寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:在校生 ( 1067 ) タグの人気記事


2018年 04月 21日

中2のみんな、がんばりました。~都道府県の覚え方~

昨日は中2の社会で都道府県と県庁所在地テストが行われました。

すべての都道府県と県庁所在地の位置と漢字を正確に覚えなければなりません。
地理の基礎になる、とても大切なテストですが、位置を覚えるのが難しい+漢字を正確に書くのが難しい という理由で、毎年苦労する生徒が多い単元でもあります。

今日は中2の子たちのがんばりを称えたいです。
都道府県と県庁所在地名をセットにしたテストは昨夜が初めてですが、そのテストで一人残らず全員が50点を上回りました。

50点なんてたいしたことない、と思う方もいるかもしれませんが、
そのテストは生徒たちが間違えそうなところばっかりを狙い撃ちした抜粋テストでした。

かなりの努力を積まないと50点を取れない子がいることを知っているから、一人残らず50点以上を取ったことをうれしく思いました。
みんなをほめたときに、50点台をとったある子が、頑張ったもん、とうれしい顔をしていたのが印象に残っています。

1回目のテストで全員が50点を超えたのはおそらく歴代初です。
80点以上の合格者が全体の3分の2ほどで、満点も複数、最頻値(最も多い得点)は1つ間違いの96点でした。

中2の子たち、宿題に対する意識が高い学年に成長したと、つくづく思います。

都道府県を覚えるとき、このページなど、とても便利ですよ。(でも漢字は自分で書いて確認しないといけません。)



都道府県の覚え方の手順は、


①まずは漢字はほっておいてとにかく位置だけ覚える。

*ランダムに白地図の各都道府県を指さして瞬時に都道府県名を口頭で答えられるように練習をする。この練習では、ハイテンポでランダムに白地図を指し示して問題を出してあげる人(その人は当然正確に答えがわかってないとダメ)がいると便利なのですが、人の助けを得ることができない場合には、のページを活用しましょう。


②都道府県の漢字を書けるようにする。
*間違えやすいのは 新を筆頭に、玉、愛木、鳥取(逆さまに取鳥とする子が毎年いる)、岐阜本。


③県庁所在地のうち、都道府県と名前が異なるものだけをピックアップして覚える。

*島根ー松江、香川ー高松、愛媛ー松山 が鬼門になる子が多いです。さいたま市はひらがなで。漢字で間違えやすいのは、那や、前(なぜかノギヘンにしたがる)


という①②③の順序になります。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-04-21 02:11 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 16日

今年度最初の国語塾。

今年度最初の国語塾が行われました。
今年は人数が過去最高の50名を超えており、土日の2クラスにわけているものの、土曜の方は満席で、今後の受付が不可能となりました。

土曜の方は満席の生徒たちにあたふたする場面がありましたが、授業自体はとても集中して進行することができました。
最初の授業というのはとても大切です。読み解き方のエッセンスについて説明しますから。

国語塾をとった生徒たちは、これから厳選した80余りの文章を読んでいきます。
1年後には、きっと逞しい国語力がついていますから、楽しみにやっていきましょう。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-04-16 01:12 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 07日

総合成績と進学先の関係

数日前に成績資料を配布しました。
あるご家庭との面談の際に、「どれくらいの順位だったら、どこの高校に進学できるのか?」という質問を受けましたので、10年間分のデータを全て調べました。(本校は過去8年ほどは定員が変わっておらず、全学年のクラスが満員になっていますので、毎年ほぼ同じ人数の生徒が在籍しております。)
d0116009_02482883.jpg
本校が毎月出している総合成績において、同じ○○位の順位の生徒たちが、はたしてどの学校へ行ったのかを10年分調べました。
グラフの色に工夫が足りず、ちょっと見づらい資料となっていますが、現在の成績だとどこらへんの学校に行くことになる可能性が高いのか、今後の参考にしていただければと思います。
d0116009_02491509.jpg
d0116009_02493164.jpg




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-04-07 02:55 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 27日

3月27日のご連絡

唐人町寺子屋より、保護者の皆さまへご連絡です。



(1)春期休業について3月29日(木)~4月3日(火)は春期休業となります。 期間中はお電話、メール等のご返信ができませんのでご注意ください。



(2)明日の新中2・新中3新年度保護者説明会について明日(3/28)は新中2・新中3の保護者説明会が行われます。


[時間] 
〇新中2 18:30~19:50〇新中3 20:20~22:00

[会場] 
〇1F自習室(とらきつね・事務室の奥)

[持ってきていただくもの] 
〇唐人町寺子屋新年度書類(2018年度唐人町寺子屋中学コース講義案内)
〇筆記用具

生徒さんが学力を高めるための今年度の授業の取り方について、日ごろの学習のしかた、塾の有効活用のしかたなど、詳しくご説明をいたします。教室側とご家庭が情報共有をすることは、お子さまが学力を向上していく上で欠かせないことですので、できるかぎりご参加いただきますようお願いいたします。

*新中1は個別面談となっているため、説明会は行われません。
*生徒さんは同伴の必要はございません。



(3)高校コース参加希望の皆さまへ高校コースのオリエンテーション参加希望用紙の提出は本日までとなります。個別のみ、自習室利用のみの場合でも、ご提出が必要となりますのでご注意ください。また、高校コースの参加にあたり、事前にご相談がある場合には、遠慮なくご連絡いただければと思います。


★高校コースに興味がある方は、外部(新規)の方も含め、4月5日までにご連絡をいただければ、高校コースオリエンテーションの説明を聞いていただくことが可能です。



(4)書籍販売の開始について4月より、1Fとらきつねが書店としての顔をもつことになりました。一般書店で販売している書籍(教科書ワーク・ガイド、各種参考書など)の購入が可能になります。手狭な店内ですから、寺子屋の生徒に必要なものに特化した選書をいたしますので、ぜひご利用ください。お知らせは以上です。 来年度もよろしくお願いいたします。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2018-03-27 18:28 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 25日

2018年度春期講習スタート!

今年度も春期講習が始まりました。

昨日は初々しい新中1生たちがやってきました。
すごく緊張している子もいて、それがとても可愛らしかったのですが、一人ひとりが懸命に丁寧に課題に取り組んでいました。
それにしても、今年は文字を丁寧に書くことができる子が多いですね。


そして一昨日は新中3の宿題が不十分な子たちを残らせて話をしました。(何度テストをしても不規則動詞のテストをちゃんと覚えてくることができない生徒がいます。)
いよいよ受験生になった新中3の生徒たち。
雰囲気がいいのは最高だけど、これからはもっと緊張感を持ってやっていこうと話をしました。


連日、新入生対象の春の面談が続いています。
初々しい表情の子どもたちを見ていると、これが子どもたちのほんとうなのだ、と思います。
中学校に入って「現実」の重たさを感じて表情が暗くなる子どもたちもいますが、この子たちがはじめにこういう表情をしていたということを、これからも大切に忘れないでいようと思います。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-25 15:08 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 20日

今日は小6国語・算数 最後の授業

今日は小6のメイン授業、国語・算数の最後の授業。

国語は小学生にとってはかなり難しい問題をいっしょに一生懸命解いてきました。
そのおかけで、新たな日本語の世界に気づかされた人もいるでしょう。
小学校では読まないような深い話にもみんなずいぶんついてこれるようになりました。
きっと小学コースで得た力は、中学校で花開きます。

算数についても、1年前よりずっと学力がつきました。
今年は早めに小6内容が終わったので、たくさんの復習もできました。

3月24日からは中1の春期講習。
小学コースにいた全員が中1からも授業に参加し、そして新しく同じクラスにいままでの倍の人数の子たちが参加します。

この1年、小学コースでがんばってきた子どもたち一人ひとりが大好きです。
どうか、その真剣でやさしい気持ちをこれからも忘れないで。

今日は、永久保存したいような子どもたちのかわいらしい小学校時代の姿をしっかり脳裏に焼きつけながら、授業をしたいと思います。

d0116009_16242800.jpg


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-20 16:24 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 13日

中学コース卒業生保護者様へお知らせ

(1)明日の卒業旅行について

○集合時間 8:30
○交通 第一交通貸切バス(中型)
○行先 城島高原パーク・湯布院
○費用 13,000円(☆封筒に入れ、名前を書いて持参してください☆大切)
○所持品 特に所持品の制限はありませんが、節度ある行動をお願いしています。


(2)高校コースオリエンテーションについて

【4月6日(金)19:30~20:30】
【4月8日(日)19:30~20:30】


高校コースに参加をご希望の方、参加する可能性がある方は、いずれかの日程にご参加ください。2018年度の高校コース内容についてご説明いたします。(参加は、生徒のみ、生徒と保護者様、のいずれも可能ですが、できるだけ保護者様にもご参加いただきたいと思います。詳しくは配布資料をご確認ください。)お知らせは以上です。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-13 15:42 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 09日

福岡県公立入試、自己採点会を終えて

本日、公立高校入試の自己採点会を終えました。

今年は私立を第1志望にした生徒の割合が過去で最も高く、公立推薦入試にすでに合格している生徒もおり、わずか16名による公立高校一般入試となりました。


〇本校生との自己採点平均点
*集計に含まれていない生徒がいましたので集計しなおしました。[3/9]

国語 40.0
数学 37.1
社会 41.3
理科 43.4
英語 41.8
合計 203.6


理科が簡単だった、数学が難しかったと言っている子が多かったですが、平均点には思ったほどの差はありません。理科は今年も理科記述式(本校のテキスト)からほとんど出題されたという印象です。国語と数学は傾向が変わりましたので、平常心でいかに問題と向き合えたかが鍵だったと思います。(平常心を保つには、日頃の努力に裏打ちされた自分を信じる心がどうしても必要です。)

本校独自の合格可能性調査で、3割以上の生徒が「合格可能性90%以上」を叩き出しています。
この割合は、本調査を開始した過去4年間のうちで最高の数値です。しかし一方で、上位校を受験した生徒の中に得点が伸びなかった子がおり、私自身、悔しさで頭がいっぱいで苦しい気持ちでいます。


来年に向けた課題がはっきりと浮かび上がってきました。

まず第1に、国語については、国語塾を受けている生徒たちが圧倒的に公立入試で有利性を発揮しているということ。受けている生徒とそうでない子の入試得点の平均が10ポイント近く離れており、国語だけは普段の5科全体の席順に関係なく国語塾を受講している生徒たちが上位を独占していること。この傾向は昨年もありましたが、出題傾向が変わった今年はさらに鮮明になりました。私はこの結果を喜ぶのではなく、むしろ愕然としてしまいました。なぜかと言えば、この差は、これまでの模試や学校の定期テストではさほど大きくは浮かび上がらないものだったからです。でも、入試のときだけ、なぜかこれほどに差がついてしまう。その状況を考えると、国語1科目だけ落としただけで合格が難しくなる修猷館、城南といった上位校の受検者は、どんなに模試で高得点が取れていても、国語塾を必修にすべきだろうか、そして、通常の授業の限られた時間のなかで、他の4科目の進捗を損なわずに国語力をさらに上げる方法が果たしてないだろうか、ということを真剣に検討せざるをえない状況です。

第2に学習量とその質について。福岡県の公立入試は、300点満点中230点くらいまでなら、ちゃんとひと通り勉強した子たちであれば、十分に取ることができる点数です。でも、そこから先、さらに伸ばしたいなら、塾で与えられた課題を完璧に取り組んで自分のものにする、どんなに量が多くても、それがやらねばならない量ならやり遂げる、そうやって、とにかく貪欲に経験を積み重ねることがとても大切だということです。公立入試には独特の質というものがあります。その問題はよく練られていて、表面的で技術的な勉強しかしなかった子、自分の弱点をどこかで置き去りにしてきた子の急所を突くような形で設問が出題されますから、隙がある子たちはいとも簡単に失点します。

願わくば、ほら、ここに隙があるよと、あの子に、そしてあの子にも、もっと伝えてあげたかったです。
でも、それはとても難しいことでした。だってすごく頑張っているし、少なくとも表面的にはちゃんとこなしているのです。すごく頑張っていて、ちゃんとこなしている。だからその子にはこれ以上何も言えない。でも、その子には、実際のところは、隙があるのです。隙があると気づいたときには、その都度全力で伝えてきたつもりです。でも、全部はどうしても伝えられない。私はその隙の全てを的確にその子に伝えたい、それじゃダメだと言ってあげたいと思ってきました。でもやっぱり、すべてを伝えるのはどうしても難しいです。だから、それの代替として、自力でおのずと隙をつぶせるような良問を揃えて、その解法を精いっぱい教え伝えることで、みんなといっしょに戦ってきました。

失敗して初めて自分の隙に気づく子もいます。それも人生、といってしまったらそれはそうですが、
でも、彼らは、自分の弱さに気づいていないながらも、またはうすうす気づいていながらも、それでも、彼らなりに精いっぱい自分自身と戦ってきたんです。だから、彼らに合格というプレゼントを、どうしてもあげたくてあげたくて、彼らに心の底から喜んで笑ってほしくてたまりません。

塾生の自己採点平均点が200点越え。これはもう素晴らしい成果です。
でも、ひとりでも受からなかったらやっぱりとても悔しい。
自己採点時点でそういう可能性の結果が出ている子がいるのは、本当に胸が痛いです。

合格した子のがんばりが全肯定され、不合格だった子のがんばりが全否定されるような、そんな受験は間違っています。合格した子は喜びつつも課題や反省点を見つけになるように、不合格だった子はこれまでの健闘をねぎらいつつこれからに力強く繋がるように、子どもたちにとっての合格発表の日が、そういう大切な日になることを願っています。

(勢いよく書いたので、乱文になっていることをお詫びいたします。)



追伸

最後の授業のあと、中3の保護者の皆様から、多数のメールやお手紙などいただきましたが、おひとりおひとりお返事できておりません。大切に読ませていただいています。ありがとうございます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-09 00:34 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 06日

明日は公立入試! 中3保護者様へお知らせ

中3保護者様へ

一昨日の授業をもちまして、2017年度の中3の正規授業がすべて終了いたしました。
ご家族の皆様のこれまでのお力添えに心から感謝いたします。

明日の公立入試で、受験生の一人ひとりが持てる力をすべて発揮できることを心から願っています。

本日は18時から20時まで教室開放が行われます。どんな質問にも答えますので(担当:鳥羽)明日受験をする生徒さんはもちろん、このメールが届いている全てのご家庭の生徒さんはぜひご参加ください。

春休みの行事参加の申込用紙(高校準備講座・卒業旅行等)は本日の教室開放か、明後日の自己採点会の際に、必ず提出していただきますようお願い申し上げます。

卒業旅行は生徒たちの希望で「城島高原パーク&湯布院(または別府)」に決定しました。費用は13000円となっております。(貸切バス代の高騰[1日で20万円近くかかります。そのため公共交通機関でのアクセスも検討中です。]のため、金額が高めの設定になっていることをお詫びいたします。)

また、本日より、三者面談の案内の配布が始まります。(面談は高校コースに参加するか否かに関わらず、どの方にもご参加いただけます。)面談をご希望の場合、お手数ながら、本日か明後日のいずれかに事務まで用紙を取りに来ていただきますようお願い申し上げます。(本日の教室開放に参加の生徒さんには、その際に配布します。)面談の日程が決まり次第、お電話かメールかのいずれかでお伝えしますので、よろしくお願いいたします。


d0116009_15143483.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-06 15:12 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 05日

中3公立入試前、最後の授業が終わりました。

中3最後の授業が終わりました。

d0116009_01425096.jpg
全員そろわなかったのが少し残念だけど、みんな最後まで本当に楽しい雰囲気で、笑顔でいっぱいでした。
長濱先生も駆けつけてくれて、うれしかったね!


一筋縄ではいかない、とても大変な学年でした。
でも、ひとりひとりが本当に魅力あふれた子たちでした。
寂しくて寂しくて心にぽっかりと大きな穴が開いています。



今日は抜き打ちの受験単語ファイナルテストを行いました。
この1年、1800以上の英単語と英熟語を使いこなせるようになった子どもたちの総決算のテストになりました。(難易度高め)

1位 KSくん 98点
1位 YTくん 98点
3位 IMさん 95点
4位 NSさん 89点
5位 KSさん 88点
6位 HSくん 84点
7位 STくん 78点
7位 HYくん 78点
9位 KEさん 77点
10位 IKさん 70点

テストのトップ10の生徒たちです。
高校に合格するのはもちろんすごいことですが、でも、こうして中学生の学習を総括するテストで高得点を取った子たちにも、決して合格に負けない評価を上げたいと思います。

受験というのは、受かったら「勝ち」、受からなかったら「負け」になってしまうところがありますが、
これまでの子どもたちのがんばりというのは、そんな二分法で片付けられるようなものでは決してなくて、
子どもたちのがんばりをつぶさに見てきた私たちの目には、どの科目にも、どの単元にも、どの問題にも、子どもたちの努力の軌跡が刻まれているのがはっきりと見えるから、だから、子どもたちが頑張ってきたことを、ちゃんと子どもたちがわかるように正当に評価してあげたい、そんな気持ちで今日の単語テストを行いました。


授業のあと、テスト本番に気をつけることについて、しっかりお話をしました。
ご家庭でも確認していただければと思います。

明後日の入試で、子どもたち一人ひとりが存分に力を発揮できますように。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-05 02:15 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)