タグ:センター試験 ( 32 ) タグの人気記事

中3のこと、受験勉強のこと

昨日は少しひさびさの中3の長時間授業。(先週の日曜は模試のせいでスタート時間が遅かったので。)

この1ヶ月で英語・数学の力を伸ばした生徒が本当に多いことを実感しました。
昨日生徒たちに配布した県模試の結果にも、それが如実に表れています。

この時期の受験生は、覚えるだけである程度点数が取れる(→定期テスト直前の勉強のしかた)部分の学習はすでに終わっている生徒も多く、あとはいかにひとつひとつの問題を掘り下げて、自分のものにできるかにかかっています。

特に数学は、基礎計算力がどれだけ大切かは言うまでもなく、そのあとは、いかに多くの問題パターンを自分のものにできたかが勝敗のカギを握っています。

焦る自分の気休めのために、ただ徒ら(いたずら)に過去問を解いているだけの子はいつまで経っても伸びません。
そういう一時的な自己充足のための学習をやっている子は、いつまでも自分がなぜ得点がとれないかということと向き合うことができていないので、決して弱点を克服することができません。(だってはじめから弱点を克服することから逃げているのですから。)

でもそうやって逃げている自分を見ようとしない。
必ずしも逃げることが悪いわけではない。
でもね、逃げている自分に気づけなくなってしまうのは、自分を騙し通せてしまうのは、ちょっとまずい。
もう少し、そのへん自己分析ができるようになったほうがいいと思うのです。

そういう力は将来、みんなの身を助けます。
あなたはせっかくそんなにまじめで真剣な人なんだから、受験を通して自分自身をごまかして裏切ることに決して慣れないでほしいのです。


・・・・

センターが終わり、今週は専願入試も。
いろんな葛藤や煩悶を抱えながらも、今日も一生懸命な受験生たちを心から応援しています。


・・・

今年のセンター国語の評論は、沼野充義さんによる翻訳の話でした。

まったく違った文化的背景の中で、まったく違った言語によって書かれた文学作品を、別の言語に訳して、それがまがりなりにも理解されるということじたい、よく考えてみると、何か奇跡のようなことではないのか

本当にそうだなあと思いながら読みました。
今年のセンター国語は、とてもベーシックな良問でした。

また、センター地理Bで、地誌でウズベキスタンとウクライナが出たことに驚愕している人が多かったのですが、綿花・アラル海(の縮小)と灌漑・タシケント・イスラム教(中央アジア)といったキーワードをもつウズベキスタンのこと、チェルノーゼム・小麦・ドネツ炭田・クリボイログ鉄山といったキーワードをもつウクライナのことを、表層的にでも知っていれば解ける問題で、特に驚くべき問題ではありませんでした。ただ、全体で数問だけとても難易度が高い問題がありましたね。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-21 09:39 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

いよいよセンター試験。

いよいよ明日からセンター試験。
気持ちで負けない心の強さと、いつも通りにできることをやるクールさと。

一人ひとりの健闘を、心から願っています。

昨日は早稲田佐賀高校の合格発表があり、複数名の生徒が合格。おめでとう!!

専願入試も目の前に。いよいよです。


・・・

インフルエンザが猛威を奮っています。
罹患者が特に多いのが中1。予防に努めてください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-01-18 07:44 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

センター地理Bでムーミンの問題が出題。

本日のセンター試験の地理Bで、ムーミンがフィンランドのアニメーションだとわからなければならない問題が出た!と、大きな話題になっています。
ムーミンがフィンランド、小さなバイキングビッケがノルウェーのアニメーションだなんて、地理Bで失点した覚えのない私も、即答はできかねます。しかも、それ、いくら?を表すフィンランド語とノルウェー語を選ぶ問題も出たとのこと、この話題を最初に聞いたとき、まさか!そんな問題が!?受験生がわかるわけないだろ!?と驚きました。
d0116009_01023466.jpg
問題を見てみると、確かに出題されています。
しかし、よく見ると、この問題はよく練られた良問です。

まず、注目すべきは、「ノルウェーとフィンランド舞台にしたアニメーション」という出題文です。
よく見ると、タのムーミンの奥には針葉樹林が描かれており、そして、チの小さなバイキングビッケの奥には文字通りバイキング船が描かれています。つまり、タは針葉樹林が代表的な景観の国であり、チはバイキングが活躍した海洋国であることがわかります。

これまでの地理の学習で地図帳とにらめっこしてきた受験生は、フィンランドは低湿地が広がる文字通り森と湖の国であること、そして、ノルウェーは大西洋に面した海洋国であること(また、沿岸は偏西風の影響で高緯度なのにかかわらず温帯(Cfb, Cfc)であること)を知っているはずです。また、詳しく地誌を学習した受験生は(当校の地理Bの授業ではもちろん出てきました)ヴァイキングがスカンディナヴィアの北部で活躍したことを学んでいるはずです。(ヴァイキングは世界史にも出てきますが。)
d0116009_01193688.jpg
ですから、針葉樹林が見えるタはフィンランド、ヴァイキングのチは海洋国のノルウェー舞台にしている絵であると答えることができるはずです。
(フィンランドはボスニア湾に面していますが、海洋国とは到底言えません。なぜならば、フィンランドの船舶は、デンマーク他の領海である、スカゲラック海峡、カテガット海峡を通らなければ大西洋に出ることができませんから。フィンランドは、地政学的に極めて不自由な位置にある国です。)

冷静に考えれば、ムーミンはどこの国のアニメーションでしょう?なんて問題が出るわけがないのです。
背景の仕掛けに注目することが大切な問題です。

そして、言語をA・Bから選ぶ問題。ノルウェーの文字、フィンランドの文字なんてわかるか!?と絶望的な気持ちになる受験生の気持ちが容易に想像できます。しかし、問題をよく見てください。Aの言語は上のスウェーデン語とそっくりです。(発音がわざわざカタカナで書いてあるところが、受験生への優しさであり、ギフトであることに気付きましたか?) でも、Bの言語は共通点が全く見当たりません。この時点で、ちゃんと学習してきた受験生たちは、はっとするでしょう。ある大切な事実を思い出すのです。

そう。それは、フィンランドの言語は周りの国とは違う、という事実。
ヨーロッパは、ゲルマン・ラテン・スラブの3大語族が席巻するなかで、フィンランド語とハンガリー語(マジャール語)は例外的にウラル語族であるというのは、地理Bの必須項目です。(正確には、エストニア語やサーミ語など、他にもウラル語系はありますが、「フィン&マジャール=北アジア地域と同じウラル語族である」は必須なのです。)

ですから、スウェーデン語に近いAがノルウェーの言語、異なるBがフィンランドの言語ということで正解が出ます。(実はBのトナカイもなにげにヒントです。フィンランドはサンタクロースの国。サンタの乗り物はトナカイです。ノルウェーにもフィンランドにもトナカイはいますが、トナカイのソリが活躍するのは、山がちなノルウェーではなく、土地が平坦なフィンランドでしょう。)


ーーーー

受験生の皆さん、一見突飛に見える問題が出ても、ちゃんといままで学習したことの範囲から問題は出題されています。自分の知識が自ずと応用される快感を感じながら問題を解き進められるようになればたいしたものです。


d0116009_01522937.jpg
北極海を中心に据えて世界を見ると、ヴァイキングの世界が目の前に広がります。
写真は、レイキャヴィク(アイスランド)のヴァイキング博物館に展示されていた地図。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-01-13 23:59 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

明日はいよいよセンター試験&早稲田佐賀高校入試

いよいよ明日はセンター試験と、早稲田佐賀高校入試。
この冬でもっとも強烈と思われる寒波に見舞われていますが、受験生のみんなは強い気持ちを持ち、明日、明後日を乗り切ってください。

受験生の一人ひとりが、自分の力を存分に発揮できることを心より願っています。

d0116009_10484394.jpg
d0116009_12434257.jpg

d0116009_10494482.jpg
d0116009_10510680.jpg

今週月曜日の現国の授業。センター前の独特の緊張感が漲っていて、いい授業になりました。

今週の日曜日には中3生たちと光雲神社(西公園)に受験必勝祈願に行きました。
自分の思いを確認し、静かに心を整える、受験生にとってとても大切な時間になりました。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-01-12 10:54 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

2020年度からの新大学入試、原案が出る。

2020年度から導入される新大学入試の原案が出たそうです。

詳細はまだまだ不透明な部分が残りますが、説明会等でもお伝えしていたとおり、いまのところの内容としては、国語科で文章記述問題が導入され、そして英語は入試の英検・TOEIC、TOEFL化が進むとのこと。

本校ではすでに新入試に向けた取り組みをグングンと進めています。
国語と英語で表現する力をしっかりつけていきましょう。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-04-14 14:29 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)

センターが終わって

昨日は今年度の高校入試合格第1号の朗報が。
早稲田佐賀高校入試の結果が出て、本校生が見事合格を果たしました。おめでとう!

中3は、ここにきて、とにかく集中して継続して頑張れている子が多いのですが、本当に残念ですが、こんな時期に明らかに集中できていないように見える子がおり、その子たちについてはとても残念に思っています。


センター試験が終わりました。
終わっていろいろな気持ちがあるでしょう。しかし、結果を引き受けなければなりません。
努力してきたのならなおさら、その結果を引き受けて、次のステップに進まねばなりません。

英語、長濱先生が言っていました。
継続した努力を続けてきた生徒がやはり今年もちゃんと得点を確実にとっている。

国語も、意識的に自らの改善点を見つけて道を開いてきた生徒たちが、ちゃんと得点を取っています。
時間がなかったのはわかるけど、時間が足りないのは初めからわかっていたはず。

私が担当している地理もそうだけど、問題の難・易がはっきりしすぎていて、もともと飛びぬけた実力がない限り、得点に差が出にくい科目も。しかしこういうことは毎年受験で繰り返されていること。

あらゆる受験生たちが、自分の実力をできるだけフラットに見つめ、次の試験に望めることを祈っています。

思ったより点数が伸びた子たちが、慢心することなくこれから学習に集中できますように。
思ったよりずっと点数が伸びなかった子たちが、人生終わった、ではなく、まだ人生は始まってもいないことに気づきますように。


まだセンターが終わっただけですが、朗報も。
かつて「福岡県公立高校入試問題英語-Wくんの研究-」という記事で、高校入試において、ここまでやるか、という英語の学習の方法を披瀝したWくん、修猷館で英語学年1位も取ったことのある彼が、センター英語で満点を取っているという情報が。さらに、別のMくんはセンターの数学2科目で満点とのこと。

また、当校の生物の安部先生の予想問題、生物は予想しやすいとはいえ、かなり的中率が高かったようですね。生徒たちは軒並み満点近くをGET。先生も生徒も頑張りました。


ではこれからもますます受験生たちの健闘を祈っています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-01-18 07:58 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

いよいよ明日はセンター試験

いよいよ明日からはセンター試験。
今年はどんな問題が出るのだろうと、私たちも緊張しています。

今日はセンター前日ということで、受験生からお願いされて特別に14時から自習室を開放することに。

d0116009_11492661.jpg
d0116009_1232527.jpg

あの、あまりに印象深い学年がもう高3になり、大学受験に挑むなんて、
彼らが3年間の時を過ごし、大人に近づいた。その当たり前の事実に、なぜか涙がこぼれます。


センター前に生徒たちに話す内容は毎年違うのですが
(毎年、生徒の層[キャラなど]によって伝えたいポイントが変化するから)
今年、現国の生徒たちに伝えたこと

―――

センターを目前にした生徒のみなさん

当日は、「普段以上」の「高望み」をしないで
「普段通り」に良い点を取るために、「普段通り」のパフォーマンスにつとめるのです
「普段通り」に良い点を取るためには、普段と違うことをするのは厳禁です
だから国語は、決してテクニックに溺れず、「普段通り」に正攻法で解いてください

「普段通り」と思って解いたら、思いがけずいい点が取れた
「普段以上」というのはこうやって転がってくるのを待つものなのです
「普段通り」の勝者が「普段以上」を手に入れます  
本番は欲張りすぎないで 冷静に 頭を研ぎ澄ませて

皆の健闘を祈っています

―――

強い気持ちを持って、得点を手繰り寄せてください。
熱く応援しています!!


―――

明日は早稲田佐賀高校の入試も行われます。
今年は受験者が少なめですが、体調を整え、気力を充満させて試験にのぞんでください。


最近、今年の高校入試日程はこのブログのどこにあるの?と探している方が多いので、もういちど貼っておきます。

d0116009_11581032.jpg

本格受験シーズンがとうとう始まりました。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-01-13 11:58 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)

センター試験が終わって

センター試験、塾生2名が88~89%(圧縮方式ではなんと93%の生徒も!)の得点率を叩き出したという速報が入ってきて、まだそんなタイミングではないのに涙。すごいね。ひとまずよかった。(その後、得点率86%の生徒も。)

でも十人十色の結果が出るのが受験の厳しさ。
悔しくて悔しくて身動きできないほどの思いを抱えている子もいるでしょう。

明日も早稲田佐賀高校合格発表が行われます。
受験生が50名以上在籍する本校では、これからは毎日が歓喜と落胆の日々。


失って気づく悔しさ。
でもまだ受験は続くから、歯をぐっとくいしばって今日できることからやってみよう。
大丈夫、まだ頑張れるから。

d0116009_16183530.jpg
d0116009_162179.jpg
最後まで応援してるよ!!




涙といえば、卒業生のご家族から、とてもとても素敵な年賀状をいただき、感涙してしまいました。
春になるころにお返事させてください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2016-01-18 16:19 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

決戦の日

いよいよ今日は大学入試センター試験!

最後までとにかく頑張り抜いてください。
絶対に諦めない。
途中で頭が真っ白になっても諦めない気力さえあれば大丈夫、また問題に復帰できます。

平常心。
決して本番だけ欲を出して普段と違うことをしないようにしよう。
いままでやったことを信じて頑張ろう。


今日は今年度の高校入試第1号、早稲田佐賀高校入試も行われます。
最後まで自分の力を信じて集中力を切らさず頑張ってね。きっと大丈夫だから。


皆の健闘を、心から祈っています。

d0116009_2462570.jpg

現高3生、中学卒業時のひとこま みんな元気ですか?
今日、明日、センター受けるみんな、心から応援してます!!



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2016-01-16 02:51 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

現国の授業

昨日の現国(高校コース)は、過去10年のセンターの中でも、最も読みにくかったと思われる、2012年の追試問題を取り扱いました。大澤真幸氏の解読しにくすぎる評論文と、三浦哲郎氏の悲しみ漂う小説文。

解読しにくすぎる評論文を解説しているときに、顔を紅潮させながら「そんなのわからん」(=そのような趣旨の文章だったとは、解読するのが難しすぎる) と言っているTくん。授業をやっている身としては、こういう反応があるのが一番楽しいです。
「そんなのわからん」と言いながら解説を聞いているTくんは、例のごとくその評論文が満点だったのですが。そんなのが委細わからなくても、満点とれるのがセンター国語ですね。

三浦哲郎の「メリー・ゴー・ラウンド」は、妻に先立たれた父が娘と心中しようとして、娘に白装束を思わせる白いドレスを着せて遊園地で白い木馬に乗せた後、娘をおぶって崖っぷちまで歩いていくというとても暗い話ですが、心中という言葉が一切出てこないために、父がいったい何をしたいのか最後までわからず仕舞いの子も多く、センターにはめずらしく、それ(父親の心中の意図)が読み取れたかどうかによって、明暗がはっきり分かれる問題。

読み取れなかった子が、解説をしているときにガビーンという顔をしていたこと、そしてそのあとの解説を聞いて、何て恐ろしく悲しい話なんだと顔を歪ませていたことが印象的でした。読めた子は「読んでいてつらくなった」と言う子も。

センターにはめずらしく(模試や問題集では頻繁にあるけれど)解答の論拠がはっきりしない問題が1つだけあって、授業後にTくんとFくんがその問題について討論をしていたのも面白かった。読めるっていうのは深い楽しみがあっていいね。皆が読む楽しみをもっと味わえますようにと念じながら授業をしています。

高3のTさんは国語が苦手だと半年前に授業に参加し始め、いまではセンターで半年前の2倍の得点が取れるようになりました。普段、自分から話す事が少ない彼女が、先週おずおずと前にやってきて、そのことを報告してくれたのがとてもうれしかったです。昨日の難しい問題でも、十分に勝負できていました。指示語を丁寧にたどる、そのことを忠実に行うことで、論旨が十分に呑み込めない問題でもなんとか対応ができる、そのことを昨日の授業で学んだようです。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2015-10-13 11:39 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)