寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:福岡県公立高校入試 ( 56 ) タグの人気記事


2018年 05月 08日

高校進学先別 中学時代の偏差値の推移

以下は、中1のはじめから3年間本校に通い続けた生徒たちの高校進学先別、中学時代の偏差値の推移(過去6年分)を示す資料です。例えば、修猷館に進学した生徒たちの平均偏差値は、中1の5月こそ61.1ですが、その後、中1の12月には66.0、中2の12月には68.7まで上昇し、そして入試直前の中3の2月には70.3まで達していることが読み取れます。(*下段の私立高校の資料には、その私立に合格した後に公立に合格し、そのまま公立に進学した生徒の資料は含まれておりません。あくまで、その学校に実際に進学した生徒のみでの資料となります。)
d0116009_11274919.jpg
以上は過去6年間で5名以上の数値を取ることができた学校(コース)のみの資料となります。

偏差値は全県の偏差値を基準としています。どの学校に進学した生徒も、軒並み成績を伸ばしており、本校で努力した生徒たちが、着実に力をつけて卒業していることが読み取れます。

このグラフから見えてくる、特筆すべき傾向をいくつか挙げます。

○その1
まず、中1の5月から12月のわずか半年余りの間に成績を大きく伸ばしている生徒が多く、中学のはじめ(1学期・2学期)の学習がいかに大切かということです。例えば、修猷館合格者について見てみると、入学時に偏差値が66を超えている生徒は2割に満たないのにかかわらず、中1の12月には66を超えている生徒が7割近くに上ります。いまや受験界の常識的な話になっていますが、生徒が一番力を伸ばしやすいのは中学においても高校においても初年度(1年生のとき)であり、そこで軌道に乗った生徒は進学が俄然有利になります。

○その2
公立高校に進学した生徒のほうが、3年間を通じて成績上昇が著しい傾向があります。特に中3での伸びに明確な差が見られます。

○その3
中3の最後の1年間で偏差値を10以上伸ばし、志望校に合格する生徒がいるのは紛れもなく事実です。しかし一方で、確実に合格を目指したいのであれば、中2の最後の時点で、少なくとも志望校の合格偏差値ー2(マイナス2)の力がなければ、合格する可能性は低くなります。


まもなく三者面談がスタートします。
面談でもお話しをさせていただくことがあると思いますが、現況と上の資料を比較することで、今後の参考としていただきたいと思います。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-05-08 11:54 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 15日

2018年度公立高校合格校

公立の合否が続々と届いています。
こちらでお知らせしてまいります。(9時50分更新)
今年は特に劣勢を覆した合格者が多数!おめでとう。

合格した人も、不合格だった人も、これからの高校生活を自らの手でつくっていきましょう。


修猷館高校 合格!
筑前高校 合格!
城南高校 合格!
博多青松高校 合格!
福岡女子高校 合格!
福岡西陵高校 合格!
福岡講倫館高校 合格!
福岡中央高校 合格!



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-15 09:40 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 09日

福岡県公立入試、自己採点会を終えて

本日、公立高校入試の自己採点会を終えました。

今年は私立を第1志望にした生徒の割合が過去で最も高く、公立推薦入試にすでに合格している生徒もおり、わずか16名による公立高校一般入試となりました。


〇本校生との自己採点平均点
*集計に含まれていない生徒がいましたので集計しなおしました。[3/9]

国語 40.0
数学 37.1
社会 41.3
理科 43.4
英語 41.8
合計 203.6


理科が簡単だった、数学が難しかったと言っている子が多かったですが、平均点には思ったほどの差はありません。理科は今年も理科記述式(本校のテキスト)からほとんど出題されたという印象です。国語と数学は傾向が変わりましたので、平常心でいかに問題と向き合えたかが鍵だったと思います。(平常心を保つには、日頃の努力に裏打ちされた自分を信じる心がどうしても必要です。)

本校独自の合格可能性調査で、3割以上の生徒が「合格可能性90%以上」を叩き出しています。
この割合は、本調査を開始した過去4年間のうちで最高の数値です。しかし一方で、上位校を受験した生徒の中に得点が伸びなかった子がおり、私自身、悔しさで頭がいっぱいで苦しい気持ちでいます。


来年に向けた課題がはっきりと浮かび上がってきました。

まず第1に、国語については、国語塾を受けている生徒たちが圧倒的に公立入試で有利性を発揮しているということ。受けている生徒とそうでない子の入試得点の平均が10ポイント近く離れており、国語だけは普段の5科全体の席順に関係なく国語塾を受講している生徒たちが上位を独占していること。この傾向は昨年もありましたが、出題傾向が変わった今年はさらに鮮明になりました。私はこの結果を喜ぶのではなく、むしろ愕然としてしまいました。なぜかと言えば、この差は、これまでの模試や学校の定期テストではさほど大きくは浮かび上がらないものだったからです。でも、入試のときだけ、なぜかこれほどに差がついてしまう。その状況を考えると、国語1科目だけ落としただけで合格が難しくなる修猷館、城南といった上位校の受検者は、どんなに模試で高得点が取れていても、国語塾を必修にすべきだろうか、そして、通常の授業の限られた時間のなかで、他の4科目の進捗を損なわずに国語力をさらに上げる方法が果たしてないだろうか、ということを真剣に検討せざるをえない状況です。

第2に学習量とその質について。福岡県の公立入試は、300点満点中230点くらいまでなら、ちゃんとひと通り勉強した子たちであれば、十分に取ることができる点数です。でも、そこから先、さらに伸ばしたいなら、塾で与えられた課題を完璧に取り組んで自分のものにする、どんなに量が多くても、それがやらねばならない量ならやり遂げる、そうやって、とにかく貪欲に経験を積み重ねることがとても大切だということです。公立入試には独特の質というものがあります。その問題はよく練られていて、表面的で技術的な勉強しかしなかった子、自分の弱点をどこかで置き去りにしてきた子の急所を突くような形で設問が出題されますから、隙がある子たちはいとも簡単に失点します。

願わくば、ほら、ここに隙があるよと、あの子に、そしてあの子にも、もっと伝えてあげたかったです。
でも、それはとても難しいことでした。だってすごく頑張っているし、少なくとも表面的にはちゃんとこなしているのです。すごく頑張っていて、ちゃんとこなしている。だからその子にはこれ以上何も言えない。でも、その子には、実際のところは、隙があるのです。隙があると気づいたときには、その都度全力で伝えてきたつもりです。でも、全部はどうしても伝えられない。私はその隙の全てを的確にその子に伝えたい、それじゃダメだと言ってあげたいと思ってきました。でもやっぱり、すべてを伝えるのはどうしても難しいです。だから、それの代替として、自力でおのずと隙をつぶせるような良問を揃えて、その解法を精いっぱい教え伝えることで、みんなといっしょに戦ってきました。

失敗して初めて自分の隙に気づく子もいます。それも人生、といってしまったらそれはそうですが、
でも、彼らは、自分の弱さに気づいていないながらも、またはうすうす気づいていながらも、それでも、彼らなりに精いっぱい自分自身と戦ってきたんです。だから、彼らに合格というプレゼントを、どうしてもあげたくてあげたくて、彼らに心の底から喜んで笑ってほしくてたまりません。

塾生の自己採点平均点が200点越え。これはもう素晴らしい成果です。
でも、ひとりでも受からなかったらやっぱりとても悔しい。
自己採点時点でそういう可能性の結果が出ている子がいるのは、本当に胸が痛いです。

合格した子のがんばりが全肯定され、不合格だった子のがんばりが全否定されるような、そんな受験は間違っています。合格した子は喜びつつも課題や反省点を見つけになるように、不合格だった子はこれまでの健闘をねぎらいつつこれからに力強く繋がるように、子どもたちにとっての合格発表の日が、そういう大切な日になることを願っています。

(勢いよく書いたので、乱文になっていることをお詫びいたします。)



追伸

最後の授業のあと、中3の保護者の皆様から、多数のメールやお手紙などいただきましたが、おひとりおひとりお返事できておりません。大切に読ませていただいています。ありがとうございます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-03-09 00:34 | 生徒のがんばり(テスト結果等) | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 21日

平成30年度(2018年度)福岡県公立高校中間志願者数・志願倍率[実質倍率]〈福岡地区の一部のみ〉

数時間前に発表されました、2018年度福岡県公立高校中間志願者数・志願倍率の速報をお届けします。詳しくご覧になりたい方はこちらの福岡県庁HPをどうぞ。

本ページでは、推薦合格内定者数を除いた実質志願倍率を発表いたします。これは推薦入学内定者数を分母・分子から除くことで、県庁HPや新聞等をご覧になっても見えてこない「リアルな志願倍率」を独自に求めたものです。リアルな倍率は、概して新聞・マスコミ発表の倍率より高くなります。また、内定数が大きい学校ほど、実質倍率が跳ね上がるので驚かれることと思います。しかし、こちらの数字のほうが実際の数字と思っていただければと存じます。

なお、発表する範囲は本校の生徒たちのほとんどが受験する第6学区、及び第5学区の一部です。
(※今年、本校には昨年までと同様別学区の受検者もいますが、発表はこれまで同様の範囲に限らせていただくことをご了承ください。また、この記事内容に関するお問い合わせは本校の生徒・保護者様以外は受け付けておりませんので、ご了承ください。)

*注:以下の合格者数・不合格者数についてはあくまで統計上の数字であり、実際に必ず以下の結果になることを保証するものではありません。(科やコースが複数に分かれている高校では、転科(転コース)合格などにより以下の数字が変動します。入学辞退者が出て補欠合格が出る場合もあります。また、言うまでもなく以下は「中間」志願者数をもとに算出しているため、最終的な志願者倍率ではありません。)
*「残り定員」とは、「推薦入学内定者数を除いた入学定員」と同じ意味です。


◇普通科・普通コース・総合学科 実質倍率

↗1位 城南(普通科理数) 残り定員34名・志願者数66名 倍率1.94(県発表1.80)
・・・受検者のうち34名が合格、32名が不合格

↘2位 修猷館(普通科) 残り定員368名・志願者数653名 倍率1.77(県発表1.71)
・・・受検者のうち368名が合格、285名が不合格

↗3位 城南(普通科) 残り定員314名・志願者数530名 倍率1.69(県発表1.60)
・・・受検者のうち314名が合格、216名が不合格

↗4位 糸島(普通科) 残り定員265名・志願者数408名 倍率1.54(県発表1.45)
・・・受検者のうち265名が合格、143名が不合格

↘5位 福岡中央(普通科) 残り定員308名・志願者数474名 倍率1.54(県発表1.46)
・・・受検者のうち308名が合格、166名が不合格

↘6位 福岡講倫館(総合学科) 残り定員196名・志願者数297名 倍率1.52(県発表1.32)
・・・受検者のうち196名が合格、101名が不合格

↘7位 福翔(総合学科) 残り定員230名・志願者数324名 倍率1.41(県発表1.29)
・・・受検者のうち230名が合格、94名が不合格

↘8位 福岡西陵(普通科) 残り定員262名・志願者数353名 倍率1.35(県発表1.28)
・・・受検者のうち262名が合格、91名が不合格

↘9位 筑前高校(普通科) 残り定員342名・志願者数447名 倍率1.31(県発表1.26)
・・・受検者のうち342名が合格、105名が不合格

→10位 福岡女子高校(普通科) 残り定員91名・志願者数87名 倍率0.96(県発表0.97)
・・・定員割れ

*その他、玄洋高校と早良高校は定員割れ。

やじるし(↗→↘)は昨年順位(中間倍率)との比較です。
今年は昨年と比べれば上位の順位に大きな変動がありましたが、昨年がむしろ例外的というかんじもあり、いつもの年どおりに戻った印象で、特に驚くべき点はありません。(とはいっても糸島高校の倍率の高さには少し驚きましたが。)
この倍率を見て、倍率が高いから●●、低いから●●と、進路先を変更する受験生はそれほど多くなさそうな気がします。城南高校の倍率が高いと早いタイミングから受験生たちが騒いでいましたが、城南高校の倍率は毎年こんなものですよ。(昨年はやや低めでしたが。)






◇専門学科・コース 実質倍率

↗1位 福岡工業(建築) 残り定員25名・志願者数59名 倍率2.36(県発表1.85)

↗2位 福岡工業(情報工学) 残り定員25名・志願者数52名 倍率2.08(県発表1.68)

↗3位 博多工業(機械) 残り定員49名・志願者数91名 倍率1.86(県発表1.53)

↗4位 福岡工業(都市工学) 残り定員25名・志願者数43名 倍率1.72(県発表1.45)

↗5位 博多工業(電子情報) 残り定員34名・志願者数57名 倍率1.68(県発表1.58)

↗6位 博多工業(インテリア) 残り定員32名・志願者数52名 倍率1.63(県発表1.50)

↗7位 福岡工業(工業進学コース) 残り定員29名・志願者数46名 倍率1.59(県発表1.43)

↘8位 博多工業(建築) 残り定員33名・志願者数52名 倍率1.58(県発表1.48)

↗9位 福岡女子(国際教養) 残り定員25名・志願者数39名 倍率1.56(県発表1.28)

↗10位 
糸島農業(農業) 残り定員54名・志願者数80名 倍率1.48(県発表1.33)

↗11位 
福岡工業(環境化学) 残り定員22名・志願者数31名 倍率1.41(県発表1.23)

↘12位 博多工業(自動車工学) 残り定員26名・志願者数34名 倍率1.31(県発表1.20)

↗13位 福岡工業(機械工学) 残り定員25名・志願者32名 倍率1.28(県発表1.18)

↘13位 福岡工業(染織デザイン) 残り定員25名・志願者数32名 倍率1.28(県発表1.18)

↘15位 博多工業(画像工学) 残り定員34名・志願者数43名 倍率1.26(県発表1.23)


今年は、上位8位までを福岡工業、博多工業の両校の学科が独占しています。福岡女子高校の倍率は例年より低めです。専門学科は昨年倍率が高かった学科は避けられやすい傾向にありますので、昨年と大きく順位が変動しています。しかし、近年は建築科の人気が続いていますね。(昨年は博多工業高校建築科が1位)
学校の学科すべてを合わせた学校全体の実質倍率では、博多工業が1.58倍(県発表1.43)、福岡工業が1.56倍(県発表1.35)、糸島農業が1.35倍(県発表1.24)、福岡女子が1.08倍(県発表1.06)となっています。

専門の科やコースの受験の場合、合否はあくまで第1志望を希望している生徒が優先的に選ばれると考えられます。ですから、学科に対するこだわりがそれほど大きくない場合、倍率の低い学科に変更したほうがずばり合格率は高くなることが予想されます。学校の先生の負担が増えるのは本当に心苦しいのですが、検討したほうがよい方もいらっしゃるかもしれません。

――――


受験生の皆さんには、志願倍率を参考に志望先を再考する最後のチャンスが認められています。
(今日・明日中には学校に提出するように言われるはずです。)

これまでにも何度か書きましたが、このタイミングで志願先変更をすると、変更先の学校の印象が悪くなるから合格に不利、なんてことを言う方(先生のほか、保護者様や生徒も)もいらっしゃいます。そんなことは絶対にありません。受験のルールに則って手続きをしているかぎり、そんなことはあってはならないのです。
世には人の不安な心を種として無責任な憶測が流布することが多々あり、これもそのひとつです。


一方では、志願先に対して一途な気持ちを持っている生徒にとって、中間倍率発表には意味がありません。

そういう子たちにとって、倍率の発表は気を引き締める契機にすぎません。
これだけのライバルがいるんだ。よし、勝って受かってやる!
 
公立入試は、倍率にかかわらず大部分の生徒が合格する私立入試のように甘いものではないことをしっかり認識し、ライバルたちに打ち克つための強い気持ちをもつきっかけになればそれでいいと思います。

倍率なんか気にする暇があったらひとつでも単語覚えた方がいいし、1問でも数学の問題解いた方がいい。
最後まで伸びる生徒はそのことがわかっていて、倍率が出た今日も、黙々と勉強して着実に力をつけているのです。

あと2週間です。
今年の生徒たちは、まだ十分に自分を追い込むことができていない子がおり、あと2週間のがんばりを期待しているところです。悔いのないように戦い抜いてください。
皆の懸命な努力を精いっぱい応援しています。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。


by terakoyanet | 2018-02-21 02:30 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 20日

平成30年度福岡県公立高校志願倍率(変更前)

福岡県の2018年度(平成30年度)公立高校志願倍率(変更前・中間志願者数)がさきほど発表されました。
実質倍率につきましては、明日の朝までにこちらに掲載いたします。
最後の志望校選択の参考になさってください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-02-20 22:42 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 21日

2018年度 福岡県(福岡地区)高校入試日程

2018年度の福岡県(福岡地区)の主な高校入試日程を掲載いたします。
私立入試前期まであと78日、公立入試まであと106日。いよいよです。

d0116009_15150405.jpg
d0116009_15151784.jpg




by terakoyanet | 2017-11-21 15:20 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 14日

2018年度(平成30年度)福岡県立高等学校入学者選抜日程

先週、来年度の福岡県公立入試日程が発表されています。
来年度、現中3生の福岡県公立高校入試は3月7日(水)となっています。

運命の入試日まであと266日。
ちなみに、私立前期入試が2月2日(金)、後期入試が2月10日(土)です。
私立前期入試までは233日。
いつの間にか、受験は目の前です。

毎日勉強をする子にとっては266日が残されていますが、3日に1度しか勉強しない子にとっては88日しか残されていません。残された時間の長短と濃淡はそれぞれの生徒の意識次第です。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-06-14 09:08 | 進学情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 28日

2017年度の国語塾について

本校のオプション授業としては最も参加数の多い(中学生全体の約半数が参加)国語塾ですが、
2017年度は以下のスケジュールで授業が行われます。
新学期1回目の授業は4月8日(土)・9日(日)になります。

前期(8月まで)  A…毎週日曜日18:0019:20   B…毎週土曜日 17:1518:35

後期(9月から) 中3…毎週土曜日 15:2016:40  中1・2…毎週土曜日 18:5020:10

※学校の定期テスト、塾の行事、季節講習等の都合で休講・時間変更になることがあります。


前期はAとBのどちらの授業にするか選んでいただきます。Aを選んでいる生徒が、ある週だけ都合が悪いからBの時間帯に来るということも認められています。(連絡要)

後期は中3のみ独立した時間帯になります。中1・中2の時間も固定時間になりますが、開始時間が遅くなるため、部活生も参加しやすい時間帯になります。


今年、高校入試を終えた中3生たちの複数から、国語塾で問題に慣れていてよかった、作文を何回も練習しておいてよかった、という声をもらいました。本校生の国語の自己採点結果は平均45.6点(60点満点)と例年より高く、5科目の中でも最も高くなりました。


2020年度以降の大学入試改革により、入試の大幅な様変わりが予想されていますが、ひとつ確実なことは、小論文形式の問題が増えるということです。知識よりも「思考の質」を問う入試において、受験生に求められるのは、論理の構成力です。

この流れに沿うように、高校入試においてもすでに文章記述問題の配点比率が大幅に高まっています。
国語や英語で文章力を問う問題が多数出題されるのはもはや当たり前としても、社会や理科における文章記述問題の増加と難化は目を見張るものがあります。


d0116009_11463567.jpg
上は今年の福岡県公立入試問題・社会解答です。記述問題は60点中37点分(うち文章記述が24点分)出題されています。その難化傾向は著しく、知識だけでは解けない問題、その場で論理的に筋立てを考えないと解けない問題が多数出題されています。

今年度の中学生たちは中1~3までの全てが2020年以降の新大学入試を受ける学年に該当します。
国語塾では、論理的に文章や資料を読み解き、それを基に文章を構成する、そういう機会を今後さらに増やしていきたいと思います。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-03-28 12:08 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 15日

2017年度 福岡県公立入試 合格状況

合格状況がわかり次第、お伝えしていきます。
合格者のみんな、おめでとう🌸🌸🌸


修猷館高校 合格!
城南高校 合格!
福翔高校 合格!
福岡工業高校(情報工学) 合格!
福岡工業高校(環境化学) 合格!
福岡講倫館高校 合格!
福岡西陵高校 合格!
福岡中央高校 合格!
---------
茅ヶ崎北稜高校(神奈川県) 合格!

島原高校(長崎県) 合格!

今年も本校の合格者最多校は城南高校になりました。

今日の合格者も不合格者も、明日になれば、皆が同じスタートを切る新高校1年生。

高校生活を豊かなものにできるかは、自分次第です。

うれしくて、くやしくて、力いっぱい泣いたあとは、
しっかり前を向いて、将来へと進んでいきましょう。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2017-03-15 09:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 15日

公立高校合格発表の日。おはようございます。

今朝、中3(新高1)保護者様に送信したメールを、お知らせのためにこちらにも掲載いたします。

本日はいよいよ公立入試合格発表日ですね。
大切な日の朝にご連絡差し上げることをお許しください。

合否の連絡は080-5206-1058(鳥羽)まで、電話、もしくはショートメールでご連絡をいただければ幸いです。ずっと緊張しながら電話の前で皆さんの結果を待っています。

本日は合否にかかわらず、生徒さんの進学先が決定する記念の日。
これまでの歩みを振り返り、未来へと向かう大切な1日になりますように。
今年は特に、自己採点会で、一人ひとりが充実した表情をしているのが印象的でした。

―――

明々後日の土曜日(18日)は第2回高校準備講座と卒業セレモニー開催日。
高校準備講座で行われる「15歳のハローワーク」は、自分の将来をみつめることを通して、毎年、本人の口からはこれまで飛び出したことのないような含蓄のある名文が子どもたちから繰り出される日。(過去の子どもたちの文章は寺子屋ブログでたくさん紹介しています。)この日をとても楽しみにしています。

卒業セレモニーは数名のみ不参加者がいらっしゃいますが、記念品の授与もありますので、ぜひその時間帯だけでもご参加ください。

―――

高校コース(2017)について

◇高校コース 開講確定科目
現代国語・古典・地理B・数学(レベルに応じて4 ~5クラス程度開講)・英語基礎・英語読解・英語発展・Basic English conversations・Intermediate English conversations・高校テキスト(英語・古典・日本史・世界史)

◇高校コース 希望者が多い場合に開講する科目 
生物・生物基礎・化学・化学基礎・物理・物理基礎・ディスカッション(倫理学)・日本史B・世界史B

詳しくは面談のとき、もしくは18日にお配りする高校コースの案内をご参照ください。


お知らせは以上です。

d0116009_07585095.jpg
公立入試の前日の夕方に、城西中前で大きな虹🌈(しかもよく見ると二重)が見えました。受験生たちの未来に架かる橋が見えた気がして嬉しく思いました。

とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。


by terakoyanet | 2017-03-15 07:26 | お知らせ | Trackback | Comments(0)