タグ:大分県 ( 37 ) タグの人気記事

数日前に天神の本のあるところajiroさんであった熊本・橙書店の店主、田尻久子さんのトークイベントに行ってきました。

トークイベントに参加するというのは、多くの場合、意義あるものを発見しに行くというような極めて目的的な行為を指すのだと思うのですが、その晩の田尻さんのトークは、田尻久子という人をそのままに感じるだけの時間で(彼女はそれをだらだらと話して…と表現していました)その時間の淡さが愛おしく感じられました。

この日のトークは今月出たばかりの田尻さんの新刊『橙書店にて』の刊行記念も兼ねたイベントでした。
この新刊について、私は他のところで次のように書きました。


『橙書店にて』晶文社(2019年11月刊行)

熊本・橙書店のママ、田尻久子さんが書いたエッセイ3作目。
私は彼女が書く文章が好きです。何を書いても澱みがない。さっぱりしてる。
哀しみをいとおしんでいるのにそれでいてカラッとしていて、だからかえって余韻が後を引きます。
それにしても久子さん、この本の言葉一つひとつがさらに冴えわたっているなあ、とつくづく。

橙書店の本棚の間を歩いているときのように、たよりない声が、声にならない声が、行間から聞こえてくるようで耳を澄まします。それは確かに命の深さを知る、やさしさに溢れる声。
石牟礼道子も村上春樹もあの日カウンターにぎこちなく座ったお客さんも、この本の中では、たまたま橙書店に触れた、なんでもない、そしてかけがえのないひとりの人として描かれています。その久子さんの目の正直さ、確かさに胸を打たれるのです。



田尻さんのエッセイ3作について、私がメモのように書いた案内をとらきつねに設置していますから、よかったらもらってください。
d0116009_03445589.jpg
『橙書店にて』の中に「透明なお客さん」っという話があって、その中に映画「かもめ食堂」のエピソードが出てきます。
その映画のあるシーンで泣いてしまった田尻さんは「店をはじめたときの不安な気持ちと、お客さんが入りはじめたときの安堵がよみがえった」と書いていて、私は『かもめ食堂』は見ていないけれど、その不安と安堵のことは身に覚えがあると思って、深夜に一人でほろりとしていました。

d0116009_04021929.jpg

今年の春に別府に行きました。
国内でも海外でも、旅をするときには、ここだけは行こう、というところをあらかじめ調べてGoogle Mapに☆をつけておいて、それを目印にその場所に向かいます。そんな初めからわかっている情報を現地で確かめることのどこが楽しいの?と言われそうですが、それについては哲学者の東浩紀さんが次のように語っています。

旅先で新しい情報に出会う必要はありません。出会うべきは新しい欲望なのです。〈中略〉
いまや情報は稀少財ではない。世界中たいていの場所について、写真や記録映像でほとんどわかってしまう。にもかかわらず、旅をするのは、その「わかってしまった情報」に対して、あらためて感情でタグ付けをするためです。
ー東浩紀『弱いつながり』ー

旅の「時間」とかそこで生起する「欲望」というのは再現不可能で、だからあらかじめ情報が与えられていても旅というのはいつまでも時めきを宿しています。

d0116009_04144271.jpg
d0116009_04161671.jpg
写真はBASARA HOUSE ですが、こういうあらかじめ調べていたところというのは、まず裏切られません。
自分の趣味嗜好がはっきりしていて、それでいてたくさんの情報の中から選ばれたわけなので、いいお店に決まっています。
d0116009_04191950.jpg
で、こちらはBASARA HOUSEの近くにあるカレーのお店TANE。
こちら、雰囲気も最高だし、めちゃくちゃおいしいんです。これも事前に調べて行きました。


この2つのお店は私たちが泊まった宿のすぐそばにあったのですが、別府では原稿合宿(本の原稿を書くための宿泊)をしていたので同じ宿に4泊しました。だから、毎日何度も同じ道を通っていたのですが、この2つのお店以外に、事前調べではひっかからなかった小さなお店がもうひとつあるのが目につきました。

このお店の店構えは明らかにインスタ映えを狙っている感じが店内に入ることを躊躇させたのですが、でもそこにはかわいいおむすびが並んでいるのが見えました。そしていかにも感じのよさそうな若い女性の店員さんが一人で切り盛りしている様子がお昼から晩までガラス越しに見えました。

調べてみると、まだ新しいお店みたいで、毎日通るたびに、今日はお客さん入っているかなとか、作ったおにぎりが残ったりしないかな、なんて心配になってきて、猛烈に応援したくなるのです。

こんな勝手な感情が芽生えるのは、やっぱり自分に店を(私の場合は塾ですが)始めたばかりの不安の感情が強烈に残っているからだと思います。
初めてお手製のチラシをひとりで3000枚ポスティングして、翌日に1件も反応がなくてひとり泣いたこと、翌々日に初めてかかってきた電話に震える声で出て一生懸命に教室の授業のこと(そのときはまだイメージでしかない)を話したこと。
最初は本当に心細かったし、毎年生徒が満員になる今でも、来年はちゃんと入ってきてくれる子どもたちはいるだろうかと不安な気持ちは常にあります。

気になっていたお店に、3日目の晩にとうとう入ってみました。
女性の店員は話し方から外国の方、きっと韓国の方なのかなと思いました。
写真は買ったおむすびとスコーン。かわいいでしょう。とても美味しかったです。
d0116009_04254617.jpg
自分でもわけがわからないくらい、始まったばかりのこの店を応援したくなったあの日の気持ちを、田尻さんの文章を読みながら思い出しました。『かもめ食堂』もいつか見たい。


話しが逸れすぎました。

翌日、熊本からは田尻さんと、平田さん、そして神奈川からは編集者の川口さん、そして福岡の鹿子さん。4人がとらきつねに遊びに来てくれました。

遊びに来たといいましたが、川口さんは私の新刊の編集者で、その打ち合わせのためにとらきつねまで足を運んでくださり、それ以外の3人は彼女といっしょにとらきつねに行こうよと来てくださったのです。(田尻さんの最初のエッセイ『猫はしっぽでしゃべる』、そして鹿子さんのベストセラー『へろへろ』はどちらも川口さんの編集で、鹿子さんの新作『ブードゥーラウンジ』の編集も川口さんです。鹿子さんの新作たのしみ!)

d0116009_05154962.jpg
田尻さんと鹿子さんに、とらきつねで売っているおふたりの本にサインをお願いしました。
ぜひ早めにゲットしにきてください。ふたり、楽しそう。

保育士の平田さんからは、熊本で田尻さんたちとやっている子ども支援の話を伺いました。何か協力したいと思いました。
そして、川口さんとも原稿の話がしっかりとできました。遅くとも来年の初めにはお知らせを始めることができそうです。

この次の日に田尻さんからお礼のメールが届いて温かい気持ちになりました。
クールなのに愛の器が大きい人。細やかな気配りがある人。私も巷にいるたくさんの田尻ファンのひとりです。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-11-15 05:28 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

11月27日の雑感

d0116009_13402051.jpg
昨日の三者面談の際に、最近ブログの投稿が少ないことにご心配をいただきました。

このところ、メインパソコンの調子が悪く、書いた記事が2回連続でおじゃんに(死語!?)なってしまいました・・・。いま失望感でいっぱいです。

たくさんお伝えしたいことがありますが、とりあえず、このあと在校生の英検の頑張りについてだけはお伝えしようと思います。


写真は国東半島の某所にて。
国東半島の晩秋は素晴らしいです。今年は行けていませんが。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-11-27 13:42 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

黄金色の坊ガツルへ

春は花、夏は海、秋は山、冬は雪。
私にとって秋は山の季節。
今日から三連休ということでお出かけの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちは連休ほど忙しくなる仕事をしていますからお休みは関係ないのですが、秋のいちばんいい季節のこの連休にちなんで、坊ガツルの写真をご紹介したいと思います。

坊ガツルは長者原のくじゅう登山口から2時間ほど歩いて到着します。終点に法華院温泉があるという粋な演出も。
私は秋になると半日時間ができれば山に登りますので、数日前、晴天の絶好の山日和にくじゅうの坊ガツルを歩いてきました。


d0116009_02150649.jpg
湯布院行きの高速バスが外国人客で満席ということで、別府経由で向かうことに。
いつもより少々時間がかかりましたが、バスの中から由布岳の雄姿を見たとたん、今日は山の神様が味方していると心強くなりました。

この時期は長者原の登山口に着いた時点ですでにわーっとなります。
d0116009_02234770.jpg
d0116009_02270146.jpg
d0116009_02274247.jpg
d0116009_02283340.jpg
もうこんなに秋が深まっていたなんて。


d0116009_02303566.jpg
1時間20分くらい歩いて雨ヶ池に着きました。ほんとうに気持ちのよい場所。
d0116009_02310560.jpg
雨ヶ池を過ぎてしばらく歩くといよいよ坊ガツルがちらちらと見え始めます。
d0116009_02360349.jpg

d0116009_02372559.jpg
着きました。
d0116009_02375462.jpg
このひたすらに広がる黄金色を見に来たんです。
d0116009_02384438.jpg

d0116009_02400693.jpg
d0116009_02405782.jpg
d0116009_02415391.jpg
d0116009_02423090.jpg
坊ガツルは3年連続4回目。
時間があるときは、さらに大船山や三俣山に登ることもあるのですが、今回は坊ガツルのみ。
坊ガツルは、登ったり下ったりが少ないのに九重の山々の景色が堪能できる最高のトレッキングコースです。
山はいつも一人で行くのですが、今回は珍しく妻がいっしょに来てくれました。

秋の山を堪能しました。皆さんも秋のくじゅうをお出かけの候補にぜひ。




by terakoyanet | 2017-11-03 02:46 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

豊後大野の出會橋、轟橋

大分県豊後大野市清川町にある出會橋と轟橋。
石橋としてはアーチ径が全国1位と2位の大きさ。その偉観に驚かされます。
奥嶽川の水流も美しく、避暑におすすめの場所です。

d0116009_131139.jpg
d0116009_13161628.jpg


九州の豪雨被害がこれ以上広がらないことを心より祈っています。

今回の震災で、全国に名高い熊本の石橋は大丈夫だったのだろうかと案じていたら、まとめのページがありました。このような活動をなさっている方々にありがとうの気持ちを携えて、これからも石橋を見に行きたいと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2016-06-21 13:17 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

春期講習が始まり、新中学1年生が教室にやってきました。
たくさん書きたいことがありますが、今日は、最近お別れをしたみんなのことを書きたいと思います。


引越しするかじわらくんの送別会を、お笑い部+Kくんで行いました。場所は唐人町商店街の潮鮨。
d0116009_12243537.jpg

d0116009_122687.jpg
d0116009_12262731.jpg

楽しすぎる時間。


そして中3(新高1)の卒業旅行は、毎年恒例の城島高原&由布院へ

当日は見事な快晴で、由布岳もばっちり。
d0116009_1227536.jpg


d0116009_12282971.jpg
d0116009_12285880.jpg
d0116009_12294565.jpg
d0116009_12302135.jpg
d0116009_12305189.jpg
d0116009_12311037.jpg
d0116009_12322063.jpg
d0116009_12323931.jpg


d0116009_12342326.jpg
d0116009_1237055.jpg
d0116009_12353786.jpg
d0116009_12355995.jpg
d0116009_12391491.jpg
d0116009_12565014.jpg


今年は特に一人ひとりが楽しい時間を過ごしているという印象が強く残りました。
生徒たちといい思い出ができて、私たちも幸せでした。


高校コース(高等部)の送別会については、改めて書きたいと思います。
こちらもすごく良い時間でした。



写真送って、とお願いしてくれた子たちへ。
あと数日中に送るから、首を長くして待っていてくださいね。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2016-03-26 12:44 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)

d0116009_10143921.jpg
d0116009_10164528.jpg
d0116009_10173217.jpg
d0116009_101863.jpg


天念寺の前の長岩屋川の大岩には、高さ約3mの不動明王と2童子が彫られており、川中不動と呼ばれています。室町時代に水害防除の願いをこめて彫られたとのこと。

この辺り、背後には、天念寺耶馬と呼ばれる奇岩秀峰が連なっており、素晴らしい景観と風情と楽しむことができます。冬がはじまるこの時期、どこか浮世離れした国東に、また足を運びたくなります。

d0116009_10313687.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2015-12-02 10:32 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

一日卒業旅行その2

d0116009_1241886.jpg

d0116009_1151270.jpg
d0116009_11511924.jpg
d0116009_1152831.jpg
d0116009_11525753.jpg
d0116009_11545329.jpg
d0116009_115556.jpg
d0116009_11551524.jpg
d0116009_11553916.jpg

d0116009_11552376.jpg
d0116009_115681.jpg
d0116009_11561798.jpg
d0116009_1251886.jpg



その3はまたそのうちに掲載できればと思っています。


★写真にはTさんが撮影したものや、ご家庭からメール送信をいただいたものを含んでいます。ありがとうございます。









とらきつね on Facebook 随時更新中です。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2015-03-28 11:47 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)

晩秋の国宝富貴寺

大分県国東半島の富貴寺は、平等院鳳凰堂、中尊寺金色堂と並ぶ日本三大阿弥陀堂として知られる国宝の富貴寺本堂を持つことで知られます。

先日、国東半島芸術祭に出かけたときに立ち寄りました。
私自身3回目の訪問ですが、富貴寺が最も美しい季節と言われる11月下旬に来ることができたのは幸いでした。

d0116009_4235596.jpg

d0116009_4241798.jpg

d0116009_4243593.jpg


枯淡な風情に色を添える黄と紅の葉。
風が吹きつけるたびにひらひらと宙を舞い、地面に落ちていきます。


壁画で知られる本堂の中も素晴らしいので、ぜひ開いている日に訪問することをお勧めします。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2014-12-10 04:34 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)

今年の10月4日から大分県の国東半島にて「国東半島芸術祭」が行われていましたが、その期間もいよいよ明後日11月30日までとなりました。
d0116009_1323591.jpg


会期中は6つのプロジェクト+1つの展示があり、パフォーマンスプロジェクトが行われる日もある中で、わたしは無理やり仕事の合間を縫って出かけたため、わずか2つのプロジェクトしか訪れることができませんでした。


大学時代、国東半島に初めて出かけたときの第一印象は「さびしい場所」。
国東半島では、阿蘇や九重のような、人に微笑みかけるような親和的な自然を見ることができません。

何の規則性もなくただ無雑作に山を覆う雑木林、延々と続く似たような田園風景。
そして盛夏の中で、国東半島の植物たちは、ただその暑さを身を縮めてやり過ごしているように見えました。

国東半島は瀬戸内に面しているために、山がちな地形のわりに雨量が少なく、九州山地の凄絶な生命力を持った森林を見慣れた人間からすると、生える植物、殊に森林たちが貧弱に見えるのです。

だから、そのような森林たちの間を縫って辿り着いた石仏たちも、ことさら繊細でか弱いものに見えました。
(その繊細さに惹かれ、その後2・3度足を運びましたが。)


日本全国の半島、殊に鉄道の便が悪い半島には、近代化後の開発を逃れた手つかずの自然や文化の足跡が残されています。国東半島はその好例で、神仏習合の神社や寺(跡地を含む)に向かう参詣道の石畳、それに寄り添うように佇む無数の石碑、石仏は江戸時代とそれ以前の姿をそのまま私たちに伝えます。

そのような手つかずの場所に、今回の芸術祭では一時的にではあれ、(見る人によっては)得体のしれない赤い人形(千燈プロジェクト・後述)などが持ち込まれたため、一部の方などは眉を顰める場面もあったそうです。

しかし、今回の芸術祭の素晴らしさは、そのプロジェクト自体が国東半島が本来持つ風景の美しさ、文化の深遠さに触れる機会を見る人に与えてくれたことにあります。

私自身、ペトロ・カスイ岐部というかつての殉教者に思いを馳せながら辿り着いた岐部プロジェクトでは、木製の教会に立って、そこから見える思いがけない海と姫島の美しさに感銘を受けました。そして千燈プロジェクトでは、国東半島の六郷満山の原型が残る千燈寺付近の雰囲気の中に、凝縮された時間の厚みを感じ、そして赤い人形に釣られて岩場を登った先にあった五辻不動尊からは、瀬戸内・中国を遠望する圧倒的な景観を見ることができました。まさにアートプロジェクトが、国東半島がもともと持つ魅力に私を引き合わせてくれたのだということを感じました。その意味ではこのプロジェクトは成功と言えるのではないでしょうか。

そんな芸術祭も明後日まで。あと2回は訪れたかった。
でも、今回の導きにより、国東半島に行く楽しみが大きく増しました。
半島内に訪れたい場所がまだまだいくつもあります。

以下はプロジェクトで訪れた場所の写真です。



◇岐部プロジェクト

d0116009_13273173.jpg

d0116009_13282537.jpg

d0116009_13293976.jpg
d0116009_1332182.jpg
d0116009_13305842.jpg
d0116009_13324474.jpg
d0116009_13332653.jpg

この芸術祭に国東半島の写真集も出している石川直樹さんという若い知性が参加しているのは幸運なことだと思います。彼の写真はとても素晴らしく、国東半島に濃密な時間が流れていることを改めて思い知りました。(※写真撮影は許可をいただいています。)


◇千燈プロジェクト
d0116009_13393563.jpg
d0116009_13432993.jpg
d0116009_13403243.jpg
d0116009_13423344.jpg
d0116009_1344590.jpg
d0116009_1345395.jpg
d0116009_1345371.jpg
d0116009_13462148.jpg
d0116009_1347399.jpg
d0116009_13482776.jpg
d0116009_13494380.jpg
d0116009_13541432.jpg



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2014-11-28 12:56 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)