寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:近畿地方 ( 29 ) タグの人気記事


2018年 06月 30日

京都・大阪で行われた『親子の手帖』出版イベントのこと

6月22日(金)、23日(土)に拙著『親子の手帖』の刊行記念イベントが、京都と大阪で行われました。
d0116009_01314057.jpg
6月22日(金)は、京都のメリーゴーランドさんで、同店の店長であり、『絵本といっしょにまっすぐまっすぐ』(アノニマ・スタジオ)の著者としても知られる鈴木潤さんと対談しました。
d0116009_01384658.jpg
(メリーゴーランド京都さんのinstagramより)

鈴木さんの天然のパスが心地よすぎて不思議なくらいスムーズにお話しできました。鈴木さん、天然の天才でしょ。終わった後、話に来てくださる客席の皆さんが、心の深いところを伝えようとしてくださるのがとても嬉しかったです。涙を流しながらお話をしてくださる方も。

今回は出版してすぐではなくて、3ヶ月経過していますから、本の中身を自分の中に落とし込んできている方がとても多く、本を読んで子どもの小学校受験の捉え直しをした方、LDの子がいる方、子どもの側から本を読んでくださった方、ほんとうにそれぞれの方がそれぞれに切実な思いを抱えて本と向き合っておられて、そういう方々と実際にお話しできたのは、ほんとうにかけがえのない経験となりました。
d0116009_02430663.jpg

こちら↓の丁寧な記事を書いてくださっていた、大学の先生であり、子どもと家族の小さな図書館「ちいさなとびら」を運営されている方とお会いできました。

対談を聞いたあとに、心の深いところから響いてくるような言葉で、感想を書いたくださった方もいました。
いま、本に寄せられたひとつひとつの声を大切に拾っているところです。
d0116009_01583856.jpg

本番を終えたあと、鈴木さんと扉野さん(鈴木さんの夫で住職で作家さん)の家に遊びにいって、じんわりと楽しい時間を過ごしました。子どもさんとネコちゃんがかわいかった。そしてお手製の野菜料理が美味しすぎて遠慮なくガツガツといただきました。(お世話になったおひとりおひとりに感謝。)

鈴木さんたちと別れたあとは、寺子屋卒の京大生たちと焼肉を食べに行きました。
d0116009_02021400.jpg
3人はイベントにも来てくれて、がっつり話を聞いてくれました。

当仁中から修猷館へ、そして京大に進学した同学年の3人。
ずっといっしょだったのに、大学ではそれぞれが別の方向を向いて歩き始めていて、それがとても面白い。

次回会うときは、さらに人生が深まっているだろうから、さらに深い話ができそうだね。




そして翌日6月23日(土)は、大阪のスタンダードブックストア心斎橋で、代表の中川和彦さんとトーク。
中川さん、大阪のおっちゃんで、面白いんだけど、それだけじゃない。大胆で適当に見えて、すごく繊細でやさしい人。
d0116009_01532677.jpg
この日は疲れで前日より少し調子が悪かったんですが、中川さんのおかげで乗り切れました。

d0116009_02454442.jpg
「親子の手帖」美しい装丁が読む前の気持ちをいつもより少し聡明にしてくれ、読んだ後も美味しい水を飲んだような清涼感をくれました。出版社も著者も、名前に鳥が付いてるんだ…と今気づく。

とTwitterにつぶやいて、最初に「鳥」のしかけに気づいてくださった、いわたさんも会場にいらっしゃいました。

大阪は、私の親戚もたくさん来てくれて、お礼をひとりひとり言えなかったけど、とてもうれしかったです。
大阪は愛があるなー。

このときのお客さんが
ダ・ヴィンチニュースで「叱り方のポイント」読みました。
と教えてくださったので、福岡に帰って探してみたら、確かにそういう記事がありました。
ダ・ヴィンチニュースでは以前、インタビューをしてもらったのですが、別の記事があることは知らされていませんでした。


大阪には他に、『小さな天才の育て方・育ち方』の著者である、よっぴー&まりんも来てくださって、本番のあと、美味しいうどん屋さんに連れていってもらいました。

まりんさんは、発売まもない時期に、『親子の手帖』についての文章を綴ってくれています。
まりんさんの文章、とても好きです。

うどん屋さんに行ったあとは、熊本の医師で作家(アルテリにも寄稿してます)の松嶋さんと合流して、いろんな話をしました。いろんな話をしましたが、よっぴーが話してくれた子どものころ、若いころの話、心に刻まれました。


そして、翌日の昼に、今回のイベントの段取りを作ってくださったTORI FOODの宮武さんと、『親子の手帖』の表紙絵・挿画を描いてくださった元永彩子さんに会って、福岡に戻りました。
大阪で会った方たち、お世話になった方たちも、本当にありがとうございました。


観光ゼロの忙殺スケジュールでしたが、たくさんの方とお話しができて、うれしかったです。

次回は8月11日に東京で刊行イベントです。
関東の方々、お会いできますように。





親子の手帖、皆様のおかげで増刷後も売上好調とのことです。

本校が運営するとらきつねのオンラインショップでも、送料無料で本がお買い求めいただけるようになりました。
よろしくお願いします。


そういえば、京都のイベントの直前に、くらすことの藤田ゆみさんとちょっとお会いできました。
『親子の手帖』は くらすこと でもお取り扱いいただいています。
見ているだけで胸のワクワクがとまらなくなる、素敵なもの、大切につくられたものたちといっしょにお買い求めください。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-06-30 02:28 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 26日

『親子の手帖』刊行記念イベント 京都&大阪

6月に『親子の手帖』刊行記念イベントが京都と大阪で行われます。

①6月22日(金) 京都@メリーゴーランド京都
メリーゴーランド京都さんにて、鈴木潤さんとトークを行います。
京都近郊の方にお声掛けいただければ幸いです。
鈴木潤さんと穏やかに正直な話ができたらなあと思います。
d0116009_13454941.jpg


福岡で学習塾を営む鳥羽和久さんは、日々出会う子どもたちとその親とのやり取りから、今の、そしてこれからの子どもたちとその家族が向かう未来を、時には厳しく時には暖かく、そして迷いながら一緒に考えています。
その思いを込めて執筆された『親子の手帖』を読んで、どうしても鳥羽さんに会いたいと思い、対談が実現することになりました。とてもとても楽しみです。


お申し込みはメリーゴーランド京都さんのHP(以下にリンク)にて
鳥羽和久×鈴木潤
6月22日(金) 
18:00〜参加費1000円
メリーゴーランド京都ギャラリースペース

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


大阪の憧れのお店であるスタンダードブックスストア心斎橋店にて『親子の手帖』刊行記念トークが行われることになりました。大阪の知人の方にお伝えいただければ幸いです。代表の中川さんにツッコミを入れてもらいながらのイベントになりそうです。スライド等も使ってしっかりお話しします。

d0116009_13540868.jpg

今年の春に刊行された『親子の手帖』は、少子化と核家族化で親の孤立が進む現在におけるさまざまな問題(小中学受験・成功体験・カンニング・発達障害・学力と差別・不登校・いじめ・夫婦関係・母子という幻想の共同体・中1ギャップ・スペクトラム化する社会など)を深く描き、発売1週間で増刷になるなど大きな反響を呼んでいます。『親子の手帖』を著した鳥羽和久さんのトークは、子どもに日々翻弄されるお母さんやお父さん、かつて親に苦しめられた子どもであった大人たち、そして人と人との関係に悩む全ての人にとって、大切な時間になるでしょう。悩みを安易に解決、解消するというより、むしろ、その悩みから逃げずに踏みとどまる体力をつけるためのヒントを得てください。

お申し込み方法は以下のスタンダードブックストア心斎橋ブログをご参照ください。


鳥羽和久『親子の手帖』刊行記念トーク
~現代のたよりない親子の幸せの探し方~
【出演】鳥羽和久
【日時】2018年6月23日(土) 開場11:15 開演12:00
【会場】スタンダードブックストア心斎橋カフェ
 大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビルBFTEL 06-6484-2239
 ■カフェ通常営業時間:11:00~22:30
【料金】 1,200円(1ドリンク付)

※当日のトーク会場ご入場はチケット番号順(ご入金順)です。入場後は自由席です。
※チケット番号は予約順ではなく、ご入金順になります。
※チケット引換が遅くなりますと立ち見になる場合がございます。※ご予約数によって当日券の発売を中止する場合がございます。


お近くの方、どうぞよろしくお願いします。


『親子の手帖』は全国の多くの書店でお買い求めいただけます。


・・・

昨日、教室の2Fでプリントのコピーをしていたら、高2のある生徒が「先生、今年も頭のうしろ、脱毛ですか。大丈夫ですか?おつかれさまです。」と声をかけてくれました。(中2のある子も微妙に声をかけてくれました。)ありがとう。私はほぼ毎年5月に部分ハゲができます。(2・3月の入試ストレスの影響としか思えない。)何の衒いもない掛け声にハゲまされました。ありがとう。仕事にハゲんでもハゲない方法があれば教えてください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-05-26 14:05 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日

いってらっしゃい。

明日から当仁中の修学旅行。(明日の中2はお休みです。)

秋の行楽シーズンが終わったばかりの京都・奈良。
紅葉の盛りは過ぎているけど、まだちらほらと秋の美しい名残があるから楽しんできてください。

でも、建物の中がきんきんに冷えてるなんていう経験がほとんどない都会っ子のみんなにとって、寺の寒さは尋常じゃないから、くれぐれもあたたかくして風邪をひかないようにね。

大切な友だちと中学時代のいい思い出ができますように。
そして、ひとり胸の中に秘めるような大切な風景と出会えますように。


先週、出張で関西に行きました。
トンボがえりでしたが初冬のクリアな風景に出合うことができました。



清水寺は舞台が工事中です。
d0116009_11285997.jpg

早朝の寺の清々しさ。(東本願寺)
d0116009_11323504.jpg

秋の名残。(永観堂禅林寺)
d0116009_11382796.jpg
d0116009_11395508.jpg


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2017-12-11 11:45 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 19日

Iさんが見た景色1 -長崎・京都-

本校に設置された日本航空高校唐人町校では、この1年もさまざまな場所に出かけました。

高3のIさんから、出かけた先で撮った写真のデータをもらいましたので、以下に掲載します。
彼女は私なんかよりずっといい写真を撮ります。


◇長崎市内
d0116009_1084241.jpg
d0116009_1093078.jpg
d0116009_1094651.jpg
d0116009_1010044.jpg
d0116009_10101653.jpg


◇軍艦島(端島)
d0116009_1011112.jpg
d0116009_10113596.jpg
d0116009_10115462.jpg
d0116009_10121072.jpg
d0116009_10123913.jpg
d0116009_1013432.jpg
d0116009_10131910.jpg
d0116009_10134118.jpg
d0116009_1014113.jpg
d0116009_10143093.jpg


◇京都
d0116009_10195889.jpg
d0116009_10201875.jpg
d0116009_10205052.jpg
d0116009_10211739.jpg
d0116009_10213296.jpg
d0116009_10214915.jpg




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-12-19 10:22 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 15日

あべのハルカスの展望台、ハルカス300

年末に発表される各種の2014年のヒット番付にも顔を出した大阪、天王寺駅前のあべのハルカス。
大阪で私用があった先週の水曜日にちょっと立ち寄りました。

あべのハルカスの展望台ハルカス300のチケットの買い方、そして展望台への行き方はちょっとややこしいので、時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

d0116009_13122992.jpg


たまたま日没時に足を運んだので、次第に空が暗くなり、代わりに眼下の町なみに明かりが次々と点灯していくようすを見ることができました。

まるで航空機の窓から見えるような展望です。
d0116009_13152286.jpg
大阪府は全国で2番目にせまい都道府県。しかし、総面積に占める平野の割合は全国1位。四方どの方角を見ても平らな市街地が広がっており、その規模に圧倒されます。
d0116009_13244258.jpg


間近に四天王寺。
d0116009_1325135.jpg


通天閣も。
d0116009_13255766.jpg



d0116009_13283935.jpg



あべのハルカスのマスコット、ほりえもん。
d0116009_13264629.jpg

間違えました。あべのべあ、だそうです。




58Fのカフェレストランでちょっと休んでいたら、あっというまに辺りが暗くなりました。
d0116009_13294198.jpg


夜景が見えるようになり、隣にいた高所が好きではない妻は「これなら見に来てもいい」と言っていました。
でも私は夜景よりも、まだ明るいうちに、町や住宅の連なり、道路の曲がり方、鉄道駅と線路の伸び方、河川の蛇行、遠くに見える山のピークの確認などをするほうが楽しいです。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-12-15 13:43 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 01日

奈良の世界遺産、元興寺

町歩きがとても楽しい奈良市の「なら町」にある元興寺(がんごうじ)は、日本最古の本格的仏教寺院である法興寺がその前身とされる、世界遺産のお寺です。
d0116009_11523294.jpg
d0116009_11534667.jpg


境内に入り、極楽坊本堂を正面に見据えたとたん、その凛々しい立ち姿に思わず膝を打ちました。
d0116009_124876.jpg
元興寺(極楽坊) 国宝、国の史跡、及び世界遺産


d0116009_127144.jpg
d0116009_1282554.jpg
d0116009_129373.jpg


d0116009_1294067.jpg
「YOU飲めます」にしか見えない・・・。




唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-12-01 08:42 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 16日

今日から修学旅行へ

今日から日本航空高校唐人町校の修学旅行に行ってきます。

1日目は仙台空港から被災地を回ります。
名取市閖上、石巻市、南三陸町を訪れます。
宿泊は南三陸町。
地元の方々から直接いろいろなお話しを聞く予定です。

2日目は南三陸町で早朝から語り部バスツアーに参加し、その後、震災とその後の町の様子をを撮り続けている写真家の方とお会いした後、山形の立石寺(山寺)に向かいます。1000段以上の石段を登る予定。
そして再び宮城県に戻り、日本三景松島に宿泊します。

3日目は松島で観光をしたあと、飛行機で京都へ。
妙心寺の夜間特別拝観で精進料理をいただいたあと、知恩院のミッドナイト念仏へ。
ディープな京都の夜を楽しみます。

4日目は生徒たちが選んだ寺社へ。
市街地に留まらず、遠くは延暦寺まで足を延ばすことになりそうです。
そして夜に福岡着。


ぎゅっとつまった4日間になりそうです。
生徒たちといい思い出ができますように。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-04-16 02:14 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 05日

2014年度日本航空高校(唐人町校)修学旅行は被災地と京都へ。

2014年度の日本航空高校(唐人町校)修学旅行は4月16日から3泊4日で行われます。

行先は震災から3年を経た南三陸地区、及び京都です。

閖上、石巻、南三陸という被災地を訪問し、当時のようすやその後の復興への歩みについて、見て聞いて、心で感じ取りたいと思います。松島や登米といった観光地も訪れます。

京都は2年連続です。
京都の夜を味わうナイトツアーを含む楽しい旅になりそうです。
京都2日目は生徒たちが事前に決めた場所を訪れることになります。

昨年の修学旅行、とても楽しかった。
吉本新喜劇で笑ったあと、美味しいたこ焼き頬張ったり、
嵐山から奥嵯峨までぽつぽつと話をしながら長い距離を歩いたり、
舞妓さんたちの京おどりを観賞して、眠くなったり。

今年も生徒たちといい時間を過ごすことができますように。
そして生徒たちにとって今後の良き滋養となりますように。

d0116009_7367.jpg

★昨年の写真 知恩院にて



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-03-05 07:06 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 05日

世界遺産 金剛三昧院の多宝塔

雪の高野山。

金剛三昧院多宝塔の美しさは、日本の木造建築の中でも指折りではないでしょうか。
滋味あふれる佇まいが素晴らしい。

d0116009_10292686.jpg


国宝の多宝塔は、高野山の中でも最古の建造物。(1223年建造)

「高野山霊宝館」の説明によると、多宝塔は「源頼朝、実朝両公菩提のため、政子が覚智入道に命じて建立した」と伝えられています。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-02-05 10:29 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 07日

約15年ぶりに東大寺へ。

12月に多くの中2生たちが修学旅行で奈良の東大寺に行ったとお土産話で耳にしました。
私も12月に約15年ぶり3度目の東大寺訪問を果たしました。


奈良公園では鹿がゆるく出迎えてくれました。
d0116009_1019664.jpg

訪問の目的は社会の写真資料集め。
まだ木々に紅葉が残る時期でした。
d0116009_1019547.jpg


鎌倉時代に建造された東大寺南大門。でっかいなー。
d0116009_10215134.jpg


そして東大寺金堂(大仏殿)。最初に建てられたのは奈良時代の758年。現在の建物は江戸時代(1691年)に再建。
d0116009_10223941.jpg

たくさんの修学旅行生。
d0116009_10232886.jpg

そして金堂の中の大仏と対面。
d0116009_10253338.jpg

たくさんの大仏と対面してきましたが、彼(盧舎那仏像)は思わず「ハロー」と吹き出しをつけたくなるような、そんな親しみやすさがあります。
火事で焦がされたり、地震で首がとれて落下してしまったり、大仏殿が崩壊して数十年雨ざらしのまま放置されたり、過去にさまざまな憂き目にあいましたが、いま地球上にいる人間みんなが死んでいなくなった100年後も500年後もきっと1000年後も、盧舎那仏は穏やかに私たちを見おろしているのでしょう。
すてきなことです。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-01-07 10:38 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)