S高校の「世界の絶景に会いに行く」のレポートはコロナ禍のいまも続いていて、今年も写真(とコメント)を何枚かIくんに提供しました。絶景って自分の身体と繋がったときに初めて絶景だー!って感じられるんですよね。今後もそういう絶景が見たいです。

レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_11315449.jpg
ハバナの朝焼け(キューバ)  2019年9月



レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_11330516.jpg
麗江の街並みを望む(中国)  2019年5月




レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_11344755.jpg
イスラムヘーレス カリブ海の青(メキシコ)  2019年9月




レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_11441362.jpg
イーストボーン(イギリス) 航空高校修学旅行にて 2018年5月





レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_11484186.jpg
能取岬(北海道)  2020年9月




レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_11523400.jpg
阿蘇中岳(熊本県)  2020年9月




レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_12020347.jpg
八丈岳から八丈小島を望む(東京都)  2020年1月





レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_12050877.jpg
平治岳(大分県)  2021年6月



レポート「世界の絶景に会いに行く」その2_d0116009_12452026.jpg
秋の平尾台(福岡県) 2020年11月



# by terakoyanet | 2021-09-22 12:45 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

在校生の皆様にお知らせです。

(1)明日の休講について

明日の夕方ごろ、台風が福岡地方に接近(または上陸)する予報が出ており学校の多くも休校となっています。本校につきましても明日は全面的に休講となります。(ただしZOOM個別指導を除く)個別指導受講者のうち明日の授業をZOOMで行う希望がある方は、本日中に電話でご希望をお伝えいただきますようお願いいたします。


(2)その後の授業について

休校の影響で中学校の定期テストが明日から週明けに延期になる生徒さんもいらっしゃることと思いますが、今週末(土日)以降の授業は予定どおり行われますのでご注意ください。


(3)高校生ディスカッションについて

先日お送りしたメールで高校生DCSの日程を誤って日曜とお伝えしておりました。正しくは土曜の19:20~20:10となります。


(4)9月23日の全館休業について

9月23日(木祝)は全館休館となり、すべての授業がお休みとなります。お間違えの無いようご注意ください。(直近の他の祝日は通常通りです)


お知らせは以上です。


唐人町寺子屋

# by terakoyanet | 2021-09-16 17:44 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

高校入試を直前に控えた今年の二月中旬、表紙に大きく「中学社会公民」と書かれた参考書を片手に中三のHくんがやってきた。「あのー、先生、これには好景気の特徴として、ほらここ、株価が上昇する、と書かれてますけど、何でいまコロナなのに株価が上昇してるんですか?」 

その日のわずか二日前、日経平均株価は三〇年ぶりに三万円を超える大台を記録していた。中三のHくんの目から見ても明らかにいまの日本経済は失速している。それなのに株価は歴史的な高さを記録している。このことに疑問を持ったHくんの問いに対して私は「ほんと変だよね」と相槌を打ちながら、「日本や各国が極端な金融緩和と財政出動をしたことで株価が下支えされて、そこに投資が集まったんだと思うよ。ドーピングしてる金メダリストに投資して、後になって大損食らったスポンサーみたいにならなければいいけど」と答えると、Hくんは「やっぱりフェイクな社会ですね」とボソッと言って、自分の言葉に納得したように教室から出ていった。

経済の悪化と株価の上昇という矛盾したままに交錯する二つの現象は、いかにも資本主義システムの限界を示している。このときまで私はそう思っていたのだが、Hくんが教室を出ていった瞬間に、むしろデフォルトでフェイクだからこそ生きながらえる資本主義の未来を垣間見た気がしてブルブルと寒気がした。資本主義はハッタリを意図的に取り込むことで、ますますシステムを強固なものにしている。そしてシステムがより完成形に近づけばそれを誰もフェイクとは呼ばないのだ。

こうした「見えない化」が進むこの社会でHくんはすでにフェイクの効用を知ってしまっている、下手したらもう身に纏ってしまっている。私はそんな気がした。

それにしてもこのような「見えない化」は人を決定的に欺く一方で、人が安穏な生活を送る上で欠かせないものでもある。



約一か月ぶりに会ったSさんはとても表情が明るくて私はそれだけで安心した。高二の彼女は医療従事者の母がコロナに感染して、その影響でしばらく教室に顔を見せていなかったからだ。「しんどかったでしょ」私がそう声を掛けると「はい」と笑顔に二十パーセントの苦みを添えて彼女は応じた。

「テレビで差別が怖い、という人がいるのを見たんですけど、私は周りの人たちのおかげでそれはなくて。それよりも、お母さんがもしかしたら死んじゃうかもしれないと思ったときが一番怖かったです」彼女はそう言いながら涙を一粒だけ流した。

私たちはコロナの危険性をいかに喧伝されても心のどこかで「私は大丈夫」と思っている。この心情は油断と批判されがちだが、でも「私は大丈夫」と思える心持ちこそが私たちの明るい生を根本から支えているのだ。だから、その前提を失ったときに彼女は急に恐ろしくなった。

そう考えると、毎日ひっきりなしに続くコロナの報道は、差し迫った死の危険性を伝えているようで、実はコロナ関係なしに明日死んでしまうかもしれない私たちの怖れを「見えない化」してくれている。こうして「見えない化」を味方につけて、私たちは今日もできるだけ穏やかに生きるのだ。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


# by terakoyanet | 2021-08-31 01:00 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)