寺子屋ブログ by 唐人町寺子屋

terakoyant.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:鹿児島県 ( 15 ) タグの人気記事


2018年 11月 19日

2018 旅の記録1(1~7月)

2018年、正月は屋久島で迎えました。
d0116009_15005607.jpg



1月、仕事で東京に行ったついでに鎌倉の裏山歩き。
このあと、石川直樹さんに会って、本の装丁に対するアドバイスをもらい、本の発売2か月前にして、本の装丁デザインが大幅に変わることに。
d0116009_15033575.jpg



2月に訪れた、うきはの山口和宏さんのおうちのあたたかさを思い出す。
d0116009_15050840.jpg



3月には、宗像堂の誉支夫さん、みかさんを招いたトークイベント。翌日にうきはと糸島へ。
d0116009_15063780.jpg



桜満開の日には、京都で仕事をしていました。
d0116009_15101703.jpg



4月に登った虚空蔵山(佐賀県)、すばらしかった。
d0116009_15113150.jpg



この日、武雄の御船山楽園はつつじが満開。
d0116009_15124058.jpg



5月、航空高校唐人町の修学旅行でロンドンへ。
本場の劇場でレ・ミゼラブル鑑賞。
d0116009_15155283.jpg



友人のナイジェルに会いにブライトンへ。
d0116009_15172536.jpg



生徒の英語学校が終わった後、弾丸で訪れたイーストボーン、セブンシスターズ。
d0116009_15183293.jpg



アイルランドの西端の町、キラニーを拠点に、ママチャリ1日70km走行を決行。
3つの峠を越えました。自転車を返しに行ったら、「そんなことに使う自転車じゃない」と怒られました。すみません。
d0116009_15195548.jpg



世界で最も美しい図書館のひとつ、ダブリンのトリニティカレッジのライブラリー。
d0116009_15274055.jpg



いっしょにロンドンに行ったNくんは、自分で予約したLCCに乗って一人でエディンバラへの日帰り旅をするなど、海外でたのもしく遊んでいた。


日本への帰りに立ち寄った上海の夜。上海は楽しい場所。
d0116009_15311340.jpg


7月の高校コースサマー合宿では、九州のさまざまな場所を訪問した。
鹿児島のしょうぶ学園と福森さんのお話しは忘れがたい。
d0116009_15321823.jpg



みんなでお祭りも行ったね。
d0116009_15341556.jpg


熊本では、阿蘇のかるべけいこさん・野中元さんのお宅、そして、崇城大学で黒岩教授のお話し。
美味しくて、穏やかで、濃密な時間でした。
d0116009_15370259.jpg


毎年中3の合宿で訪れていた、えびの高原の硫黄山が立入禁止なので、代わりにどこに行こうかと長濱先生と下見で登った霧島・大浪池。とてもいい場所だったけど、結局ここには行かないことに。
d0116009_15394099.jpg


2018年もあと1ヶ月とちょっと。備忘録がわりに。


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-11-19 15:46 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 03日

冬の屋久島 sanpo

20年ぶりに屋久島に行ってきました。
冬の屋久島は初めてでしたが、天気に恵まれたこともあり、虫が多くて暑い夏よりずっと満喫できました。

冬の屋久島の写真集です。

d0116009_22592039.jpg
大川の滝

d0116009_23011084.jpg
蛇之口滝

d0116009_23023290.jpg
二代大杉(白谷雲水峡)

d0116009_23053262.jpg
雲の展望台から宮之浦方面


d0116009_23065495.jpg
千尋の滝

d0116009_23091338.jpg
d0116009_23100531.jpg
d0116009_23122213.jpg
屋久島在住の建築家、William Brouwer さん制作の展望台の底から空を見上げる


d0116009_23164011.jpg
展望台を見上げるWilliamさん


d0116009_23145576.jpg
宣教師シドッティ上陸記念碑
製作はWilliam Brouwerさん、碑文は作家の古居智子さん


d0116009_23181855.jpg
宿泊したホテルからはモッチョム岳(右端)のほか、烏帽子岳、鈴岳などの連峰と亜熱帯林帯を一望



d0116009_23222006.jpg
平内海中温泉


d0116009_23234114.jpg
屋久島名物 飛魚(トビウオ)の姿揚げ [安房の「屋久どん」にて]


d0116009_23253469.jpg
通りかかった神社


d0116009_23264814.jpg
安房川


d0116009_23280598.jpg
d0116009_23303335.jpg
d0116009_23320701.jpg
d0116009_23330596.jpg
野生のサルに会う


d0116009_23371054.jpg
モッチョムはここからが一番きれいなんだよ、と杉さんに言われて振り返ると、
美しすぎるモッチョム。


d0116009_23404761.jpg
仁田早崎鉱山跡(クリスタル岬)


d0116009_23430494.jpg
d0116009_23440675.jpg












とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-03 23:45 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 03日

新年あけましておめでとうございます

元旦に屋久島の南にある蛇乃口滝まで歩きました。(尾乃間温泉から片道2時間ほど歩きます。)
照葉樹がきらきらと光る冬の森の中を、コースサイン用の赤テープをたどって歩き進めているときにふと考えました。

私たちはいま何を信じてこの赤いサインをたどって歩いているんだろう。
初めて歩く山道。この赤テープが正しいという保証はどこにもないのに、それが正しくなければ屋久島のジャングルに紛れて死んでしまうかもしれないのに、そのたよりないサインを信頼して、それに命を半ば預けて、歩き進めてゆく不思議。

でも、考えてみれば、私たちの人生の道行も同じかもしれません。
度々迷いそうになる道中に出会う人たち。その人たちが放つ脆弱なサインに身を賭し、自分がいま進んでいる道が正しいのか間違っているのかもわからないまま、次のサイン、また次のサインと、辿りたどり進んでゆく。

屋久島で会った作家の古居智子さんが「人間はわからないものを信じる力があるから面白い」と話していました。
旅も人生も、わからないものを信じてみる、そこに身を賭してみる、だから面白い。

2018年も「わからないこと」を大切に邁進してまいります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

d0116009_16183557.jpg
新春のモッチョム岳(屋久島南部)


とらきつね on Facebook 随時更新中です。



by terakoyanet | 2018-01-03 16:19 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 04日

しょうぶ学園のこと

少し前から、とらきつねで、鹿児島・しょうぶ学園の作家、翁長ノブ子さんの作品のお取り扱いが始まっています。
しょうぶ学園の季刊誌「季刊しょうぶ」もお取り扱いしています。
(障害者アートについての私たちの考え方については、こちらの記事で書きました。)
d0116009_15035322.jpg
しょうぶ学園は、非常にユニークな活動をなさっている社会福祉法人ですので、ご存知の方も多いと思います。



今年の初春に複数のしょうぶ学園を見学する機会がありました。
とても、とても良い時間を過ごしました。
九州を訪れる人、鹿児島を訪れる人は、皆さんぜひしょうぶ学園を訪れてほしいと思います。
そしてお時間のある方、深く学びたい方は、事前に見学をお申込みになることをお勧めいたします。

「感動ポルノ」という言葉が世間を賑わしたこともありましたが、
しょうぶ学園にあるのは、そういったお涙ちょうだいのドラマではなく、
ただ、そこに人の命が躍動している美しさです。

d0116009_17165058.jpg
現在の政府は一億総活躍社会というスローガンを掲げていますが、「活躍」以前に、人が当たり前に生き生きといまを生きるということのかけがえなさをこの場所で感じることができました。

学園内のレストランで、蕎麦屋で(これらは外部の人も利用できます)、そして木や布や紙など、各種の工房で、障害のある人たちが働き、作業を行っています。
障害のある人たちを健常者と同じように「自立」させようというよりも、障害のある人たちがそのままで、生き生きとしたままで暮らしていけるような、さらにそれらの仕事や作業によって生じた財を循環させることで、経営としても成り立たせていけるような、そういった場を成功させている、学園のエネルギーを熱く感じることができた見学でした。

施設長の福森さんとも長時間お話しすることができました。福森さんの視線はあらゆる人に対して徹底的なまでにフラットです。これまでさまざまな大きなことを達成してきたのにかかわらず、自分が考える正義や信念のようなものを押し付けるようは話は一切なく、少年さながらの柔らかい感性をそのままに、鋭い批判精神を大切にこれまでやってきた方なんだなあと胸が熱くなりました。元気をもらうというような一過性の感覚を超えて、今年40歳になった私の今後の身の振り方をポジティブな方向へと感化してくれるような、大切な出会いと呼べるような時間になりました。「福森さんがやろうとしていることは、国の施策とは真逆のことではないですか。どうやって折り合いをつけているんですか?」「作品をつくる利用者たちの、エゴも作為もない、意識そのままが表出したような姿を見て、そして自分を振り返ったときに、自分自身の業の深さに気づいて、苦しくなることはありませんか?」など答えにくそうな質問をいろいろとしましたが、深刻になることなくいたって軽やかにいろんな話に耳を傾け、いろんな話をしてくれました。


今回、お取り扱いが始まった翁長ノブ子さんは、1940年生まれのしょうぶ学園を代表するアーティスト。約20年前から絵を描き始め、これまでに描いた墨絵は1000枚を超えるそうです。今年の春にはしょうぶ学園で「翁長ノブ子展」が大規模に展開され、多くの人たちが彼女の歩みを振り返りました。

この文章のはじめの写真は、翁長ノブ子さんの絵を壁にペイントした地域交流スペース”Omni House”です。
その大胆なデザインは、しょうぶ学園に来る方々の目を釘付けにします。

d0116009_19024471.jpg
翁長ノブ子さんの記事(「季刊しょうぶ」より)
d0116009_19070413.jpg
とらきつねに届いた翁長ノブ子さんの絵はがきたち。
デザイン性が高く、それでいて確かな柔らかさと温かみがあります。

今後もしょうぶ学園の作品を楽しみにしていただければと思います。
そして、繰り返しになりますが、しょうぶ学園をぜひ訪れてみてください。




by terakoyanet | 2017-06-04 19:10 | 寺子屋エッセイ(読み物) | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 17日

鹿児島のHANASAKAN Cafeヘ。

昨今の世相の不穏な動きに大地が怒ったのか、突如噴火警戒レベルが4に引き上げられた桜島。
レベル引き上げの前日、私は鹿児島市内にいました。

鹿児島大の工学部からトコトコと坂を登っていったところにある、HANASAKAN Cafe。
住宅街の道路の突き当たりにあるコンクリート打ちっぱなしの箱型の建物です。
d0116009_073862.jpg


こちらのカフェは、Mizuho Oshiro ギャラリーに併設されています。
こちらのギャラリー、過去には村上隆や蜷川実花、荒木経惟、草間彌生、奈良美智といった人たちの展覧会が開かれるなど、鹿児島のアートの拠点として知られています。とらきつねでお取り扱いしている陶芸家、中里花子さんの兄、中里太亀さんの催しも複数回行われているそうです。

d0116009_017167.jpg


天気がよければ内席とテラス席どちらか選ぶことができます。
幸い青い空が広がっていましたので、テラス席を選ぶことに。

d0116009_0192939.jpg

桜島と鹿児島市街を広く見下ろす高台に位置するカフェからの展望は素晴らしく
市街地の蒸し暑さが嘘のように心地よい風が吹いていました。

d0116009_0234855.jpg

食べ物も飲み物も場所になじむ穏やかな味。鹿児島に来て、いちばんほっとした時間でした。


隣にいた妻が、ハワイっぽい、キラウエア、と言い出したので、市街地と爆裂火口をもつ火山が同時に見える風景から、彼女がワイキキとダイヤモンドヘッドのことを言っていると察知し、キラウエアはハワイ島にあること、ワイキキとダイヤモンドヘッドがオアフ島にあることを解説したあとに、ハワイっぽく撮った写真。一瞬、アロハの風が吹いた気がしました。
d0116009_0304141.jpg




とらきつね on Facebook 随時更新中です。


唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2015-08-17 00:38 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 02日

曽木発電所遺構

九州には、一度見ると頭に焼き付いてその残像が手放せなくなる風景がいくつもあります。
こちらもそのひとつ。

d0116009_6255553.jpg


普段はダム湖(鶴田ダム)の底に沈んでいますが、5月から9月の間だけ、その姿を私たちに見せてくれます。[写真は昨年6月]
鹿児島県内では唯一の明治時代に建てられたレンガ造り建造物はこんなところに。

経済産業省指定の近代化産業遺産です。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォーム」を通してご連絡ください。

by terakoyanet | 2014-05-02 06:32 | 雑感・授業風景など | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 05日

加治木町の龍門滝

下見に行ったものの、今回の合宿ではパスすることになった龍門滝。
d0116009_041127.jpg


滝幅の広さから、増水時にはド迫力の水流になることが伺えます。
加治木ICから近く、アクセスがかなりいいわりに、とても素晴らしい滝でした。
d0116009_042856.jpg


サマー合宿の幻のコースです。

唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-08-05 00:46 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 23日

肥薩線の嘉例川駅

鹿児島県霧島市隼人町にある肥薩線の嘉例川駅は1903年に開業した当時からの駅舎を保っており、国の登録有形文化財に指定されています。

駅に着きました。
d0116009_11325596.jpg
d0116009_11332348.jpg


早朝に行ったので、駅には人っ子ひとりいませんでした。
静かで清涼な空気が流れていました。

d0116009_11343184.jpg
d0116009_11344826.jpg
d0116009_11351414.jpg

土日に特急「はやとの風」に乗って行けば、全国的に有名な美味しい駅弁『百年の旅物語かれい川弁当』を販売しているとのこと。
d0116009_11355025.jpg

駅を出て、近くのラムネ温泉に向かいました。



唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-05-23 11:38 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 20日

中1・中2対象のサマー合宿は8月5日・6日に決定

中1・中2対象のサマー合宿の日程は8月5日・6日に決定いたしました。
(全てのご家庭の希望に添えなかったことを申し訳なく思います。)

行先は熊本&鹿児島の予定です。
宿泊先は鹿児島県霧島市隼人のホテル京セラです。

d0116009_7534493.jpg
d0116009_754881.jpg
黒川紀章氏設計の美しいホテルです。
d0116009_7555613.jpg
館内には縄文ミュージアムがあります。学びながら快適に過ごすことができます。
そして、1日目の夜と2日目の朝は、ホテル内のバイキングレストランで食事をします。
楽しく学べる合宿になりそうで、とても楽しみです。
子どもたちが全力で楽しめるように、しっかり準備していこうと思います。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2013-05-20 07:59 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 22日

いざ鹿児島へ。

私と本校の先生2人、合計3名は鹿児島へ弾丸旅に出かけました。
一昨日、21時45分まで中1を指導したあと、22時27分の最終の鹿児島中央行きの九州新幹線に飛び乗り、23時44分(はやい!!)に鹿児島中央着。翌朝の金環日食に備えました。

予報では鹿児島は曇りときどき雨。金環日食が見える可能性は皆無。
しかし、私たちはすでに鹿児島市内に宿をとっており、これは美味しいものを食べるためだけでも行くしかない!と鹿児島行きを強行しました。


鹿児島に着くといきなり砂嵐の洗礼を受けました。
と言うのも、鹿児島市内は数日前から桜島の噴煙に襲われており、市内はアスファルト上に堆積した火山灰が夜風で巻き上げられ凄絶な状況でした。

ホテルは駅近くの「霧桜の湯 ドーミーイン鹿児島」。
駅から徒歩10分ほどでしたが、着いた時にはすでに鼻水ブーというかんじで、アレルギー体質の私は花粉症のような症状が出まくりでちょっと大変なことになりました。

しかしこちらのホテルはすごいですね。
とっても安く宿泊できるビジネスホテルですが、ホテル内の温泉「霧桜の湯」は、ビジネスホテルであることを忘れてしまうほどの本格仕様。泉質もすばらしく、鹿児島の温泉レベルの高さに思わず唸りました。ホテル自体もM先生やN先生も新しくて使い勝手もよくてすばらしいと褒めちぎっていました。

深夜2時ごろ就寝。
ついさっきまで1年生を教えていたのに、いま鹿児島のホテルにいるなんて・・・と浦島太郎気分(いや、ちょっとなんか違うな)で普段と同じ時間に床に就きました。


朝は6時に起床。
予想通り空はどんよりした雲に包まれています。
雲どころかよく見ると外は雨に包まれており、こりゃおしまいだなーと窓の外に悲しい視線をぶつけておりました。

しかしせっかく来たのだからと6時40分に濡れた道路に降り立ち、とぼとぼと海側を目指します。

d0116009_6512346.jpg

路面電車も凄まじく汚れています。町全体が黒い灰に覆われています。


雨が降ったおかげで昨晩のような砂塵は舞っておらず一安心。それでも鼻はモゾモゾしますが。

海側に歩いているうちに雨がやみ、足取りも軽くなります。
しかし寒い、これが本当に5月の鹿児島か?と思いながら、たぶん金環日食が見える可能性なんか1パーセントくらいしかないのに、、、と思いながら道を歩きます。

途中でいったい何のためにいま歩いているんだろう、、、と早朝に目をこすりながら寒い道を歩いていることの意味を失いかけ、意識が朦朧としていたのですが、そのなかでN先生が金環日食を見るんだ!と迷いなく海を目指す女性2人組に話しかけられているのを見て、この状況でもあんなにポジティブな人たちがいるんだ!と勇気づけられました。

とかなんとかしているうちに、ドルフィンポートに到着。
私たちはなんとなく海の方を目指して歩いていたのですが、このスポットは鹿児島っ子たちの金環日食観察スポットらしく、空は真っ黒な雲に覆われているのにかかわらずたくさんの人で賑わっていました。

到着は7時15分ごろ。金環日食まであと数分です。
金環日食まで1分を切り、カウントダウンがはじまります。
しかし、空は真っ黒なまんま。やはり無理か?

「3、2、1、金環日食スタートです!!」
会場にアナウンスがこだまします。会場にいた人たちからはどこか気の抜けた歓声と拍手。
とりあえず黒い雲にシャッターを向けてみる人たち多数。


ムリだねーと思っていると、隣にいたN先生とM先生が、
「いま見えた!見えた!!」
慌てて二人が見ていた視点の先を見つめると、黒い雲間から一瞬だけキラリと輝くリングの姿が!

姿が見えた時間はわずか2秒ほど。(N先生とM先生は先に見つけたので4秒ほど?)
ほんの一瞬ですが、黒い雲のわずかな隙間から一瞬だけでも金環日食を見ることができたのは、もとの状況が悪かっただけにかえって奇跡的だと感じました。

しかし、隣にいたN先生とM先生の眼力がすさまじくてよかった。愚鈍な私がひとりで見ていたら、きっと見逃していたに違いない!と思いました。(実際、同じ場所にいたのにわずかなチャンスを見逃した方が多数いらっしゃったようでした。それほど一瞬のことだったんです。)


一瞬でも見ることができた喜びを胸に抱えてホテルに戻りました。
ホテルの朝食は鹿児島の美味しい食を一堂に揃えたすばらしいものでした。やはりこのホテルはオススメです。

ホテルを出て、レンタカーを借り、鹿児島港から桜島にレンタカーごとフェリーに乗っけて移動。
桜島を一周しました。

d0116009_7122988.jpg
d0116009_7141217.jpg
烏島展望所
島ごと桜島の溶岩に呑み込まれたという「烏島」の跡地につくられた展望所

d0116009_716147.jpg
晴れ間が広がりはじめました。

d0116009_7174572.jpg
有村溶岩展望所の奇岩

d0116009_7195191.jpg
黒神神社の埋没鳥居

d0116009_7222926.jpg
湯之平展望台から見る桜島はド迫力

d0116009_7263243.jpg
こちらの展望台の見晴らしはピカ一です。
眼下に広がるのは大正時代に形成された溶岩台地と鹿児島湾

d0116009_7303126.jpg
鹿児島市街を見ると、市街地だけ激しく砂塵が舞い上がっていることがわかります。
あまりに凄い状況に唖然としました。


桜島に行ったあと、港でランチを食べ、福岡に急いで戻り、昨日は通常通り授業を行いました。(私は附属中クラス、中3集団5科授業、高校現代国語の授業を行いました。ちなみに授業準備は鹿児島に行く前にほぼ終わらせていました。) 

*通常と違ったのは、中3生の宿題ができていない生徒たちが複数名叱られたこと!がんばれ中3生!!


昨日、福岡で日食を見ることができなかった子どもたちは残念そうでした。
でも、本当に見たいのなら、2016年3月にはインドネシア近辺で皆既日食、2019年12月にもインドネシア近辺で金環食、2020年6月には華南で金環食。またこのときには日本でも部分日食が、、、さらに、2035年9月には国内で皆既日食が!とまだまだチャンスはあります。人生の楽しみをそっと未来にとっておきましょう。


唐人町寺子屋オフィシャルホームページはこちらです。

by terakoyanet | 2012-05-22 07:41 | 好きな場所 | Trackback | Comments(0)