国語の伸ばし方

植本一子さんは去年の夏、私たちが日本財団の取材を受けたときに撮影に来たのが最初で、その数ヶ月後にトークイベントに来てもらったのでとらきつねに来てくださるのは今回で3度目、そして武田砂鉄さんは今回初めてとらきつねにお越しになります。


その武田砂鉄さんが去年の12月にタモリ倶楽部に出演したときの動画があります。
この日のタモリ倶楽部は「受験業界震撼の問題企画!作者の気持ちを作者は解けるか!?」という企画で花園大学の大学入試問題国語の文章「鼻毛に背負わせすぎ」の著者である武田砂鉄さんが「作者の気持ちを作者は解けるか」どうかを試すためにタモリたちとともに問題を解き、えー!?作者なのに作者の気持ちの問題が解けないのか!?といういわばお決まりのオチに落ち着くという、ある意味予定調和の笑いの内容と言えると思います。

でも、タモリ倶楽部、タモリの笑いのいいところはそこに強引さがないところです。一方的な解釈を押し付けるようなことはしません。
実のところ、国語の入試問題で根拠なく「作者の気持ち」なんてものを答えさせる問題は絶対に出ません。この番組に登場する入試問題の作成者である今井隆介准教授(入試問題の素材に「鼻毛に背負わせすぎ」を選んだ時点で今井教授はきっと間違いない人!)も言っているとおり、解の根拠を説明できない問題は入試問題として不適合であり、出題者は論理的根拠があるという点において出題者としての責任を負って問題を作成しています。よって国語の問題を解くことは、作者というよりは、問題作成者との知恵比べ、がまん比べになります。
だからその意味で、国語を解くということがわかっていない人が「作者の気持ちを答えよなんてナンセンスだよ、そんなのわかるわけないじゃん」と言うのと同じような結論をこの番組が導き出していないことに安心しました。だってそれは端的に事実誤認だからです。この番組ではむしろ出題者の今井さんへの敬意が感じられたし、その一方で武田砂鉄さんのチャーミングさと「鼻毛に背負わせすぎ」という短編の面白みが存分に伝わってきました。こうやって、タモリの笑いというのは基本的にどの立場の人も傷つけない敬意を持ったものなので、安心して見ていられます。[その点、昨夜テレビであっていた「月曜から夜ふかし」は、取り上げられたケーキ屋さんが、そのセンスのなさを強調されるだけで終わっていて(マツコが私は好き、と言っていたがあんなものではフォローとしては弱すぎる)なんて一方的な編集なんだと憤ってしまいました。]

国語は伸ばしにくいと言われる科目ですが、きちんとポイントを押さえて学習すれば必ず伸びる科目です。
私たちの教室には、芥川龍之介や鷲田清一といった難しい内容の文章も果敢に読み解いていく小学生対象の国語の授業があり、中学生対象の国語力を伸ばすことだけに特化した授業「国語塾」があり(この授業はオプション料金が発生するのにかかわらず、当校の中学生の6割以上が履修しています)、センター試験や最新の入試問題を厳選して読み解く高校生対象の「現代国語」の授業があり(昨日の授業では2015年のセンターに出た大庭みな子の短編「紅茶」と、2018年の早稲田大社会科学部の問題に出た東浩紀の「ゲンロン0 観光客の哲学」を扱いました。ちなみに東浩紀さんの「ゲンロン0 観光客の哲学」の刊行記念読書会が2017年にとらきつねで開催されました 。こうしてとらきつねのイベントと大学入試、日ごろの授業はつながっています)、小・中・高のそれぞれの授業で子どもたち(計108名が履修中)が明確に国語の力を伸ばしており、その成果は歴然と日ごろの模試でも表れています。

d0116009_04274914.jpg
↑は先ごろ発表された夏の模試の平均偏差値。国語塾履修生(1学期から国語塾を履修している生徒)の平均、その他の生徒の平均です。
国語塾生は本人もご家族も勉強に熱心であることが多く、中2数学以外の全ての科目で国語塾履修生のほうが平均が高くなっていますが、やはり国語の平均偏差値は国語塾履修生が圧倒的に高いことがわかるデータになっています。中3に関しては英語(やここに載っていませんが社会)でも国語塾履修生が差をつけており、文系科目全体への好影響も伺える結果となっています。

当校で生徒たちに国語を解く上で何を意識づけさせているかをまとめると、以下のようになります。(以下がすべてではありません。一例です。)

1 まず大前提として、文章を読むことに深く集中すること。
2 決してフィーリング(感覚)で解かない。評論はもちろん、小説さえも論理的に解くこと。
3 問題を解くことは問題作成者との知恵比べと心得ること。
4 論説文・評論文など読みづらいものは、本文読解と設問を同時並行で読み進めて解いていく。
5 小説・随筆(比較的すいすい読めるもの)は、先に本文をすべて読んだ後に設問を解いてもよい。
6 設問で問われている内容は何か確認し、間違えないように印をつける。(「理由を答える」のか「考えて説明」するのか、「一文を探す」のか「部分を抜き出す」のかなど。
7 設問傍線部中(または傍線部直前)の指示語に〇をつけ、その指示語が何を示しているかを明らかにする。
8 本文中の接続詞(しかし・つまり・また、など)は文脈の転換点。注意を払う。
9 むやみやたらに本文に印をつけない。解くことを単なる「作業」に貶めないこと。印は必要な箇所に最低限つける。印をつける箇所を厳選すること自体が国語力アップの鍵。
10 選択問題というのは要はボケとツッコミである。出題者のボケに的確なツッコミを入れることができるかが勝負。各選択肢の、明らかに間違っている(ボケてる)箇所に線を引き×をつけ(これがツッコミ)、怪しいところには△をつける(ただし中途半端なツッコミはできるだけ避けたい)。※ボケにはパターンがあるので、そのパターンを授業中にしっかり確認をしています。
11 解くのに慣れてきたら、時間をはかって解く。


他にもありますが上のようなことを繰り返し繰り返しやっていくと国語力は着実に伸びていきます。内容が難しいときは、その内容について子どもたちが「そういう話だったのか!」と腑に落ちるような話をすることも大切です。集中して問題を解かせる→論理的な根拠をもとに問題を解説→最終的に子どもたちの心にすとんと落とし込む、これがうまくいったときは、思わず「今日はうまくいったー!」と叫びたくなることもあります。国語の授業は生モノで扱いにくいところもありますが、子どもたちのおかげでとても楽しく進行できていると感じます。そして、国語の授業で読んだこと感じたことが意識・無意識に子どもたちの将来の財産になることを、祈るような気持ちで密かに願っています。

最初にお話しした武田砂鉄さんのイベント、こちらを読んだ方はぜひご参加いただければと思います。ずばり面白くなると思います。(残席少ないので売り切れてしまった場合はご了承ください。)



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-10-08 04:51 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

前回の国語塾で高校入試問題の過去問より、鷲田清一氏の『わかりやすいはわかりにくい?』を扱いました。今日はその内容をご紹介します。



私たちが「わからない」と思ったときに、「自分がこれまでに手に入れた理解の方式で無理やり解釈し、歪めてしまう」というやり方を、鷲田清一は「最悪の対処の仕方」と言います。(この指摘はとても大切だと思います。)そしていちばん大事なことは、「すでにわかっていることで勝負するのではなく、むしろわからないことのうちに重要なことが潜んでいて、そしてそのわからないもの、正解がないものに、わからないまま、正解がないまま、いかに正確に対処するかということ」だと言います。


考えてみれば、わたしたちのリアルの社会ではいつだってそうです。医療の現場において、2人の同じような症状に見える重症患者に対して、全く同じ処置を行ったのにかかわらず、一方は症状が治癒したのに、一方は治らずに亡くなってしまう、そういうことは残念ながら起こり得ることです。教育の現場において、同じくらい伸び悩んでいる2人の生徒に対してある指導法を試してみたときに、一方の生徒は伸びたのに一方の生徒は伸びない、そういうことは多々あります。子育てだって、同じように育てたはずの兄弟が、不思議なほど別様に育つということは当たり前のように起こりますよね。このように、リアルな世界の中に正解なんてものはない、そんなことはわかっているのに、多くの人が、わかりやすい言葉、わかりやすい説明と、納得できる結論(つまるところ正解)を求めるのです。


しかし、このような人たちに対して作者は次のように言います。

「だが大事なことは、困難な問題に直面したときに、すぐに結論を出さないで、問題が自分のなかで立体的に見えてくるまでいわば潜水しつづけるということなのだ。それが、知性に肺活量をつけるということだ。」


わからないこと、曖昧なことをそのまま受け入れ、その問題を考え尽くして解析度を上げることで、できるだけその都度に正確なものに達しようとする作業の積み重ねのことを、作者は「知性に肺活量をつける」と呼びます。


私は2011年に初めてこの文章を読んだときより、いまのほうがずっとこの文章の言葉が身にしみて感じます。震災より前の2010年に出たこの本に書かれている鷲田清一の提言は、私にとっても、もしかしたら日本の社会にとっても少し早すぎたのかもしれません。でも、いまこそこれらの言葉が、最重要課題として私たちの前に生き生きと浮かびあがってくるのを感じるのです。


ここまで読んで、やっぱり「わかりにくい」と思っている人は、わかりにくいと思うあなたがいったい何を期待しているのかということについて再考してほしいのです。わからないことをわかろうとするという土台無理なことをやっているかぎり、あなたはいつまでも苦しくていつまでも浮かばれません。わからないことが怖いから、わからなければならないと思っているし、結論がなければ真実ではないと初めから決め込んでいるのです。でもそれらは、あなたがでっちあげたものにすぎません。だから、曖昧なものを曖昧なままに正確に表現するということについて、いま一度考えてほしいのです。ここでいう「正確」とは、その都度その瞬間に立ち現れる脆弱な何かのことで、「正解」とは位相が異なるものです。


d0116009_02191906.jpg

とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-04-25 02:19 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

今年度最初の国語塾。

今年度最初の国語塾が行われました。
今年は人数が過去最高の50名を超えており、土日の2クラスにわけているものの、土曜の方は満席で、今後の受付が不可能となりました。

土曜の方は満席の生徒たちにあたふたする場面がありましたが、授業自体はとても集中して進行することができました。
最初の授業というのはとても大切です。読み解き方のエッセンスについて説明しますから。

国語塾をとった生徒たちは、これから厳選した80余りの文章を読んでいきます。
1年後には、きっと逞しい国語力がついていますから、楽しみにやっていきましょう。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-04-16 01:12 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

いよいよ中学生としての授業が始まりました。
昨日の授業は特別な緊張感のもと授業が進みました。
それぞれが自分のできることをせいいっぱいにやっていることを強く感じています。

以下にオプション授業についての大切なお知らせです。

(1)国語塾の授業について
国語塾(前期)の授業は、日曜日の18時~19時20分、または土曜日の17時15分~18時35分のどちらかから選んでいただくことができます。
例年、中1生はほとんどの生徒が日曜日の授業を受講しています。(19時40分からの授業と接続しているため。)

国語塾受講者のうち、日曜日ではなく、土曜日を希望する方のみ、「国語塾 土曜日希望です。○○(生徒氏名)」とご返信いただけますでしょうか。返信はお電話でもかまいません。(日曜日を希望する方は、返信不要です。)どうぞ、よろしくお願いいたします。

(2)BECの授業について 
BEC(基礎英会話)の授業時間を毎週日曜日の18時30分開始とお伝えしていましたが、講師都合により毎週日曜日の16時30分~17時20分に変更となりました。大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
時間の変更により、国語塾と時間が重ならなくなりました。時間の変更により新たにBECの受講を希望する方は、明日までにご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-04-13 15:30 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

後期の入校案内

後期入校お申込期間 8/29(火)~9/10(日)


〇小6コース
2科(国算)コース・3科(国算英)・4科コース(国算社理)・5科コース(国算社理英) 2名可
個別指導コース(全科) 満員御礼
※来年度生の入校受付は2017年12月1日開始です


〇中学コース

中1 人数的には完全に満員なのですが男子が多く、女の子が少ないため、女の子の入塾については2名まで受け入れます。
中2 満員御礼
中3 2名可 (ただし入試まで時間がないため、やる気のある生徒を募集します)
個別指導コース(全科) 満員御礼
そのほか、特進Sクラス(修猷館レベル)特進クラス(ハイレベル)特別演習(補習クラス)国語塾(国語力を鍛えるためのクラス)英会話自習室利用コースなど特色あるクラスが多数あります。お問い合わせください。
※来年度生の入校受付は2017年12月1日開始です


〇高校コース
若干名募集中
大学入試科目のほぼすべての指導を行っています
集団授業の科目によっては満員のものもありますのでお問い合わせください
個別指導は満員ですが、指導時間によっては可能なことがありますのでお問い合わせください
そのほか、オンライン授業ディスカッション(思考力を鍛える授業)英会話自習室利用コースなど特色あるクラスが多数あります。お問い合わせください。
※来年度生の入校受付は2017年12月1日開始です



入校までの流れ~
①お電話(092-731-0121)かメール(お問い合わせフォーム)で入塾の希望をお知らせください。
※但しメールは8月30日から9月8日まで返信ができません。返信とご案内が9月9日以降になりますことを予めご了承ください。

②9月10日までにお申し込みいただいた方には、9月15日までにお申し込みのご家庭に入校の可否をお伝えし、教室に面談(保護者様と生徒さん)に来ていただくスケジュールを決めるためのお電話を差し上げます。この際に、お問い合わせがある場合にはお答えさせていただきます。

③面談 教室を実際にご覧になり、話を聞いて納得していただいた上で、実際に入塾するかどうかを最終的にご判断ください。

d0116009_17124399.jpg
国語塾の授業で一生懸命問題を解く生徒たち(2017年8月)



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。



by terakoyanet | 2017-08-28 17:13 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)

本校のオプション授業としては最も参加数の多い(中学生全体の約半数が参加)国語塾ですが、
2017年度は以下のスケジュールで授業が行われます。
新学期1回目の授業は4月8日(土)・9日(日)になります。

前期(8月まで)  A…毎週日曜日18:0019:20   B…毎週土曜日 17:1518:35

後期(9月から) 中3…毎週土曜日 15:2016:40  中1・2…毎週土曜日 18:5020:10

※学校の定期テスト、塾の行事、季節講習等の都合で休講・時間変更になることがあります。


前期はAとBのどちらの授業にするか選んでいただきます。Aを選んでいる生徒が、ある週だけ都合が悪いからBの時間帯に来るということも認められています。(連絡要)

後期は中3のみ独立した時間帯になります。中1・中2の時間も固定時間になりますが、開始時間が遅くなるため、部活生も参加しやすい時間帯になります。


今年、高校入試を終えた中3生たちの複数から、国語塾で問題に慣れていてよかった、作文を何回も練習しておいてよかった、という声をもらいました。本校生の国語の自己採点結果は平均45.6点(60点満点)と例年より高く、5科目の中でも最も高くなりました。


2020年度以降の大学入試改革により、入試の大幅な様変わりが予想されていますが、ひとつ確実なことは、小論文形式の問題が増えるということです。知識よりも「思考の質」を問う入試において、受験生に求められるのは、論理の構成力です。

この流れに沿うように、高校入試においてもすでに文章記述問題の配点比率が大幅に高まっています。
国語や英語で文章力を問う問題が多数出題されるのはもはや当たり前としても、社会や理科における文章記述問題の増加と難化は目を見張るものがあります。


d0116009_11463567.jpg
上は今年の福岡県公立入試問題・社会解答です。記述問題は60点中37点分(うち文章記述が24点分)出題されています。その難化傾向は著しく、知識だけでは解けない問題、その場で論理的に筋立てを考えないと解けない問題が多数出題されています。

今年度の中学生たちは中1~3までの全てが2020年以降の新大学入試を受ける学年に該当します。
国語塾では、論理的に文章や資料を読み解き、それを基に文章を構成する、そういう機会を今後さらに増やしていきたいと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-03-28 12:08 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

1月7日、及び9日に休講となった国語塾の補講が本日行われます。

国語塾(中1・2) ⇒ 本日1月18日(水) 20:35~21:55 [教室2F]
国語塾(中3) ⇒ 本日1月18日(水) 19:00~20:20 [教室2F]

時間等、間違えのないようお願いいたします。

d0116009_17292420.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-01-18 17:27 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

昨日、後期の特進クラス(中2・中3)、国語塾(中1・2、中3)、特別演習(中3)の授業が相次いでスタートしました。

d0116009_738432.jpg

グラフ 本校における受講者数上位のオプション授業



今年度、新開講した「国語塾」。受講希望者が増加したため、クラス数が1⇒2に増えました。
これまで以上に、生徒たちにフィットした授業ができると張り切っています。

本日現在の受講者数は39名で、特進クラス(選抜制)と並び、本校最多の受講者数のオプション授業に成長しました。これは定員100名(中学部)の本校において、約4割の生徒が受講している計算になります。

4月⇒8月の模試成績において、国語塾の受講生と、受講していない生徒を比較すると、受講していない生徒の国語偏差値が平均で+1.6上昇しており、一方で国語塾を(初めから)受講している生徒たちは+5.4上昇と、その効果がはっきりと表れました。この結果は、今後の私どもの指導にとって大きな自信となるものです。この授業を開講してよかった、そう強く実感しています。

「国語は伸びない、伸びにくい」という先入観がありますが、これは間違いです。
国語には明確な解法があります。それを今後も子どもたちにしっかり伝えていこうと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2016-09-18 07:48 | 当校の特色 | Trackback | Comments(0)

国語塾に手応え

昨日、中学生対象の国語塾が新開講しました。
20名を超える受講生が、さっそく国語の読解に取り組みました。

すごく手応えを感じています。
授業をとっているこの子たち、きっと国語力がつく。そう確信できる授業、おすすめです。
昨日の講義を通して、教室に複数の学年の生徒がいることが、むしろプラスにはたらくように仕掛けることができる、そのことにも気づきました。
実力がついたことは、受講生たちの模試の国語の結果でもはっきりと示されるのではないかと思います。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2016-04-10 18:48 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

保護者様にお知らせです。

(1)国語塾スタート(中1~中3)
本日より、中学生のための国語塾がスタートいたします。時間は毎週17時~18時20分。
塾長(鳥羽)が担当します。すでに残り席が少なくなっていますので、ご検討中の方は、早めにご連絡をお願いします。
国語塾は、学校の授業進行にとらわれず、高校入試に必要な、読む力、書く力を鍛えるための授業です。通常授業では時間の都合でこれらの力を鍛える機会が限られていますので、毎週この授業で確実に力を伸ばしていきます。


(2)土曜教室開放スタート(中3)
本日より、中3生対象の土曜教室開放(無料)がスタートします!
教室開放への積極的な参加が、受験生の成績の伸びの鍵を握っています。
12時半から18時まで行われています。もちろん最初から最後まで頑張ってほしいのですが、部活動生は、最後の1時間だけでも参加すれば、大きな意味があります。わからないところの質問等も自由にすることができます。
Aクラス生に昨日渡した「受験単語」テキスト。Sクラス生にも本日お渡ししますので、ぜひ取りに来て、さっそく本日から学習と暗記にチャレンジしてください。


(3)自習室利用コース、利用希望の方へ(中1~中3)
新規で1Fの自習室(有料)の利用を新規で希望する方は、その旨をご連絡ください。連絡をいただいた当日より、自習室の利用が可能です。



昨年度は、本校に在籍する生徒の約4分の3が成績を伸ばし、(成績を下げた生徒はわずか4%)多くの生徒にとって大きな飛躍の年となりました。今年度もさらなる生徒の頑張りに期待しています。一人ひとりの子どもたちの頭と心に響く指導を心がけてまいりますので、本年度もよろしくお願いいたします。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2016-04-09 11:43 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)