タグ:高校コース ( 107 ) タグの人気記事

■2019年度 唐人町寺子屋高校コースのご案内


1 少人数の集団授業

少人数の集団授業として開講されるのは、以下の授業です。

●現代国語(対象 高1~高3・高卒生)担当:鳥羽和久 月曜21:00~22:20
大学受験突破に向けて、国語読解力向上のために必要な実践演習を行います。過度にテクニックに捉われない読解の王道を極めます。語彙を豊かにするための漢字演習も行います。

●数学基礎(対象 高2~高3・高卒生)担当:安部滋 日曜21:00~22:20
センター(IA・ⅡB)/新大学入試で得点を取るための実践的な授業を行います。取り扱う単元のバランスは受講者の希望や状況によってその都度調整しています。

●数学Ⅲ(対象 高3・高卒生) 担当:松崎俊 土曜21:00~22:20
国公立理系の2次対策(数Ⅲ)を中心に、ハイレベル授業を展開します。九大・京大・東大や医薬学部合格を目指す生徒の受講を待っています。

●ディスカッション(対象 高1~高3・高卒生) 担当:鳥羽和久 土曜 15:50~16:50
「思考の質を問う」これからの入試にいち早く対応した授業です。ディスカッションを通して自分の頭で考え表現する力を磨きます。哲学・社会学・心理学・経済学・法学・美学等が好きな人にもおすすめ。AO入試や小論文、面接対策にも対応。

*以上の4授業
1講義 選択  8,000円   2講義 選択 16,000円   3講義以上選択 21,000



◎英語ライティング・リーディング(対象 高1~高3・高卒生 担当:三牧英語教育研究所より三牧雅明 木曜21:00~22:20
新大学入試対応。英語の4技能のうち、ライティング、リーディングを鍛えます。民間試験(TOEIC、TOEFL)の導入が始まる新時代の大学入試に対応します

◎英語スピーキング・リスニング(対象 高1~高3・高卒生 担当:三牧英語教育研究所より三牧雅明 水曜21:00~22:20
2020年新入試対応。英語の4技能のうち、スピーキング、リスニングを鍛えます。各高校でその対策が後手になることが予想される、共通テスト、および民間の資格・検定試験TOEIC、TOEFL)の対策をしっかり行います。

*英語2コマはセットでの受講をお勧めしています。
1講義選択  8,000円   2講義 選択 16,000




2 短期集中特訓
夏季などの長期休暇期間を中心に、古文・生物・地理等の集中特訓が開催される予定です。



3 個別指導
国語・英語・数学・化学・物理・生物・地理・小論文・AO対策全般の指導を受け付けます。但し、定員に達している場合、ご希望をいただいてから指導開始までお時間を頂戴することがあります。

料金は1コマ
(50分)3,000~3,500円 
(80分)4,500~5,000円



4 自習室利用
月額4,500円(自習室のみの利用は月額6,000円)
自習室にて、スタディサプリなど、映像授業の活用も可能です。



新年度のはじめから高校コース受講希望の方(または受講を検討している方)は、4月4日までにご連絡ください。(但し、3月31日から4月3日までは休館となりますので、その期間のご連絡は「お問い合わせフォーム」からお願いします。)

4月5日(金)と4月7日(日)の19時30分より、1Fとらきつね奥の自習室にて、2019年度高校コースオリエンテーションが開催されます。
新年度の授業を希望される生徒さんと保護者さまは、この2日のいずれかの日程のオリエンテーションにご参加ください。

d0116009_07332173.jpg
2018年度、高校コースではサマー合宿を行い、九州各地で活躍するさまざまな分野の方たちに会いに行きました。写真は崇城大学にて黒岩敬太教授を囲んで。


合宿の最後に、作家の村上春樹さんがお忍びで読書会を行ったことでも知られる、熊本・橙書店さんで、生徒たちが選んだ本を1冊ずつプレゼントしました。
d0116009_07361215.jpg
d0116009_07364042.jpg


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-03-31 07:38 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)

2019年4月より、本校(唐人町寺子屋)にて三牧英語教育研究所による英語の授業を開講いたします。
対象は小4~小6高1~高3です。

2020年以降、大学入試においてもっとも変化の大きい科目は英語です。4技能(読む・聞く・話す・書く)の評価制度が始まり、民間試験(英検・ケンブリッジ英検・TOEFL・TOEIC等)の活用が本格化する新時代に突入します。

新しい時代の英語を子どもたちに教えていくためにどのような方法があるかを日々考えているときに、いつも頭の中にあったのは三牧先生のことでした。三牧先生は、以前私自身が生徒として英語を習っていた時期がある先生で、先生の英語の実力はもちろん、語学や言語に関する根本的な考え(英単語はそのまま日本語に直せるようなものではない、といった外国語についての根本的な考え方)に共鳴していました。

昨年より私が直々に先生にお声をかけて、来年度(4月)より日々お忙しい三牧先生に本校内で教室を開いていただけることになりました。個別指導をご希望の方は荒戸にある三牧先生のスクールにご連絡の上、プライベートレッスン(個別指導)をご希望ください本校では少人数(人数限定)の英語クラス(小学生・高校生対象)を開講いたします。(※中学生対象のコースもすでに多数の希望をいただいていますが、現時点ではまだ時間の調整がついていません。)


d0116009_12372161.jpg


【小学4~6年生】
●英語レギュラーコース・アドバンストコース 各 週2回 月額8,000円(+テキスト代)

※募集について 小4~小6
(すでに唐人町寺子屋小6コースお申し込みの方は優先的にご案内差し上げます。)
 4月5日(金)9時より募集開始
 4月9日(火)小学生三牧英語説明会 18:00~18:40
 (保護者様+生徒さんで参加 参加が難しい場合はご相談ください 正式な入校は、説明会の参加後に決定してください)
 4月15日(月)より随時、小学生 三牧英語スタート!


【高校生】
●スピーキング/リスニング ライティング/リーディング 各 週1回 月額8,000円(+テキスト代)

※募集について 高1~高3
 随時募集を行い、定員になり次第締め切ります。
 受講希望、または受講の検討をされる方は、メール(お問い合わせフォーム)またはお電話の上、以下の「唐人町寺子屋高校コース説明会」にご参加ください。
 4月5日(金)・7日(日)19:30~21:00 高校コース説明会(オリエンテーション) 




三牧雅明 プロフィール


早稲田大学商学部卒業

●バックパックで北半球を1周

早稲田大学を卒業後、2年間かけてバックパックで地球を1周しました。北米を皮切りに北半球をヒッチハイクやバスや列車での旅を続ける中で, 世界共用語である英語の有用性と、英語を使えないために固まりがちな日本人が多いことに驚いたことが英語を教えるというキャリア選択の原点となりました。

●米国商社勤務 (退職時:副社長補佐 兼 会員サービス部部長)

帰国後アメリカの商社の日本法人に入社し、会員サービス部を立ち上げ、その部長として3年間英語を使いながら仕事をしました。種々の会議での通訳の仕事も教えることに役立っています。

●アレック外語学院

その後、英語学校の激戦地、渋谷でアレック外語学院を創立しました。 オーナー兼学院長兼主任講師として英語を教えた20年間が英語教師としての現在の僕を作りました。教えたのは初期には英会話、後期は英会話をネイティブ講師陣にまかせ、徐々にTOEFL/TOEIC 対策のクラスを教えることが主となりました。

●日本文理大の講師を兼任

アレック外語学院で教える傍ら、大分の日本文理大学(NBU)に非常勤講師として招かれ、短期集中のTOEIC対策クラスを4年間教えました。30名ほどの大学生に毎日集中して教えるのは良い経験になりました。

アレック外語学院の名称を変更、NBU語学研究所に (所長・ヘッドインストラクター)

アレック外語学院をNBU語学研究所とし、TOEIC/TOEFL 対策のクラスをより充実させました。ぼく自身、企業に依頼されたTOEIC出張クラスも多数教えました。現在までに英語を教えた生徒は2,500名を越えます。

●三牧英語教育研究所設立(2011年~)

1年半のHawaiiMaui島暮らしの後、日本に帰国。以前から住みたかった福岡で英語を教え始めました。経営や講師の採用、訓練などに時間とエネルギーを取られずに自分が最も得意で、一番やりたい「英語を教えること」に専念しています。

公表OKをもらっている生徒のTOEIC/TOEFLでの点数UPの実績(スコアレポート)はオリジナルのコピーをお見せできます。(教えた中にはTOEIC 900点を超えた生徒が3人います)

●小学生にも英語を教え始める

福岡に来て初めて小学生に英語を教え始め、4年がたちました。高校生以上の生徒とは異なるアプローチで展開する小学生のクラスのポイントは何といっても「英語って楽しい」とわかってもらえること。そして将来英語を「使える」ようにその素地をしっかり作っておくことです。

どの年代の生徒に対しても、楽しみながら生徒の英語力を飛躍的に伸ばすことには実績と自信があります。しかし、強調しておきたいのは、この実績は傾向と対策的な教え方での結果ではないということです。すなわち、生徒の英語の力が伸びたからその結果としてスコアがUPしたわけです。生徒の英語力を伸ばすことでTOEIC, TOEFL, 入試英語, 英検、その他どんな英語のテストでもすばらしい結果を出せるということを約束します。

良いクラスは講師と生徒の両方で作っていくものだと思っています。教えることに対する考え方に共感するところの多かった鳥羽先生が主宰する寺子屋で、もうすぐクラスを教え始めますが、どんな生徒とどんな楽しいクラスができるのかとワクワクしています。

○資格他

TOEIC: 985 (percentile rank 100%) TOEFL:640

○翻訳

Let’s Go”#3 Teacher’s Manual, SECOND EDITION, OxfordUniversity Press, Japan





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2019-03-24 13:18 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

高校生のサマー合宿。今年は特に充実した時間になりました。
1日目の福森伸さん(しょうぶ学園)に加え、2日目には、かるべけいこさん(料理家)、野中元さん(写真家)、黒岩敬太教授(崇城大学工学部学部長・ナノサイエンス研究者)とお会いし、たくさんの刺激を受け、いろいろなことを考えるきっかけをもらいました。

詳細のご紹介のためには長い時間が必要になり、いまはその時間を取ることが難しいため、今日は私が撮った拙い写真を載せたいと思います。


気持ちのよい霧島(妙見温泉)の朝。

d0116009_11164818.jpg

猫と眼鏡男子。(肥薩線の嘉例川駅にて)
d0116009_11181493.jpg


かるべけいこさんの昼ごはん。ほんとうに、ほんとうに世界一、と言いたくなるくらい美味しくて。
夏らしい献立でした。古民家に吹き抜ける風の気持ちよさを感じながら。
d0116009_11235959.jpg

写真家・野中元さんと語り合い。野中さんの言葉は温度があるから子どもたちにちゃんと伝わります。
d0116009_11260276.jpg


熊本市内に移動。作家・村上春樹が読書会を開いたことでも知られる橙書店で本選び&本のプレゼント。
d0116009_11285601.jpg

そして国際交流会館で、黒岩教授による講座。深くて広いお話しでした。
なぜ研究するの?科学は万能なの?といった、根本的なお話し。

黒岩教授は私の小中学校時代からの友人。部活もクラスも同じ時期がありました。
参加者の生徒さんのお父さんとは研究仲間とのこと。世間はせまいですね。

d0116009_11282176.jpg

最後に熊本城加藤神社に立ち寄って行程終了。みんなおつかれさまでした。
d0116009_11324620.jpg
行程中ずっと高2の竹内さんに写真を撮ってもらったので、今度、彼女の写真を使って改めて合宿を振り返る記事を書きたいと思います。
協力してくださった皆様、出会った人や風景のおかげもあり、ほんとうにいい時間になりました。

この思い出が子どもたちの心の中で熟成され、花を咲かせるための良い肥料になりますように。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-07-17 11:35 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)

4月9日のお知らせ

(1)高校コースについて

6日と8日に2018年度の高校コースオリエンテーションが行われました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

本日時点の2018年度の開講授業をお知らせします。



□現代国語 講師:鳥羽

□古典漢文 講師:頼富

□地理B  講師:鳥羽

□生物   講師:安部

□化学   講師:金田

□センター数学 講師:安部

□数学Ⅲ 講師:調整中

□センター英語 講師:中島

□英文法  講師:中島

□ディスカッション(DCS) 講師:鳥羽



本日時点の開講確定科目は以上です。さらに開講科目が増える可能性がありますが、そのときには再度お伝えします。(個別指導は小論文・AO対策等を含め、全教科に対応しております。)



(2)本日より中学生レギュラー授業スタート

本日より中学生の新年度授業開始となります。
小学生は明日10日、高校生は12日(木曜)に開始です。
個別指導については順次ご連絡中です。
今年度は、小学生、中学生、高校生の全てが過去最高人数のスタートになりそうです。(定員は変わっていないのですが。中1は入塾キャンセルがあり2名入塾可能です。)一人ひとりを集団としてでなく個人として丁寧に見る。講師一同気を引き締めているところです。





とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-04-09 14:53 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)

2018年度の高校コース、3月30日現在の開講決定科目をお伝えいたします。


□現代国語 講師:鳥羽

□古典漢文 講師:頼富

□地理B  講師:鳥羽

□生物   講師:安部

□化学   講師:未定

□センター数学 講師:安部

□センター英語 講師:中島

□英文法  講師:中島




本日時点の開講確定科目は以上です。4月6日、8日のオリエンテーション後に、さらに開講科目が増える可能性があります。(個別指導は小論文・AO対策等を含め、全教科に対応しております。)

今年は高校コースのさまざまなご案内が遅くなったのにかかわらず、今年も例年と変わらず多くのご希望をいただきありがとうございます。
高校コースへの参加をご希望の方は、お問い合わせフォームからメールを頂戴するか、または4月4日・5日のいずれかの日に電話でご連絡をいただければ、オリエンテーションについてご案内をいたしますので、間に合うようにご連絡ください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-03-30 16:03 | 生徒募集(定員空き状況) | Trackback | Comments(0)

3月27日のご連絡

唐人町寺子屋より、保護者の皆さまへご連絡です。



(1)春期休業について3月29日(木)~4月3日(火)は春期休業となります。 期間中はお電話、メール等のご返信ができませんのでご注意ください。



(2)明日の新中2・新中3新年度保護者説明会について明日(3/28)は新中2・新中3の保護者説明会が行われます。


[時間] 
〇新中2 18:30~19:50〇新中3 20:20~22:00

[会場] 
〇1F自習室(とらきつね・事務室の奥)

[持ってきていただくもの] 
〇唐人町寺子屋新年度書類(2018年度唐人町寺子屋中学コース講義案内)
〇筆記用具

生徒さんが学力を高めるための今年度の授業の取り方について、日ごろの学習のしかた、塾の有効活用のしかたなど、詳しくご説明をいたします。教室側とご家庭が情報共有をすることは、お子さまが学力を向上していく上で欠かせないことですので、できるかぎりご参加いただきますようお願いいたします。

*新中1は個別面談となっているため、説明会は行われません。
*生徒さんは同伴の必要はございません。



(3)高校コース参加希望の皆さまへ高校コースのオリエンテーション参加希望用紙の提出は本日までとなります。個別のみ、自習室利用のみの場合でも、ご提出が必要となりますのでご注意ください。また、高校コースの参加にあたり、事前にご相談がある場合には、遠慮なくご連絡いただければと思います。


★高校コースに興味がある方は、外部(新規)の方も含め、4月5日までにご連絡をいただければ、高校コースオリエンテーションの説明を聞いていただくことが可能です。



(4)書籍販売の開始について4月より、1Fとらきつねが書店としての顔をもつことになりました。一般書店で販売している書籍(教科書ワーク・ガイド、各種参考書など)の購入が可能になります。手狭な店内ですから、寺子屋の生徒に必要なものに特化した選書をいたしますので、ぜひご利用ください。お知らせは以上です。 来年度もよろしくお願いいたします。




とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2018-03-27 18:28 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

佳境

いよいよ今日は多くの受験生たちが国立前期入試に挑んでいます。
皆の健闘を心から祈っています。

中3も授業は残り数回に。
合否ボーダーにいる子は、直前の学習の如何によって結果が左右されます。
最後の1日までしっかりやっていきましょう。

私たち講師にとっても息をつく暇もない時期ですが、子どもたちがいま抱いている大切な思いが来年度に、未来につながっていきますように、という気持ちで、今日も一生懸命指導してまいります。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2018-02-25 10:48 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

一昨日、昨日と高校コースの生徒たちから、福大合格、九工大合格と、今年度最初の朗報が次々と届いています。
合格者の皆さんの一足早い春を心から喜んでいます。おめでとう✿✿
まだおめでとう✿✿と直接言えていない子もいて、早く会いたいなと思っています。

(上記以外に、毎年恒例、大濠高校国立受験者たちの防衛大合格!のお知らせも届いています。)


本校では、生徒のリクエストに応じて、AO、面接、口頭試問などの対策や、思考力そのものを高めるディスカッション(DCS)の授業などを行っています。必要な方はご相談ください。



とらきつね on Facebook 随時更新中です。


by terakoyanet | 2017-12-08 12:26 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

本校にはいくつか特色のある授業があります。
高校コース土曜日開講のディスカッション授業は、思考力とそれを表現する力を鍛えることを目的にした授業です。少人数ながら、とてもエキサイティングな時間です。私自身、生徒たちの言葉にはっとさせられることが多く、大いに刺激を受けています。
教えるというのは常に教えられることなのだ。そのことを地で行くような授業です。


過去3か月には次のような内容をテーマに議論を重ねました。

第11回(7/2) ジェンダー(夫婦別姓・同姓婚・女性が輝く社会って何?)
第12回(7/9) 経済再生(日本経済・地域経済)
第13回(7/16) 世界平和とグローバル化(現在の国家のかたち・テロリズムと国家)
第14回(9/9) 日本(日本とは何か・日本文化の独自性とは)
第15回(9/15) 学校(学校の捉えなおし・学校と教育の諸問題)
第16回(9/30) 資本主義(資本主義の由来・マックスウェーバーとマルクス)
第17回(10/7) 民主主義(民主主義の定義・日本の民主主義の課題)



前回の授業では、Bureau of International Information Programs の “Principles of Democracy” を引用して民主主義の語源と原則について学んだあと、生徒たちと議論をしました。


「民主主義(デモクラシー)」の語源は、ギリシャ語の「デモス(人民)」である。民主主義国においては、立法者や政府ではなく、国民に主権がある。世界各地のさまざまな民主主義制度には微妙な違いがあるが、民主主義政府を他の形態の政府と区別する一定の原則と慣行が存在する。

・民主主義とは、市民が直接、もしくは自由選挙で選ばれた代表を通じて、権限を行使し、市民としての義務を遂行する統治形態である。

・民主主義とは、人間の自由を守る一連の原則と慣行である。つまり、自由を制度化したものと言ってもいい。

・民主主義は、多数決原理の諸原則と、個人および少数派の権利を組み合わせたものを基盤としている。民主主義国はすべて、多数派の意思を尊重する一方で、個人および少数派集団の基本的な権利を熱心に擁護する。

・民主主義国は、全権が集中する中央政府を警戒し、政府機能を地方や地域に分散させる。それは、地域レベルの政府・自治体が、市民にとって可能な限り身近で、対応が迅速でなければならないことを理解しているからである。

・民主主義国は、言論や信教の自由、法の下で平等な保護を受ける権利、そして政治的・経済的・文化的な生活を組織し、これらに全面的に参加する機会などの基本的人権を擁護することが、国の最も重要な機能のひとつであることを理解している。

・民主主義国は、すべての市民に対して開かれた、自由で公正な選挙を定期的に実施する。民主主義における選挙は、独裁者や単一政党の隠れみのとなる見せかけの選挙ではなく、国民の支持を競うための真の競争でなければならない。

・民主主義は、政府を法の支配下に置き、すべての市民が法の下で平等な保護を受けること、そして市民の権利が法制度によって守られることを保障する。

・民主主義諸国のあり方は多様であり、それぞれの国の独自の政治・社会・文化生活を反映している。民主主義諸国の基盤は、画一的な慣行ではなく、基本的な諸原則の上に置かれている。

・民主主義国の市民は、権利を持つだけでなく、政治制度に参加する責任を持つ。その代わり、その政治制度は市民の権利と自由を保護する。

・民主主義社会は、寛容と協力と譲歩といった価値を何よりも重視する。民主主義国は、全体的な合意に達するには譲歩が必要であること、また合意達成が常に可能だとは限らないことを認識している。マハトマ・ガンジーはこう述べている。「不寛容は、それ自体が暴力の一形態であり、真の民主主義精神の成長にとって障害となる。」 
 




生徒たちからは、地方自治においてさえも政治が身近ではない問題や、上の文の中の「自由を制度化する」という内容が孕む問題について質疑、意見が出されました。


自由民主党、立憲民主党、社会民主党。党名の中に民主主義を謳う主要政党が3つもある日本の政界ですが、私たちがいつも忘れがちなのは、上の文章の最後にある「寛容」についてではないでしょうか。

右や左にかかわらず、政治に関わる人たちに忘れてほしくないのは、民主主義国は、全体的な合意に達するには譲歩が必要であること、また合意達成が常に可能だとは限らないことを認識しているという原則です。なにも「排除」という言葉を使った政治家だけでなくて、私たちが、社会の正義を語るとき、人の過ちを糾弾するときなど、自分が良かれと思って言動に出るときは「不寛容」が顕在化します。「不寛容」について真剣に考え、それ自体が暴力であるいう認識を厳しく持つことこそが、いま、真面目な政治のために求められていることではないでしょうか。
 


とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-10-10 14:23 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)

先週行われた高校コースのサマー合宿。
行先はうきは市と朝倉市。

とてもよい時間だったので、お伝えしたいことが山ほどあるのですが、
今日は、参加者のRさんが撮影した、プロ顔負けの写真の数々をご紹介します。

たくさん勉強を頑張ったきつい合宿でしたが、写真を見ると、いい場所だったなあとか、美味しかったなあとか、嬉しくて楽しい思い出がふつふつと浮かんできます。


d0116009_01230500.jpg
d0116009_01235768.jpg
d0116009_01241305.jpg
d0116009_01242426.jpg
d0116009_01243578.jpg
d0116009_01244408.jpg
d0116009_01245749.jpg
d0116009_01251109.jpg
d0116009_01252100.jpg
d0116009_01254090.jpg
d0116009_01255922.jpg
d0116009_01261349.jpg
d0116009_01262351.jpg
d0116009_01232805.jpg



とらきつね on Facebook 随時更新中です。

唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。
by terakoyanet | 2017-07-29 01:27 | 行事・イベント | Trackback | Comments(0)