タグ:中部地方 ( 43 ) タグの人気記事

2020年、明けましておめでとうございます
2020年もよろしくお願いいたします_d0116009_23024637.jpg
写真は今日の午後、葛城山山頂(静岡県伊豆の国市)で撮影した富士山。
私事ですが、今年に入って八丈富士(東京都八丈町)とこちらの2つの山に登ってきました。
いまは福岡に戻り、仕事を始めました。



年末年始に、塾について考えるいくつかのきっかけをもらいました。

ひとつは、日ごろなかなか見る機会がないテレビで、離島の無料塾リフォームの番組があっていたのを見たことです。無料の何もないところに、エアコンやらパソコンやらボルタリングやらなんやら付けてしまって、その後の維持費はどうするのか?とか、そもそも運営する先生たちが主体的に設計しなくてどうする?とか腑に落ちないところが多々ありましたが、事情がわからないのでとりあえずそれは脇に置いておくとして、そもそも、この番組はリフォームすることやパソコンなどを揃えることが塾の価値を上げることに繋がるというバカげた価値観を塾に関わる人たち(子どもや親、運営側も)に与えるというその一点だけ見ても害悪でしかないと思いました。

パソコン一台より、心を許せる大人がそこにいて、その人から勉強を習うことが面白い!わかる!ということの方が大切で、そのためには極端に言えば公民館の長机と椅子だけでも十分だと思うのです。そういう当たり前のことを無視して、ハコのきらびやかさで子どもと親を喜ばせたところで、人という実質が伴わなければすぐに事業は頓挫します。(実際、ハコだけきれいで子どもを伸ばせない教育機関は、塾に限らず私立学校も含めたくさんあるのではないでしょうか。)ちゃんと他にいいところがあったのに、モノのきらびやかさに惹かれた親や子がさらなるモノをねだるようになると、運営側が懸命にモノで応えようとする→当初の良さが疎かになる、というようなクソみたいな循環が生まれるので、結局大切なことが失われていくことになりかねません。モノはあくまで自ずから生まれた要請に従った必要最小限のものでよいのですから、あの無料塾は、せっかく作ってもらったからとか言ってないで、いらないものはどんどん潰していかないと、立ちゆかなくなってしまうでしょう。資金面ももちろん大切ですが、それ以前に運営側が面白くないと教室は続きません。続かないことが子どもたちにとっては一番不幸です。子どもが好きで子どもを助けたいという志がある人たちが、あの番組を見て、意識高いだけの居心地の悪い教室を作らないことを祈っています。


もう一つ気になったのはこちらの記事。
小6の子どもたちが大晦日から正月返上でハチマキ締めて勉強しているなんて私は悲劇だと思います。
こうして鉢巻き締めて勉強するという一辺倒の価値観はおかしいということにとっくに多くの人たちが気づいている今の時世にこのようなことを企画する塾は、時代の趨勢を読めないという意味で、そういう人たちが子どもに影響を与える立場にいること自体が子どもに害悪でしかないと思うし、こんな家族生活をぶっ壊すようなスケジュールの合宿に「もうすぐ受験だから頑張るのよ」なんて子どもを宥めすかしながら参加させる親も、小学6年生の子どもにとって、家族にとって何がほんとうに大切かを見失っているという意味で、そういう親たちが日ごろから子どもに何を犠牲にさせているのだろうと想像するだけでぞっとします。

合宿はわざわざ正月にやらなければならない必然性はありません。その苦しさを乗り越えて、という価値観が虚偽であることくらいわかっていなければ、逆に今からまっとうに生きていけません。

本校も中3の受験生たちには正月休みにたくさんの課題を出していますが、それでも、どんなときも子どもたちには生活というものを失ってほしくないと思います。好きなことに没頭した結果、生活を失ってしまうのは仕方がありません。でも小6の子どもたちが中学受験のせいで家族との正月を奪われることは、あまりにいびつだと思います。「自分の意志で行っているんだから」という親もいるでしょうが、私はその意志はヤバいと思います。子どもが自分で意志を示したことで全て免罪になるなんてとんでもない話で、少なくとも、中学生くらいまでの子どもの意志の半分近くくらいは、親に責任があることくらいわかっておくべきだと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-02 23:40 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

富士山

新春から、いろいろな場所でいろいろな表情の富士を見てきました。
どの富士も同じように見えるけど、よく見ると、見る場所によって全くその表情が違うことに気づかされます。

あのとき出会ったあの人も、仕事で○○なあの人も、きっと私が見ているあの人は、その人のごく一部の傾向を見ているにすぎなくて、その人は本当はいろいろな表情を持っている。そのことを忘れずにいたいのです。

富士山_d0116009_22075874.jpg
富士山_d0116009_22083455.jpg
富士山_d0116009_22091345.jpg
富士山_d0116009_22093780.jpg
富士山_d0116009_22102138.jpg
富士山_d0116009_22111536.jpg
富士山_d0116009_22122260.jpg
富士山_d0116009_22125897.jpg
富士山_d0116009_22133828.jpg
富士山_d0116009_22143934.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-01-03 22:05 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます

今年も皆さまにご多幸がありますように

そして、寺子屋の受験生たち一人ひとりに
喜びの春が訪れますように

新年あけましておめでとうございます_d0116009_08282747.jpg
元旦の早朝 田子の浦港。勇壮な漁船たちに出合いました。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-01-01 08:23 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

立山の早朝トレッキング

5日前に、立山の初冠雪のニュースが届きました。
私は昨年のちょうどいまごろ富山に出張に行き、その際に立山まで行きました。
初冠雪を迎えたばかりの立山の美しさは格別で、きっと今度はこの時期に立山登頂することを心に誓いました。
立山の早朝トレッキング_d0116009_7313034.jpg


立山では登頂する時間も装備もありませんでしたが、みくりが池の前に宿をとったので、早朝から周囲を歩きました。


立山の早朝トレッキング_d0116009_738081.jpg

まだ日も昇らない時刻に宿を発ちます。


立山の早朝トレッキング_d0116009_7421150.jpg

みくりが池もまだ暗い。立山と浄土山の間くらいから太陽が昇ってきそうな気配です。


立山の早朝トレッキング_d0116009_7463849.jpg
地獄谷方面は無数の小さな噴煙が上がっています。


立山の早朝トレッキング_d0116009_748846.jpg
山崎カールを横目に歩きます。


立山の早朝トレッキング_d0116009_7505373.jpg
山肌がはっきりと見え始めました。壮大な景色とその中にぽつんと存在する私を実感。


立山の早朝トレッキング_d0116009_7533443.jpg
うっすらと富山平野が見え始めました。


立山の早朝トレッキング_d0116009_7555978.jpg
立山の早朝トレッキング_d0116009_7572244.jpg
地獄谷展望台から


立山の早朝トレッキング_d0116009_80979.jpg
再びみくりが池方面に戻り、さらに室堂方面に歩きます。太陽が昇ってきました。しかし、まだまだブルッと寒いです。


立山の早朝トレッキング_d0116009_81854.jpg
私が滞在したみくりが池温泉。


立山の早朝トレッキング_d0116009_824524.jpg
室堂を抜け、天狗平方面に向かいます。


立山の早朝トレッキング_d0116009_8102057.jpg
立山の向こうからようやく姿を見せた朝日。


立山の早朝トレッキング_d0116009_814566.jpg
それにしても、なんて気持ちのよい朝!


立山の早朝トレッキング_d0116009_830752.jpg
室堂からゆっくりと1時間あまり歩いて天狗平に到着。


立山の早朝トレッキング_d0116009_8314411.jpg
立山の早朝トレッキング_d0116009_8321155.jpg
室堂からの展望が一番だと思っていましたが、より柔和さを湛えた天狗平からの展望も素晴らしいです。


立山の早朝トレッキング_d0116009_8365791.jpg
このあたりは初夏に雪の大谷としてたくさんの人で賑わうところ。巨大な除雪車が並んでいて壮観でした。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2015-10-17 08:38 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

鈴木大拙館

先日、国語の授業で登場した鈴木大拙、昨日とらきつねで行われた青花の会でも講師の高木さんの口から一度だけ鈴木大拙の名が上がりました。

金沢に行ったとき、鈴木大拙館を訪れました。
海外の方ばかりお越しになっていたのがとても印象的でした。

先日インドネシアに行ったときも、鈴木大拙が好きなオランダ人に会いました。
私たちには全く別の生き方の可能性があるんだ。この本はそのことを私に示してくれた。
彼は私にそう言いました。
鈴木大拙館の設計は谷口吉生氏。
鈴木大拙館_d0116009_111733.jpg
鈴木大拙館_d0116009_11174033.jpg
鈴木大拙館_d0116009_11181785.jpg
鈴木大拙館_d0116009_1125167.jpg
鈴木大拙館_d0116009_11254124.jpg


空間には、とても良い気が流れていました。
そういった話をしたいところですが、私はなんとなくこういう空間に「しつらえられた感」のようなものを感じて落ち着かなくなってしまいます。整然としすぎているのです。
もっともこのように感じるのは私個人の問題です。
鈴木大拙の著作をゆっくり読むことができる空間もあり、深閑としたなかで心を整えるのに良い場所なのではないでしょうか。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2015-10-04 11:33 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

紅葉の黒部渓谷

先週訪れた黒部渓谷は、紅葉まっさかりの直前という趣き。
快晴に恵まれたこともあり、素晴らしい展望を楽しむことができました。

黒部渓谷鉄道のトロッコに揺られ、河原に温泉の湧く鐘釣まで行きました。
紅葉はもちろんのこと、ドイツの古城を模したような発電所や青い水を湛えるダム、石造りの水道橋などの興味深い人工物も意外な見どころでした。

黒部渓谷鉄道は、台湾の有名な山岳鉄道「阿里山森林鉄路」と姉妹提携を結んでいるそうです。
そのためかはわかりませんが、台湾から来たと思われる方が多数乗車していたことが印象的でした。

紅葉の黒部渓谷_d0116009_915697.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_923798.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_932585.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_955785.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_96392.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_971389.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_975047.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_98201.jpg
紅葉の黒部渓谷_d0116009_985568.jpg



鉄道を降りた後、紅葉する山々を見上げながら宇奈月温泉を散策して帰路に就きました。
紅葉の黒部渓谷_d0116009_992371.jpg



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2014-11-04 09:19 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

一昨日、富山に出張をした際に、市内での仕事のあとに、アルペンルートをたどり、立山・室堂まで行きました。
秋晴れの太陽と2日前に降った雪のために立山連峰は白く輝き、室堂周辺も薄く雪化粧していました。
年にきっと数日しか見られない、真白の雪と焦げ色の山肌のコントラストは非常に美しいものでした。
北アルプスの別天地、晩秋の立山・室堂へ。_d0116009_12323539.jpg
北アルプスの別天地、晩秋の立山・室堂へ。_d0116009_12325674.jpg
北アルプスの別天地、晩秋の立山・室堂へ。_d0116009_12343719.jpg
北アルプスの別天地、晩秋の立山・室堂へ。_d0116009_1235811.jpg
北アルプスの別天地、晩秋の立山・室堂へ。_d0116009_1235261.jpg





唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2014-11-01 12:35 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

山の季節

山の季節がやってきました。

山の季節_d0116009_039714.jpg

山の季節_d0116009_0465759.jpg
山の季節_d0116009_0334880.jpg




上高地から山に登ったことのある方なら、この明神館の看板を見ただけで心が躍るこの気持ち、きっとわかっていただけると思います。
山の季節_d0116009_033298.jpg



すっかり山が好きになってしまいました。
今年もいろいろと登りたいなあと頭が山でいっぱいです。





頭がいっぱいといえば、明日は公立中学生たちの体育大会。

昨日は体育大会を前に武者震いしている子と、体育大会中止になればいいのに、とつぶやく子と対照的な子どもたちを見ました。

みんなにとっていい思い出になる1日になりますように。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-06-01 00:47 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

2013年になりました。
皆さま、明けましておめでとうございます。

正月をどのようにお過ごしでしょうか。
高校生は今日から模試、中学生も第1弾の受験は1月6日。
忙しい1年の始まりです。

今年も皆様にとって多幸の年となりますよう、お祈りいたします。

明けましておめでとうございます。_d0116009_7284990.jpg
乙女峠から見た富士山


2012年の元旦は、静岡県と神奈川県の境にある乙女峠に登って富士を眺めました。
今日はタイの島にいますが、明日には帰国します。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2013-01-01 00:00 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(1)

松本に行こう!

7月末の連休に長野県松本市に行きました。
飛行機で1時間ちょっと飛んだだけで別世界。
涼しいんです。空気が最高に気持ちいいんです。


松本に行こう!_d0116009_712830.jpg
日本三大名城にも数えられる国宝松本城。黒漆で塗られた外壁が凛としたフォルムを際立たせます。
いままで見た日本の城のなかで一番美しいかもしれない、とさえ思いました。


松本に行こう!_d0116009_7629100.jpg
松本城のすぐ近くにある旧開智小学校。学園アニメにもでてきそうな夢の世界から出てきたような外観に圧倒されます。


松本は蕎麦好き、民藝好きにとってもたまらない魅力にあふれる街。
そしてなんといっても松本は上高地、北アルプスの玄関口でもあります。


そんな松本に私はまた行くぞと誓いを立てているところです。

福岡から松本に飛ぶ飛行機はFDA(フジドリームエアラインズ)。
1日に1便ですが、別世界松本にわずかな時間で飛べるのですから使わない手はありません。
しかも、FDAは機長の案内や機内サービスがすばらしかったですよ。本当に。

私がこのような宣伝をするのは、FDA福岡-松本便を応援するためです。

私は今回、朝の9時台に福岡の家を出て、12時台には上高地の河童橋に立っていました。
万が一、この便がなくなってしまうようなことがあれば、私たち福岡人は出発当日上高地入り&北アルプス山小屋にINという他に替えがたい権利を失ってしまいます。この便は存続させなければなりません。
7月の連休にかかわらず、帰りの便に空席があったことを心配しています。
皆さん、飛行機で松本に行きましょう!
そこには美味しいごはんと清涼な風、そして険しくも美しい山岳があります。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。
by terakoyanet | 2012-08-06 07:18 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)