タグ:教育のこと ( 95 ) タグの人気記事

昨日、哲学者(今年は小説家として芥川賞の候補にノミネートした)の千葉雅也さんが、勉強についての核心をつくツイートを連発しました。(千葉さんは『勉強の哲学』という読むと脳天がクラクラするような刺激的な本も出しているので、この記事が気になった方はそちらもチェックすることをお勧めします。)








勉強にのめり込み、勉強によって自分を作り替えた経験がある人なら、千葉さんのこのツイート、深く肯かれるのではないでしょうか。

権威主義と言うといかにもいま評判が悪い言葉です。でも、勉強というのは、目の前の絶対的知に対して、己の身を投げうつようなそんな場面があって初めて何かを把捉し次のステップに進めるのだと思います。

その権威はできるだけ薄っぺらくて張りぼてではないものであることが望ましいのですが、とにかく、「お前は何もわかっていないのだ」と囁く目の前の他者に徹底的に追従して、私もあなたのようにわかるようになりたい、と希求する、それを続けることが勉強をするということであり、何かを勉強し尽くした人たちというのは、その感覚をきっと大切にしていると思います。

修猷館高校に進学した生徒たちが、進学説明会の際に後輩たちに向けて「鳥羽先生を信じてついていってください」という言葉を伝えてくれることが度々あるのですが、彼らは合格に向けて何が大切かということをやはりつかんでいるなと思います。
私自身、信じてもらう存在としては、あまりに未熟な指導者ですが、特に修猷館など上位校を目指す生徒たちにとって、指導者の頭の中をコピーするくらいに徹底的に覚えること、解析度を高め理解し尽くすこと、思考回路さえも真似すること、そういったことがとても大切なのです。その点、親や友人、他の塾の情報などに振り回されて、ああでもない、こうでもないとじたばたしてしまうタイプの子はほんとうに伸びません。勉強をするというのは信じる行為に近い。信じ続けて突き抜けた向こう側に、自分独自の思考の自由があります。

勉強についての核心を突く話_d0116009_03583091.jpg


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-21 03:34 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

受験が近づくにつれ、勉強に集中するどころか、どうしようもなく下を向きがちになり何も手につかなくなる子がいる。そういう子たちは、相対的に見て受験が自分にとって「敗北」を意味するものでしかないという現実がそのまま自己否定につながり、結果身動きが取れなくなってしまっている。


こういう生徒には「がんばれ」ではどうしようもない。私が昨夜ある男子に言ったのは「勉強なんてできなくてもいい」ということだ。他人との比較ですっかり自信を無くしていた彼に対して私ができることといえば、勉強ができるかどうかなんて君の価値には全く関係ないと全力で伝えることだけだった。


今日の授業で彼は表情が変わっていた。「勉強なんてできなくてもいい」なんて受験生には禁句とも思われる言葉を吐かれた彼が、今日は伸び伸びと授業を受け、数学で半年ぶりに60点以上の高得点をとった。


本人の力を阻害しているのは往々にして相対的な評価の低さでありそれに伴う自己否定感だ。そこを手当てするだけで、蘇る子どもはたくさんいると思う。子どもたちを相対的な評価の場所に置いている人間として、もっともっと手当てをしていかなければと改めて思った。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-18 05:10 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

大手塾に通っているクラスメートが、自分がその塾に通っていることをやたら自慢する。それが見苦しいと中学生のある男の子が昨日苦言を呈していました。「〇〇〇に行ってるからって、じゃあお前はどうなの?」とかなり辛辣なことを言っていたので、宥めつつ、彼が言いたいこと自体には賛同しました。

子どもたちがある学校や塾に入っただけで自分が大きく見えるような錯覚を覚えるとしたら、それは子どもたち自身だけのせいじゃなく、それを取り巻く大人の責任も根深いものがあると思います。

塾自らが、塾に通わせる親が、積極的に子どもに対して上から見下すような価値観を根付かせようとする場面があります。しかし私は、これからの学習塾は、優越感やエリート意識を醸成することから明確に決別すべきだと思います。そういった意識の行く先には何も実体らしきものがないとわかったいま、そういう意識を利用して子どもを引っ張っていくことは虚偽であり時代錯誤だと強く言いたいと思います。優越感やエリート意識では、人間は幸せになんてなれませんよ。

むしろそんな詭弁に頼らなくても、子どもたちはちゃんと学力を伸ばすことができる、深い知識と知恵を蓄えてそれを人生に反映させることができるというのをちゃんと証明してみせるのが、(新しい時代の考え方にすっかり取り残されている)学校の外で子どもたちと勉強する大人たちの仕事だと思います。

寺子屋に通っている子どもたちも、決して塾に(寺子屋に)通っていることを自慢することなく、むしろ、身近にいる子に、自分が塾に通っている恩恵の一部でも伝えてあげられる、そんな人になってほしいと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-17 02:13 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(1)

2020年、明けましておめでとうございます
2020年もよろしくお願いいたします_d0116009_23024637.jpg
写真は今日の午後、葛城山山頂(静岡県伊豆の国市)で撮影した富士山。
私事ですが、今年に入って八丈富士(東京都八丈町)とこちらの2つの山に登ってきました。
いまは福岡に戻り、仕事を始めました。



年末年始に、塾について考えるいくつかのきっかけをもらいました。

ひとつは、日ごろなかなか見る機会がないテレビで、離島の無料塾リフォームの番組があっていたのを見たことです。無料の何もないところに、エアコンやらパソコンやらボルタリングやらなんやら付けてしまって、その後の維持費はどうするのか?とか、そもそも運営する先生たちが主体的に設計しなくてどうする?とか腑に落ちないところが多々ありましたが、事情がわからないのでとりあえずそれは脇に置いておくとして、そもそも、この番組はリフォームすることやパソコンなどを揃えることが塾の価値を上げることに繋がるというバカげた価値観を塾に関わる人たち(子どもや親、運営側も)に与えるというその一点だけ見ても害悪でしかないと思いました。

パソコン一台より、心を許せる大人がそこにいて、その人から勉強を習うことが面白い!わかる!ということの方が大切で、そのためには極端に言えば公民館の長机と椅子だけでも十分だと思うのです。そういう当たり前のことを無視して、ハコのきらびやかさで子どもと親を喜ばせたところで、人という実質が伴わなければすぐに事業は頓挫します。(実際、ハコだけきれいで子どもを伸ばせない教育機関は、塾に限らず私立学校も含めたくさんあるのではないでしょうか。)ちゃんと他にいいところがあったのに、モノのきらびやかさに惹かれた親や子がさらなるモノをねだるようになると、運営側が懸命にモノで応えようとする→当初の良さが疎かになる、というようなクソみたいな循環が生まれるので、結局大切なことが失われていくことになりかねません。モノはあくまで自ずから生まれた要請に従った必要最小限のものでよいのですから、あの無料塾は、せっかく作ってもらったからとか言ってないで、いらないものはどんどん潰していかないと、立ちゆかなくなってしまうでしょう。資金面ももちろん大切ですが、それ以前に運営側が面白くないと教室は続きません。続かないことが子どもたちにとっては一番不幸です。子どもが好きで子どもを助けたいという志がある人たちが、あの番組を見て、意識高いだけの居心地の悪い教室を作らないことを祈っています。


もう一つ気になったのはこちらの記事。
小6の子どもたちが大晦日から正月返上でハチマキ締めて勉強しているなんて私は悲劇だと思います。
こうして鉢巻き締めて勉強するという一辺倒の価値観はおかしいということにとっくに多くの人たちが気づいている今の時世にこのようなことを企画する塾は、時代の趨勢を読めないという意味で、そういう人たちが子どもに影響を与える立場にいること自体が子どもに害悪でしかないと思うし、こんな家族生活をぶっ壊すようなスケジュールの合宿に「もうすぐ受験だから頑張るのよ」なんて子どもを宥めすかしながら参加させる親も、小学6年生の子どもにとって、家族にとって何がほんとうに大切かを見失っているという意味で、そういう親たちが日ごろから子どもに何を犠牲にさせているのだろうと想像するだけでぞっとします。

合宿はわざわざ正月にやらなければならない必然性はありません。その苦しさを乗り越えて、という価値観が虚偽であることくらいわかっていなければ、逆に今からまっとうに生きていけません。

本校も中3の受験生たちには正月休みにたくさんの課題を出していますが、それでも、どんなときも子どもたちには生活というものを失ってほしくないと思います。好きなことに没頭した結果、生活を失ってしまうのは仕方がありません。でも小6の子どもたちが中学受験のせいで家族との正月を奪われることは、あまりにいびつだと思います。「自分の意志で行っているんだから」という親もいるでしょうが、私はその意志はヤバいと思います。子どもが自分で意志を示したことで全て免罪になるなんてとんでもない話で、少なくとも、中学生くらいまでの子どもの意志の半分近くくらいは、親に責任があることくらいわかっておくべきだと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-02 23:40 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

去る12月4日に開催された、親と子(オヤトコ)会議『不登校になって伸びた7つの能力』出版記念トーク福岡(このときの内容についてはぜひこちらをご覧ください/充実のレポート!よっぴーありがとうございます)のときに、質疑応答の時間があり、そのときの思い付きで答えたことを備忘用にTwitterでつぶやいたところ、反響がありました。


このつぶやきだけではわかりにくいので、以下にもう少しちゃんと書きます。

「うちの子、好きなことがないんですよね」「どうやって好きなことを見つけたらいいでしょうか」という親御さんにはじめに思い出していただきたいことは、子どもは幼い頃、好きなこと、夢中になることがきっとあったんです。電車の模型を夢中になって手で動かしていたかもしれないし、人形をつかって家族ごっこをやっていたかもしれない。それぞれの子どもがそれぞれの世界で自由に遊んでいた時代があり、そのころの子どもは、「好き」という言葉が不要なほどに、好きなものに囲まれていたのだと思います。

でも、子どもの「好き」はいつの間にか、大人の企てに絡み取られていきます。
親は小さい子どもに「好き?」と尋ねるでしょう。あれがよくないのです。
いつの間にか子どもは大人の「好き?」に応えようとする余りに、自分独自の「好き」を見失ってしまいます。

こうやって、親は何の悪気もなく、いつの間にか子どもの「好き」を奪い取り、殺してしまう。
これは多かれ少なかれ、どの親もやってしまうことかもしれません。


「うちの子の好きなことが見つからない」そう感じている親御さんは、きっと子どもが「好き」なことに出会っていないだけと思っていると思います。でも、実はそうではなくて、子どもはかつて「好き」なことに出会っていたのに、それをいつの間にか失ってしまって、わからなくなっているんです。

だから、(親だけでなく)大人たちの企てによって子どもの「好き」が満開になる前に小さく閉じてしまったことを理解した上で、「好き」を再構築・アップデートしなければ、ほんらいの「好き」は芽生えません。

「好き」が見つからない子に、これはどう?これは?と目の前にいろんなものを出してみることは、幼いころその子に尋ねた「好き?」と同じことを繰り返しているだけなので、子どもは「好き?」と尋ねられるたびに試されているような気分になって、余計に「好き」から遠ざかってしまいます。

もし可能な方法があるとすれば、「好き?」と尋ねるのではなくて、その子の視界に入る場所で、大人が勝手に好きなことをすることでしょうか。楽しさをそのままに、無理には見せようと思わずにたまたま見える範囲に置くようにするのです。そうすれば、子どもはおのずと大人たちが楽しんでいることに興味を持つかもしれません。

さらに、本人がいるところで、大人どうしでその子についておしゃべりするのもいいでしょう。
そのときに「お前、どうや? 興味ある?」なんて本人に無理に話を振らないことです。その子について知っている人たちが、「彼は何事もじっくり考えるタイプだからこれ好きそう」とか「彼女は〇〇が器用だから、××を習得するの早そう」とかそんな話を大人どうしでしてみるといいです。(このような方法は、精神看護において「リフレクション」と呼ばれます。)変に褒めたりけなしたりしてはいけません。そこに評価を入れてしまうと、子どもはジャッジされているという気持ちになり、下を向いてしまいかねません。子どもは大人のやり取りを通して、そうか、僕は(私は)そんなふうに見られているんだなー、と自分をひとつの対象として味わうことを知ります。そして、いつのまにか、大人が面白いと思っていることにおのずと巻き込まれるような形で、子どもに「これ好きかも」という欲望が芽生えることがあるのです。そういう欲望が生まれる場所と機会を用意することくらいは、大人にできるかもしれないと思います。

「好き」は望んでできるものではなく、おのずと生まれるものですから「期待」はしないことです。
子どもたちはいつか生きるための「好き」をちゃんと見つけます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-12-16 01:02 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(1)

前記事の「勉強のしかたがわからない」のお話し。これだけではわかりにくいと思いますので、昨年の10月に書いた「うちの子はがんばっているのに成績が伸びない」は大抵間違っているという記事から文章を一部引用します。(全文読みたい方はリンク先を見てください。)


うちの子どもは「がんばっているのに、成績が伸びない」というのは、大抵、親の勝手な解釈なんです。
実際は、「がんばっているからこそ、いまの成績が維持できている」のかもしれないのに、ただ、学校や模試において点数が伸びてないという表層的な理由に基づき、子どもに対し「成績が伸びない」という烙印を押す。がんばっているのなら、それが現状の子どもにとってはベストに近い状態かもしれないのに、その斜め上を見て、「成績が伸びない」と断定してしまう。それは親の願望でしかありません。そして、このことによって傷つく子どもは多いです。

「がんばっているのに、成績が伸びない」
親がそう他人に主張しているとき、大抵の子どもは親が「私のことを一生懸命考えてくれてる」「私はなぜ伸びないんだろう」と考えますから、子どもが親のことを嫌いになることはありません。目の前の親が高望みをすることで、自分自身を傷つけているのに、子どもは決してそう解釈することはありません。子どもというのは、大切な親を救うためには、自分自身を損ねることを厭いません。親は子どもを救っているつもりで、何度子どもに救われればそのことに気づくのでしょうか。

「がんばっているのに、成績が伸びない」
親がそう他人に主張しているとき、「うちの子はがんばっているけど、勉強のやり方がわかっていないから、成績が伸びない」という考えが含まれることが多いです。それはつまり、「そもそもうちの子は勉強のやり方がわかっていないし、それを的確に教えてくれる人がいない」という他者(たとえば学校や塾)に対する不満を含んでいます。
しかし、勉強が「わかる」という真の経験がある人たちは、きっとそんな考えを持つことはありません。なぜかと言えば、その人たちは、勉強のやり方というのは、自らの手によって掴み取ることによってしか、得られることのない類いのものだからということを知っているからです。
「馬を水辺に連れていくことはできても、水を飲ませることはできない。」このことわざは、最終的には自分の意志でがんばらなければならない、というような単純な意味ではなく、学問でも他の分野でもそうですが、指導者ができることは、ある問題の解決のための具体的な方法を教示するところまでであり、実際にそれが「わかる」ようになるのは、本人の手によってでしかないという、学習というものの本源的な性質を示すものです。指導者として大切な素質は第一に「本人の能力を奪わないこと」であり、それを土台にしつつ「問題解決の糸口を見つけやすくしてあげる」(これは案外難しいことですから、指導者には能力差があるのです)ことに尽きるのですが、「うちの子はがんばっているのに、成績が伸びない」と主張する親たちはたびたび子どもが「わかる」こと自体を他人に依拠しようとします。これは、水辺で馬に無理やり水を飲ませようとしていることと同じであり、うまくいかないどころか、子ども自身にとっては完全にマイナスにしか働かない所為と言わざるをえません。「解決そのものを他人に依存すること」を教えるのは、親が無自覚に「本人の能力を奪う」例として、私がこれまでに幾度も見てきたことのひとつです。


誰かにわかるようにしてもらいたい、というのは勉強じゃないんです。
本人が、ある決意や覚悟をもって勉強に取り組み始めたときに初めて、勉強の世界が本人の前に開けてきます。それを経験もせずに、誰かにわかるようにしてもらいたいと願うことは、死んだように勉強するのと同じです。勉強の出来不出来以前に、生きたように勉強をすることを、子どもたちには知ってほしいと願っています。
そのためにも、できない子どもを責めるのではなく、子どもが生きた勉強をしているか、勉強の世界が本人の前に開けているか、そのことを一番大切に考えながらご家族にも子どもたちを見守っていただきたいと思います。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-11-22 03:37 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

毎年三者面談をしていると、面談をすることは目に見えて生徒にとってプラスにはたらくことが多いことを実感します。(残念ながらすべてのご家庭で必ずというわけにはいきませんが。)

三者面談の効用は、なんといっても子ども1人を主人公にして、その子についてさまざまな話をすることができることです。これは、子どもにとって、日ごろの生活、日ごろの授業では経験しえないことです。私は、お母さん・お父さんの前でできるだけ具体的に生徒の長所や傾向について話します。(厳しいことを言うこともありますが。)その子に対する思いをお母さん・お父さんたちに話すことで、間接的に子どもに伝わるようにします。

この間接的にというのがミソです。間にお母さん・お父さんが入ることで、私が話している内容に客観性が生まれます。その客観性は子どもにとって新鮮で、ああ私はそんなふうに先生に見られてたんだなと、自分をひとつの対象として味わうことを子どもは知ります。

面談のときに「あなたは次からこうしなさいよ。」と上から説教ばかりするようでは、いい面談とは言えません。
なぜなら、子どもはそうやって上から押さえつけらている限り、子ども自身から自分自身の意思が生まれることはないからです。

面談はぜひ本人の本来の考えや意思が思わず表出するような現場になれば理想的だと思います。
そのためには、ジャッジされないままに子どもが自分自身を味わう時間を作ることが必要です。

受験生の面談の際には、当然もっとがんばろうとはっぱをかけるようなことを言うわけですが、それだけでは不十分です。
受験生にはまず、率直に現状(現在の成績状況や合格可能性など)について本人に変に肩入れすることなくできるだけクリアに伝えます。そして、お母さんやお父さんとA高校は部活的にはいいけどちょっと遠いよねとか、B高校は部活はいまいちだけど校風的には本人にあってそうとか、そういう話をします。このとき、本人は置いてけぼりでいいんです。大人たちが半ば無責任に高校についていろいろな話をしていると、子どもは勝手に「じゃあ、私はB高校がいいかな。」とか考えはじめるんです。
このときに初めて子どもは自分の内なる欲望を発見します。それは、大人が「あなたどこに行きたいの?」と無理に子どもから希望を聞き出そうとするより、子どもの自然な意思が出てくるという意味でずっと有効な手段です。ときには、大人たちがそうやって話していても、子どもからはっきりとした答えが出ないこともあります。でもそれでいいんです。自分の欲望を発見した子どもは来たるべきタイミングで自分の意思に基づいて動き始めます。

こうやって自分の欲望を発見し、それに基づいた選択をした子どもには何らかの手ごたえが残ります。その手ごたえが、将来の彼らを支える一つの拠り所になったとしても、それは不思議なことではありません。

面談を叱咤激励の場と考えるのはちょっと視界が狭くて、子どもたちの欲望が生まれる現場になればと思いながら面談をしています。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-11-18 07:08 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

テレビに出ている林先生を見ていてもそうですが、いま学生たちを教える先生たちはソフトな人が多いです。
私も大人たちからソフトな人間とよく言われます。その点、子どもたちはちゃんとそうじゃないと気付いていますが。。

子どもと指導者の関係はフラットであるほうがいいという話をするとたびたび誤解されるのですが、それだけでは子どもたちの力はつきません。フラットな関係を半ば利用して縦の関係を成就させることを自覚的にうまくやるのが、いま子どもたちに教える人たちにとって必要な条件です。

このことについて、11年前にこちらのブログで書いていますので、以下に掲載します。

・・・

私は日々、子どもたちと同じ目線で指導を、と思っています。
というか、子どもより自分が上の立場と思うこと自体がなんだかよくわからないのです。
目の前にいるのは、ただただ自分より若い、経験が少ない人間がいるだけ。

私は、年齢や経験値、(または社会的地位等)が上だからといって、人との間に縦の関係が生まれる場面があるというのが、なぜそういうことになるのか感覚的によくわからないのです。

ですから私は自分の友達と接するときとあまりかわらない感じで子どもたちと接することになります。
それは、相手を認める、というような大仰なものではなく、ただいっしょに隣にいるだけというかんじの関係。

ただし、生徒を指導するにあたって、なれ合いの関係を形成してそれでよしとは当然なりません。
そこで私は縦の関係を持ち出して子どもたちと接します。
子どもたちと話しているとき、要望を受けるとき、ある一線を越えた場合には、私の意見をはっきりと言い、私のやり方に従わせます。そういうとき、子どもたちは、ほとんどの場合、私が一方的に提示するやり方に逆らわずに従います。
彼らが従うのは、日ごろからの横の関係(やわらかな友達関係)がきっと背景にあります。彼らは私に嫌われたいとは思っていないと思います。また、私がひどい理不尽な要求をする人間ではない、と思ってくれていると思います。

ですから、彼らは私が言うことに対しある程度理解を示した上で、自分の行動を私のやり方に合わせます。
私は本来、横の関係による指導がしたいと思っています。さらに言えば、人と接するとき、私はそういう関係しかつくることができません。
ただし私は指導をするときに、縦の関係を持ち出します。基本的に横の関係しかありえない、と思っている私がここで「縦の関係」という言葉を用いるのは意図的です。

私が「縦の関係」を子どもたちに発動しているとき、私は一方的に子どもたちに何かを押しつけようとしています。これは私の心が感じることです。
一方で、子どもたちは日頃の私に対する安心からか、ある程度納得して私のやり方に従います。
ですから子どもたちからみたら、もしかしたら「縦の関係」で押しつけたものではないかもしれません。
しかし私は感じます。私は「横の関係」の力を利用することで「縦の関係」を成就させた、と。

ですからわたしはこのとき、「横の関係」に対して少し申し訳なく思います。

私にとって、「横の関係」を大切にしながらも、自身が「縦の関係」を発動していることを意識しながら指導することは忘れてはならないことです。そうでなければ、自然だと思っている「横の関係」までも、「縦の関係」に侵食されかねないと私事ながら思うのです。


いま子どもに教えるために必要な条件_d0116009_15110803.jpg
先日の高校進学説明会でスーパー中学生(特進クラス・部活動・クラブチーム・生徒会での活躍)として表彰されたYくんの雄姿。屋久島の模型地図を用いて何かを表現しようとしています。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-11-08 15:09 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

本日のディスカッション

今日の高校生ディスカッションのテーマは「道徳」。日本の「道徳」とフィンランドの「道徳」の比較などをするつもりです。


小4の道徳教材「お母さんのせいきゅうしょ」は「道徳」のむごたらしさを語る上で格好の教材だと思います。副読本の中にあった以下の文言は、さすがに悍ましすぎるからか、道徳副読本「ゆたかな心で」から削除されたようです。こんなものでゆたかな心なんて絶対に育たない。親と子の関係性に対する冒涜だとさえ思えます。

・・・

(ぼくは、自分のことしか考えずに、お母さんにせいきゅう書を出してしまった。それなのにお母さんは……。 )
しばらくじっとしていたたかしは、お母さんのそばにかけよりました。
そして、さっき受け取ったばかりのお金を、お母さんの手にわたして言いました。
「お母さん、ごめんなさい。このお金は返します。そして、これからは、せいきゅう書なんかなしで、なんでも手つだわせてください……。 」



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-27 11:36 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

期待値の差でしかない。

今朝起きて最初に開いたツイッターでこのつぶやきが目にとまりました。

「不満が多い人は期待値が高いです。感謝が多い人は期待値が低いです。 」

為末大さんのつぶやき。
為末大さんは"走る思想家"なので以前からこのブログでも何度かその思考を紹介したことがあります。

この話、昨日、シンガーの島崎智子さんたちと「女と味噌汁」に行ってちょうど話していたことでした。


子どもや親の中にも、いつも不満(ときに不安)をためている人たちというのがいます。
彼らはなぜ成績がこんなに伸びないの?こんなにできないの?といつも感じています。
でもこれは単に「斜め上を見ている」から。
「斜め上を見ている」人たちは、期待値が高いからいつまでも満たされません。

一方で、全く同じ成績でも、ある親子はいまの成績をそのままに受けとめて、その状態に対する敬意のようなものを持っている人たちがいます。
これは期待値が低いから。
期待値が低いというと悪いことのようですが、そうではなくバカボンのパパに言わせれば「これでいいのだ」ということ。

どちらのほうがいいかと言えば、言うまでもなく後者のほうがいいわけです。
「斜め上を見ている」人たちは自分で不幸を呼び寄せていることに気づいていない。
いつまでも満たされないのは自分の欲望がそうさせているのに、その欲望のいびつさに気づかない。
ほんとうはそうやって苦しくなっているときというのは自分を知るチャンスなのに、欲望に搦め取られすぎて自分をいつまでも内観できません。満たされず内観もできない人が何をするかと言えば、満たされない原因を周囲の人や環境に求めます。不満の原因を自分ではなく他人に当てこするようになります。これは本人にとって不幸なことだし、周囲の人からすれば迷惑です。

子どもの能力より斜め上ばかり見ている親に育てられると、虚栄心が強い子どもが育ちます。
虚栄心とは「自分を実際以上によく見せようとする心」のこと。
親がいつも斜め上にばかり見るものだから、子どもには自分をもっとよく見せなければいけないという意識ばかりが根付きます。
それが虚偽であっても、良く見えればいいんです。親が斜め上ばかり見て本当のことは何も見ていないところを子どもは知らずに真似してしまいます。

一方で、人は弱い存在なので、ときに「意図的に期待値を下げる」ということもあります。
最初から期待しなければ、傷つかない。こういう経験は誰しもあるのではないかと思います。
受験生を見ていても、志望校を決めるときにはじめから期待値を下げることで、傷つかないようにしようとする子は多いです。
こういう生徒を見ると、実に人間らしいなあとかえっていとおしく感じずにはおれません。

「これでいいのだ」では済まない人は多いです。そんなことで(現状に満足して)成長できるのか?と懐疑的に思う人もいるでしょう。でも、斜め上を見るというのは、肝心の現状が何も見えていないということなんです。だからそれよりも、現状を「これでいいのだ」とそのままに受けとめることを小さく積み重ねていくほうがずっと着実です。現状を受け止めるというのは、それに満足してしまうこととは異なります。

私たちは自分の考えが本当だと思っています。この子はなんでこんなに勉強ができないの?という思いが、事実として正しいと信じ切っています。でもそれは、自分がそういう認識を勝手に作り出しているんです。それは期待が大きすぎるだけかもしれないし、自分の不満もしくは不安がそうさせているだけかもしれません。

なかなか「これでいいのだ」は難しいのですが、期待値が高い自分も、期待値を下げることで傷つかないようにしている自分も、否定も肯定もせずに、ただ見守ってやるということを少しずつ学んでいくしかないのだろうと思います。見ないふりをしてしまうのがいちばんまずい。

先日から悩みがつきません。この文章は自分のために書いたものかもしれないと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-18 09:29 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)