タグ:雑感 ( 519 ) タグの人気記事

1月30日の雑感

日々の受験直前指導の怒涛の中で、ここでお伝え損ねていることがたくさんあります。

中3生たちが本当に頑張っていること。
でもその中で、平気で人を裏切るようなことをする子がいること。
(中学生の男の子なんてそんなものだと割り切ってしまうことは簡単ですが、そんなに易々とは受け入れられません。)

成績表をご覧になった方はわかると思いますが、中2がグーンと伸び始めたこと。
そして中1がほんとうによくがんばっていて、前回の到達度テストでは、この時期としては学年平均偏差値が歴代約20年間で過去最高レベルとなったこと、他塾を含む全受験者の中で総合3位の生徒もいたこと。

大学受験生たちもセンターを終え、進路確定まで猛烈に努力を重ねていること。

ただ、寒さが厳しくならないせいで、今年の受験はなんとなく緊張感に欠ける部分があるのは否めないこと。

高校生の中には、生きることそのものに悩みながら、前に進みたくても進めない子もいること。

思春期に自堕落な生活で悩んでいる子たちって、単に頭の中の葛藤や煩悶が凄すぎて身動きが取れなくなっているだけの子が多いんじゃないかということ。
だから大人は思春期のダラしない子どもを見たら、あんたどれだけ思春期満喫してるの?って思ったらいいんじゃないかということ。

大人が子どもに「将来の夢」を尋ねる構造って、まじめな子どもたちを苦しめるだけじゃないかということ。
毎年この時期になるとそのせいで煩悶している子どもたちがいるのを目のあたりにすると、いたずらに大人が子どもを追い詰める構造ってどうにかならないのかと思うこと。

他にもたくさんあります。

子どもの悩みが深まるこの時期、親御さんの中にも同じように思わず考え込んでしまう時間がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にお勧めしたいのが昨日読んだ村井理子さんの以下のエッセイ。

答えが出ないことなんて当たり前だと思ってこれまでずっと生きていた。むしろ、自分の目の前に答えが用意されていないことこそが、人生の醍醐味だと思っていた。

そうやって始まるこのエッセイ。
答えが出ないことなんて当たり前、そう思っていた村井さんでさえ、思春期にいつの間にか子どもが変化し、親子間の感情がすれ違うことに対して、答えの出ない焦りを感じている。

それにしても、男の子って、自らの葛藤を母親の前では見せない子が多いですよね。
母親が明るくて無邪気(=バカ)な自分であることを望んでいることを知っているから、思春期になってもいつまでもそうである自分しか見せない。(他ならぬ私自身そうでした。)もう中学生になった僕はすっかり変質してしまっているのに、好きなお母さんの前では変わらない自分を半ば無意識に演じる子というのは多いと思います。

親も、そして他ならぬ本人自身も、いつの間にか変化した親子の間の関係性に悩まされる思春期のころ。
春ごろに発売予定の、『親子の手帖』に続くナナロク社から出る私の新刊は、そのことにも触れていますのでお手に取っていただければ幸いです。

村井理子さんの連載、「村井さんちの生活」には、最近の記事だけでも「いい親になりたい」とか「子育ては自分の子ども時代を巡る旅」とか、読んでいて涙腺が決壊しかねない文章がいろいろありますので、お時間があるときにぜひ。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-30 02:51 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

大手塾に通っているクラスメートが、自分がその塾に通っていることをやたら自慢する。それが見苦しいと中学生のある男の子が昨日苦言を呈していました。「〇〇〇に行ってるからって、じゃあお前はどうなの?」とかなり辛辣なことを言っていたので、宥めつつ、彼が言いたいこと自体には賛同しました。

子どもたちがある学校や塾に入っただけで自分が大きく見えるような錯覚を覚えるとしたら、それは子どもたち自身だけのせいじゃなく、それを取り巻く大人の責任も根深いものがあると思います。

塾自らが、塾に通わせる親が、積極的に子どもに対して上から見下すような価値観を根付かせようとする場面があります。しかし私は、これからの学習塾は、優越感やエリート意識を醸成することから明確に決別すべきだと思います。そういった意識の行く先には何も実体らしきものがないとわかったいま、そういう意識を利用して子どもを引っ張っていくことは虚偽であり時代錯誤だと強く言いたいと思います。優越感やエリート意識では、人間は幸せになんてなれませんよ。

むしろそんな詭弁に頼らなくても、子どもたちはちゃんと学力を伸ばすことができる、深い知識と知恵を蓄えてそれを人生に反映させることができるというのをちゃんと証明してみせるのが、(新しい時代の考え方にすっかり取り残されている)学校の外で子どもたちと勉強する大人たちの仕事だと思います。

寺子屋に通っている子どもたちも、決して塾に(寺子屋に)通っていることを自慢することなく、むしろ、身近にいる子に、自分が塾に通っている恩恵の一部でも伝えてあげられる、そんな人になってほしいと思います。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2020-01-17 02:13 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(1)

中2のこと

今日の中2の授業、なんかよかったと思います。
先月席替えをしたあたりから、授業がやりやすくなって、みんなもしっかり授業が聞けるようになったなと思います。
教室のみんなが集中して授業を受けているときのグッと力が教室のまん中に集まる感じ。あれがとても好きです。

今年の中2、中1や中3に比べると、中学校がバラバラだからやや活気に欠けるなとか、もっと抜きんでた力を発揮する子が出てほしいとか、なんとなく物足りなさを感じてやってきた部分もあったのですが、最近、なかなかいい学年だなと思うことが増えました。一人ひとりが本当に魅力的です。

来年は中3になるから、どうなっていくか楽しみです。中2から中3にかけて、中学生はほんとうに変わっていくんです。
彼らの1年前のことを思い出そうと頭を巡らせてみる。そして焦点が結ばれてその姿が思い出せたとき、その1年前の姿に涙が出そうになるほどに。
彼らは、毎日、毎日更新されてゆきます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-12-21 01:30 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)

去る12月4日に開催された、親と子(オヤトコ)会議『不登校になって伸びた7つの能力』出版記念トーク福岡(このときの内容についてはぜひこちらをご覧ください/充実のレポート!よっぴーありがとうございます)のときに、質疑応答の時間があり、そのときの思い付きで答えたことを備忘用にTwitterでつぶやいたところ、反響がありました。


このつぶやきだけではわかりにくいので、以下にもう少しちゃんと書きます。

「うちの子、好きなことがないんですよね」「どうやって好きなことを見つけたらいいでしょうか」という親御さんにはじめに思い出していただきたいことは、子どもは幼い頃、好きなこと、夢中になることがきっとあったんです。電車の模型を夢中になって手で動かしていたかもしれないし、人形をつかって家族ごっこをやっていたかもしれない。それぞれの子どもがそれぞれの世界で自由に遊んでいた時代があり、そのころの子どもは、「好き」という言葉が不要なほどに、好きなものに囲まれていたのだと思います。

でも、子どもの「好き」はいつの間にか、大人の企てに絡み取られていきます。
親は小さい子どもに「好き?」と尋ねるでしょう。あれがよくないのです。
いつの間にか子どもは大人の「好き?」に応えようとする余りに、自分独自の「好き」を見失ってしまいます。

こうやって、親は何の悪気もなく、いつの間にか子どもの「好き」を奪い取り、殺してしまう。
これは多かれ少なかれ、どの親もやってしまうことかもしれません。


「うちの子の好きなことが見つからない」そう感じている親御さんは、きっと子どもが「好き」なことに出会っていないだけと思っていると思います。でも、実はそうではなくて、子どもはかつて「好き」なことに出会っていたのに、それをいつの間にか失ってしまって、わからなくなっているんです。

だから、(親だけでなく)大人たちの企てによって子どもの「好き」が満開になる前に小さく閉じてしまったことを理解した上で、「好き」を再構築・アップデートしなければ、ほんらいの「好き」は芽生えません。

「好き」が見つからない子に、これはどう?これは?と目の前にいろんなものを出してみることは、幼いころその子に尋ねた「好き?」と同じことを繰り返しているだけなので、子どもは「好き?」と尋ねられるたびに試されているような気分になって、余計に「好き」から遠ざかってしまいます。

もし可能な方法があるとすれば、「好き?」と尋ねるのではなくて、その子の視界に入る場所で、大人が勝手に好きなことをすることでしょうか。楽しさをそのままに、無理には見せようと思わずにたまたま見える範囲に置くようにするのです。そうすれば、子どもはおのずと大人たちが楽しんでいることに興味を持つかもしれません。

さらに、本人がいるところで、大人どうしでその子についておしゃべりするのもいいでしょう。
そのときに「お前、どうや? 興味ある?」なんて本人に無理に話を振らないことです。その子について知っている人たちが、「彼は何事もじっくり考えるタイプだからこれ好きそう」とか「彼女は〇〇が器用だから、××を習得するの早そう」とかそんな話を大人どうしでしてみるといいです。(このような方法は、精神看護において「リフレクション」と呼ばれます。)変に褒めたりけなしたりしてはいけません。そこに評価を入れてしまうと、子どもはジャッジされているという気持ちになり、下を向いてしまいかねません。子どもは大人のやり取りを通して、そうか、僕は(私は)そんなふうに見られているんだなー、と自分をひとつの対象として味わうことを知ります。そして、いつのまにか、大人が面白いと思っていることにおのずと巻き込まれるような形で、子どもに「これ好きかも」という欲望が芽生えることがあるのです。そういう欲望が生まれる場所と機会を用意することくらいは、大人にできるかもしれないと思います。

「好き」は望んでできるものではなく、おのずと生まれるものですから「期待」はしないことです。
子どもたちはいつか生きるための「好き」をちゃんと見つけます。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-12-16 01:02 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(1)

今週日曜日、12月2日に次のようなニュースが全国で流れました。

丸刈りなど強制でうつ状態、済々黌高退学の元生徒が熊本県を「1円」提訴

中学校に上がる前、初めて坊主になったとき、お風呂に入ったときに自分の頭と間抜けな顔が鏡に映って見えて、思わず目が離せなくなって泣いたことを思い出します。

私は、自分が中学生だった当時から、丸刈りに強い違和感を感じていたので(いま坊主みたいな頭ですが、それとこれとは話が別です)このことについて、自分の問題として強く反応せざるをえないところがあります。

いまから4年半ほど前に、先輩から強要されて坊主になって泣いていた子がいた日の憤りを記した文章があります。
その文章が、一昨日からTwitter上で多くの人たちに共有され(社会学者の岸政彦さん、マンガ家の瀧波ユカリさん、翻訳者の村井理子さんらが拡散したことが大きい)1日で1か月分くらいのアクセスをいただいています。

問題は、こういった経験が子どもたちに理不尽さを許容する心根を作ってしまうことです。
こうして理不尽さが連鎖する社会が作られるとすれば、それに甘んじることなく闘うべきではないかと思います。
その意味で、今回の裁判には意義があると私は感じています。

以下にそのときの記事を転載いたします。

・・・・・

いつになったら悪習が終わるのか。 2015年7月8日

今日書くことは、意見が異なる方もいらっしゃるかもしれないと思いながらも敢えて書きますが、
中学の男子たちを見ていると、ある部活動の生徒たちが皆坊主になることがあり、驚かされることがあります。

坊主の定番の野球部だけでなく、坊主とは無縁と思えるサッカー部の生徒まで坊主になることも。

部員全員が坊主になるときというのは、顧問やコーチ、先輩のうちのいずれかの力が働いています。
「気合を示せ」「反省しているところを見せろ」・・・
理由は何であれ、坊主になることを強制するのです。

それの受け取り方は子どもたちによって異なります。
本当に気合を示したいと、ちょっと照れながらも何の抵抗もなく坊主にする子もいれば
傷つかないために「あくまで自分の意思で坊主にするんだ。」と自分に言い聞かせながら坊主にする子もいれば、到底受け入れることができないのに泣く泣く坊主にする子もいます。

私は幼いころから同調圧力に敏感で、それをとても怖がってきた人間です。
だから、皆で坊主になれ、という有無を言わせない宣告は、昔も今もとても恐ろしく感じます。

もし先輩に坊主になれと言われて坊主になった子(後輩)がいるときには、それを言った先輩に対し、「お前は自分が何を言ったかわかっているのか」と厳しく問いただす人間が必要だと私は思います。
しかし、多くの部活動の現場ではそうではない。むしろ大人が同じことをしてきたから、それを真似した子どもたちが先輩となったときに、そのような強要を行う、そしてそのことがわかっているから大人たちはそれを黙認する、それどころか奨励さえする。そういう場面が多いと感じます。

しかし私は、坊主になりたくない子、坊主になろうとは思っていない子に対し、坊主を強要することに強く反対します。そんなつまらない悪習はすぐにでも葬り去られるべきだと思います。(※坊主自体を悪習と呼んでいるのではありません。)

このような同調を強要することがどれだけ暴力的で危険なことであるかということを、私たちは歴史で学んでいるはずです。いやいやそんなに大きな話ではない、たかがスポーツの話だ、いやむしろスポーツってそんなものだなんていう声も聞こえてきそうですが、私はそういった同調を強要するようなスポーツなんていうクソつまらないものは、すぐにやめてしまえ、という気持ちを抑えることができません。そんなものに頼らなくても、もっとうまくやる方法があるはずです。

日本には、大人だったら決して許されないのに、子ども相手なら許されてしまうことが多すぎます。
子どものことをバカにしすぎています。


お花畑の小学校と違って、中学・高校は、世間の厳しさや理不尽さを反面教師的に学ぶ場となっています。
しかし、世間の厳しさや理不尽さなんていうものは、教育の場で大人がわざわざ拵えてあげなくても、子どもたちは近い将来、それにぶつかって藻掻くはずです。それに対する耐性だけ身につけさせて、将来それらにぶつかったときに、藻掻くこともせずにただ順応する人間を育むことこそが教育の本当の目的だとすれば、それは皮肉にもある程度成功していると言えましょう。

子どもたちには、自分が感じた違和感を大切にしてほしいと思います。
無理に周りにあわせる必要なんてないし、周りに合わせられない自分に対して自信を失う必要もないんです。

苦しみをひとりで噛み締めている子も、苦しみを紛らわしてやりすごしている子も
皆が考えることを諦めずに、前に進む意思を持ち続けることができるよう、願っています。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-12-06 02:28 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

年に1・2回、保護者様からいただいたコメント(成績確認シートより)をご紹介しています。
たくさんいただいていますのでご紹介できるのはほんの一部ですが、最近2か月の中からいくつかピックアップさせていただきます。(プライバシー保護の観点から、コメントの一部をカットしています。進学説明会のコメントはまた別途でご紹介できればと思っています。)

保護者様からいただいたコメントは、私たちにとっても、これを見ているお母さまやお父さまにとっても、さまざまなことを考えるきっかけになるものに溢れていると感じます。


(塾で)友人関係を築き充実した時間を過ごさせていただいております。又、寺子屋での復習(先取り学習も含め)があったおかげで、学校のテストはほとんど満点をとりました。とても喜んでいました。親も嬉しいです。感謝しています。(小6)

今回は本人が苦手な算数が上位にあり、驚きよろこんでいました。
歴史は時の権力者によって都合よく変えられ真実とは限らないという話をしたら、塾でも習ったと言っていました。国語の問題文はいつも良質なもので、学びが深いなという事と、子どもの心に残るよい授業だと改めて感じました。説得力がある文章と人(大人・先生)大事です。(小6)

いつもご指導ありがとうございます。総合・科目別とランクインした事が〇〇にとって嬉しかったようで、特に理科が〇番になったことを誇らしく話していました。
中学になってもこのまま通い続けて勉強したいと言われ、〇〇なりに考え決定することができていて、入塾して成長を感じました。今後思うようにいかない時もあると思いますが、「そばにいる」ことができる幸せを大切に見守っていきたいと思います。(小6)

REASCENSIONおめでとう。夏に頑張った成果が出てきています。受験スタートが1月上旬なので残り2ヶ月。三者面談でも意識を合わせたこと(数学は3年生で習ったことが6割出る等)をもう一度意識しながら、目標に向かっていきましょう。(中3)

10月の県模試の結果を喜んで持ってきました。進学説明会とあわせて、さらに頑張るきっかけになったように思います。これからは、自分を信じて、楽な方、まわりに流されず、最後まで走り切ってほしいです。(中3)

高校進学説明会、よかったです。生徒さんの生の声が聞けて。スマホ、本人からやめると言わないとと言われてましたが、まさしくその通りで。とり上げても、とり上げても、結局どうにかして(タブレットなどを使い)使ってます。与えてしまった親の責任ですね。(中1)

少しずつ難しくなっていく勉強と部活と体力のバランスをとっていく事に親子で悩む毎日。思春期の子に対し、「私自身の不安」なのだと書かれたブログに考えさせられました。勉強に対して自暴自棄になってあきらめそうになっている時もあるようですが、なんとかふんばって乗り越えて成長してほしいと思っています。(中1)

いつもお世話になっております。息子が「学校より塾の方が楽しい」と話していました。学校生活の方が大丈夫か心配になりますが、塾も皆勤で頑張ってほしいです。(中1)

親子の手帖、久しぶりに読んで忘れかけていたことを思い出せました。娘との距離のとり方を冷静に見直そうと思います。(中2)

面談をありがとうございました。〇〇が自分と向き合い、やる気と自信をつけてもらう為、安定した私自身と家庭内を作っていきます。先生の私への労いの言葉、だれの言葉よりも心にしみ入りました。感謝です。本人は少しずつ、本当に少しずつ良くなって来ています。本人を信じて見守ります。(中1)

サマー合宿の感想をあらためて見て、子どもたちの心がいろんなところで動いたことがよくわかりました。思い出してみると、帰ってきたその日に、口からこぼれおちるようにいろんなことを話してくれました。普段はあまり話さないのに… いつまでも何かが記憶に残っていることと思います。機会をありがとうございました。(中1)

みんなの頑張りがすごいので、本人も成績表に名前が載るように頑張っています。(中1)

進学説明会の後、家で本人とタブレットの使用時間と日にちを決めて、部屋、机の上に置かずに、リビングで触れない状況を続けられています。最初の1週間で、意外になくても大丈夫だった事を本人もわかり、勉強のリズムも整ってきたように思います。(中3)

先日は大変有意義な高校進学説明会をありがとうございました。1年生で初めての参加でしたが、高校受験を身近に感じた様で、自分も頑張らないとと思ったと話していたり、勉強の姿にも少しずつ現れてきているようです。(中1)

高校進学説明会に出席したことも影響しているのか、見直しをよくするくせもついてきたようです。(中1)

高校進学説明会は2部から参加でしたが、とても有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。高校生の生の声、そして先生の勉強の取り組み方のお話は、本人の心に何か響いていた様に感じました。(中1)

いつも子ども達の事柄を丁寧にお知らせ頂きありがとうございます。今月の成績表を見て、載せて頂いた言葉を一つ一つ読み、親子共々大切に一日一日を過ごそうと思いました。〇〇は、幼い頃から「自分で考え、言葉にし、行動にする」事が得意でした。今回の成績表を見て、〇〇がどう考え、どう動くのか、見守っていきたいと思います。(中1)

先日は高校進学説明会に参加させていただきありがとうございました。中学三年生のみなさんの熱気を感じることができ、親子共々貴重な時間を過ごすことができました。鳥羽先生の懐の深さと厳しさを垣間見れた気がします。(小6)

この時期に学年を問わず切磋琢磨できるのは月間総合順位という制度があるおかげだと思います。
受験に縁遠いと思っている中1でも、この季節(夏)にはスイッチを切り替える準備が必要だと数年かけて理解できる環境にあり、準備できた者が受験を勝ち抜けるとわかるはずです。
やはり、意識の高い3年生は確実にスイッチが入り、上位を独占しています。県内50位4名と頼もしい限りです。
自学年のみならず他学年の夏期講習や県内模試情報を通じ、通年の過ごし方を肌身で感じとれることも寺子屋に数年通うからこそわかることかもしれません。(中1)

いつも楽しそうに通っていて安心しております。国語が良かったので喜んでいました。これから他の教科も少しずつでいいので、勉強しよう!と言っておりました。いつも本当にありがとうございます。(小6)

いつもお世話になっています。先日の高校説明会に参加して、受験に対して少し考えることがあったようです。短時間でも勉強する習慣がつくことを願っています。(中2)

春から国語塾に参加させていただき、着実に国語の実力がついてきていることを感じます。いつもありがとうございます。(中2)

いつもお世話になっております。ひとりでよく頑張っているな~と思っておりましたが、よい先生、よい友人に恵まれたことが、やる気につながり結果を出しているのだと思います。ありがとうございます。(中1)






by terakoyanet | 2019-11-29 11:02 | 当校の特色 | Trackback | Comments(0)

データ奴隷の時代に

AIが人類を超えるとされるシンギュラリティが、西暦2045年問題としてまことしやかに語られています。
でも、私は「超える」という言葉自体に恣意的で限定的な意味合いを感じています。シンギュラリティが起きるということを文字通りには信じていません。

しかし一方で、データを蓄積したAIが世界のありようを変えること自体は、間違いなく近未来に次々に起こってくるでしょう。
例えば、現在実用化が進められている乗用車の自動運転化が実現すると、ほとんどの道路渋滞が解消されることが予見されています。まず、交通事故が著しく減少します。そして、渋滞の原因の多くが、上り坂やトンネルで必要以上に減速するといった人間の認知行動の誤りに起因しているため、データを蓄積した乗用車の自動運転によって適切なスピード管理がなされれば、渋滞は極端に少なくなると考えられています。

このように、データを用いれば、人々の行動や意志決定、その誤りをある程度正確に予想できるため、それに従って人々の行動を適正化することが可能です。そして、このことを応用させれば、健康や貧困、環境などの人類全体の問題さえも解決できるようになるかもしれないと考えるのは、いまや決して極論ではありません。
こうして、データに基づいて人々の行動を変え、人類を導いていくことができることを前提にした具体的な動きが次々と出てくるのが、これからのAI社会の展望です。

しかしこの動きが進んでくると、「それらのデータ利用は果たして人類にとって幸せなことなのだろうか?」といった、倫理に関わる議論と検証が活発に行われるようになるでしょう。人が選択するより、データに基づく選択のほうが正しいという趨勢が強まれば、人は決断し、選択する必要がなくなっていきます。

この事態は、人々に「我々の生きる目的を奪うのか?」という抵抗をもたらすでしょう。だって、決断しなくてよい、選択しなくてよい、というのは、目的を達成するというミッションを自らの生きがいにしてきた人たちからすれば、耐えがたいことなのではないでしょうか。

イェール大の経済学者、成田悠輔さんは、フォーブス・ジャパンのインタビュー https://forbesjapan.com/articles/detail/26062 で、「目的を機械的に生み出すことができれば、決断し選択するための労力や時間を節約し、過去の選択に後悔して苦しむこともない。自分探しと自己責任の終わりなきアリ地獄を脱却できる。」と話します。これまでの世界は、人々が設定した「目的」を達成するためにデータ活用をしてきた。しかしこれからは、「目的」自体をデータ(AI)が発見してゆく未来が訪れると成田さんは語ります。彼はこの状態を「幸福なデータ奴隷」状態と呼び、目的さえも機械がデータから判断し選択すれば、人々は日常の小さな判断から解放され、真の幸福が訪れると言います。
「目的を機械的に生み出すことができれば、決断し選択するための労力や時間を節約し、過去の選択に後悔して苦しむこともない。自分探しと自己責任の終わりなきアリ地獄を脱却できる」と彼が言う「幸福な」未来は、何か不気味なものにも感じられます。でも私は、普段からゲーム的世界ですでに自足している子どもたちを見ながら、この未来は、あながち間違っていないのではないか、と考えるようになってきました。ビッグデータに支えられるような未来はおぞましい、人としての歴史が終わる、そう考える人は、もしかしたら単に自分自身が育った世界観以外を認めることができないだけなのかもしれません。

いまやデータが世の中を席捲しています。私たち自身はすでにデータの奴隷になっています。ネットでAmazonを開けば「あなたへのおすすめ」商品が表示され、コンビニに行けば「顧客の購買行動」として私的な買い物の情報がビッグデータに組み込まれる。インスタグラム(instagram)では#(ハッシュタグ)をつけることで、自ら進んでデータの素材になり、データを通して欲望される主体になることを願う。こうして私たちは、いまや自らがデータの素材であり、そしてデータの素材と化した他者を欲望して生きています。でも、大人たちは何を守ろうとしているのかそのことに自覚的であろうとしません。

もし私たち大人が、自分が育ってきた価値観に縛られて盲目になり、結果として無自覚な「不幸なデータ奴隷状態」に陥っているとすれば、初めからデータという便利な乗り物を乗りこなしてしまう新しい子どもたちは、「データ奴隷」というよりは「データの申し子」であり、データ世界の中でマインクラフトなど一からの創造を手掛けてゆく彼らは、眩しい存在にさえ感じられるのです。

私がいまこんな話をする気になったのは、世の中の現実がゲーム化、AI化してゆく流れをことさらに悲観的に語る言論が多く存在するからです。しかし、これらの流れは、倫理性を高次のものにしていくという人間の間断のない営みには決して逆行しないと私は考えています。時代が悪くなった、人はすぐにそう言いますが、良くなったところもたくさんあります。私たちの目の前には相も変わらず無限の可能性が広がっています。これは簡単には動かしようのないことです。

家族がよかっただの悪かっただの、いったい何を言っているのか。家族は永遠に変わらないし、変えればいいというものでもない。かといって、それが運命だなんておおげさに考える必要もない。ただ、その目の前の現象を確認することからしか私にはできないのだ。 坂口恭平『家族の哲学』毎日新聞出版

この文章での「家族」は、「時代」と置き換えても「人間」と置き換えてもよいでしょう。シンギュラリティによって世界が変わるわけではなく、人間が変わるわけでもないのに、私たちはいったい何を言っているのでしょうか。私には彼がそう言っているようにも聞こえます。

では、これからの私たちがもし次に向かうべき主体があるとするならば、それはどのような姿をしているのでしょうか。これについても坂口恭平さんは面白いことを書いています。

私は機械のように生きたい。機械のように誰とも共感などせず、喜びを分かちあったりせず、ただ観察し、検査を続けたい。可能性だけを見たい。可能性以外には目を向けたくない。そして、この行動自体に理路整然としたものを求められてもこちらは返す言葉がない。論理的に動こうとすると、社会が重く見える。勝手にやらせてもらうのが一番だ。
私の目をただ利用してくれ。
それ以外に私は何も求めていない。
はっきりと言おう。
この世界は可能性で満ちている。そこに意味など求めないかぎりは。
私は私の仕事だけを徹底して実践していく。それだけが喜びなのだ。それができればもう死んでもいいのである。統合された人間というようなものを想像することこそが罪なのだ。そんなものが存在していると理解したところで、誰が幸福になりえるのか。
幸福とは、あなたが動いているということだ。機能を持っていることだ。
機能さえあればいいではないか。統合した人間らしさというものを私は認めない。
人間はそういうものではない。植物を見ればそれがすぐにわかる。
人間を、何かの役に立たせる、などという妄想が作り出した社会という名の監獄からの目で見たくないのだ。それでいい、とすべてをよしとするような母性の視線で私は見守っていたい。  坂口恭平『家族の哲学』毎日新聞出版

宮沢賢治はかつて「私の幻燈はこれでおしまいであります。」(『やまなし』)と、自身をひとつの機械になぞらえました。その機械は、世界を写し出す機能を持っています。そしてその機械は、ひとつひとつの現象に、意味や答えを見出すことを退けます。それを象徴する言葉が「クラムボン」です。それは意味や答えによって統合を目指すのではなく、統合によって何かの役に立たせることを企図するのではなく、ただそうなっている、そのことをただ観察するための機械です。
機能しかない機械は、はじめからゲームに参入しません。ゲームのような仕掛けがなくても、それだけで植物のように自足しているのです。

はたしてこのような主体が実際に存在しているのでしょうか。私たちは仕掛けがなくては、企図がなくては、到底生きてはいけないのに。

でも私たちは、誰もが現象を写す「幻燈」を持っています。たとえいま「社会という名の監獄」に囚われていようと、私たちには身体があり、歌があります。そのことを忘れてしまわない限り、それらが幻燈となり、世界を写します。
耳を澄まして風の声を聞くだけで、世界はいつも偶然性にさらされていていることを知ります。世界は私が知っているものだけでできているのではない。そのことを実感し、謙虚になることができます。

・・・

坂口恭平さん、いよいよ明後日、写真家の石川直樹さんとともに、とらきつねにやってきます。(チケットはSOLD OUT)

新刊『まとまらない人』は副題「坂口恭平が語る坂口恭平」が示す通り、坂口恭平による坂口恭平の解説書であり、取り扱い説明書です。彼に耐性のない人はもしかしたら、何、自分語りしてるの?と思うかもしれません。でも、それは、そう思う人が自分自身に臭みを感じて言っているだけで、坂口恭平というフィクションを理解していないだけです。

『まとまらない人』の中の坂口恭平は、現象を写し出す「幻燈」として、ときに異界の入り口を窺う「子ども」になり、ときにあらゆる人を引き寄せてしまう「酋長」になります。彼の声が湧き水のように読む人たちを潤したとき、彼はいつの間にか私たちにとっての「環境」になります。これが彼の企図するところなんじゃないかと私は考えています。






by terakoyanet | 2019-11-18 06:08 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)

7月30日の雑感

今年の夏期講習は楽しいです。
子どもたちの宿題達成度が高いし、子どもたちの笑顔やさりげない一言に1日で何十回も励まされます。

この時期は実労時間が半日を超えるので、体力的にとてもしんどいです。
しんどいしんどいと思わず心の中でつぶやきながら、でも目の前に子どもたちがいるから頑張れます。

それにしても、中3は夏期講習に入って1週間、すでにかなり進捗しました。
今日、ご家庭にメールをしましたが、一部の生徒はもっと教室開放を活用してほしいと思います。

中1・中2も雰囲気よく進んでいます。
合宿も迫っていて、雰囲気に活気があります。

今日の夜、しんどかった1日の授業が終わり、なんとか持ちこたえたぞとスマホの画面をのぞくと、
翻訳者・作家の村井理子さんが親子の手帖のことをつぶやいてくださっているのを発見。

7月30日の雑感_d0116009_01434257.jpg
村井さん、ありがとうございます!
私、村井さんの本が大好きで、とらきつねでも取り扱わせてもらっているので嬉しいです。
『犬(きみ)がいるから』ぜひ読んでみてください。「考える人」の連載「村井さんちの生活」にも日々じんわりさせてもらっています。

村井さんのおかげさまだと思うのですが、amazonでも2部門ベストセラー1位。出会ってくださった方もありがとうございます。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-30 23:51 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

夏期講習始まる。

夏期講習が始まりました。
中学生全学年全科目をほぼひとりで指導しているので忙殺という言葉がふさわしく
たくさんの質問等にお応えするのが遅くなり申し訳ありません。

今年は中3が部活動が終わっていない生徒が多く、いまいちピリっとしていないのが悩みですが、それもあと数日のことだと思っています。

英単語コンクールが今年も行われていますが、中2の昨年との違い(今年はめちゃくちゃよくできている)に成長を感じました。そして中1はやはりすごいです。やらされるのではなく、ちゃんと自分のために勉強するということを知っている子が多い。勉強は苦しいけれど、同時に楽しいことでもあるのを知っているのは幸せですね。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-26 08:36 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

先月の末に、唐人町に住むあるお父さんからメールをいただきました。
とても嬉しい内容でしたので、紹介させてください。

・・・

突然のメール失礼いたします。

唐人町に住んで、三児の父親をしております。

「親子の手帖」の愛読者です。


昨週末子どもを連れて「とらきつね」を訪問しました。

上の子が店内にあったお相撲さんの贅肉に頭を巻き込まれた少年のTシャツを気に入って、

その夜、家のホワイトボードに記憶をよびおこしながら書き込み面白がっていました。

下の子がその絵をまた気に入り、笑いが止まらないのです。


「親子の手帖」を読んでいるとき、中学受験を控えた同じ親としても、またかつて子どもだった自分の学生時代の記憶に苛まれて心が締め付けられるような熱いひとときを過ごしました。

鳥羽さんの文章は、そこに居合わせているような情景やまた彼らの情動が直に伝わってくるような丁寧な描写で、一気に読み干してしまいました。

自己や他者の感情を知覚し、またご自分の感情をも具にコントロールする才覚の方なのだろうと察することができました。

俗に言うEQ領域を活性化させるためには本物やいいもの、また「何だこれは?」というようなわけのわからないものを見ることだと聞きますが、その部分に引かれてか私もかねてから気になっていた「とらきつね」に足を運ぶ機会となったわけです。


月曜日の夕方、仕事から帰ると、下の子が散歩に行きたいというので近くを廻ろうと連れ出しました。

その道すがら、「あそこの角に行きたい」と言い出しました。とらきつねです。

おそらく今日は休みだろうと記憶していたのですが遠くはない、ひとまず行ってみようと方向転換です。

子どもはいつもはよくしゃべり冗談を言って笑わせるようなユーモアな童子ですが、この時は何も言わず黙々と前を見て歩みを強めます。

何に突き動かされているのでしょう。

やはりお休みでした。

「帰ろっかー」

「うん。でもほらあれ、見えるねー」

と、お相撲さんのTシャツを指さしてニヤニヤ私の方を見上げます。

あ、そうか。

これか。

お店の事を〝不思議なものと例えられていましたね。


・・・・学習塾というのは勉強を教えさえすればいいし、社会性や道徳について語りだすような塾はかえって信用ならないとさえ思っています。ではなぜこんな余計なことをしているのかと言えば、生徒が通う教室のすぐそばにとりあえず不思議なものが転がっていればいい。そうすれば、匂いに引き寄せられて、必要な人が必要なものと出会うだろうと思い、店やイベントを運営するようになりました。


「勉強」という大きな鉄壁に小さなのぞき穴があって、風の通る抜け道がある、もしくは別の抜け道がある。

その無鉄砲のような潜在的な配慮なるものがあるだけで安心感、選択肢が拡がる。


何だかわからないけど巨大なプレッシャーから逃げ出せるような、

そう感じて嬉しくなりました。


いつも空いてないけど何か或るぞ…

その匂いに引き寄せられて、私はカレーの壺をいただいて帰り、童子は何かを感じ取ったのでしょう。

一夜明けて再び何があるか、そこに立ち戻るという実行力を見せました。

子どもたちはこの店を不思議がり少し怖がっていましたが、同時に面白がり期待を込めていた情動に、また鳥羽さんの言葉が後から追いついてきて、私の記憶にちょうどはまったものですから私も何か感じるものがあったのでしょう。


とらきつねの訪問後、読み残っていた図書館で借りた「親子の手帖」のもう半分を読み終え、何か教育というようなものを超えた次の幸福論に出会った様な気がしてついつ興奮し、支離滅裂な長文になってしましました。すみません。


灯台の灯りが霧の中を挿していくように、子どもたちが迷った時の希望という目じるしに。

これからも応援してます。

ご縁があればこれからの幸せについてのお話など聞きに参ろうと思いますのでイベント情報などあれば教えてください。ありがとうございました。


・・・


本文中の「お相撲さんの贅肉に頭を巻き込まれた少年のTシャツ」は、たぷの里のTシャツのことですね。
とらきつね、親子の手帖とたぷの里_d0116009_12493123.jpg
たぷの里、発売に先駆けて本日の18時から藤岡拓太郎さんの特設ページにて一部公開(ためし読み)される模様です。楽しみです。

とらきつねとたぷの里を通して風の通る抜け道のようなものを感じてくださったこと、うれしく思います。

これからの学習塾は、子どもたちを一方向に導くだけではけっしてうまくいかないと思います。
いままでもうまくいっていなかったはずですが、その不自然を許す時代だったのだと思います。

子どもたち一人ひとりが内観(自分の心の裡を観察)できるようになるよう促すということは、
通常の「教育」の目的には含まれていませんが、私はこのことはとても大切だと思っています。
そのためのさりげない仕掛けを、さまざまな場面で心掛けているつもりです。

こういうはたらきかけ自体はとてもわかりにくいものですから、表面的なもの(子どものやる気・成績など)を見て、
教室を去ってしまう方も時にいらっしゃいますが、それもやむをえないことと理解しながら日々仕事をしています。


『親子の手帖』現在、Amazon3部門トップテン入り(鳥影社1位・親子部門9位・た行の著者5位)で在庫切れ。
こういうときは、とらきつねBASEでどうぞ。送料無料。ご希望があればサインもつけます。(いらないと思いますが。)




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-07-05 13:07 | とらきつね | Trackback | Comments(0)