘を、心から願っています。

昨日は早稲田佐賀高校の合格発表があり、複数名の生徒が合格。おめでとう!!

専願入試も目の前に。いよいよです。


・・・

インフルエンザが猛威を奮っています。
罹患者が特に多いのが中1。予防に努めてください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-18 07:44 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

バカでクソでカス。

ある高校生に聞いた話によると、以前彼女が通っていた英会話学校の代表が、少し前に自らの命を絶つことがあったそうだ。

その50代男性の代表は、長年思慕を募らせていた女性に交際を迫り、ついには、メールの大量送信や私有地への侵入などを行うなどのストーカー行為に至り、そのことで刑事裁判になって執行猶予の判決を受け、そのことが報道等により表沙汰になることで、代表の熱い指導で長年人気を保っていた教室の生徒が激減。判決から3か月経ったある日の朝、自らの命を絶ったそうだ。

その話を聞いたとき私は、被害者の方の心労がどれほどのものかと想像する一方で、この亡くなった代表に対して同情を禁じ得なかった。
いかばかりの絶望が彼を襲ったのだろうと考えると、それは想像を絶する地獄だっただろうことだけははっきりとわかるからだ。

とはいっても、彼が自らの命を絶った本当の理由なんて、誰にもわからない。
どれほど身近な人のやさしさがあっても、誰も彼を救うことはできなかったのかもしれない。

それでも、どうしても考える。
「お前は、バカでクソでカス。でも死なないで。」
執行猶予の判決を受けた彼に、そう叫ぶ人がいたら、もしかしたら、彼は救われなかっただろうかと。



(※話題内容の特定を避けるため、生徒から聞いた話の状況を、大幅に改変しています。)


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-18 05:48 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback

今年は早くから春休みとGWのお休みについてお問い合わせをいただいていましたので、少し早いですがお知らせをいたします。

◇春休み
3月31日(日)~4月3日(水)は全館休館(全ての授業がお休み)

◇GW
4月30日(火)~5月6日(月)は全館休館(全ての授業がお休み)

となります。
唐人町寺子屋、航空高校唐人町、とらきつねの全てがお休みになります。
ご家族の予定を立てる際に、参考にしていただければと存じます。

d0116009_20030199.jpg
d0116009_20001306.jpg
昨年のGW、本校(単位制高校 航空高校唐人町)ではイングランドへの修学旅行が行われました。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-16 20:01 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

とらきつね一般書ランキング(12/1-1/14) ※参考書・洋書の売上は除く

(初)1 PLANETS vol.10 宇野常寛編 PLANETS
(9)2 フェルメール 植本一子 ナナロク社
(再)3 降伏の記録 植本一子 河出書房新社
(初)4 ダルちゃん1・2 はるな檸檬 小学館
(1)5 親子の手帖 鳥羽和久 鳥影社
(初)6 母性のディストピア 宇野常寛 集英社
(初)7 かなわない 植本一子 タバブックス
(初)8 ことばの生まれる景色 辻山良雄/nakaban ナナロク社
(初)9 他人の始まり 因果の終わり ECD 河出書房新社
(初)10 cook 坂口恭平 晶文社


今月は、当店でイベントが行われた植本一子さん、宇野常寛さんの書籍が上位に並んでいますが、はるな檸檬さんの『ダルちゃん』や、先日ご紹介したばかりの辻山良雄さん&nakabanさんの『ことばの生まれる景色』、坂口恭平さんの『cook』など、皆さんに手にしてもらいたい新刊も続々ランクインしています。また今年も、細々と良いと思った本をご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

d0116009_14040901.jpg

14日には、宇野常寛さんのゼミ、「遅いインターネット計画」がとらきつねで開催されました。

落合陽一さんらといっしょに雑誌や本を出しながら、日本の言論のど真ん中で戦っている人の話は、本当に刺激的で面白かったです。

d0116009_14042028.jpg

宇野さんが、参加者一人ひとりの質問に対し、懇切に答えていたのがとても印象的でした。

積極的に発言してくださった方々、発言はしなかったけど真剣にご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
豊かな学びのある、濃厚な時間になりましたね。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-16 03:26 | とらきつね | Trackback | Comments(0)

今年も連日のように「受験前に親ができることは何か」という内容の質問をご家庭からいただきますが、尋ねられるたびに、ご家庭によって、子どもによって違うけど、基本的には何もしなくてよいんだよな、という感想を持つことが多いです。
ちゃっかり宣伝になってしまいますが、詳しくは拙著『親子の手帖』の第2章の最後に「受験直前の子どもとの付き合い方」という項目がありますので、そこに書いています。

「親ができることは何か」と考える方は、逆に、「親がやってはいけないことは?」を考えるとよいと思うのです。
やってはいけないことは、たとえば、親のほうが不安になって子どもにその不安を口にしてしまうこと、これまでの学習方針を受験直前になっていきなり変えることを勧めてしまうこと、兄弟や周りの子と自分の子を比較した発言をすること、などでしょう。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-16 01:49 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)