タグ:定期テスト ( 327 ) タグの人気記事

2学期中間対策講座

現在、2学期中間考査の対策講座(当仁中)が開催中です。
生徒たちには言いましたが、毎年、2学期の中間考査は夏休みの直後だからか子どもたちがどこか油断気味で、
そのせいで、テスト範囲の学習をやり終えないまま定期テストに突入する子が他の時期のテストより多いです。

つまり、2学期の中間考査で普段より得点が取れない子というのは、単元的に難しくて理解できなかったとかいうことより、単に暗記部分(定期テストは暗記勝負の部分が大きいです、これが模試や入試との最大の違い)をちゃんとやっていなくて(例えば英単語や基本英文、漢字や社会・理科の用語など)そのせいで得点が取れなかっただけの子が多いということです。

今年も同じ傾向が見えます。明らかに準備不足の子がちらほら。

定期テストで手ごたえを得た子たちというのは、その手ごたえが次のエネルギーにつながっていることを感じます。
生徒一人ひとりにとって、良いテストになりますように。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-09-08 23:59 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

2019年度、当仁中2年生の本校生期末テスト塾内平均点(速報値)をお知らせいたします。
早いもので、中2にとっては中学校生活の折り返しの時期にあたる定期テスト。
今回は数学と英語を中心に学校平均点が極めて低く、せっかく学習を頑張ったのに、問題量が多かったせいで実力を発揮できなかった子も多かったようです。(一部の科目では時間に対しての問題量が明らかに多すぎると感じました。)



◇中2 当仁中塾内平均点(共通クラス)※1名不明
国語 84.0(+17.1)
数学 71.2(+16.7)
社会 78.6(+13.4)
理科 77.2(+17.4)
英語 70.6(+14.7)
計 381.7(+78.9)


中2 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 91.6
数学 81.6
社会 88.9
理科 90.3
英語 82.9
計 435.4


中1のときよりぐっと伸びてきた中2の生徒たち。
学校平均点が低かったのにかかわらず、過去最高得点を取った生徒もいます。
学校平均点と比べ、塾内平均点(5科)は80点近くも高い結果となりました。

得点が伸びなかった子たちは、定期テストの勉強のしかたが悪いというよりは、やはり日ごろの塾の小テストで得点が取れていないです。(直前の対策プリントがちゃんとできていない子も多い。)
定期テスト前にワークをなんとかやり終えて、そのあとに山をはって一部だけ頑張って覚えるようなテスト勉強で点数が取れるわけがありません。

特進クラス生たちは、得点が取りやすかった科目(特に国語と理科)で確実に得点し、高得点に結びつけています。
特進クラス生の半数以上が440点を突破しています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-07 10:21 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

2019年度、当仁中1年生の本校生期末テスト塾内平均点(速報値)をお知らせいたします。
中1にとっては最初の定期テスト。
今年の中1は努力できる子が多いのですが、それぞれの子どもたちがよく頑張った結果が出たと思います。

成績報告用紙の保護者様からのコメントにもありましたが、中1はまだテストを解く技術の面で慣れていない部分があり、そのせいで失点をしている子も多数います。そのためにも、返却された答案を見てなぜ失点したかを分析する時間はどうしても必要です。

「テストの見直しをしなさい」と言うのは簡単ですが、子どもは何をしたら見直しになるのかわかっていないことも多いですから、1年生の最初のテストくらいは、見直しをする子どもの隣に大人がいて、いっしょに何を間違ったのかを見てあげることも必要だと思います。


◇中1 当仁中塾内平均点(共通クラス)※1名未提出
国語 76.5(+14.9)
数学 81.7(+13.9)
社会 71.8(+14.9)
理科 85.3(+13.0)
英語 94.1(+11.1)
計 409.4(+67.8)


中1 当仁中塾内平均点(特進クラス候補生9名)
国語 85.3
数学 87.0
社会 86.0
理科 92.4
英語 96.8
計 447.5

全ての科目においてまんべんなく学校平均よりかなり高い得点を取りました。
上位の生徒たち(特進クラス候補生)は学校平均が低かった社会(56.9点)においても、他の科目と変わらない高い得点(86.0)を獲得しており、今回の中1の期末テストは、学校平均点の低かった国語・社会でいかに取れたかというのが結果(5科合計点のよしあし)を左右したという印象です。実際の入試のときにも、平均点の低い科目で取れたかどうかが合否の結果を決めることはよくあります。

社会や理科でとれていない生徒たちは明らかな共通点があり、それは、日ごろの塾の小テストで得点が取れていない、単にそれだけです。
塾の小テストでの積み上げをしていない生徒たちがそのまま学校のテストでも点数が取れないということが起きてしまっています。
テスト勉強のやり方を見直すのも大切ですが、もっと大切なのは、定期テスト直前ではない日々の学習を見直すことです。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-05 15:18 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

2019年度、当仁中3年生の本校生期末テスト塾内平均点(速報値)をお知らせいたします。
今年の中3、テスト範囲が出る前からしっかり対策を始める子が多く、自己歴代最高得点をたたき出した生徒も複数名。
かっこ内の数字は学校の平均点との比較。学校の平均点が高いときは差をつけるのが難しいので、今回の5科合計でプラス60点超は素晴らしい結果。この学年のスタート(中1)のころを思い出すと、よくぞここまで伸びたなと感慨深い思いです。

いよいよ夏期講習が迫っています。
これまでの中でも一番子どもたちが伸びる!時期。
勉強を楽しむ気持ちを決して忘れずに、この夏がんばっていきましょう。


◇中3 当仁中塾内平均点(共通クラス)※2名未提出
国語 81.7(+8.0)
数学 84.3(+16.3)
社会 88.9(+12.2)
理科 83.0(+10.9)
英語 79.8(+16.5)
計 417.7(+61.4)
d0116009_09310147.jpg
塾生の得点分布
全体の約3分の2の生徒が400点を突破しています



中3 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 90.3
数学 96.9
社会 93.3
理科 91.4
英語 92.0
計 463.9

特進クラス生は、なんと全員が450点突破です!
特進クラス生全員の450点越えは、この学年では初、歴代でも3例目です。すごい!!
数学の良さが際立ちます。


中3 当仁中塾内平均点(特進Sクラス)
国語 95.0
数学 98.7
社会 92.7
理科 90.3
英語 96.0
計 472.7

特進Sクラス生は平均点が470点を突破。修猷館を目指す子たちはやはりこれくらいの得点はほしいところ。
社会と理科が特進クラス生のほうが平均点が高いという逆転現象が起こっていますが、私見ではこれは生徒を責められません。

今回の数学と社会と理科は、上位の生徒の得点差が出にくいテストでした。定期テストでは、本当に深い理解をしているかどうかの差が出にくい試験問題が作成されることがある(塾より学校のほうがさまざまな子どもがいるので仕方がない部分もある)のですが、今回の社会は特に、それに該当すると思いました。

ですから、この平均点は誤差の範囲であり、国語・数学・英語できっちり落とさなかったのがさすが特S生の実力だと感じています。


中3生たちには、いよいよ受験生としての勉強を始めるよう、日々呼びかけています。
また、毎回の授業でどんどん進んでいる中3内容を取りこぼさないよう(取りこぼすと受験前にもう一度やらなくちゃいけなくなるから、それよりいまできるようになったほうが絶対にいい。中1・中2の復習をきちんとやる時間をとるためにも、いまの中3内容を取りこぼさない!)これまた日々子どもたちに呼びかけています。



<お知らせ>
中3、夏期講習スタートで1・2名だけ追加でご参加いただけそうですので、以前に満員でお断りした方やご検討中の方はご連絡ください。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-02 10:04 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

6月27日の雑感

現在公開中の映画、WE ARE LITTLE ZOMBIES (ウィーアーリトルゾンビーズ) を見ました。
この映画は福岡出身、2003年生まれの似顔絵師、モンドくん(奥村門土)も出演。
子どもたちの演技、すごく自然で、リアルでよかった。

d0116009_16273303.jpg

私たちはデフォルトで孤独だし、絶望ダッサだし、無理ゲーばかりやらされて頭の中は冷め切ってるよ。

小気味好く大人たちがバカにされてて笑えるし、でも大人含めて悪人はいないし、キズが疼くし、観てる自分も「今」の頭が冴えわたってくるし、最高にメタエモい映画です。



昨日の三者面談で(もう2か月近く毎日のように三者面談をしています)あるお父さんが「学校が終わっても勉強だよ、大人になっても一生勉強だよ」と言っていた。私もそうだと思う。

これまでに得た知見だけで生きようとすると、そのうち人は砦を作り、守りに入るようになる。
そして守るために自分より弱い人(親であれば子どもであることもある)に攻撃をしかけることもある。
自分の狭い了見なんてとうに通じないのに、それを押し通そうとして周りを巻き込む人は、端的に言って迷惑だ。

だから、こういう世の中にマシンガンを撃つような映画を、良識的になりがちな大人は摂取した方がいいと思う。



定期テストの返却が続々と。
今回は平均点が適正な学年が多く、いい結果が出た子はすごくいい顔しています。

中3には頑張ったつもりなのにいまいちだった子も。中3になるとみんな頑張っていて得点が上がるから、どうしても自分の実力の斜め上を見て傷ついている子もいる気がします。周りに巻き込まれないで、自分でマイペースに日々の学習を重ねていくことが、何より大切です。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-06-27 16:40 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

期末直前の子どもたち

期末直前の子どもたち

◇中3
今年の中3は受験生らしい雰囲気がちゃんとある学年。
直前の対策テストに一喜一憂しながらも一生懸命頑張っている印象です。

それにしても、英語、社会の暗記科目、個人差が大きく開いています。
あと数日。自己最高得点を目指して最後の1日まで頑張りましょう。

◇中2
中2は全体の4割が当仁中以外の生徒たちなので、対策のペースもさまざまです。
とにかく社会の範囲が長いのが悩みどころです。
今回の数学や理科の単元は、比較的点数を取りやすい範囲なので落とさないようにしないとね。

◇中1
こちらはいよいよテストだね、と感じつつもなんだか楽しげな印象。
こちらも英語・社会・理科の覚える部分に個人差が開いています。
英語は特にいま覚え方を身につけないと、今後、苦手意識が強くなってしまいます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-06-16 15:07 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

学年末考査対策講座が行われています。
本日より、授業時間が大幅に変わりますので、以下のお知らせを中1・中2にメールで送っております。
(中3にも変更がありますが、生徒たちに十分に周知がいきわたっていると判断し、メールを送っておりません。)


中1・中2 保護者さまへ

本日より、通常と大きく講義時間が異なる特別スケジュールとなります。

本日の授業時間は

中1 14:30~15:30
中2 18:50~20:20
中2特進 20:30~21:50
ライトコース 19:30~22:30

となります。時間にご注意ください。
授業欠席等の理由でまだスケジュール表をもらっていない場合は、今日の授業の際に必ず事務室でもらってください。

唐人町寺子屋


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-02-09 12:15 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

当仁中2学期期末テスト塾内平均点(全学年)の速報値(共通クラス)をお知らせします。
各学年数名ずつ不明者(未提出者)がいますが、大きくは変動しないと思いますので、ご家庭での振り返りの参考にしていただければと思います。
今回も、本校の当仁中生(全学年)全体の平均点は409.7点と400点を大幅に上回りました。


◇中1 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者2名
国語 75.0
数学 75.8
社会 82.1
理科 79.4
英語 73.1
計 385.4

◇中1 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 84.4
数学 82.0
社会 89.0
理科 86.6
英語 87.5
計 429.5

理科と社会はほとんどが解きやすい問題でしたね。英語はやはり取れる子と取れない子の差が大きくなりつつあります。
日ごろの塾の宿題をちゃんとこなしているかという点が、大きく点数に反映されています。
中1特進クラス生はすでに授業では中2内容をどんどん進んでいるところですが、着実に地力をつけてきたなと感じます。
特に英語は、大切な基礎がかなりしっかりと固まりましたね。450点以上の得点者も複数名出ました。




◇中2 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者1名
国語 83.6
数学 87.2
社会 92.9
理科 86.2
英語 77.9
計 426.7

◇中2 当仁中塾内平均点(特進クラス)
国語 87.5
数学 98.7
社会 97.3
理科 91.4
英語 85.8
計 460.7

今回、中2は学校の平均点が高く、そのため自己最高得点をとった生徒が多数出ました。
結果、塾内の平均点も、歴代最高レベルとなりました。
前回より5科総合で150点近く上がった子も。(本人の努力を称えたい!)
当仁中生に占める本校生の割合は、この学年は8人に1人にすぎませんが、度数分布最上位に絞れば4人に1人が本校生となります。特進クラス生は数学・社会については半数(もしくは半数以上)が100点満点。数学に至っては最も低い得点の生徒でも96点を取っているというバブルな状況になりました。
男子生徒の割合が前例にない高さの学年だったのですが、このところ、女子生徒の入塾が相次ぎ、とても活気がでてきました。



中3 当仁中塾内平均点(共通クラス) 未提出者1名
国語 78.1
数学 84.2
社会 81.5
理科 82.2
英語 84.0
計 410.1

◇中3 当仁中塾内平均点(特進クラス) 未提出者1名
国語 86.9
数学 92.1
社会 92.0
理科 89.1
英語 94.2
計 454.4

中3にとって最後の定期テスト。皆、よくがんばりましたね。
全体に解きやすい問題が多く、勉強して実力をたくわえた子がちゃんと得点を取ることができるという意味で、良いテストだったと思います。
いよいよ、受験直前です。今回の期末テストの範囲外になった(つまり、一度も定期テストの範囲に含まれなかった)、理科のイオン・天体、数学の円周角や天体、公民の経済以降(政治も大切なところが範囲から外れていましたが)は特に、これから復習していかなければなりません。

中3の「進度が遅い問題」は、塾に行っている子と行っていない子の学力格差をどうしようもなく大きくしてしまいます。(もともと、塾[素人学生が教えているような一部の個別指導塾は除く]に行っている子のほうが圧倒的に受験・進学に有利なのは間違いないところですが。)
学校側と塾側が反目することなく手を取り合って具体策を考えることができたらいいのにと思いますが、なかなかこちら側から動くのは難しいですね。



話が逸れましたが、中1・中2はしばらく定期テストがありませんから、これからはしっかり1・2学期の復習をすることが大切です。授業でも具体的な課題を出していきますが、最終的には自分の課題は自分で見つける必要がありますから、まずは自分の苦手単元を抽出する(苦手な単元、覚えていない事柄を見つけ出す)作業をしてください。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-12-03 15:11 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)

期末テストのあと。

当仁中の期末テストのあとには、クラスに入ったとたん、その雰囲気で、今回のテストの平均点が高かったか、低かったかがわかります。
中2は平均点がかなり高そうだと思ったら、やはり自己最高点を叩き出した生徒が多数で、本校で度数分布表をつくったら、5科総合で450点以上が最も多くなりそうな勢いです。また、教室の生徒全員の平均も430点を超えて歴代最高になる勢いです。
あまりにいい点を報告する生徒が多いので一部の子がちょっと下を向きがちに。
子どもたちには、周りの子はいいから、自分の中で過去最高得点が取れたら、それで喜んでいいんだから、と呼び掛けました。

中3も平均点がやや高そうな雰囲気でしたが、こちらも、480点越えの生徒が出たり、450点以上が多数いたりと、最後の定期テストで「がんばったら結果が出る」という実感を得ることができた生徒が多く、受験に向けて勢いをつけることができた生徒が多数で、うれしく思っています。

中1は、社会のテストで深刻なトラブルが起こっているので、学校はどんな対応をするのだろうかと気にかけています。
中2・中3に比べれば、平均点が特に高いということにはならないのではないかと予想しています。


中間テストの集計報告をしていませんので、期末テストとあわせて、近日中にお伝えできればと思っています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-11-15 02:27 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

現在、中間考査直前の対策授業が行われています。
準備万端の子と、まだまだ準備不足の(単に覚えていないことが多い)子の差が大きいと感じます。
考査直前になると、この子は今回伸びそう、とか伸び悩みそうとかが、はっきりと見えてきます。
出遅れている子の猛烈な挽回を期待しています。

当仁中の中1は、学校で英単語のスペリングコンテストがあったそうで、発表された上位40名中の寺子屋生の割合がすごく高かったと子どもたちが話していて、私のほうもうれしくなりました。
寺子屋生の8割が上位にランクインしていたそうで、満点の生徒も。
「でも、当たり前やん、寺子屋の人、圧倒的に有利やない?」とある女の子。

中1生は、中2・中3と同じく夏期講習の間に約800語の英単語テストが行われました。
今年は中1生も本当に頑張りました。毎回90点以上をとった生徒たちは700語以上、半分しか覚えられなかった生徒でも400語の英単語を夏の間に覚えました。
そんな彼らからすれば、学校の英単語テストは、かなり簡単なものでした。

最近、学習において、丸暗記というのはつくづく評判が悪いです。
しかし、「覚える努力をしなくていい」なんて言う語学教師はみんなうそつきです。
語学は覚えなければ始まらない科目です。

それにしても、単語を覚える、というのは訓練が必要だと、子どもたちを見ていて思います。
日ごろ単語を覚えていない中学生に、ほら、覚えなさい、と言ったところでなかなか覚えられないのです。その点、寺子屋の生徒たちは、日々の訓練が積まれています。日ごろから覚える訓練ができているからこそ、新しい単語が出てきてもすぐ覚えられます。

これは自分一人で刺激が少ない環境で勉強している子には身に付きにくい力で、寺子屋に途中から(中2・中3から)入ってくる生徒で最も多いのが、「勉強得意だったはずなのに、英語が取れなくなった」という子ども。彼らは「覚える習慣」を身につける機会がなかったために、理解力はあるのに英語が苦手になっている子どもたちです。語学は言葉そのものを扱う学問ですから、言葉を知らなければ、いかに理解力があっても得点できないのは当たり前のことです。


・・・

d0116009_01463739.jpg
いま、中3と中1で、私の似顔絵を描くのがはやっていて、特に中3のある子が、ブログに載せろと毎日言ってくるので、載せることにしました。

・・・・

毎日の授業がとても楽しいです。

9月の後半は、子どもたちの夏のがんばりの成果がしっかりと数字となって現れますから、到達度テスト、県模試、2学期中間テストと、結果が出るのを心待ちにしているところです。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-09-17 01:51 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)