寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:宮崎県 ( 17 ) タグの人気記事


2018年 08月 19日

硫黄山のこと

開校して3年目の夏合宿で、子どもたちが自らの足で見つけた絶景の地がありました。
その名は硫黄山。

県道1号線沿いの不動池からわずか15分登るだけのほとんど誰にも知られていない別天地。

d0116009_18312488.jpg
d0116009_18315150.jpg
d0116009_18332276.jpg
d0116009_18375764.jpg
d0116009_18393107.jpg
d0116009_18402127.jpg



その後14年間に渡って、合宿で立ち寄ったこの場所は、火山周辺警報により、2年前から立ち寄ることができなくなり、今年は初めて近づくことさえできなくなってしまいました。

一昨日、下見で訪れたえびののビジターセンターからは、確かに硫黄山から空に向かってほぼ垂直に噴煙が伸びているのが見えて、またいつか、安全に、あの絶景の地に子どもたちと行きたいなあと思いました。

d0116009_22481910.jpg



明日からは中3夏合宿。
台風が心配ですが、宿泊所は非常に安全な場所にあります(水害等の被害のリスクが極めて小さい場所に立地しています)し建物も頑丈ですから、ご安心ください。

今年も、子どもたちが劇的な成長をとげる4泊5日になりますように。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-08-19 18:42 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 23日

合宿2日目 宮崎より

中3の夏合宿。今年は朝6時半からの朝勉の出席率か過去最高(9割近く)、昨日の22時半までの深夜勉に至っては全員が参加と、正規の授業時間以外もフルに勉強に勤しんでいる生徒たち。今日の学習時間は10時間を突破する生徒が多数になりそうです。

d0116009_12293283.jpeg


たくさんの知識と見識、達成感、熱いやる気、かけがえのない楽しい思い出、そういったものを携えて、子どもたちは福岡に帰ってくることになりそうです。今年は合宿の雰囲気が本当に素晴らしいです。

d0116009_12332375.jpeg
d0116009_14590734.jpeg
d0116009_12344888.jpeg
d0116009_12353989.jpeg
d0116009_12363986.jpeg
d0116009_12372718.jpeg
d0116009_23550218.jpeg
d0116009_12383783.jpeg

昨日の宮崎は、海も空も本当に美しかった。子どもたちも全力で宮崎の夏を満喫していました。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2016-08-23 12:21 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 07日

2014年宮崎夏合宿の写真-霧島・えびの高原編 -

今年の中3宮崎夏合宿の写真。最後は、最終日に訪れた霧島(鹿児島県)・えびの高原(宮崎県)の写真です。
今年は晴天に恵まれました。勉強に明け暮れた疲れも見せず、最高に楽しそうな生徒たち。

写真を見ていると、生徒たちとの楽しい夏の思い出が鮮やかに蘇り、胸がいっぱいになります。

合宿から2ヶ月半が経ちました。
子どもたちはこのときよりもさらに、確実に成長していると感じます。


d0116009_1345094.jpg
d0116009_13264560.jpg
d0116009_13292045.jpg
d0116009_13303836.jpg
d0116009_136447.jpg
d0116009_1393291.jpg
d0116009_1332917.jpg
d0116009_13113215.jpg
d0116009_13124669.jpg
d0116009_13135693.jpg
d0116009_1315963.jpg
d0116009_13193763.jpg
d0116009_13203010.jpg
d0116009_13212483.jpg
d0116009_13232549.jpg
d0116009_13235420.jpg
d0116009_13241953.jpg
d0116009_13343559.jpg
d0116009_13245985.jpg





唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-11-07 13:40 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 24日

えびの高原硫黄山に火口周辺警報

本校中3生が、毎年夏合宿で訪れている、えびの高原硫黄山に、本日、火山周辺警報が発表されました。

硫黄山に登るようになったのは、子どもたちの「発見」がきっかけでした。
当初、えびの高原を訪れるときには、不動池を見るだけで帰っていたのですが、ある年(いまから10年ほど前)、子どもたちが突如、湖の向かいにある丘を登り始めたのです。

慌ててついていくと、その丘の上には絶景が広がっていました。

その丘こそ、霧島連山で最も新しい火山体と言われている硫黄山でした。

硫黄山はスニーカーなどで簡単に登ることができます。
沿道からわずか10分ほどで簡単に登ることができるのに、そこで待ち構えているのはとてつもない絶景。
子どもたちから教えてもらったその場所は、その後毎年必ず立ち寄るようになりました。

ちなみに、私たちが訪れた際には噴煙などを見たことはありませんし、火山性の危険を感じたことは一度もありません。


楽しい思い出がいっぱいのえびの高原、硫黄山。
しかし、このような警報が出たわけですから、来年度からは慎重にコース選びをしなければならないと思っています。





夏合宿(2014・2013) 硫黄山で撮った子どもたちの写真
d0116009_14323684.jpg
d0116009_14334546.jpg
d0116009_14391542.jpg



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-10-24 14:39 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 23日

2014年宮崎夏合宿の写真-かかし館 後編 -

8月の宮崎夏合宿の写真、かかし館の後編です。

今年の生徒たちは、後半になってもますます勉強に励みました。

忘れられないのは合宿所最後の夜の星空の美しさ。
こんなにたくさんの星、初めて見たー!!!

都会っ子のみんなが、漆黒の空に輝く満点の星々に歓喜していました。
その時間の楽しかったこと。忘れられない思い出になりました。

d0116009_7173962.jpg
d0116009_718843.jpg
d0116009_7184040.jpg
d0116009_7192742.jpg
d0116009_7195450.jpg
d0116009_7203738.jpg
d0116009_7221835.jpg
d0116009_7232942.jpg
d0116009_724452.jpg
d0116009_7244022.jpg
d0116009_725447.jpg
d0116009_7255661.jpg
d0116009_7265282.jpg
d0116009_7291960.jpg
d0116009_7295655.jpg
d0116009_7303269.jpg
d0116009_7312392.jpg
d0116009_7324526.jpg
d0116009_733617.jpg
きれいに並べられた生徒たちの荷物。子どもたちは何も言わなくてもとにかくきれいに整頓できる。それを見ているだけで本当に清々しい気持ちになります。
d0116009_73549.jpg
d0116009_7352463.jpg
生活面をがんばった最優秀班は3班、2位は4班。

d0116009_737816.jpg
d0116009_7373848.jpg
なんていい写真!


d0116009_7383370.jpg
最下位はまさかの2班でしたが
d0116009_7392448.jpg
立ち直ったようです。
d0116009_74096.jpg
d0116009_7404542.jpg


なんでこんかことになったんだったっけ?
d0116009_741917.jpg
d0116009_7412846.jpg
d0116009_7423052.jpg
d0116009_7425675.jpg
充実の4泊を終え、とうとう帰路へ。(次回は帰りの霧島・えびの編[最終回]です。)

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-09-23 07:45 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 27日

2014年宮崎夏合宿の写真-日南海岸編-

夏合宿1日目の写真です。
14年連続で、1日目は日南海岸に向かいました。

はじめは雨がちらつきましたが、生徒たちの宮崎到着を祝福するように次第に晴れ間が広がり、鵜戸神宮に着くころには快晴になりました。

鵜戸神宮の崖下の海の美しさに驚き、洞窟内でコウモリを見つけて大興奮し、そしておみくじで大盛り上がりでした。
私は鵜戸神宮の「運玉」を14年間「うんま」と発音していたのですが、Oさんからの指摘で「うんま」が正しいということを知り、生徒たちから大いに笑われました。

ほとんどの子どもたちが運玉(うんだま)投げにチャレンジしていました。見事入ったときには歓喜の渦。
飽きずに十数回チャレンジする子も。

今年の子どもたちは楽しむコツのようなものをよく知っている。
日南海岸での子どもたちのようすを見て、きっとこの合宿はうまくいく。そんな予感がしていました。

d0116009_1105215.jpg

d0116009_1113082.jpg
d0116009_113725.jpg
d0116009_1132742.jpg
d0116009_1132410.jpg
d0116009_1142977.jpg
d0116009_1145892.jpg
d0116009_1154795.jpg
d0116009_1174180.jpg
d0116009_1175016.jpg
d0116009_1171896.jpg
d0116009_1173970.jpg
d0116009_1175817.jpg
d0116009_1183245.jpg
d0116009_1194599.jpg
d0116009_1111827.jpg
d0116009_11113425.jpg
d0116009_11123881.jpg
d0116009_11125829.jpg
d0116009_1128412.jpg
d0116009_11135895.jpg
d0116009_1117448.jpg
d0116009_11173892.jpg
d0116009_111952.jpg
d0116009_11195544.jpg
d0116009_11222561.jpg


日南海岸に寄った後は都城市かかし館に向かいました。
(かかし館での滞在も今年で14年目です。)

さあ、熱い長時間学習のスタートです!


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-08-27 11:29 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 22日

難所の連続!大崩山登山

今日は宮崎の名山、大崩山(おおくえやま)登山のお話しです。

早朝から阿蘇在住のSくんの車で大崩山の登山口へ。

d0116009_793352.jpg


登山口には祝子川渓流があります。
d0116009_7101525.jpg


清澄な水が流れています。
d0116009_7111118.jpg


登山口
d0116009_738427.jpg


いざ出発!
はじめから急峻な登りや梯子が続きます。
d0116009_713321.jpg


スリリングな橋をいくつも渡ります。
d0116009_714194.jpg


途中、山小屋(大崩山荘)を経由します。
d0116009_715248.jpg


見えてきました。サイの角のように鋭い小積ダキ。クライマーたちの間でも有名なスポット。
d0116009_7162772.jpg


難所が続きます。
d0116009_7153663.jpg
d0116009_7194279.jpg


岩と岩の間の縫うように進んだり
d0116009_720509.jpg


木の枝や根っこに手や足を絡ませながら登ったり
d0116009_7221189.jpg


一本のロープだけをたよりに岩にへばりついて進んだり。
d0116009_7233140.jpg


d0116009_7245029.jpg


大崩山という名前は、花崗岩でできた山体が崩れやすいことからついたと言われています。登山中にもあらゆる奇観が現れ、飽きることがありません。
d0116009_87965.jpg


梯子でどこまで登るのやら。
d0116009_7255658.jpg


大崩山頂、下和久塚・上祝子登山口分岐。
d0116009_7265131.jpg

d0116009_8264177.jpg



幾重にも連なる高度感のある登りはかなりスリルがありました。陥落危険個所は無数にあります。
d0116009_7281595.jpg


梯子を上ると、下和久塚の岩峰の上に出ます。
神々しいまでの眺望に圧倒されます。こんなに素晴らしい山が九州内にあるとは。
d0116009_7292758.jpg
d0116009_8284014.jpg


しかしこの緑の深さは南九州ならでは。
d0116009_7305660.jpg


断崖絶壁で写真を撮る猛者Tくん。
d0116009_7314891.jpg


しかし天候が悪化してきました。雨がぽつぽつと。
d0116009_7325779.jpg


十分景観を堪能したので、ここまでで下山をすることに。
下山は最短かつ難コースとして知られる坊主尾根コースで下ります。
d0116009_8332056.jpg
d0116009_734547.jpg


最難関箇所へ。
d0116009_7355664.jpg
無事に帰れるかは、「登山」へのあなたの心掛け次第です。
こんなに恐ろしいのは人生初です。恐怖で全身がこわばります。

d0116009_7394549.jpg
足を滑らせるとここで命が尽きます。しかも足元が悪い。

d0116009_7415929.jpg
なんとか切り抜けますが、そのあとも難所続出。丸い岩の上を歩くので滑る滑る。

d0116009_7432821.jpg


斎場御嶽(沖縄の世界遺産)ばりの神々しい岩間の向こうで私が追いつくのを待つSくん。彼のガイドのおかげで幾つもの難所を切り抜けました。
d0116009_744167.jpg
d0116009_7452914.jpg


登山後半の写真はありません。
途中からは時間と天候との戦いで、写真どころではなくなりました。
下山したのは日暮れ1時間前くらいでしょうか?
下山後、雨で冷たくなった体を祝子川温泉で温めて、山をあとにしました。

1日で登山靴がかなり痛みました。カメラにも傷が。
とても大変な1日だったけれど、忘れ得ない登山になりました。



★大崩山は(コースによっては)滑落、転落や道迷いによる事故や遭難も多い難易度の高い山です。最新情報の確認はご自身で、リスクは自己責任でお願いします。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-06-22 08:54 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 10日

うのこの滝

本日は宮崎県の五ヶ瀬町にあるうのこの滝のお話しです。
同じ名前の滝が熊本県にもあります。

こちらの宮崎県うのこの滝は大分・熊本両県境に程近い五ヶ瀬町にあります。


お盆に友人を頼って阿蘇に遊びに行ったときに、少し遠出して訪れることができました。
豊かな水量と丸い滝つぼが印象的なとても美しい滝でした。
d0116009_761444.jpg



周辺は阿蘇の火砕流堆積物が変化してできた柱状節理が発達していてとても見ごたえがあります。(近くの高千穂峡も同じ柱状節理です。)
d0116009_78524.jpg


自然の力を感じることができる爽快な場所です。
ぜひ訪れてみてください。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-09-10 07:13 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 03日

新燃岳の噴火

新燃岳の噴火が続いており、状況を見守っているところです。
Link:新燃岳ライブカメラ
西日本新聞のコラムに、災害は短く恩恵は長い、という趣旨の文章がありましたが、霧島地区の方々はそんなことを言っていられないほどの危機感を募らせていると思います。

本校の中3生は、開塾以来毎年8月に宮崎合宿に行っています。
行き先は都城市山田町。

都城市は、口蹄疫、大水害、先日の鳥インフルエンザ(都城市は養鶏全国1位)、そして今回の噴火と、この2年で立て続けに大きな災禍に見舞われています。不景気と人口減少で、ただでさえ市の財政状況は逼迫しています。その中で追い打ちをかけるようなこの災害に頭を抱えて右にも左にも動けなくなっている方々もいらっしゃるのではないかと思います。

火山あっての霧島の自然と温泉。恩恵は深いです。
しかし、九州新幹線開通という明るいニュースがあり、新たな観光客誘致の光が見えていた矢先の出来事。何とか早期に沈静化してほしいと願っています。

私が個人的に心配なのは、霧島地区にいくつも小さな温泉旅館が、体力をなくしてしまうこと、そしていつも利用させてもらっている合宿所(ここの合宿所はパーフェクトなんです)の経営に財政難の影響が出ること。


霧島地区・都城地区・えびの地区を応援しています。

今年の夏も、子どもたちと、都城で1日10時間勉強して、夜には星を見て、霧島で合格祈願をして、温泉が流れる川に浸かって、えびの高原の死火山に登りたいと願っています。



d0116009_4143396.jpg
都城市山田町の合宿所から見た霧島の山々。(2010年の夏合宿にて)
一番高いのは高千穂峰。山田町から見ると新燃岳は高千穂峰のちょうど後ろに位置し、見えていません。


しかし、現在最も降灰がひどいのが山田町を中心とする山の南東に位置する地域。





動画を見ると、観光云々の前に、日々の生活や健康が心配になります。

山田町の皆さん、毎年お世話になっている平山さん、どうか頑張ってください。
福岡から応援しています。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

本館7F terakoya shop blog をぜひご覧ください。

by terakoyanet | 2011-02-03 04:29 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2009年 08月 09日

寺子屋保護者様 配布物等のお知らせ

7月分のご請求は、8月2日までに、生徒さんたちに配布しています。
7月分の成績表は、8月4日以降、生徒さんたちに配布しています。
4日以降授業に参加していない(サマー合宿に参加していない1・2年生)生徒さんたちには、本日、7月分の成績表をお配りすることになっています。ご確認下さい。

d0116009_1422786.jpg
馬の背  宮崎県日向市
August 2009


by terakoyanet | 2009-08-09 01:44 | お知らせ | Trackback | Comments(0)