7月30日の雑感

今年の夏期講習は楽しいです。
子どもたちの宿題達成度が高いし、子どもたちの笑顔やさりげない一言に1日で何十回も励まされます。

この時期は実労時間が半日を超えるので、体力的にとてもしんどいです。
しんどいしんどいと思わず心の中でつぶやきながら、でも目の前に子どもたちがいるから頑張れます。

それにしても、中3は夏期講習に入って1週間、すでにかなり進捗しました。
今日、ご家庭にメールをしましたが、一部の生徒はもっと教室開放を活用してほしいと思います。

中1・中2も雰囲気よく進んでいます。
合宿も迫っていて、雰囲気に活気があります。

今日の夜、しんどかった1日の授業が終わり、なんとか持ちこたえたぞとスマホの画面をのぞくと、
翻訳者・作家の村井理子さんが親子の手帖のことをつぶやいてくださっているのを発見。

d0116009_01434257.jpg
村井さん、ありがとうございます!
私、村井さんの本が大好きで、とらきつねでも取り扱わせてもらっているので嬉しいです。
『犬(きみ)がいるから』ぜひ読んでみてください。「考える人」の連載「村井さんちの生活」にも日々じんわりさせてもらっています。

村井さんのおかげさまだと思うのですが、amazonでも2部門ベストセラー1位。出会ってくださった方もありがとうございます。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


# by terakoyanet | 2019-07-30 23:51 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

本日のディスカッション

今日の高校生ディスカッションのテーマは「道徳」。日本の「道徳」とフィンランドの「道徳」の比較などをするつもりです。


小4の道徳教材「お母さんのせいきゅうしょ」は「道徳」のむごたらしさを語る上で格好の教材だと思います。副読本の中にあった以下の文言は、さすがに悍ましすぎるからか、道徳副読本「ゆたかな心で」から削除されたようです。こんなものでゆたかな心なんて絶対に育たない。親と子の関係性に対する冒涜だとさえ思えます。

・・・

(ぼくは、自分のことしか考えずに、お母さんにせいきゅう書を出してしまった。それなのにお母さんは……。 )
しばらくじっとしていたたかしは、お母さんのそばにかけよりました。
そして、さっき受け取ったばかりのお金を、お母さんの手にわたして言いました。
「お母さん、ごめんなさい。このお金は返します。そして、これからは、せいきゅう書なんかなしで、なんでも手つだわせてください……。 」



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


# by terakoyanet | 2019-07-27 11:36 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

受け身の学習

現在、中2の夏期講習の数学では一次関数を進んでいます。
クラスには、同じようなテストを繰り返しても、得点が取れない子がいます。

その子たちの特徴として言えることは、わからない問題をわからないまま放置しているということ。
その中にはマジメな子もいて、自分では放置していないつもりの子もいます。でも、その子たちはどこかで、この問題をわからせてくれる人がどこかにいると思い、それを待っていて、自分で考えるということを怠っていることに、自分で気づいていません。

彼らは、授業を聞いてもいまいちわからなければ、まずはわかるまで自分で解いてみるしかないということを知りません。数学で得点が取れている子というのは、わからなければ、教科書や問題集を開いて解けるまで練習するという当たり前のことをやっています。

この前ある高校生が、数学は「わかりみ」だった、と言っていたのですが、その子が言うには、数学は自分で解いてみないことにはいつまでもわからない、自分で解いてみてはじめて「わかりみ」が生まれるという単純なことに気づいていなかったというのです。そのことを知らなかったので、わからなければわからないまま問題を眺めていただけだったそうです。

受け身の学習に慣れきってしまうと、学習というのは最終的には自分の力で解いて理解するしかないという当たり前のことに気づかなくなってしまうのだということは、子どもたちを教える大人たちも常に頭に置いておくべきことなのだと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


# by terakoyanet | 2019-07-26 10:49 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)