今年最後のお話し会

今年もいろいろなところでお話しをさせてもらいましたが、今日はおそらく(私個人としては)今年最後になるお話し会が早良区で行われました。(他の方との対談はまだありますが。)

お話し会の会場は満席。ズボンのチャックが開きっぱなしだったこと以外は全てがよい時間でした。
途中自分を離れて喋ってるようで、面白く感じました。
日ごろから原稿を書いていると、つらつらと言葉が出てくるようになるという効果がありますね。

途中、参加者の方に『親子の手帖』の朗読をしてもらったのですが、たくさんの参加者の方々が泣いていて、この本すごいなと人ごとのように驚きました。あたたかな会場をつくってくださった植山さん、岡田さん、来てくださった皆さまありがとうございました。いただいたお菓子、ケーキ、コーヒーもとても美味しかったです。

・・・・・

朗読してもらった箇所の文章、3か所のうち2つを以下にご紹介します。


かつて子育てというものが、村のコミュニティーや大家族との関わりの中で行われていた時代に比べ、共同体との関係が希薄になった私たちの時代の子育ては、親一人ひとりに孤独で苦しい戦いが強いられています。
子を守ることは、同時に子を抑圧することになる。でも、抑圧しすぎると、子は育たない。だからといって、抑圧しなければ、私はあなたを育てられない。親はそうやって子の責任を私独りで引き受けようとするために、延々と逡巡を繰り返し、それに付随する苦しみの連鎖によって、親はさらにその思考から子どもをいっときも手放すことができなくなります。
子どもに自然に育てるということは、親がその思考から解き放たれ、子どもに対する力の行使を断念することなのに、それはなんと難しいことなのでしょうか。

それでも、子どもはいずれ親を離れ、自立していくのです。親にとって、子の自立は、喜びであると同時に、自分の身を捥がれるような苦痛を伴うものです。
あの日、私から生まれた、私自身と同一視せざるをえないような脆弱さをまとっていたあなたが、私の逡巡とは別の場所で、私と別の人格を持ち、私から離れていく。それを認めることの苦しさ、そして、その途方もない心細さ。これは多くの母親が共有する感情でしょう。

・・・・

思春期の子どもにとって、親という存在はあまりに重すぎて、なかなか簡単に自分の内面を吐露できるような相手ではありません。それなのに、親の方は子どものことをわかりたい、わかっていると思いたいものです。そのせいで、子どものことを、つい自分と同一視してみたり、あるいは自分の所有物のように考えてしまって怒り散らしたりしがちです。
でも、実のところは、子どものことなんて、親にわかるはずがありません。だって、よくよく考えてみると、自分のことさえも何を考えているのかわからない私たちが、自分と似ているとはいえ、自分ではない別の個体である子どもの心がわかるわけがないのです。
親子の関係は、親が子どものことを「わかる」「わかりたい」「わかるはず」と思うあまりにこじれます。親にとって子のことが「わからない」のは、底知れず不安で苦しいことです。それで、親は子どもにいろいろな干渉をすることで、その不安を解消しようとします。その親の働きこそが親子がこじれる原因です。
だから、親の方がもう少し、私は子どものことがわからない、だから不安なんだ、私が子どもに抱いている不安というのは、私が子どものことがわからないことから生じる私自身の不安なんだ、そういうふうにクリアに理解できれば、子どもに対する距離感が変わって、自分も子どもも肩の荷を下ろすことができるのではないでしょうか。
では、わからない私たちにできることは何かと言えば、ただ子どもに近づき、そばにいることです。そうやって、ただ子どものそばにいるというのは、親にとっては落ち着かない不安なことです。でもその「そばにいる」ことだけが、親が子にできる全てであり、脆くてはかない、でも確かな幸せなんだ、そう気づいたとき、私たちはそのありがたさに涙するかもしれません。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-30 19:15 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

2019年度、当仁中2年生の本校生期末テスト塾内平均点(速報値)をお知らせいたします。

かっこ内の数字は学校の平均点との比較。学校の平均点が低かったこともあり、全ての科目で大きな差をつけることになりました。夏以降成績急上昇者が多数でている中2生。昨日は帰り際に「僕は●●高校に行きたいから勉強がんばります!」と宣言して帰る子も。これからが楽しみです。



◇中2 当仁中塾内平均点(共通クラス)※2名未提出
国語 81.6(+15.9)
数学 74.1(+17.9)
社会 82.8(+22.1)
理科 88.2(+20.8)
英語 69.5(+17.3)
計 396.2(+92.3)




中2 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 87.2
数学 83.8
社会 87.0
理科 92.9
英語 82.8
計 433.7



特進クラス生は、1学期に引き続き高得点をキープしました。
学校の平均点が52.2点と他の科目よりずっと低い英語においてちゃんと高得点が取れているのがさすがだと思います。

いよいよ期末考査が迫り、テスト範囲が出ました。
ワークの範囲がべらぼうに多い科目もありますので、とにかく早め早めに仕上げていきましょう。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-30 18:24 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

昨日は高校進学説明会が行われ、過去最多と思われる方々にご参加いただきました。
参加いただいた皆さまありがとうございました。
挨拶をすることもかなわなかった高校の先生方、高校生たちも本当にありがとうございました。

皆さまの感想について、また別日にご紹介させていただくつもりです。


前日に体調を崩し、急きょ無理なお願いをして進行してくれた長濱先生にも感謝です。
私の体調が酷かったので打ち合わせもできずでしたが、子どもたちや参加してくださった皆さん、スタッフのおかげで大切な1日を終えることができたことにひとまず安堵しているというのが正直な気持ちです。

どうか受験生をはじめとする一人ひとりの子どもたちの心に残る1日になったことを願います。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-28 05:04 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

2020年度(令和2年度)の福岡県(福岡地区)の主な高校入試日程を掲載いたします。(画像データとして保存できますのでご活用ください。)
私立専願入試まであと88日、私立前期入試前期まであと98日とすでにあと100日を切っています。
福岡県公立入試まではあと137日。いよいよですが、まだこれからの勉強次第で全てが決まると言えるだけの時間はあります。

d0116009_14262382.jpg


d0116009_14264084.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-25 14:26 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)

2019年度、当仁中3年生の本校生期末テスト塾内平均点(速報値)をお知らせいたします。
今年の中3には夏休みの時点から、休みが終わったらすぐに中間テストがあることを意識した学習をするよう呼びかけていました。
万全の準備を整えてテストに臨んだ生徒が多く、1学期期末を越える、全体の7割以上の生徒が5科総合400点を突破しました。
最高点は491点!のNくん。すべての科目で97点以上を獲得しています。

かっこ内の数字は学校の平均点との比較。1学期期末同様、学校の平均点が高いので得点差をつけるのが難しいところなのですが、5科総合で学校平均より70点ほど高い結果(※学校発表の5科合計の平均点が、5科目それぞれの平均点の和と3点以上異なっており、発表された数値に誤りがある可能性があります。そのためカッコ内には2つの数字を併記しました)となり、1学期以上に良い成績となりました。特に数学の平均+20オーバーはすごいです。この学年、ほんとうに伸びしろがまだまだあると感じます。



◇中3 当仁中塾内平均点(共通クラス)※2名未提出
国語 81.6(+9.9)
数学 82.9(+21.0)
社会 82.7(+14.3)
理科 86.0(+11.1)
英語 89.2(+16.7)
計 422.4(+69.4[+73.0])





中3 当仁中塾内平均点(特進クラス)※1名未提出
国語 88.9
数学 93.3
社会 92.5
理科 93.0
英語 96.0
計 463.8

特進クラス生は、1学期に引き続き高得点をキープしました。
英数の得点の高さが際立ちます。


中3 当仁中塾内平均点(特進Sクラス)
国語 93.7
数学 94.0
社会 95.0
理科 96.0
英語 99.7
計 478.3

特進Sクラス生は平均点が480点に迫る結果となりました。特進Sクラスは修猷館を目指すクラスですのでこれくらいの得点が必要になります。

いよいよ中3の定期テストは2学期期末考査を残すのみ。そのあとは入試に向かってまっしぐらです。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-23 01:01 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

2019年度、当仁中1年生の本校生2学期中間テスト塾内平均点(速報値)をお知らせいたします。
(※今回なかなか報告用紙が揃わず、発表が遅れています。提出期限をちゃんと守ってください。)

毎年お話ししているのですが、中1にとって2学期は大きな分岐点になる時期です。
1年の2学期を理解度が高い状態で乗り切った生徒はそのまま3年生まで高い状態のまま成績をキープできる生徒が多く、逆に2学期に下がってしまった生徒はそのまま低迷することが多い「魔の2学期」と言われる時期なのです。

本校の1年生のこの半年間の成績の伸びは寺子屋レコードではないかと言えるほどの状況で、学校平均と圧巻の実力差をつけました。
塾内の5科目平均点が学校の平均をなんと90点近く上回る結果となりました。
また、学校の平均点が大きく下降している(341.6→320.4)のにかかわらず、塾内の平均点はほぼ下降しておらず(409.4→409.2)むしろ1学期以上の得点を叩き出した生徒も複数名います。
まだまだ一人ひとりに課題があることはもちろんですが、本当によく頑張っていると思います。


◇中1 当仁中塾内平均点(共通クラス)※3名未提出・カッコ内は学校平均点との比較
国語 71.7(+12.9)
数学 82.7(+20.3)
社会 77.3(+20.9)
理科 83.4(+18.0)
英語 94.1(+17.6)
計 409.2(+88.8)


中1 当仁中塾内平均点(特進クラス)※1名未提出
国語 80.3
数学 89.0
社会 86.9
理科 89.3
英語 96.0
計 441.5(+121.1)


全ての科目においてまんべんなく学校平均よりかなり高い得点を取りましたが、特に英語は9割の生徒が90点を超えており、日ごろライティングを徹底的に訓練している成果が出たと感じています。

数学・社会・理科・英語と、4科目で圧倒的な成果が出たせいで、国語だけ伸び悩んでいることが気になるところです。
中1生の3分の2以上が参加する国語塾は、模試の結果を伸ばすことに大きな力を発揮しますが、教科書を一切使わない授業ですから定期テストの対策には向きません。
国語の定期テストは、学校の授業と教科書ワークをいかに仕上げるかが大きなポイントになりますから、この点について、日ごろから生徒たちに意識づけをしていきたいと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-20 02:10 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

オアハカのアレブリヘ

先日、イラストレーターの日高あゆみさんからイラスト↓をいただいたときに
d0116009_00311498.jpg


私がはっと思いだしたのが、メキシコのオアハカで出会ったアレブリヘ。アレブリヘは民芸品というくくりで語られることもありますが、世界的に知られる作家もいて、トライバルな感性を生かした現代のアートと言えるものだと思います。そのデザインの精緻さと美しさに、私はすっかり虜になってしまいました。

オアハカの郊外にあるサン・マルティン・ティルカヘーテ村には、アレブリヘのよく知られた工房がいくつもあります。工房はいろいろで、あまり魅力を感じない「お土産品」といった風情の作品が並んでいるところもあれば、強い生命力を放つ作品が所狭しと並んでいる工房もあります。モノはいくつかしかないけれど、そのいくつかが素晴らしい場所もありました。数年前にアレブリヘの職人であるおじいさんが亡くなってから、急に廃れてしまったように見える工房もありました。

観光客を受け入れて、制作体験をさせてくれる工房もあります。

d0116009_00441632.jpg


d0116009_00481558.jpg


私は日本国内でも、たとえば窯元での色つけ体験・ろくろ体験などにあまり意義を見出さない人間なのですが、海外に行くと積極性が増すようで、少しだけ作業をやってみました。

d0116009_00501732.jpg


いくつかの工房を訪れましたが、やはり印象に残っているのは、サン・マルティン・ティルカヘーテ村を訪れた人が必ず訪れる、世界的に知られるハコボ&マリア・アンヘレス工房。

d0116009_00520530.jpg


ハコボさん、マリアさんとも制作中でしたが、日本から単身でやってきた私を大歓迎で迎えてくれました。
マリアさんは辞書を駆使してまで私に制作に関するさまざまなことを教えてくれました。

d0116009_01030535.jpg


d0116009_01012858.jpg


d0116009_01020142.jpg


d0116009_01022846.jpg


d0116009_01054632.jpg


d0116009_01062158.jpg

ハコボ&マリア・アンヘレス工房は、オアハカ市の中心街にギャラリーをもっていて、ここも必見です。
村まで出かける時間がない人はここだけでも十分に楽しめます。

d0116009_01081891.jpg


d0116009_01085149.jpg


d0116009_01091246.jpg


デザインが細やかで、しかも天然染料を使った染色やはちみつによる接着などによる伝統的な製法による制作を行っていますから、決して値段は安くはありません。(でも小さいものなら手に届く価格です。)

メキシコの美は緻密です。私はアレブリヘに刻まれた文様の細やかさを見ながら、前日に見た聖堂内のめくるめく日の緻密さを思い出し、くらくらと目眩を覚えていました。この緻密さの由来を肌で感じたいから、またそのうちメキシコに行くことになると思います。

d0116009_01201116.jpg


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-17 01:21 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

寺子屋保護者さま、生徒さんへお知らせです。


(1)本日の授業について(小中高全コース)

本日の授業は通常通り行われますが、台風の中心から約1000㎞離れている福岡地方も一部が強風域に入り暴風警報が発表されている状況ですので、来館の際にはご注意ください。明日の授業につきましても全て通常通り行われます。(福岡県模試に参加する中3生は特に遅刻がないよう注意してください。)


(2)中間考査成績報告書の提出について(中学コース)

中1・3は明日13日まで、中2は火曜15日までの提出となりますので、遅れないようご提出ください。(保護者さまのコメントが必要です。)


(3)14日(月・体育の日)の休講について(中高コース)

14日の以下の授業が休講となっております。
中1 特進クラス
高校コース 現代国語


(4)中1特進クラス、授業開始時間変更のお願い

中1特進クラスの生徒さんたちには了承をいただいていますが、次回10月21日(月)の授業より、授業開始時間の5分だけ早め、19時25分から開始とさせていただきたいと思います。ご家庭の皆さまにもご了承をいただければ幸いです。(難しいご家庭があればお知らせください。)


(5)模試結果提出のお願い(高校コース)

高校コースの皆さんにお願いです。夏以降行われた模試の結果について、まだ未報告の生徒さんは、指導担当の先生(安部や個別指導の講師)に提出をお願いします。


(6)三者面談の予定について(小中高全コース)

三者面談の時期についてお問い合わせをいただいております。11月末から12月末の間に希望のご家庭について面談日程の設定を予定しております。詳しくは11月に配布される案内をご参照ください。中3に関しては必ず参加をお願いいたします。


(7)中3教室開放について

中3の教室開放が毎週土曜日の12時30分から18時の間行われております。毎週教室開放に参加している生徒さんと、参加がない生徒さんの間で、学力格差が拡がる傾向がございます。特に事情がない生徒さんは毎週必ず参加するつもりで教室に来て下さい。


(8)国語の伸ばし方(小中高コース)

先日、ブログに掲載した「国語の伸ばし方」の記事について保護者様方から反響をいただいております。まだご覧になっていない方のために以下にリンクを掲載いたします。「数学の伸ばし方」についてもそのうち記事にするつもりですのでご参照ください。日ごろの学習に生かしていただければ幸いです。


(9)高校進学説明会(10月27日・舞鶴のあいれふで開催)協力のお願い(高校コース)

中学生対象の高校進学説明会では、毎年高校生達にさまざまな協力をお願いしており、今年も一部の生徒の皆さんに学校紹介などのお手伝いを依頼することになります。声をかけられた生徒さんは協力をぜひお願いします。


お知らせは以上です。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-12 09:05 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

国語の伸ばし方

植本一子さんは去年の夏、私たちが日本財団の取材を受けたときに撮影に来たのが最初で、その数ヶ月後にトークイベントに来てもらったのでとらきつねに来てくださるのは今回で3度目、そして武田砂鉄さんは今回初めてとらきつねにお越しになります。


その武田砂鉄さんが去年の12月にタモリ倶楽部に出演したときの動画があります。
この日のタモリ倶楽部は「受験業界震撼の問題企画!作者の気持ちを作者は解けるか!?」という企画で花園大学の大学入試問題国語の文章「鼻毛に背負わせすぎ」の著者である武田砂鉄さんが「作者の気持ちを作者は解けるか」どうかを試すためにタモリたちとともに問題を解き、えー!?作者なのに作者の気持ちの問題が解けないのか!?といういわばお決まりのオチに落ち着くという、ある意味予定調和の笑いの内容と言えると思います。

でも、タモリ倶楽部、タモリの笑いのいいところはそこに強引さがないところです。一方的な解釈を押し付けるようなことはしません。
実のところ、国語の入試問題で根拠なく「作者の気持ち」なんてものを答えさせる問題は絶対に出ません。この番組に登場する入試問題の作成者である今井隆介准教授(入試問題の素材に「鼻毛に背負わせすぎ」を選んだ時点で今井教授はきっと間違いない人!)も言っているとおり、解の根拠を説明できない問題は入試問題として不適合であり、出題者は論理的根拠があるという点において出題者としての責任を負って問題を作成しています。よって国語の問題を解くことは、作者というよりは、問題作成者との知恵比べ、がまん比べになります。
だからその意味で、国語を解くということがわかっていない人が「作者の気持ちを答えよなんてナンセンスだよ、そんなのわかるわけないじゃん」と言うのと同じような結論をこの番組が導き出していないことに安心しました。だってそれは端的に事実誤認だからです。この番組ではむしろ出題者の今井さんへの敬意が感じられたし、その一方で武田砂鉄さんのチャーミングさと「鼻毛に背負わせすぎ」という短編の面白みが存分に伝わってきました。こうやって、タモリの笑いというのは基本的にどの立場の人も傷つけない敬意を持ったものなので、安心して見ていられます。[その点、昨夜テレビであっていた「月曜から夜ふかし」は、取り上げられたケーキ屋さんが、そのセンスのなさを強調されるだけで終わっていて(マツコが私は好き、と言っていたがあんなものではフォローとしては弱すぎる)なんて一方的な編集なんだと憤ってしまいました。]

国語は伸ばしにくいと言われる科目ですが、きちんとポイントを押さえて学習すれば必ず伸びる科目です。
私たちの教室には、芥川龍之介や鷲田清一といった難しい内容の文章も果敢に読み解いていく小学生対象の国語の授業があり、中学生対象の国語力を伸ばすことだけに特化した授業「国語塾」があり(この授業はオプション料金が発生するのにかかわらず、当校の中学生の6割以上が履修しています)、センター試験や最新の入試問題を厳選して読み解く高校生対象の「現代国語」の授業があり(昨日の授業では2015年のセンターに出た大庭みな子の短編「紅茶」と、2018年の早稲田大社会科学部の問題に出た東浩紀の「ゲンロン0 観光客の哲学」を扱いました。ちなみに東浩紀さんの「ゲンロン0 観光客の哲学」の刊行記念読書会が2017年にとらきつねで開催されました 。こうしてとらきつねのイベントと大学入試、日ごろの授業はつながっています)、小・中・高のそれぞれの授業で子どもたち(計108名が履修中)が明確に国語の力を伸ばしており、その成果は歴然と日ごろの模試でも表れています。

d0116009_04274914.jpg
↑は先ごろ発表された夏の模試の平均偏差値。国語塾履修生(1学期から国語塾を履修している生徒)の平均、その他の生徒の平均です。
国語塾生は本人もご家族も勉強に熱心であることが多く、中2数学以外の全ての科目で国語塾履修生のほうが平均が高くなっていますが、やはり国語の平均偏差値は国語塾履修生が圧倒的に高いことがわかるデータになっています。中3に関しては英語(やここに載っていませんが社会)でも国語塾履修生が差をつけており、文系科目全体への好影響も伺える結果となっています。

当校で生徒たちに国語を解く上で何を意識づけさせているかをまとめると、以下のようになります。(以下がすべてではありません。一例です。)

1 まず大前提として、文章を読むことに深く集中すること。
2 決してフィーリング(感覚)で解かない。評論はもちろん、小説さえも論理的に解くこと。
3 問題を解くことは問題作成者との知恵比べと心得ること。
4 論説文・評論文など読みづらいものは、本文読解と設問を同時並行で読み進めて解いていく。
5 小説・随筆(比較的すいすい読めるもの)は、先に本文をすべて読んだ後に設問を解いてもよい。
6 設問で問われている内容は何か確認し、間違えないように印をつける。(「理由を答える」のか「考えて説明」するのか、「一文を探す」のか「部分を抜き出す」のかなど。
7 設問傍線部中(または傍線部直前)の指示語に〇をつけ、その指示語が何を示しているかを明らかにする。
8 本文中の接続詞(しかし・つまり・また、など)は文脈の転換点。注意を払う。
9 むやみやたらに本文に印をつけない。解くことを単なる「作業」に貶めないこと。印は必要な箇所に最低限つける。印をつける箇所を厳選すること自体が国語力アップの鍵。
10 選択問題というのは要はボケとツッコミである。出題者のボケに的確なツッコミを入れることができるかが勝負。各選択肢の、明らかに間違っている(ボケてる)箇所に線を引き×をつけ(これがツッコミ)、怪しいところには△をつける(ただし中途半端なツッコミはできるだけ避けたい)。※ボケにはパターンがあるので、そのパターンを授業中にしっかり確認をしています。
11 解くのに慣れてきたら、時間をはかって解く。


他にもありますが上のようなことを繰り返し繰り返しやっていくと国語力は着実に伸びていきます。内容が難しいときは、その内容について子どもたちが「そういう話だったのか!」と腑に落ちるような話をすることも大切です。集中して問題を解かせる→論理的な根拠をもとに問題を解説→最終的に子どもたちの心にすとんと落とし込む、これがうまくいったときは、思わず「今日はうまくいったー!」と叫びたくなることもあります。国語の授業は生モノで扱いにくいところもありますが、子どもたちのおかげでとても楽しく進行できていると感じます。そして、国語の授業で読んだこと感じたことが意識・無意識に子どもたちの将来の財産になることを、祈るような気持ちで密かに願っています。

最初にお話しした武田砂鉄さんのイベント、こちらを読んだ方はぜひご参加いただければと思います。ずばり面白くなると思います。(残席少ないので売り切れてしまった場合はご了承ください。)



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-08 04:51 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

続・中学受験のこと

中学受験は学力が高い子たちにはメリットがあるシステムだと思います。
だからもし私の子どもが中学受験をしたいと言い出した場合には、その学力の状況に合わせてずばり受けるか受けないかを決めます。
〇〇中学あたりに中程度以上の成績で合格するレベルがあれば、確かにメリットがありますから。

私立中学(中高一貫)の最大の問題は高校になるころには学力差があまりに激しすぎてとんでもないことになっていることです。
下位の子たちが高校になって塾にやって来るとたびたび驚かされます。
彼らは三単現のSや正負の計算さえままならないし、be動詞と一般動詞の違いも、方程式と文字式の違いもわかっていないことが多いです。
それなのにすでに三角関数や仮定法を解くことを強いられている。こんなのうまくいくはずがありません。
私立中に入ったせいで高校になって圧倒的に学力相応ではない勉強を強いられる子は多いのです。

だからこの時期になって「私立中に行きたい」と突然言い出す子は多いけど、学力が高くないのにとりあえず私立中に入るのは本当にやめたほうがいいと私は思っています。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-04 15:15 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)