青海島と長門の湯

この前の角島に続いて、同じ山口県の長門市にある青海島(おおみしま)のご紹介です!

この島は、日本海の荒波がつくったその奇景から、海上アルプスと言われています。
d0116009_11285930.jpgd0116009_11292092.jpg
北長門海岸国定公園を代表する景観のひとつで、島全体が国の名勝、及び天然記念物に指定されています。
島内の通地区は、昔、捕鯨がさかんだった(というより人々が鯨とともに生きていた)ところで、鯨に関する文化財が数多く残されています。そのなかには、鯨の胎児を埋葬した墓などもあり、その地区で鯨がどれほど大きな存在だったかということをうかがい知ることができます。

青海島の奇景を見るなら、なんといっても遊覧船に乗るしかありません!
ということで、私はかれこれ5年程前、この遊覧船に乗ったのですが・・・
怖い!!んです。恐ろしいんです。トラウマが残るほど!
とにかく、とてつもなく揺れます!遊覧なんて悠長なことは言ってられません。沈没するか!?手に汗を握ります。しかもガイドさんは「この激しい揺れはお客様へのサービスでございます」と、その揺れ並みに激しいリップサービス!d0116009_12593913.jpg
d0116009_1304853.jpg
 
 
そのあまりに激しい揺れに、「このままではやばい、酔ってしまう。外気を浴びよう。」と思い、船内からデッキに移動するも、デッキに移動したとたん、その激しい揺れで海に投げ落とされそうになり、しかも、船から出される排気ガスが顔面直撃! 外気を浴びるどころか、排気ガスを吸いまくって、船酔いは本格化し、船内に戻って妊婦のようにスースーハーハー。息を整え、酔いの発作を抑えるのに必死でした。

 というわけで、私は遊覧船に乗って、ただ気分が悪くなって終わってしまったのですが、天候がよく、海が荒れていないときに行けば、もっとその景色を満喫できるのかもしれません。とにかく景観はすごいのですから。
 あと、青海島の玄関口の仙崎は、古くからの漁村で、金子みすヾの生地でもあり、見どころがいろいろとあります。

 同じ長門市には、俵山温泉、湯本温泉といった古くからの鄙びた温泉地があります。どちらもつるつるとしたお湯で、特に湯本温泉はお湯がよかったことを覚えています。温泉以外、何にもありませんが、静かに温泉を楽しむにはもってこいの場所です。
d0116009_13163319.jpg

「千と千尋の神隠し」を連想させる、赤い橋と湯本温泉の外観

# by terakoyanet | 2007-05-14 13:28 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

教室開放&緑渓湯苑

本日は教室開放日となっておりますので、ぜひ利用してしっかり勉強してください。
時間は13:30~22:00です。

夏合宿で行く、霧島いわさきホテル内の緑渓湯苑(りょくけいとうえん)は、スゴイです。
d0116009_12565845.jpg山の中の渓流に、露天風呂が8こくらい?あり、しかもお湯は霧島のあの濃い源泉そのままを味わえます。霧島温泉のスケールの大きさを実感させてくれる施設です。

露天風呂につかるのはとっても楽しいのですが、さらに楽しいのが渓流上り。露天風呂沿いの渓流は、川の水と温泉のお湯が混じっていて、絶妙な温度と独特の肌触り。ほんとうに気持ちいいです。生徒たちは沢をどんどんのぼっていくので、引率者は懸命に追いかけなければいけません。途中には岩の上から(安全に)ダイビングできるところとか、水中の岩の天然トンネルなどがあり、スリルもあります。

昨年わたしはここで生徒たちと満喫しすぎて、岩からジャンプしたときにメガネが流され、さらにそのショックで、更衣室に水着を忘れるというへまをやらかしました。今年は引率者らしく、もっとしっかりしようと思っています。
# by terakoyanet | 2007-05-12 13:13 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

5/9(水)現在、
全学年、全コース 満員御礼となりました。

定員に余裕が出ることがありましたら、ブログと、塾前の掲示にてお知らせいたします。
1・2年生は、生徒さんやご家庭の事情によっては、お受けできることがあるかもしれませんので、お問い合わせください。
また、当仁中・附属中保護者様は、塾外の方であっても、お子様の学習、進学、いじめなどに関する相談を昼間の時間帯に受け付けていますので、お気軽にどうぞ、ご連絡ください。
# by terakoyanet | 2007-05-09 21:32 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)