タグ:在校生 ( 1179 ) タグの人気記事

本日、合格発表が行われる、2020年度の福岡県公立入試合格状況をお伝えいたします。

合格者の皆さん、おめでとう🌸
これまでの努力の成果が実ったことを心から喜んでいます。

本日の合否にかかわらず、進学する高校が最終決定する今日が、一人ひとりの生徒とご家庭にとって良き日になりますように。高校生活に向けて志を新たにする日になりますように。

今年は合格発表前から、もっと言えば入試前から、今年の受験は行けるぞ!という手ごたえを感じていました。合格する可能性が高かった生徒たちが軒並み合格を果たしただけでなく、ボーダー上、ボーダー以下にいた子どもたちも多数合格したのが今年の受験の特徴となりました。それでも、中にはまさかの不本意な結果になった生徒もいます。悔しい気持ちが強ければ強いほど、思いが強かったことの証、きっと次につながります。それぞれの生徒の未来の幸せを心から祈っています。



(★は合格者2名以上、★★は合格者3名以上)


糸島高校普通科合格!

香住丘高校普通科合格!

久留米工業高等専門学校(久留米高専)生物応用化学科合格!

古賀竟成館普通科特進コース合格!

修猷館高校普通科合格!★★

城南高校普通科合格!

筑前高校普通科合格!

福岡高校普通科合格!

福岡工業高校機械科工業進学コース合格!

福岡工業高校情報工学科合格!

福岡工業高校都市工学科合格!

福岡中央高校普通科合格!




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-03-18 09:01 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

休校1日目のこと。

中3の授業中に号外で3月2日からの全国の学校に対する休校要請が出て、いきなりこのクラスの授業が最後になるかもしれなくなり、とても悲しくなって涙をこらえるので必死だった先週の木曜日。

もし最後になっても、みんなは十分やってきたから受験は大丈夫だよ、そう伝えるのが精いっぱいで、何も考えられなくなりました。最後の授業なら、最後の授業らしくちゃんと伝えたいことがあったし、準備もあったのに。何事にも手順があるでしょうと、為政者たちに叫びたい気持ちになったものでした。

休校1日目のこと。_d0116009_01432264.jpg
最後になるかもしれないから、写真とろっかーと言ってカメラを向けたら中3この笑顔。

学校を休校にした理由と目的を考えれば、塾の授業だけいままで通りにやるわけにはいかないと思い、翌日からYouTube配信などいままでやったことのないことにチャレンジしつつ、息をつく暇もないまま4日間が経ちました。

いつも目の前で子どもたちが生き生きと反応してくれる中で授業をしているので、一人でしゃべりながら撮影をするというのがもうどうしようもなく慣れなくて、特に最初の中2の授業の撮影ではとてもぎこちない姿を晒してしまい、もうその動画を思い出すたびに、もっといい授業ができたんじゃないかとため息ばかりついていました。いかに日ごろ子どもたちに助けられていたか痛感しました。それでも子どもたちが目の前でいることを一生懸命想像しながら動画を撮ったので、何か伝わればと思っています。

一昨日、昨日と、少人数授業にすることで、できるだけ感染リスクを下げるために、もともとひとつの中3クラスを4つのクラスに、中1特進クラスを3つのクラスに分けて授業をしました。一つひとつのクラスの時間は短くなったのに、それでも授業時間は大幅に増え、日ごろ行われるテストの時間を大幅に削って授業(説明・解説)ばかりをやったせいもあり、1日の授業が終わった際にはへなへなと倒れ込んだり、その場で少し寝てしまったりという状況で、でも私が体を壊してはどうしようもないし、何よりいまは公立直前の中3生のために元気でいなければならない使命がありますので、これからしっかり体調を整えていきたいと思います。

中1・中2は特進クラス以外の授業が配信になり、直接質問をすることができない生徒が多いため、今日からLINEで質問受付を始めました。さっそく4人の生徒から質問が届きました。数学や英語の質問が画像つきできたので、こちらも赤ペン先生みたいに書き込んで画像で返しました。楽しいです。コロナの心配がなくなった来年度の春以降も、週に1回だけでも時間を決めてLINE質問受付時間をつくったら、子どもたちが活用してくれるんじゃないか、そんなことも考えています。
今回の困難も、むしろこれからにつなげていけたらと思います。


昨日は休校第1日目でした。
中高生たちに休校1日目の過ごし方を聞きました。

Aくん 10時まで寝てて、そのあとテニスして遊んだ!(8時には起きたほうがいいよ。)
Bくん 俺もテニスして遊んだ!
Cくん テニスして遊んだけど途中で帰った!(結局休校だけどみんなで会ってテニスしたのね。)
Dくん 俺はコロナには感染しない、なぜなら俺がコロナだから。(何言ってんだか。)
Eさん 昼の2時まで寝てた。(赤ん坊か。)
Fくん 友達とLINEのビデオ通話繋いでずっとしゃべってた。(会わなくてもそうやって遊ぶのね。)

Gさん 先生の授業動画を家族みんなでテレビで見た。(やめて。)
Hくん 友達とLINEの電話を朝からずっと8時間くらいつなぎっぱなしにして、しゃべりたいときだけしゃべってた。(すごい。お互いに友達をそうやって「環境」として使うのね。でもつなぎすぎだよ。)
Iくん 友達の家で5人でゲームした。(休校でも皆で集まるのね。)
Jさん 布団の中に入ったままゲームし続けた。(貝みたいだね。)
Kさん めちゃ出た学校の宿題をとにかくがんばった。(Kさんもえらいけど、宿題を急ピッチで用意した学校の先生もえらいね。)


休校1日目の子どもたち、どのように過ごしていたでしょうか。
他にも焼肉、カラオケ、ボーリングに行った(または行く)という話もちらちらと聞きますが、どんどん休校の意味が…。

この時期、本を読んだらいいよと本気で思うので、近いうち本の紹介をしたいと本気で思っています。
(時間が取れますように。)




休校ですったもんだのご家庭も多々あるようで、お母さんお父さんたちからの愛すべき愚痴が届くこのごろ。
親子の関係がちょっと最近しんどいなあという方に『親子の手帖』をどうぞ。
ナナロク社から出る新刊のお知らせはもう少しお待ちください。

…と昨日の昼につぶやいたら、Amazonの「親子関係」部門ランキングでTOP10に返り咲き。
ありがとうございます。

センターで8割5分をゲットし、僅か1年の実技演習で第一志望の美大に合格した竹内さん。
卒業式の後に会いに来てくれました。一瞬疲れが吹き飛びました。(少々やつれていますが。)
2017年、2018年の当校の高校進学説明会に参加した方なら、彼女がいかにすごいかご存知でしょう。
休校1日目のこと。_d0116009_02280257.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-03-03 02:29 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)



現在、中1・中2は授業中に質問ができない環境にありますので、LINEによる質問を受け付けています。


今週の受付は以下の時間です。
メッセージで済む質問であればメッセージで、必要に合わせて画像や通話で質問にお答えします。(質問の際には名前を名乗ってくださいね。)質問は共通授業を受けていない生徒さんもOKです。

2日(月)10:00~13:00
3日(火)10:00~13:00
5日(木)10:00~13:00
6日(金)10:00~13:00

時間外には連絡しないでください。

※この日程以降も平日(水曜以外)の上記時間のみ、質問を受け付けています!積極的にご活用ください。



SNSで流れてくる高校生たちの卒業式の画像が眩しいです。
みんな卒業おめでとう!!

LINEで質問を受け付けます。_d0116009_13270281.jpg
中3のHくんからなんかすごいものもらいました。
ありがとう笑




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-03-02 09:48 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

久留米高専合格!

本日、久留米高専の合格発表が行われHくんが見事合格!
昨年のⅠさんに続いての合格です。(不合格者はゼロ)

今年は実力をつけた子どもたちがちゃんと結果を残しており、本当に心強く感じます。
Hくん、合格発表まで不安で眠れないと言っていました。今日はぐっすり休んでね。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-02-25 13:49 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

いよいよ福岡県公立高校入試まであと2週間余りとなりました。
受験生には伝えていますが、最後の2週間がこの3年間で一番伸びる時期です。
私はこの2週間のがんばりで劣勢を覆して合格した受験生をたくさん見てきました。
体調管理に留意しながら、最後の1日まで走り抜けてください。

今年の公立入試対策、視界良好です。
生徒たち一人ひとりが力をつけてきていることを強く感じます。

公立入試には公立入試ならではのクセがあります。
これはフクトや県模試などの模試では決して味わえないクセで、このクセに対応する力をつけるのがこの時期の公立対策に不可欠なのですが、このクセの部分にまでアプローチして徹底的な対策ができている塾は少ないのではないかと私は自負しています。(なぜならそのクセを理解するには指導側もかなりの経験年数を要するからです。それを5科目全て揃えるのは難しいと思います。)

やはり当校の特長は受験単語、理科記述式といった過去20年近くの指導の間に改訂し続けられて今に至るテキスト類。公立入試を深く解いた子ほど受験単語の威力に打ちのめされると思います。(打ちのめされてほしい。)単語帳は語彙数が多ければいいというわけではなく、範囲が限られていて、でも受験に必要な語彙数が年々増えている高校入試には、その過不足のなさが決定的に重要です。当校の生徒たちは2000近くの英単語と熟語を携えて受験に臨みますが、受験単語さえ覚えていれば、わからない単語や熟語は1つも出ないという事実は受験生たちを大きく勇気づけるものになると思います。

近年当校では直前の模試判定が決して芳しくなかった生徒たち(判定Dなど)が当日の入試では高得点をとって合格するという快挙が続いています。彼らは公立入試に最適化された学習を過不足なく、しかも楽しみながらやっていますから有利に決まっています。本番まで生徒たち一人ひとりがどれだけ頑張れるかが勝負ですが、私は今年も視界良好であると信じています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-02-23 11:40 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

合格の報、続々と!

昨日は公立高校推薦入試、国立大学AO入試など、合格の報が次々に届いた1日でした。
合格した皆さん、おめでとう!!!
中3はすでに半数近くが志望校に合格を決め、進学先が確定したことになります。

今年は例年より受験生がいつまでも楽しそうで逆に心配になるくらいですが
それでも力は間違いなく着実についているなと感じます。

合格の報、続々と!_d0116009_16230665.jpg
中3の授業、あと1か月もないなんて、寂しいです。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-02-14 13:18 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

2月10日の雑感

私立高校入試がほぼ終了し、公立高校合格に向けて一直線に頑張る時期。
中3は例年の受験生より元気で楽しそうです。
まだまだ頑張れる子もいるので、グイグイと引っ張っていくつもりです。

中1・中2は学年末対策講座の真っただ中。
まだこのタイミングで「ワークが終わってない!!」と言っている子がいるのが気になります。
ワークは少なくともテストがある前週の週末には終わらせないと!
ワークをやるだけで終わるようじゃ、定期テストでの高得点は期待できません。

現在中1の特進クラスでは不規則動詞のテストを行っています。
初の不規則動詞ランダムテストでいきなり満点をたたき出した子たちの写真をパシャリ。

2月10日の雑感_d0116009_07463731.jpg
100点を取った6人で撮ったつもりが、後ろにも写ってる。しかも超目立っている子(Iくん)も。。
(100点の子たちの表情が硬くて、後ろの子たちが楽しそうなのが面白い。。)

Iくんといえば、すごい技の持ち主で、私は彼の技にちょっとハマっています。
2月10日の雑感_d0116009_08154905.jpg
2月10日の雑感_d0116009_08163543.jpg
ドンドン進化して凄いんです。


先取り情報になりますが、『親子の手帖』に次ぐ新刊『おやときどきこども』がナナロク社から4月上旬に刊行されることとなりました。3月21日のとらきつねの5周年(唐人町寺子屋は18周年です)のイベントで先行発売できそうです。
ナナロク社といえば、谷川俊太郎さんの詩集や川島小鳥さんの大ベストセラー『未来ちゃん』をはじめとして、1冊入魂の良い本しか作らない出版社として出版業界や読書人には有名な版元です。「次の本はナナロク社かミシマ社から出せたらいいなあ」と身近な人に呟いた翌日に、当時ナナロク社の編集者だった川口恵子さんから本書きませんか、というメールをいただき、1年半以上をかけて少しずつ書いてきたものです。
『親子の手帖』が親の問題から子どもにアクセスする本だったとすれば、『おやときどきこども』は子どもを主人公にしながら、親が自らの子ども性のようなものを取り戻していくような本になると思います。よろしくお願いいたします。

前作『親子の手帖』についてはこちらにまとめ記事などもあり、歌手の一青窈さんをはじめ、いろんな方の感想を読めるようになっています。(ありがとうございます。)受験期、卒業や入学シーズンの親の心について書いた内容もありますので、気が向いた方は読んでいただければと思います。





2月10日の雑感_d0116009_08180132.jpg
「宿題やってきたー?」と尋ねると
すごいテンションで「やってきたー!」と全身で応える中1生たち



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-02-10 08:14 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

本日は私立前期合格発表日です。随時、今年の合格状況を更新してまいります。

みんな頑張ったね!中学校の1クラス分の人数の本校からこれだけの数の合格が出ていることで、子どもたちの頑張りを分かっていただけることと思います。

劣勢を覆し合格を果たした生徒も複数!
合格したみんな、本当におめでとう㊗!!


◇2020年度 私立高校合格状況(2月4日午後11時30分時点)
(★は複数名合格 ★★は3名以上合格 ★★★は5名以上合格)

九産大九州産業高校(機械)合格!
九産大九州高校(準特進)合格!
九産大九州高校(進学)合格!
西南学院高校(進学)合格!★★★
筑紫女学園高校(Ⅰ類医進)合格!(特待合格)
筑紫女学園高校(Ⅱ類)合格!★★
中村学園女子高校(進学)合格!(特待合格を含む)
中村学園三陽高校(進学)合格!
東福岡高校(特進英数)合格!(特待合格を含む)
東福岡高校(特進)合格!
福大大濠高校(進学)合格!★★★
福大大濠高校(スーパー進学)合格!
福岡舞鶴高校(特進)合格!(特待合格)
福大若葉高校(高大一貫)合格!★★(特待合格3名を含む)
早稲田佐賀高校(普通)合格!


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-02-04 09:23 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

1月30日の雑感

日々の受験直前指導の怒涛の中で、ここでお伝え損ねていることがたくさんあります。

中3生たちが本当に頑張っていること。
でもその中で、平気で人を裏切るようなことをする子がいること。
(中学生の男の子なんてそんなものだと割り切ってしまうことは簡単ですが、そんなに易々とは受け入れられません。)

成績表をご覧になった方はわかると思いますが、中2がグーンと伸び始めたこと。
そして中1がほんとうによくがんばっていて、前回の到達度テストでは、この時期としては学年平均偏差値が歴代約20年間で過去最高レベルとなったこと、他塾を含む全受験者の中で総合3位の生徒もいたこと。

大学受験生たちもセンターを終え、進路確定まで猛烈に努力を重ねていること。

ただ、寒さが厳しくならないせいで、今年の受験はなんとなく緊張感に欠ける部分があるのは否めないこと。

高校生の中には、生きることそのものに悩みながら、前に進みたくても進めない子もいること。

思春期に自堕落な生活で悩んでいる子たちって、単に頭の中の葛藤や煩悶が凄すぎて身動きが取れなくなっているだけの子が多いんじゃないかということ。
だから大人は思春期のダラしない子どもを見たら、あんたどれだけ思春期満喫してるの?って思ったらいいんじゃないかということ。

大人が子どもに「将来の夢」を尋ねる構造って、まじめな子どもたちを苦しめるだけじゃないかということ。
毎年この時期になるとそのせいで煩悶している子どもたちがいるのを目のあたりにすると、いたずらに大人が子どもを追い詰める構造ってどうにかならないのかと思うこと。

他にもたくさんあります。

子どもの悩みが深まるこの時期、親御さんの中にも同じように思わず考え込んでしまう時間がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にお勧めしたいのが昨日読んだ村井理子さんの以下のエッセイ。

答えが出ないことなんて当たり前だと思ってこれまでずっと生きていた。むしろ、自分の目の前に答えが用意されていないことこそが、人生の醍醐味だと思っていた。

そうやって始まるこのエッセイ。
答えが出ないことなんて当たり前、そう思っていた村井さんでさえ、思春期にいつの間にか子どもが変化し、親子間の感情がすれ違うことに対して、答えの出ない焦りを感じている。

それにしても、男の子って、自らの葛藤を母親の前では見せない子が多いですよね。
母親が明るくて無邪気(=バカ)な自分であることを望んでいることを知っているから、思春期になってもいつまでもそうである自分しか見せない。(他ならぬ私自身そうでした。)もう中学生になった僕はすっかり変質してしまっているのに、好きなお母さんの前では変わらない自分を半ば無意識に演じる子というのは多いと思います。

親も、そして他ならぬ本人自身も、いつの間にか変化した親子の間の関係性に悩まされる思春期のころ。
春ごろに発売予定の、『親子の手帖』に続くナナロク社から出る私の新刊は、そのことにも触れていますのでお手に取っていただければ幸いです。

村井理子さんの連載、「村井さんちの生活」には、最近の記事だけでも「いい親になりたい」とか「子育ては自分の子ども時代を巡る旅」とか、読んでいて涙腺が決壊しかねない文章がいろいろありますので、お時間があるときにぜひ。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-30 02:51 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)